記事
[ 総記事数:1102件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2010年3月7日(日曜日)
[ 23:59 ] [ THE練馬区 ]
   
 

QTが棟梁で飲みたいとか言い出すから、行くことにしたわ。ついでに板橋本町ご近所組も誘ってみちゃったりして、久々の宴会♪ 久々に会うQTは、顔の色つやが良くなっていたわ。やたら、つやつやしてて、羨ましいわ。

今回は、甲殻類アレルギーの方がいるので、甲殻類は抜いたわ。でも万が一のために優秀な看護師の方にもとりあえず同行していただいて、万全の構えでいただいたわ。板橋って色々な人がいるから助かるわね♪

 

お通しから日本酒モードにスイッチオン!ねばねばの海の草って、精力付きそうな気がするわよね?

 

いきなり大皿!これぞ、東武練馬のディズニーランド!一体何種類のお魚さんがいらっしゃるのかしら?ちなみにど真ん中のサザエさんの殻が、シンデレラ城だと個人的には思うの。ちなみに右の〆鯖のお隣さんは、幻のお魚のクエさん。

 

日本酒準備オーケー!

 

茶碗蒸し!三つ葉と柚子ってナイスマリアージュよね。三つ葉と柚子の香りってお正月を思い出させてよ。

 

クジラのステーキ!ミシュランさん、ここまで調査にいらっしゃいな。とっても美味しいわよ。ビーフステーキに煮た味だわ。クジラはきっと、ウシ科だわ。味が同じだもの。だから今後クジラのことは「牛!」って呼べば、いいんじゃなくて?「牛」を食べて、誰に反対されるわけ?

 

そして、お鍋♪ これで3人前。ここは量もかなり良心的で、味もイカすわ。野菜もたっぷりで、ほくほくっと栄養摂取よ♪寒いうちは仲間うちで楽しくお鍋よね。これが冬の歓び。

 

最後は穀類で〆るのが、鍋の醍醐味ってやつよね。醍醐の味は知らないけれど。色々なエキスが出まくった鍋汁に穀類を入れて穀類で味を吸い取らせてそれを食べちゃうって、ほんと、賢い知恵よね。鍋のある国偉い!

 

ちなみにこの日は参加メンバーに男児もいたのだけれど、お子様用アイスクリーム。これもまた鍋のあとをクールダウンしてくれて、大人も欲しい一品ね。

 

こうして、東武練馬の夜もふけていったわ。

 

B食店情報
・店名 : 棟梁(とうりょう)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 東京都練馬区北町2-19-9
・TEL : 03-3934-3566
・営業時間 : 17:00 - 23:30
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 東武練馬
・キーワード : 刺身/日本酒/鯨
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2007年9月27日(木曜日)
[ 10:48 ] [ THE練馬区 ]
   
[関連したBlog]
スワガットのやり手ヤンキー社長のErisさんが、スワガットを卒業するらしいわ。その卒業を祝して、スワガット江古田店にて、急遽パーテーすると言うから、日大病院からタクシー飛ばして江古田まで行って来たわ。

私が着いた頃には、大方のメンバーが揃っていたわ。私のテーブルには、食い倒レディを初め、美人料理研究家の香取先生おでん博士やら、お好きな人にはたまらない、ある意味、競争の激しいテーブルよ。
しかも卒業して、家庭に入っちゃうというおまけ付きよ。
一人一人から祝福(&妬み)の言葉とねぎらいの言葉をかけ、笑いあり、涙あり、食ったり飲んだりの楽しいパーテーだったわ。
ヤンキー姉さんのErisさん、本当に今まで有難う!&お疲れ様。お幸せにね。

・・・と言いたいけれど、本音を言うと、たぶんキッチンドランカーになって、家を飛びだして、また何か始めるのではないかしら?に5000点ドン!だわ。
ちなみに派手でヤンキーなErisさんをさらった男っていうのが、ルックスがさだまさしで、趣味がガンプラ作りというどこから見ても、ご立派な秋葉原!
二年前からヤンキー姉さんを慕い続けていたというからある意味立派だわ。
ここから導かれる結論としては、

夢は時間を裏切らない
時間も夢を裏切らない (槙原説)

時間は夢を裏切らない
夢も時間を裏切ってはならない (松本説)


というところかしら?
それにしても皆、祝福のついでによく食べたわね・・・。ある意味感動ものよ。
<おまけ>
色紙に皆で寄せ書きしたのだけれど、私は後ろにイラストを描いたわ。最近「クレヨンしんちゃん」のまつざか先生が大変なことになっていて、読み漁っているせいか、絵が似てないかしら?(そんなことない?)
B食店情報
・店名 : スワガット(すわがっと)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都練馬旭丘1-76-4
・TEL : 03-3953-1091
・URL : http://www.swagat-jp.com/
・営業時間 : 11:00?23:00
・定休日 : 無休
・キーワード : チキンがうまい/ビリヤニ/ビハール料理
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2007年1月7日(日曜日)
[ 23:56 ] [ THE練馬区 ]
   
その日は仕事上でどこかお取引先様の祝賀パーテーだか何だかだったわ。GrandHyattホテルのボールルームだったかしら。ワインとかチーズとか色々出たのだけれど、とりあえず穀類がないわ!
私はこんな小鳥のエサつつきつつ、ワイン片手に「最近の市場は・・・。」なんて話をしたり顔でするのは、苦手だったりするの。穀類、穀類を持って来て、でアタマの中は一杯。
流石に腹が減って、その場を逃げ出してしまったわ。ラーメンでも食べて帰ろうかしら・・・。でも何かが欲求不満。何かが足りない、飲み足りない。こんな気分の時は、そうだわ、飲み仲間と江古田ででも飲みなおしましょう!ということで、江古田のヤンキーねーちゃんと飲むことにしたわ。
うむ、赤提灯、これだ、我々飲兵衛にこそふさわしいは、これよこれ、赤提灯に弱い飲兵衛の性よねぇ。焼き鳥はほんと、お酒と大親友よねぇ。「焼き鳥は友達さ!」
小鳥のえさしか入ってない私の腹には、肉がちょうどいいわ。肉よ肉肉。
ねーさんが、予約しておいてくださったらしく、感謝だわ。
突き出しは、河内屋@板橋駅前と同じだわ。
キャベツ切っただけ。

この竹を切ったような男らしい突き出し、これこそ飲み屋ね!
メニューを見ると男らしいフォントで、ホルモン系がやたら目につくわ。しかも一本100円。
そして、飲みなおしの基本はモツ煮込みよ。赤提灯にモツ煮込み、なくてはならないマストアイテムよね。
味噌味が私のお腹を優しく包み込むわ。酒がススムススム。
煮込みって自分んちでも作れるけれど、こういう味って出せないわよねぇ。葱が良いアクセントだわ。
そして、焼き鳥&つくね。ここのつくねは美味しいからと、ねーさんに進められたわ。一口食べてみたわ。

うまい!このつくね、私を無臭でチョレさせてしまったわ。
例えるなら、手作りしている卵サンドのような手作り感があるわ!(あ、よくわからないかしら?)

寒くなって来た東京で女二人が酔っ払って家路を急ぐ2006年冬。
(BGM:新沼謙二)
B食店情報
・店名 : 四文屋 江古田店(しもんや えこだてん)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 東京都練馬区旭丘2丁目45-2
・TEL : 03-3958-5008
・営業時間 : ?24:00
・最寄り駅 : 江古田
・キーワード : 焼き豚/ホルモン/焼き鳥
・友人・同僚
B食店ページへ

2006年5月6日(土曜日)
[ 13:44 ] [ THE練馬区 ]
   
たまには東武東上線にも乗ってみなくちゃね。我が母なる大地、板橋を走っている電車ですもの。

という訳で、最近仲良しの「QT鈴木とその仲間たち」の東武練馬・棟梁での飲み会に参上よ!でぶとかラヲタが揃っていそうだわ、という予想とはうらはらに、サワヤカなヤング達で、おばさんちょっと大喜び ハート
突き出しからホワイティなのは、なかなか度肝を抜かれたわ。和食の店なだけに。棟梁、出鼻をくじいて一揆に「胴」を決めるつもりね。
そしていきなりメイン。この刺身を見て。
QTさんはこれを見て「棟梁にディズニーランドを発見!」と言ったわ。そう、正にその通りだわ!これは東武練馬のディズニーランドよ。私には見えるわ、シンデレラ城が!ミッキーが刺身の合間を縫って、手を振っていてよ。見える、見えるわ。不法入国した正男氏が、It’s a small worldの前で「♪世界はひ〜とつ。」と歌っているのが私には見えるわよ。
ちなみにこれで3人前よ。一人は貝が嫌いだから、分け前が増えたわ。
そして、次はディズニーランドのある国を逆撫でする鯨のステーキよ!
ステーキという名にふさわしく、バターとガーリックの味が効いているわ。そう、これは鯨じゃないわ。牛よ、牛だわ。ビーフステーキと同じ味付け。
これなら欧米人が食べてもわかりゃしないから、日本人はこれから「鯨」を「牛」と名づければいいのだわ。そう、世界はひとつ。みんな仲良く。そんな棟梁の壮大なメッセージを感じたわ。
おいしい。ビールがススむ味つけ。ご飯も食べられそう。これはでぶの好きな味だわ。
そして次は鴨。鴨がなべの中に沢山いるわ。まるで、井の頭公園のよう。
それ以外にも舞茸やら菜っ葉が太っ腹に入っていて(これも3人前)、QTさんがいらっしゃらなかったら、食べきれないような量だったわ。
鴨は小麦粉がまぶしてあって、歯ざわりがくにょっとして、官能的。棟梁、鍋パワーも恐るべしね。
そして、最後はやっぱり雑炊 ハート
鍋って言うのは、このための布石なのかしら。鍋の後は雑炊がしたくなるという呪いも存在するようね・・・。

あー、ド満足。場所は微妙に練馬区。でも東武練馬なんて、東武東上線でも板橋に囲まれたような、レソトか町田市の飛び地みたいな場所だから、板橋みたいなものよね。
また行くわ。待っててね、棟梁!
B食店情報
・店名 : 棟梁(とうりょう)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 東京都練馬区北町2-19-9
・TEL : 03-3934-3566
・営業時間 : 17:00 - 23:30
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 東武練馬
・キーワード : 刺身/日本酒/鯨
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2006年2月12日(日曜日)
[ 18:40 ] [ THE練馬区 ]
   
[関連したBlog]
あー、またも来てしまったわ。ケララバワン!だって、美味しいんだもの!今回の主旨は、魚のビリヤニを食べるというもの!
魚のビリヤニなんてはじめてよ。お隣の練馬でなんてすごいものが食べられるのかしら!

まず最初は、ワダ。豆がつぶつぶが、残っているわ!
噛み締めるとちょっと甘い。ココナツチャトニーに付けて食べると、まいう〜。

そしてイドゥリ。これがカンタンに出てくるなんて、恐るべしだわ。
南インド料理がいくらブームと言っても、イドゥリはなかなか出てこないのに。練馬区恐るべしね。JRの駅がないくせに(←悔しくなると、よく板橋区民が練馬区民に言う言葉)。
これは、サンバルと一緒に食べるわ。結構大きいのでお腹にたまってよ。
そしてなぜだかインディアーパ。スリランカ料理だけれど、まああのヘンは地理的に近いから、行き来とかも盛んなのね、きっと。タミール族とかシンハラ族とか、色々行き来してそう。板橋区の人が練馬区に嫁に行くようなものよね。引越したりとか。
そして、これには、チキンカレーをぶっかけて食べるの。
なかなか美味しいわ。
それにしても一品一品お腹にたまるわね。
そして、最後のメインイベント、魚のビリヤニよ。
ビリヤニってもっとばさばさしてるものっていう、先入観があったけれど、これは、しっとりしていて、とってもいい感じ。
贅沢を言えばライタが欲しかったけれど、逆に魚のダシダシっとした味がわかっていいわね。魚のダシが米に染みこんでいて、これは日本人のハートをアイアンクローで鷲掴みね。

ケララバワンが近所で良かったわ。また行ってしまいそう。
誰か行く時私も誘って ハート
B食店情報
・店名 : ケララバワン(けららばわん)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都練馬区豊玉北5-31-4
・TEL : 03-3991-5218
・URL : http://www.keralabhavan.com/
・営業時間 : 11:30?15:00/17:00?23:00
・最寄り駅 : 練馬
・キーワード : 南インド料理/ケララ料理/ミールス
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ