記事
[ 総記事数:1099件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2017年1月11日(水曜日)
[ 23:14 ] [ アジア料理 ]
   
 

長野や岐阜のご家庭で作られていると言う、超醗酵した漬物をいただいたわ。

 

かなり、匂いも塩分も強敵なんだけれど、これは何かしら。調べてみたら、すんき漬けのようだわ。これは、かなりの醗酵臭。口に入れるとほのかに納豆ぽい香が、鼻を抜けてよ。これは強敵。ん、この醗酵野菜と言う文化、どっかで聞いたことあるわ。



そうよ、あれよ、ネパールのグンドゥリュックだわ!



・・・・と言うわけで、ネパール料理研究家でもあるマナカマナさんに相談して、基本的なグンドゥリュックのスープの作り方を教わって、その通りに作ってみたわ。

 

クミン入れて、トマト入れて、その他もろもろ入れて、ぐつぐつ煮てみたわ。

 

おお!あの手ごわかった漬物の酸味が、素晴らしい酸味に変身したわ。我ながらとても美味しい。しかも酸味って疲れを抜くわね。しかも、これ、ご飯にかけたら、絶対美味しいってば!チリパウダーとペッパーとコリアンダーの葉っぱ加えたら、ラッサムだわ、これ。

ネパールも長野も地形が似てるから、同じような保存食品を作るのかしらと、感心しながら、一人であっと言う間にたいらげてしまってよ。

すんき漬け、同じ日本なのに知らなかったわ。日本にも色々な生活に根ざした食文化があるのねえ。

2015年11月11日(水曜日)
[ 00:27 ] [ アジア料理 ]
   
 

Can!Do!で売っていたこのフォー・ガーが、かなり美味しかったのだけれど、最近見かけなくて鬱だわ・・・。

 

ベトナムで食べたフォーのように、ぎょっとするようなえぐいほどの草の香りが再現されまくっていてよ・・・。

 

低カロリーで深夜に酒を飲んだ後、酔っ払った勢いで食べても、なぜか安心できる一品だったわ(カロリーが低かったから)。もちろん味は、美味しいわ。流石、NISSIN!

 

Can!Do!になき今、どこで手に入るのかしら・・・。


と言うよりも、深夜に酔っ払って、カップ麺食べるの止めろと言われそうだけれど、私なりに、〆のラーメンを低カロリーにしようと頑張っているのよ。

2015年10月18日(日曜日)
[ 11:44 ] [ アジア料理 ]
   
 

最近、アジアな料理が手軽に入手出来るようになって、嬉しい事この上ないわ。アジア料理好きな私は、もちろん、色々なカップ麺を試していてよ。

 

 

 

 

 

木枯らしが吹いたと言うのに、毎日ガバガバと熱帯な食べ物を食しているんだけれど(季節感ゼロ)、ここ最近のワタシのヒット商品は、これ!


3位

日清食品 トムヤムクンヌードル

 

もっと美味しいのもあるかもだけど、入手のしやすさ、手軽さ、価格を考えると、酔っ払った後でも気軽に食べられる「隣のおねいさん」的なフレンドリーさがGood。

 

好き過ぎて、大量買いしてしまったわ。 

 

*昔、貧乏だった人は、急に小金を持つと、自分の好きな物を買い込む癖があります。 







2位

同じく日清食品 シンガポール風ラクサ

 

普通、1発目が大当たりすると、次以降は不発だったりするんだけれど、そんなことはなく、見事なラクサ麺を提供していただきました。

 

こちらは、酸味はないけど、ミルキーなココナッツ味が、ひたすらステキ。マラッカな味!シンガポールを思い出すわ。住んだことないけど。

 

もちろん、買い込みました。



そして、私的No.1は、こちら。

セブンイレブン  トム!ヤム!クン! 

 

350円。ポーションは小さめだけれど、食べた後納得できる価格。

 

具もたっぷり。生のえびもコリアンダーも入ってるわ。

 

電子レンジで簡単調理。


本物のえびさんがいらっしゃるから、出汁がダシダシしていて、酸味も辛味もパーフェクト。これが350円で手軽にすぐ食べられたら、タイ料理屋さん、うかうかしてられないわね。。。革命的に美味しいわ。なんと言っても、セブンイレブンなんて、比較的どこにでもあるから、どこでもこんなのが入手できてしまうところが素晴らしいわ。疲れて帰って来ても、電子レンジに入れてしまえば、あとは、レンジさんがお仕事して下さるので楽チン過ぎるわ。

10年前、いえ5年前でも考えられなかったわ。タイ料理なんて、タイ料理屋さんで食べるものだったのに、今や普通に食べられるのだもの。

いい時代になったものね。

2015年1月11日(日曜日)
[ 11:08 ] [ アジア料理 ]
   
 

 エスニックの女王、dada2さんの忘年会atケララの風兇帽圓辰突茲燭錙A闇は、欠席だったので、張り切って行って来てよ。(遠いけどね)

 

飲兵衛揃いだから、酒の量もスゴイことになっていてよ。

 

辛い物大好きの隣町のカレー王者、エスニカンさんと隣の席で、この界隈のカレー情報の交換会をしながら、楽しんで来てよ。
 

「ほっともっとは、もう魯肉飯はやっていない」「肉骨茶の2階にマレーシア式カフェが出来てて、カヤトーストが食べられる」「アールティーのナディームさんが、日大病院のそばでシマランと言う店をやっていて、かなり評判がいい」「マナカマナは最近かなり美味しくなったけど、社員研修旅行で何かあったのか?」「ミョーミャンマーは、まだ頑張っている」「板橋本町のエーケーコーナーは、絶対一度は行くべき。本格的で美味しいから」

エスニック王と言われるエスニカンさんと、板橋十条限定の情報交換、なんかすごい無駄遣いをした気がしたわ。

 

チャットニーパーティー仕様。オーナー沼尻さんのお得意のひと品。

 

焼いたパパド。

 

そして、ラッサム。昔は凝って、ラッサムばっかり作っていたのだけれど、最近は、仕事が忙し過ぎて台所に立つ時間すらないわ・・・。おかげで汚れまくり。我が家で料理したいって言ってくださる方も時々いらっしゃるのですが、まず排水処理からお願いします。

 

なんかストリートフードのパン。ムンバイだかデリーだかの屋台料理ですって。パンに見えます、私には。

 

そこにこのカレーをかけて食べるものらしい。なるほど。

 

マサラな卵焼きケララの風競好織ぅ襦カレーリーフがばっさりと贅沢。

 

ワダでーす。揚げたてでーす。熱いうちに食べちゃおうっと。

 

サンバルでーす。

 

付け合せは、どっさりかけて、食べるのが私流。

 

ビーツで味付け&色つけしたトーレン(らしきもの)。貧血にいいらしいので、ビーツ大好き。この界隈の八百屋さんで、ビーツ買えるとありがたいんだけれどなー。錦糸町では、安く売られてるの見たことあるけど。

 

フィナーレは、カリジラで作られたビリヤニ。美味しい。

 

ライタもあるので、かけていただきまーす!
 

エスニック関連のお友達、2015年もよろしくお願いしまーす。今度の職場は、少しはプライベートな時間ができそうなので、板橋にも遊びにおいで下さいねー。

 

<おまけ>

ケララの風兇、ビジネス雑誌Dimeの漫画に載ったわ。

 

もう、どこのスタンハンセンかと思ったわよ。 

 

B食店情報
・店名 : ケララの風?(けららのかぜ つー)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都大田区山王3-1-10
・TEL : 03-3771-1600
・URL : http://hwsa8.gyao.ne.jp/kerala-kaze/main.html
・営業時間 : 11:30-14:30
・定休日 : 火曜
・最寄り駅 : 大森駅南改札山王口から徒歩5分ほど
・キーワード : 南インド料理/ケララ/ランチミールス1000円/【注意:肉類はハラルではありません】/ランチのみ営業
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2014年10月28日(火曜日)
[ 17:57 ] [ アジア料理 ]
   
仲良しのカレー屋さんご一家と一緒に、中野区沼袋が誇る和印カレーのたんどーるさんにお邪魔したわ。板橋から沼袋は、行きづらいので、バスで環七沿いを下るのが吉。ただし、時間が読めないと言うおまけ付きよ。

 

まずは、10品目サラダで野菜を摂取!パパドが良いアクセントだったわ。

 

地鶏モモとモツのピクルス。カレーとご飯で食べてもいいかも。

 

マライティッカ三種盛り。ゴマがまぶしてあるやつが、香ばしくて私好み。ちなみに肉質の良さが、びんびんわかるわ。介護食のように柔らかい鶏肉!

 

地鶏手羽先のタンドール焼き。やはり肉が柔らかい。どこで買ったお肉かしら・・・。

 

和ッサムスープ。これはアイデアよねえ。ごまの香りがナイスだわ。日本人にしか思いつかない、作れない味よねえ。

 

この日のカレーは、左奥から、「かぼちゃと5種類の豆のカレー」、「噂の!地鶏と大根の梅カレー」、「ひじきと干し椎茸のトマトカレー 焼き油揚げのせ」、「鶏ひき肉とナンコツとレンコンのキーマカレー」。うーむ、カレーもやはりアイデア満載。カレーってここまでヘルシーに作れるのね。これも今までの培った経験のなせる技かしら。

 

もちろん、ライスで。色々雑穀が入っていて優しいご飯。

 

店主の塚本さんの作るナンは、とても美味しいので、ライ麦と豆乳のナンとも合わせてみても美味しいわ。優しいお味。

 

デザートのレーズンとクリームチーズのナン。クリームチーズの存在感が、はっとさせてくれるわ。
 

 

 同じくデザートのチョコレート入りナン。「大人のチョコナン」と言う名前だったけれど、どの辺が「大人の」だったのかしら。
どうでもいいけれど、どんな単語にも「大人の」って付けるとアダルティーに聞こえるわよね。参考までに「男の」って付けると、汗臭く感じるし、「夜の」って付けるとえっちに聞こえるのは、私が汚れた大人だからかしら・・・。

 


現在は、金土日の夜のみの営業なので、予約が必ず必要な名店よ。店主の塚本さん、去年お会いした時より、ちょっぴりお元気になられたみたいで、笑顔でいらして、ホッとしたわ。

大人3人でワインを3本あけて、上機嫌で帰って来たわ。

B食店情報
・店名 : たんどーる(たんどーる)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都中野区沼袋1-8-22
・TEL : 03-3387-2172
・URL : http://www014.upp.so-net.ne.jp/tandoor/
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ