記事
[ 総記事数:795件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2007年4月2日(月曜日)
[ 23:46 ] [ 季節の風景 ]
   
嵯峨野・落柿舎の前に
こんな畑ができていました。

【小倉大納言 実験農場】
日本で初めて小豆と砂糖で餡が炊かれたのは
820年頃で、この小倉の里に住む人が作ったとか。

詳しい由来は、クリックしてご覧ください。
古い伝承ですので、諸説あるかと思いますが、
落柿舎の前に大納言小豆の畑は、楽しみ♪
れんげの花が咲き始めています。
昨日(4月1日)から、老松さんの「夏柑糖」
始まっています。

ひとつ買いました。
昨年は少し甘く感じたのですが、
今年はさっぱりしているような♪(私見)
すっぱい夏みかんが大好物です。
2007年3月29日(木曜日)
[ 01:32 ] [ 季節の風景 ]
   
*fantasy 桜


醍醐寺の森の道で。
*fantasy 萌
2007年3月22日(木曜日)
[ 22:17 ] [ 季節の風景 ]
   
はちはちさんはお休みだけど
通りかかったから、ちょっと路地奥のぞいてこ♪


はちはちInfinity Cafe
今年から営業時間と定休日が変更されました。
12:00〜20:00 (イベント時変更)
水・木定休
「ゴンズイ展」やってました。
遊・空間U」と「はちはちInfinity Cafe」の
敷地全体(家の中も)にぽつんぽつんと作品が
置かれています。探して歩くのが楽しい♪

ここは、Cafeの後ろの竈。
パンの焼きあがるいい匂いがしています。
「遊・空間U」の畑には、
水菜や大根が花盛り。
草むらには、蕨(わらび)
「この間摘んだばかりだから、あんまりないよ」って。
空き地(?)で楽しくあそんでいたら、
雨が降ってきました。

サクランボのなる桜だそうです。
早咲きのよう。残っている花が僅か。
2007年1月31日(水曜日)
[ 16:38 ] [ 季節の風景 ]
   
吉田神社の奥にあります。


節分には、お茶とお菓子のご接待があります。
吉田神社の「鬼やらい」は、2日午後6時から。
あんこ党のピロ党首もお詣りされました 笑
2007年1月1日(月曜日)
[ 23:49 ] [ 季節の風景 ]
   
今年も、「自分がリピートしている、リピートしたいと思う
京都の美味しいものやお店の口コミ」を、マイペースで
更新して行きたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


(大文字山、「大」の「一」と「人」の交わる火床から。)
快晴の空に誘われて、上ってしまいました。
[ひだまり*]もよろしくお願いします。

「京都のお菓子の中で一番好き!」だった雪餅
昨年の5月から休業されていた「生風庵」が
お店を閉められました。
生風庵さんには、「おいしいしあわせ」を
たくさんいただきました。
栗きんとん *はなびら餅
本わらび・大島薯蕷 *桜餅
記事ではご紹介できませんでしたが、
5月の「水藻」、きんとん、ねりきり、薯蕷まんじゅう…
毎年、季節が来るのを楽しみに待っていました。

深い感謝をこめて、添えさせていただきます。
2006年12月31日(日曜日)
[ 23:41 ] [ 季節の風景 ]
   
昼過ぎから風に雲が流れ、青空が広がりました。
眩しく沈んだ2006年大晦日の太陽。

昨年の9月中旬からブログを始めて1年余り。
たくさんの方に訪れていただき、
本当にありがとうございます。

皆さまにとってすてきな1年になりますように。

2006年12月24日(日曜日)
[ 09:58 ] [ 季節の風景 ]
   
やっと間に合いました♪

去年の飾りを押入れから出してきただけですが アセアセ
今年いっぱいは、このテンプレートで過ごします。

ちょっとさびしいので、オーナメント代わりに。
シナモン、トウガラシ、黒石の姫りんご リンゴ
パンデュースのシュトーレン

パンよりの生地で柔らかめ、やや甘く感じられます。
(粉糖がなじんでいるせいからかも。)
スパイスひかえめで、家族みんなで楽しめるタイプ。
ベッカライ・ビオブロートのシュトーレン

シンプルです。
じっくり仕上げた生地の美味しさを味わいます。
小麦のシュトレン。



今年はオーソドックスに、赤と緑のアレンジメント。
クレッセント、X’mas三日月です。







すてきなクリスマス・イブを 月
2006年11月18日(土曜日)
[ 08:19 ] [ 季節の風景 ]
   
11月14日

神護寺楼門

参道の階段は5分くらい。まだ紅色は少ないですが、
爽やかな彩りが楽しめます。
参道の階段脇に、「高雄茶屋」「硯石亭
2軒の茶屋があります。
どちらも鮮やかな紅葉に囲まれて、拝観が終えると
ついひと休みしたくなります。

昨秋、「京ゆばうどん」をいただいた硯石亭

楼門まであとひと息の所にある上の方の茶屋です。
メニューをご紹介しておきます ⇒

コーヒー抹茶カプチーノ
去年はなかったかも。

これからは混み合うので、まず席を決めてから、
注文して番号札をもらう方がいいかもしれません。
(今回は通り過ぎたので、同じ方式かどうか?です)
人出が多いときも、その風景が参道の紅葉と相まって
「紅葉狩り」の気分を盛り上げてくれます(笑)
食事どきははずしたほうが賢明です。
鷹峯・光悦寺

京都市内では一番紅葉がすすんでいます。(10/30


モモ松モモコさんも同じ日にいらしていたんですね。
ひとむさんとご一緒に、高雄から足をのばしたのは、
3時半すぎでした。
B食店情報
・店名 : 硯石亭(すずりいしてい)
・ジャンル : 和食-うどん・そば・麺類
・住所 : 京都府京都右京区梅ヶ畑高雄町5 神護寺山門下
・TEL : 075-872-3636
・URL : http://www.suzuriishitei.com/
・営業時間 : 9:00?17:00
・定休日 : 不定休(11月は無休/1月2月はお休み)
・キーワード : もみじ餅/うどん・そば/紅葉がきれい
・友人・同僚
B食店ページへ

2006年11月11日(土曜日)
[ 08:42 ] [ 季節の風景 ]
   
11月10日
まだ、ほとんど色付いていませんでした。

門前に1本、紅く染まった若木があります。
ここを、まっすぐ南に進んで、鳥居をくぐり、
道なりに薬草園をみながら歩いても、
圓光寺・詩仙堂への道に出ます。
弁天茶屋の庭は淡く染まりはじめています。
緑の中にやさしい色合い。

お天気のいい日、西日がきれいに映るかと。
きのうは曇っていたので、具体的に(笑)
茶屋の食事メニュー。すぐ近くに、お食事処がなく
時間を問わず食事できるので便利かと。
土・日の昼時は一杯になります。
(その他メニューあり。甘味のみOK。)
今日の風景(11/11)を追記________


小雨が降ったり止んだり。
茶屋の庭が淡く色付いています。
紅葉の坂道はまだ緑色。
門前も赤がごくわずかに見えるだけでした。

11月の土曜日だと言うのに、駐車場に止められました!
曼殊院のお庭には周囲に紅葉が配されていますが、
紅葉を見るというより、松を中心にした落ち着いた
佇まいを楽しむお庭です。

晴れた日は、午後の光がきれいに映ります。
日が陰るのが早いので、秋の洛北巡りは
曼殊院ー圓光寺ー詩仙堂ー金福寺、がお薦め。
金福寺(こんぷくじ)では、日没が見られます。
B食店情報
・店名 : 弁天茶屋(弁天茶屋)
・ジャンル : 和食-うどん・そば・麺類
・住所 : 京都府京都市左京区
・TEL : 075-711-5665
・営業時間 : 10:00?17:30(L,O.17:00)
・キーワード : 曼殊院門前の茶屋
B食店ページへ

2006年9月26日(火曜日)
[ 05:04 ] [ 季節の風景 ]
   
小さな手にいちじく

木に生っているのをもぎとって食べるのは
初めてなんですって。
ここで、
きのこが生えているのも
見つけたね。
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ