記事
[ 総記事数:1087件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2016年9月10日(土曜日)
[ 10:24 ] [ THE豊島区 ]
   
 

スリランカから帰って来て、私がいない間、アマルの看板は大丈夫だったかしら?とふと、見てみたら、

 

「鶏肉とだんこん」
うん、そりゃちょっとだめだろうと、慌てて修正したわ。


☆彡
 

 

板橋区民たるもの、蒙古タンメン中本という、必修科目を履修すべきではあるのだけれど、セブンのカップ麺で済ませていたわ。
 

でも、それでは、いけないと思い立ち、初めて蒙古タンメン中本に行ってみたわ。ただし、聖地上板橋本店でなく、池袋店!と言うとこに私のラーメンに対するこだわりのなさが現れていてよ。私はラヲタになれないわ、なりたくもないけど。
ちなみに池袋の西口に降りたら、駅前公園の前の噴水の周りを、多数の人が宗教団体のように囲んで、無心で何かを行っているさまは、あからさまに怪しい宗教団体のようだったわ。ふと観察してたら、皆さんポケモンGO!やっているし、花吹雪舞ってるしで、思わず私も信者の一人になって、噴水の周りの儀式に参加してしまったわ。20分ほどで止めたけど。
 

そんなこんな寄り道して、お店に来て、とりあえず、基本の蒙古タンメンを頼んでみてよ。

 

来たわん。あんかけみたいな麻婆豆腐が、たっぷり掛かってて、美味しそう。

 

四川風と言うよりは、日本の昭和のよくある麻婆豆腐。でも辛い香りがする。

 

いただき升! 

辛いけど、豆腐がいい感じで辛さを中和してくれてて、ちょうどいい感じだわ。汗が吹き出て、夏にはこれですわ。
 

次はそろそろ、上板橋本店で、北極にチャレンジ!ね。

 


B食店情報
・店名 : 蒙古タンメン中本 池袋店(もうこたんめんなかもと いけぶくろてん)
・ジャンル : ラーメン
・住所 : 東京都豊島区西池袋3-26-6 サンサーラ西池袋ビル2F
・TEL : 03-3989-1233
・URL : http://nakamoto.in/
・営業時間 : 10:00〜翌1:00
・定休日 : なし
・最寄り駅 : 池袋
・キーワード : ラーメン、激辛
・友人・同僚 / 一人
B食店ページへ

2016年5月29日(日曜日)
[ 10:42 ] [ THE豊島区 ]
   
 

大山で仲良しの台湾人マダム、我々がウンスクと呼んでいる人物がいてよ。いつも(頭の悪そうな)かわいいわんこをつれて大山界隈を大声で闊歩してエンジョイしていてよ。

そのウンスクが教えてくれた美味しい台湾料理の店へ平日から行ってみたわ。場所は、もちろん、ディープ北口から歩いて10分。

 

5月だからテレサテンの命日の次の日に突撃してみたわ。

味王 

場所的にも絶対美味しい予感しかしないわ。 

 

最初は、これ。しじみの紹興酒漬け。うわ、白しじみ。

周りの常連の先輩方も、ほぼ全員、これを頼んでいたわ。

 

これが、紹興酒とナイスすぎるマリアージュ!全然生臭くないわ!

 

涙が出そうなくらい紹興酒が進んでよ。肝臓にいいんだか、悪いんだか、わからない飲み方していたわ。紹興酒が止まらない、止まらないわ。



泣き出して しまいそう 痛いほど 美味いから 

 

 

お勧めの海老炒め。量が多いわ。揚げた海老にかかったねぎがいいアクセント。海老がこれでもかーと入ってて、もっと食べたいわ。
 


               教えて 食べたくなる その訳  

あなたと分けていたら 足りない それだけだから 

 

箸休め。豆腐干絲。さっぱりしたたんぱく質。塩分ちょうど良し。

 

最後は、ねぎソースをかけた鶏肉。正式名称わすれてしまったわ。これが、本当に肉がたんぱく質の味がして、沢山のねぎと調和バッチグー。鶏肉最高!鶏肉万歳!


              海老よりも まだ美味く  

               シジミより まだ深く



ここは、飲兵衛も台湾料理マニアも大満足できるお店だわ。ホールのママさんもとても気さくでいい方。いらっしゃってるお客様も台湾に造詣の深い方ばかりで、板橋と池袋のボーダー付近で台湾を感じられてよ。

B食店情報
・店名 : 味王(あじおう)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都豊島区池袋2-57-10 クレイン ヴィレッジ 1F
・TEL : 03-3980-5070
・営業時間 : 月〜金11:30〜翌3:00 土16:00〜翌3:00 日・祝16:00〜0:00
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 下板橋/北池袋/池袋
・キーワード : ランチあり/しじみ紹興酒漬け
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2016年2月14日(日曜日)
[ 14:33 ] [ THE豊島区 ]
   
 

板橋にいると、何でも揃ってしまうから、あまり出かけないけれど、実は美味しいお店が多いお隣さん、豊島区。

この日は、板橋マダムから、池袋に美味しいカレー屋さんがあるから行こうと誘っていただいたわ。その名もかえる食堂 

知ってる、何回か通りかかって、いつも行列が出来てるから知っているわ。この近所のトルコパン屋さんにも時々トルコパンを買いに来るからよく知ってるわ。

 

と、言う訳でお店に向かったわ。

 

店の前の住所表示が電柱でなく木にくくり付けてあるとこも新しいわ、流石池袋。

 

板橋マダムの頼んだみどりのカレー。

ちょっとお味見させていただいたのだけれど、青臭さが美味しい。大根も食べさせていただいたけれど、やわらかくていい大根。ここ、絶対野菜に気を遣ってるに違いないわ。そして、このカエルの絵。私が鉛筆で書くより、上手だわ。

 

<参考>ロザリー画伯によるカエルの絵

 

トノサマガエルのスケッチ(本気で真面目に取り組みました)



そして、私がお願いしたのは、辛目のチキンカレー。やはり基本から食べましょ。

 

鶏肉は、一度火を通してあって、軟骨まで美味しく食べられてよ。

 

そして、すばらしいのは、このご飯。鶏スープで炊いてあって、ほんのり味があって美味しいわ。海南チキンライス的な感じ。そして、ガス釜で5升炊くというから、ふっくら美味しいわ。もうご飯単体で美味しい。

 

もちろん、カレースープも丁寧に作られてあるわ。もうご飯がいくらでもイケちゃいそうだったけれど、ここ最近胃が小さくなって嬉しいので、220gで我慢よ。

 

スパイスティーに手作りのメレンゲの焼き菓子なんて付いちゃって、もう中央線沿いのカフェかよって言いたくなっちゃう♪(お値段は、しっかり埼京線価格なのが嬉しい♪)

 

あまりの雰囲気の良さにサンデー付けちゃおっと。

 

手作りシフォンケーキ美味しい ハート シフォンケーキの最高峰だわ。

 

手作りのキャラメルアイス。こちらも大満足。


 

味も値段も雰囲気もすべてがすばらしすぎるわ。並んでたことをわすれさせるだけの満足感を優しく与えてくださるお店ってすごいわよね。

アラフォーにして、シフォンケーキに、目覚めてしまったわ。このお店は、カレーとご飯はもちろん、デザートも飲み物もすばらしすぎるわ。


ちなみにこの店のご主人は、私のこのブログを読んでいらして、棚の奥からうまかっちゃんが出てきた時には、「こんなに美味しいカレー作って毎日食べてるのに、それでもうまかっちゃんを食べるのね・・・」と軽く感動したことをここに付け加えておくわね。

 

ご馳走様でした。またお邪魔させて下さい。

B食店情報
・店名 : かえる食堂(かえるしょくどう)
・ジャンル : カレー
・住所 : 東京都豊島区池袋3-6-1
・TEL : 03-5950-6077
B食店ページへ

2016年1月3日(日曜日)
[ 01:11 ] [ THE豊島区 ]
   
 

12月29日の出来事なんだけれど、この日は、昔からの仲間達で大森のケララの風で、忘年会が予定されていたわ。行きたかったけれど、30日も仕事なので、泣く泣く辞退させていただいたわ。
 

そんなシンデレラ状態だった私に、巣鴨のプルジャダイニングの忘年会にいらっしゃいませんか、と言う有難く嬉しい連絡が来たわ。なんどりの店主もいらっしゃると言うことで、いくしかないわよね、これは。巣鴨なら次の日も楽だし、スタートは、それほど早くないし。

 

巣鴨の線路沿いのホテル街を歩くと、地味な店が出てきてよ。

 

 

着いたら、アチャールの嵐。ターメリックの黄金色が眩しいわ。

 

小皿の上には、ありとあらゆる珍しいアチャールが、歳末アチャール祭り実施中。それにしても、ネパールって醗酵文化なのねえ。岐阜県やら滋賀県に通ずる物を感じるわ。

 

(背後のアチャールは、参加者の方が作られた南インドアチャールです、念のため)

 

アチャールの後は、羊だの鶏だの肉料理が続き

 

「♪うーさーぎー おいしいー かの山ー」 

ネパール語第一人者の野津治仁先生が、歌っているこの料理は、まぎれもなくうさぎ!ネパール語の権威のダジャレもこのレベルと知って、なぜだか意味もなく、安心したわ。
 

モモも出ました!今年の目標は、モモを皮から作ることです!15年前からの夢です。ちなみに、15年来の夢ですが、ネパール料理マナカマナの従業員の皆さんは、モモ一個作るのに、10秒です。最初に見た時は「人の15年来の夢を10秒でこねるなああ」と正直思いました。

 

ここで、CMタイム。 

 

この日もいらしてた、カレーライターのはぴぃさんが、カレーの本を出すらしいわ。
 

 

プルジャさんとダブルターメリックカラーで、記念撮影。

はぴぃさんには、私が応援している中野・シャリデスと、大山・ライモンディを雑誌の連載に掲載して頂いたので(ライモンディは、掲載予定)、さりげなくここでコマーシャルしておくわ。




 

 

 そして、メインのカレー!(残念ながら、中身は忘れた。魚だった気もする)


と、ダール。

 

お酒もチャンだのトゥンパだの、本格的なネパール酒。


ネパールの文化になじんだ貴重な忘年会だったわ。

ネパール料理って、健康に良いと思うのよね。医療が進めば、きっとネパールって、平均寿命長い国になると思うわ。プルジャさん、ご馳走様でした。

B食店情報
・店名 : プルジャダイニング(ぷるじゃだいにんぐ)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都豊島区巣鴨1-36-6
・TEL : 03-6912-1867
・URL : http://currycell.blog.fc2.com/blog-entry-2358.html
・営業時間 : 11:00〜14:30/17:00〜23:00
・定休日 : 第1・第3火曜日
・最寄り駅 : 巣鴨
・キーワード : ランチ営業/本格ネパール料理
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2015年12月19日(土曜日)
[ 11:00 ] [ THE豊島区 ]
   
 

エジプトに住んでいる学生時代のお友達ますみちゃんが、一時帰国して練馬の実家にいると言うから、久々に学生時代の仲間で会いましょうって言う話になったわ。金曜日の夜、池袋に集まった男女総勢4人の暇人達が、昔の話に花を咲かせたわ。あの頃は、みんな貧乏だったから、食べたくても食べられなかった夢をかなえようと、寿司でも食べましょうと、4人で池袋東口の魚がし日本一に入ったわ。

 

うわ、ネタがでっかい。

あの頃の私達に食べさせたい。

 

もう最初から日本酒モードで、飛ばす飛ばす。

4人とも昔から飲兵衛。

 

「最近どう?」

「いやー、もう夕方になると飲むことしか考えてなくてさ」

 

「正しいオヤジになったわね」

 

「私も相変わらず飲んでばかりいるわ」

 

「でもあの頃よりは、お金があるから、牡蠣の寿司頼んじゃお」

 

「エジプトはどう?」

「日本とは違うから大変。だけど、エジプトが好き」

 

「でも大変だった。今こうして、池袋でお寿司を食べてるのが夢みたい」

「しばらく、池袋界隈にいなさいよ」

 

「ルクソール事件(エジプト外国人観光客襲撃事件)の一日前、ルクソールのあの現場にいたよ」

「うちの前の道路が、戦車の通り道で、これから国民を攻撃する戦車が通ったの。その時の記憶は、なぜだか薄くてあまりない」


 

・・・だんだんと、お話が、NHKスペシャルっぽくなって来たわ。
 

声の出演  戸田恵子

 BGM:パリは燃えているか
 

「エジプト革命勃発時は、仕事でホテルにいて、危険だから外国人は、ホテル内にいなさいと、ホテル内にいさせられて・・・。それでも日本人ね、私。どうしても自分の家と犬と旦那が気になっちゃって、どうしても帰りたかったの。そこにデモ行進してる民衆がシュプレヒコールを上げながらホテルの前を通りかかったから、私もどさくさに紛れて、そのデモに加わって、民衆達と一緒にシュプレヒコールを上げながら家の近所までたどり着いたの。その間、燃えている戦車や、ひっくり返っている戦車を見て、マジでこれ、やばい、と思って、途中でさりげなく行進から抜けて、なんとか家に着いたの。」
 

 

「家にたどり着いたら、犬も旦那もすごいびっくりして、でも無事を喜んでくれて。ほっとしたから、とっておきのチューハイと日本酒を開けて、とりあえず旦那と飲んだの。そこにNHKから電話がかかって来て、様子を聞かれたから、今あったこととか、全部話したわ。そしたら『すみません、もうすぐおはよう日本が始まるので、そこで、話してくださいますか?』って言われて、お酒も結構飲んでるし、無理です!って断ったんだけど、どうしてもってあっちも食い下がってきて、私、今、お酒入っているんで、放送禁止用語連呼しちゃうわよ、とか言って、何とか取りやめてもらったの。だって、テレビに出てそんなこと言ったら、親も驚いて絶対に練馬に帰って来いって言うに決まってるし」

「そりゃ言うわなあ」

 

「日本にいるとわからないかもだけれど、今世界は大変なことになっていて、だから帰ってきたの。明日にでも大事件がいつでも起きる可能性があるわ」

「でも、何か起きるとそれで株価とか色々なもんの価格が決まって、俺それで食ってるし。この寿司も」

 



「嫌な世の中ね」


「しょうがない」
 


 

「じゃあ、そろそろ帰ろうか」

「結構何も考えずに頼みまくっちゃったけど、大丈夫?」

「大丈夫だよ、もうみんないい歳だし」

「金融業が二人いるんだ、何とかなるさ」
 

 

かなり飲んだけど、一人2500円くらい。

いやー、何十年ぶりに会ったとは思えなかったわ。

 

ますみちゃんからもらったエジプトの石鹸とマンゴーティー。どうもありがとう。

 


 

次の日、本当にパリが燃えてしまっていて、ますみちゃんの言っていた言葉が、真実味を帯びてきたわ。
 

私は、ずっと平和な板橋にいようっと。

B食店情報
・店名 : 魚がし日本一 池袋東口店(うおがしにほんいち いけぶくろひがしぐちてん)
・ジャンル : 和食-寿司
・住所 : 東京都豊島区南池袋1-22-4
・TEL : 03-5956-6284
・URL : http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13150213/
・営業時間 : 11:00〜23:20(L.O)
・定休日 : 年中無休
・最寄り駅 : 池袋
・キーワード : 立ち食い寿司
・友人・同僚 / 一人
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ