記事
[ 総記事数:2669件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2008年7月29日(火曜日)
   
今日は仕事を早く上がって、印刷屋さんに足を運び、例のコンサートのプログラム印刷をすることに。
なんとか間に合うようなので頼んできました。

ということで、要らん心配だったわけで、チケットの売り上げ状況を聞きがてら、円山のヒマラヤ倶楽部へ足を運び、トゥッパをいただくことに。
お腹を壊しぎみだったので、辛くないトゥッパを頼みました。
だから、スープは赤ではなくて白いのです。

あっさりした鶏のスープで、美味しいです。
1000円以上かけてラーメン食うよりは、こっちのほうが良いのかも。って思ってしまいました。

ちなみに、チベットの人は、焼いたナンをスープにつけて食べるのだそうで。今度試してみようかと思います。
B食店情報
・店名 : ヒマラヤ倶楽部(ひまらやくらぶ)
・ジャンル : カレー
・住所 : 北海道札幌市中央区北1条西25丁目TSビル1階
・TEL : 011-644-5797
・営業時間 : 11:30?21:00(ランチタイムは11:00?13:30)
・定休日 : 月曜日
・最寄り駅 : 円山公園(地下鉄東西線)
・キーワード : インド料理/チベット料理
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2008年2月8日(金曜日)
   
 

今日は仕事の帰りにヒマラヤ倶楽部に行きました。
チベットの旧正月を祝う宴会に誘われたのは昨日の夜。急なお誘いでしたが、年に1回のめでたい日で、お店の常連さんなどとも会えることもあり、足を運んだ次第。

 

お店のテレビでは、ダライ・ラマ法王のビデオが延々かかっておりました。
出てくる料理は、チベット料理を中心として、インド、ネパール料理もどんどん出てきました。

キュウリのサラダと、小麦粉で作った乾パンみたいなお菓子。

野菜の揚げ物。ベジタブルパコラです。つづいては、ネパールのモモ。
オリジナルの辛口味噌みたいなものをつけて食べると、good!!

 

ジャガイモとたまねぎのスパイシー炒め(?)のようです。
鶏モモのぶつ切りのスパイシーなから揚げです。
しょうが醤油で肉を付けて、衣で揚げたらザンギになっちまいそうな勢いです。
ザンギ大好きな北海道民には、受けが良いと思います。
つづいて、スパイシーな野菜炒め。
インド風スパイシーきのこチャーハン。通常メニューにでてくる、おなじみチベット焼きそば。
チョウメンですね、
あらかた食事が終わりになると、ネパール語やヒンディ語で歌いだすわ、踊りだすわで大盛り上がり。
私も踊りまくっちまったよ。楽しかった。
最後は、デザートで〆めです。
イチゴが甘くておいしかったです。
B食店情報
・店名 : ヒマラヤ倶楽部(ひまらやくらぶ)
・ジャンル : カレー
・住所 : 北海道札幌市中央区北1条西25丁目TSビル1階
・TEL : 011-644-5797
・営業時間 : 11:30?21:00(ランチタイムは11:00?13:30)
・定休日 : 月曜日
・最寄り駅 : 円山公園(地下鉄東西線)
・キーワード : インド料理/チベット料理
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2007年12月1日(土曜日)
   
師走に入り、いきなり野暮用で東京に出かけてました。
おんなじ冬の格好をしてるのに、羽田に到着したとたん、汗かきまくったではありませんか。
外套を脱いだらちょうど良かったです。

って、体が北海道仕様だから当然といや当然なわけですが。

1日は、夜にバラタナティヤムの舞台があったので、東京メトロの半蔵門駅から道に迷いながら会場の到着。
時間には間に合った模様。

知り合いにバラタナティアムの先生がいまして、その生徒さんの発表会だったわけなんですが、主役の生徒さんよりも、先生の踊りばっかりみておりました。
生徒さんのレベルも結構高いんですが、先生が輪をかけてうますぎなので、目線が先生に向かうのは必然だったり。

先生の踊り、神ががってます。
頭のてっぺんや手の先から、足のつま先まで、一片の隙がありません。
女性でありながら、男性や男性の神様を演じるときに男性的なオーラを感じさせるのは、さながらヅカの男役のようです。
生徒発表会が終わって、大井町の宿にチェックインしたあと、またポカラに行ってみました。
10月下旬に行ったときは、12時過ぎてたので食事は終了で2回のバーでお酒飲んでたのですが、今度は12時前にお店に行ったので、お目当てのチベット料理にトライすることができたわけです。

そう。ずっと気になっていたトゥッパにありつけたのです。

札幌のヒマラヤ倶楽部のトゥッパとは麺も味も量も違うので、そのまま比較はできませんが、あっさりして食べやすく、軽い夜食にはちょうど良いです。
今度行ったときは、チョウメンに挑戦したい所です。

(余談)
料理人が2人ともネパール人なので、ネパール語で注文してみたら喜んでくれました。

「(料理名:今回はトゥッパ) でぃのほるす」

といえば、注文できるはずです。
B食店情報
・店名 : レストラン&バー ポカラ(れすとらんあんどばー ぽから)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都品川区 東大井5-7-13 
・TEL : 03-3458-1096
・URL : http://www.e-pokhara.com/index.asp
・営業時間 : ランチ 11:00?15:00   ディナー 17:00?24:00
・定休日 : 問い合わせ
・最寄り駅 : 大井町駅
・キーワード : 焼き物も美味しそう
・友人・同僚
B食店ページへ

2007年10月10日(水曜日)
   
ここ最近やたら冷えるようになり、まわりの通勤客の服装を見たら見事に秋服なんだよなー。
そんなわけで、急にこれを食べたくなったので、一路円山へ。

そう。
ヒマラヤ倶楽部のトゥッパです。

そこらへんの下手なスープカレーより、ヒマ倶楽のトゥッパが超オススメ。

そういや、東京でトゥッパ食えるお店(チベット料理店)ってあるのかしら?
今月は2回ほど上京する予定なので、1回は食べてみたいですね。
B食店情報
・店名 : ヒマラヤ倶楽部(ひまらやくらぶ)
・ジャンル : カレー
・住所 : 北海道札幌市中央区北1条西25丁目TSビル1階
・TEL : 011-644-5797
・営業時間 : 11:30?21:00(ランチタイムは11:00?13:30)
・定休日 : 月曜日
・最寄り駅 : 円山公園(地下鉄東西線)
・キーワード : インド料理/チベット料理
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2007年8月23日(木曜日)
   
この日、サリーのおつかいを頼んだ方から、「今日サリー受け取りたい」という電話が来たので、いったん帰宅してから頼まれたサリー一式を持って円山のヒマラヤ倶楽部に行きました。

あまりお腹の調子が良くないこともあり、カレーやトゥッパなどの辛い系はさけて、チョウメンにしました。
お土産にサリーを買うときのコツ

女性が自分自身でサリーを買うのでしたら、思う存分納得のいくまで選べばいいのですが、私のように男性が女性にサリーを買う場合はあれこれ考えることがありますので、結構難しいものです。

まず、サリーは単なる6メートルぐらいの布なので、サリーだけを買うならデザインと材質と値段を気にするだけなので、比較的買うのは難しくありません。

つづいて、ペチコートもよほど小さいものを買わない限り、失敗はないと思います。買ったサリーの色に合わせて買えば良いです。
サイズは6partか7partぐらいでいい気がします。一番大きな8partはフリーサイズだとお店の人は言っておりました。

上半身に着るチョリ(ブラウス)は、本来はサリーの端っこに付いているブラウス専用の布を使って作ってもらうのですが、本人がいない場合は既製品を買うことになります。
肩幅とトップバスト、アンダーバストをあらかじめ聞いておけば、だいたい間違いないものが買えると思います。
買う相手が洋裁のスキルがあるのでしたら、適当なサイズのチョリを1着買って、帰国後にバラして型紙を作成して自分のサイズに合わせたチョリを作らせる…なんて手もあります。
2007年6月20日(水曜日)
   
今日は年に一度の会社の創立記念日につき、早めに職場をあがることができました。
が、中途半端な時間なので、円山のヒマラヤ倶楽部に行き、ナマステボリウッドを置いてお茶したついでに焼きそば食べました。
今日のチベットやきそばは、「スペシャル!」だそうで、普段は鶏肉を使うところを、豚肉にしたようです。
どおりで、いつもと違ってたわけだ。(笑)

昼間は結構温かかったこともあり、お店からの帰りは札幌駅まで40分ぐらいかけて歩きました。
2007年2月22日(木曜日)
   
寒い冬にはあたたかいヒマラヤ倶楽部のトゥッパが一番です。
[先日のチベット正月の記事]のコメントで、「赤くて辛いスープの手打ち麺を食べさせてもらったことがあって…」とあったのですが、この料理じゃないかな。
B食店情報
・店名 : ヒマラヤ倶楽部(ひまらやくらぶ)
・ジャンル : カレー
・住所 : 北海道札幌市中央区北1条西25丁目TSビル1階
・TEL : 011-644-5797
・営業時間 : 11:30?21:00(ランチタイムは11:00?13:30)
・定休日 : 月曜日
・最寄り駅 : 円山公園(地下鉄東西線)
・キーワード : インド料理/チベット料理
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ