記事
[ 総記事数:859件 ] [ RSS2.0 ]
2005年11月29日(火曜日)
   
秘密の連絡網から情報が入った!
そこは最近、新大久保に新しく出来たというハラールフード屋だ。
とは言うものの、以前ここにあったお店はタイの食材屋だったんだけどね。
だから、差ほど変わらないだろうと思い期待をしないまま店内へ入ると、数名の外人が椅子に座って談話をしていた。
まあ、新大久保だけかどうかわからないけど、ハラールフード屋ではこのような状況は良くある事だ。
そして、店内を物色していると「どうぞ」とマンゴージュースを渡された。
でたー、Welcome drink!
これもたまにある事なんだよね。
また、店内をフラフラして何も買わずに一旦外へ出て、この店の近くの違うハラールフード屋を何軒か回った。
何だか気になったので最後に再度この店に戻って、店員に色々質問した。
日:「どこの国の人ですか?」
番:「バングラデシュです」
日:「ふ〜ん、ここにいる人達もですか?」
番:「一人はパキスタン人で、あとはバングラデシュ人です」
日:「ふ〜ん。」
番:「これ、どうぞ」
日:「あっ、ジャール・ムリだ!」
番:「えーっ、知ってるの?バングラデシュ行った事あるの?」
日:「いえ、ないですけど知ってますよ」
番:「座って下さい」
と椅子を渡され、座ってジャール・ムリをムシャムシャ食べてると、近くに座っていたバングラデシュ人から色々質問された。
番:「あなたイスラームですか?」
日:「いえいえ、違います」
番:「どこの国の人ですか?」
日:「日本です」
番:「お父さん、お母さんは、どこの国の人ですか?」
日:「日本です」
番:「本当?」
日:「いやいや、本当です」
番:「…」
何だか色々と疑われているようでした。
まあ、長く伸びた髭のせいでしょう。w
そして、何だかんだで1時間くらい滞在していました。
あと、せっかく来たのでマスタードオイルを買った。
それと、今度この店へ来る時は、ベンガル語を少し覚えてから来ようと思ったのでした。
ジャール・ムリは皆が食べれるように洗面器に入ってました。w
スタンダードな、ジャール・ムリ。
以前、自分で作った事があります

買った、マスタードオイル。
もらった、マンゴージュース。
2005年10月11日(火曜日)
   
ノモシュカール(こんにちわ : ベンガル語)
この貸切パーティは、S氏の退院とN氏の誕生日2つの祝いの為に行われました。
集まったのは15人で全員グルメな面々。
もちろん、常連の『いたばし区のばら』ロザリーさんも匂いを嗅ぎ付けて参加。w
あと、貸切と言う事で予約制のスペシャル料理。
しかもベジ中心で優しい料理ばかりをチョイスしたとの事。
その中でも、一番食べたかったのは、ジョル、キチュリ、ダール。
一番と言いながらも3種類もあるね。w
味は全体的にシンプルで毎日食べても飽きない味付けで優しい感じ。
正直、バングラデシュと言ったら北インド方面なので味付けがコッテリかと思ってたから、良い意味で裏切られた。
これからはこういった家庭料理を出す店が増えるといいなあ。
ジョル : 特注
魚のカレー(カリフラワー入り)
ジャールムリ
米菓子(味無し)とスパイスのマスタードオイル炒め。
サモサ
野菜の包み上げ。
ベグニ
ナスの揚げ物。
バングラ・サラダ
サラダ
チャナ・チリ
ヒヨコ豆のスパイス炒め。
ダール(マスール・ダル)
豆のカレー
キチュリ : 特注
豆と米のお粥
セミア・パヤサム : 特注
セミアが入ったミルクのデザート
B食店情報
・店名 : ルチ(るち)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都板橋区板橋2-63-1
・営業時間 : 11:30?15:00/17:00?22:00
・定休日 : 日曜休
・最寄り駅 : 板橋区役所前
・キーワード : バングラデシュ・インド料理
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ