記事
[ 総記事数:120件 ] [ RSS2.0 ]
2006年6月19日(月曜日)
[ 23:24 ] [ サバラン ]
   
ロワゾー・ド・リヨン
東京下町の湯島に昨年オープンした新しいパティスリーです。
ルコントやフランスのリヨンで修行し、ル・コルドン・ブルーで教鞭をとった加登シェフのお店です。

生菓子、焼き菓子、コンフィチュール、ヴィエノワズリー等アイテム数は豊富です。いくつか購入したのですが、サバランを見つけたので迷わずGET!
【サバラン 450円】

オレンジでまとめた夏らしいサバラン。
オレンジピール入りのブリオッシュにオレンジ風味のシロップをたっぷりとしみこませています。お酒はグランマニエ(オレンジのブランデー)を使用しているようです。

ブリオッシュはしっかり骨太系。シロップを含む前のものも食べてみたいな。

オレンジの果実も飾ってあるので、さっぱりと食べられるサバランです。クリームは上の生クリームのみ。
…………………………………………………………

アルコール度数は…★★☆☆☆
ややお酒感があります。
(★5つで判定。多いほどアルコールが強い事を示します。あくまで主観です。)

2006年6月14日(水曜日)
[ 22:38 ] [ サバラン ]
   
お久しぶりです!
再開ブログはサバランからはじめていきます。
またこれからもよろしくお願いします!

オリジーンヌ・カカオといえばショコラ。
ショコラといえばオリジーンヌ・カカオ。

自由ヶ丘に本店がありますが、今日は渋谷の東急フードショーに行った際に寄ってっきました。

やはりサバランチェック体勢が整っているので、
真っ先に目がいくのはサバラン!

【サヴァラン オ アグリューム】

さすがオリジーンヌ・カカオ。サバランもチョコ仕立てです。
チョコレートクリームがぐるぐるっと巻いた上には
オレンジのゼスト(皮)がはんなりと飾られています。

ブリオッシュ生地が香ばしいのが印象的。
しっかりと焼いてあるのでぐちゃっと感は有りません。

オレンジとグレープフルーツのシロップに
ラム酒を合わせてあるとのこと。

チョコレートクリームは滑らかでチョコレートのねっとり感がありますが
思ったより軽い味わいです。
結構たっぷりめに絞ってあるのが嬉しいところです。

シロップのお酒はそれほどきつくなく、
どちらかというと柑橘類の爽やかな香りの方が生きているので
さっぱりとした夏らしい味わいです。
※アグリューム…柑橘系のという意味らしいです。
…………………………………………………………

アルコール度数は…☆
穏やかです。お酒NGな方でも大丈夫な範囲かな?
(☆5つで判定。多いほどアルコールが強い。あくまで主観です。)

2006年6月6日(火曜日)
[ 19:00 ] [ サバラン ]
   
先日自由ヶ丘のダロワイヨに行ってきました。
自由ヶ丘の駅のロータリー前にあるので、よく近くを通る機会はあるのですが、店内に入ることはあまりなかったです…。

今回、「サバランあるかな?」と足を踏み入れると…。
ありましたー!!

【サバラン オ フリュイ 473円】

夏らしくフルーツを飾りさっぱりとしてそうなサバラン。
オレンジのシロップとグランマニエ(オレンジのお酒)風味でした。
ブリオッシュの周りにはアプリコットジャムかな?つやつやと輝いていました。

シロップをしっかりとすっていてかなりひたひたな感じです。

テイクアウトの箱にいれてもらったのですが、
サバランのシロップが箱に流れ出さないように、
ラップでサバランの周囲を囲んでいてくれてました。
…………………………………………………………

アルコール度数は…☆☆☆
(☆5つで判定。多いほどアルコールが強い。あくまで主観です。)

アルコールが苦手な方にはきついけど
好きな方にはもうちょっと欲しい!というくらいです。
2006年6月3日(土曜日)
[ 22:12 ] [ サバラン ]
   
最近、サバランについて研究しようと思っています。
研究ってほど大げさでは無いのですが(笑)。
ただ単に個人的に気になるスイーツの1つです。

最近作っているお店が少なく貴重な存在になってきましたよね。
それなので、パティスリーでサバランを見つけると
「!」(あ、サバランだ!と心の中でつぶやいてます。)
となります。

今日は、武蔵野菓子工房のサバラン(380円)を購入。
武蔵野菓子工房は和風テイストの洋菓子店です。
西東京市にあるのですが、目黒のアトレにも入っています。

こちらのサバランは、とてもシンプルな構成。
ラムとキルシュ(さくらんぼのお酒)のシロップをしみこませて、
生クリームをしぼったもの。

食べてみると、とてもシロップを含んでいてジューシーなブリオッシュでした。ブリオッシュ自体は色が白っぽくさっぱりしたタイプ。アルコール加減は、お酒の香りはしっかりと聞いていますが、アルコール分としてはあまり感じないです。

けっこうアルコールをとばしているみたいです。

生クリームは滑らかで甘さ、脂肪分ともに控えめでさっぱりしていました。

全体的には、香りがよくさっぱりしたサバランという印象。

そしてサバランの旅は続く…。

※おいしいサバラン情報おまちしています☆