記事
[ 総記事数:795件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2007年3月31日(土曜日)
[ 00:40 ] [ 京都・和菓子 ]
   
[弥生のお菓子]

裏桜
ういろう

ほんのり桜色の花のうしろ姿
京都の町は桜色に染まっています。
御所の山桜は満開。
花冷え。
今年は長く楽しめそうです。
B食店情報
・店名 : 紫野源水(むらさきのげんすい)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 京都府京都市北区小山西大野町78(北大路新町下ル西側)
・TEL : 075-451-8857
・営業時間 : 9:30?18:30
・定休日 : 日曜・祝日
・最寄り駅 : 地下鉄「北大路駅」
・キーワード : 季節の上生菓子/「涼一滴」(5月〜9月)
B食店ページへ

2007年3月30日(金曜日)
[ 23:16 ] [ 京都・和菓子 ]
   
[春の蒸菓子〜御菓子司「聚洸」]

花宴(はなのえん)
 薯蕷きんとん、こし餡

先日より淡い色合い。
通常は、この色で作られているそうです。
華やかな色合いは、「注文のあったお茶席が
暗かったので」というお話でした。


28日、満開だった
醍醐寺・霊宝館のしだれ桜
こちらで紹介しています。)
風に揺れる花の宴。
B食店情報
・店名 : 御菓子司 聚洸(じゅこう)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 京都府京都市上京区大宮鞍馬口下ル
・TEL : 075-431-2800
・営業時間 : 10:00?17:00
・定休日 : 日曜日・水曜日・祝日
・キーワード : わらび餅/美しい季節の上生菓子
B食店ページへ

2007年3月23日(金曜日)
[ 23:24 ] [ 京都・和菓子 ]
   
[ひちぎり]

花宴(はなのえん)
 薯蕷きんとん、こし餡

ほほえみの春色
紐状の薯蕷きんとんは、紫陽花以来です。

甘さをおさえたふたつの餡とつくね芋、
ひとつずつの味を感じさせながら、
なめらかに融けあいます。

そぼろのきんとんより、薯蕷きんとんが
より味わい深く感じるのは気のせいでしょうか。

春のかほり
 よもぎ入り薯蕷きんとん こし餡

何度いただいても、新鮮です。
よもぎの香り高く。
大変好評で、2月下旬から3月中旬まで店頭で
販売されていました。現在は、予約注文が
あったときに、作られています。

*胡蝶
 羽二重、白餡

たしかに、ひよこにも…(笑)
メレンゲのように、ふわふわの羽二重のせい
かもしれません。
若草
 道明寺、こし餡

シンプルにみずみずしい道明寺を
味わいます。
B食店情報
・店名 : 御菓子司 聚洸(じゅこう)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 京都府京都市上京区大宮鞍馬口下ル
・TEL : 075-431-2800
・営業時間 : 10:00?17:00
・定休日 : 日曜日・水曜日・祝日
・キーワード : わらび餅/美しい季節の上生菓子
B食店ページへ

2007年3月17日(土曜日)
[ 00:39 ] [ 京都・和菓子 ]
   
[関連したBlog]

ひちぎり
 薯蕷ねりきり・薯蕷きんとん、こし餡/粒餡

男雛と女雛が
こんもりと春色のきんとんを抱いて。
淡い口どけもまた春。

近衛の糸桜
池の畔の桜を追いかけて咲く大きな樹が、
今年は、一歩先に華やぎ始めています。
ひとつずつ、ゆっくりと。
B食店情報
・店名 : 御菓子司 聚洸(じゅこう)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 京都府京都市上京区大宮鞍馬口下ル
・TEL : 075-431-2800
・営業時間 : 10:00?17:00
・定休日 : 日曜日・水曜日・祝日
・キーワード : わらび餅/美しい季節の上生菓子
B食店ページへ

2007年3月16日(金曜日)
[ 23:32 ] [ 京都・和菓子 ]
   
3月16日からの喜久屋さんの草餅
さっそくいただきました♪

寒のもどり、冷えこんんでいる京都ですが、
この草餅が始まると春の訪れを感じます。

’モチモチ’というより、’とろん’とした
みずみずしく柔らかい薄い草餅 キラキラ
深く煎った香ばしいきなこ キラキラ
甘さひかえめの小豆の風味 ウマッ

(1パック5個入650円 要冷蔵)
京都御所の「近衛の糸桜
蕾がほころんでいます。
B食店情報
・店名 : 喜久屋(きくや)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 京都府京都市西大路わら天神前下ル西側
・TEL : 075-462-6332
・営業時間 : 8:00(7:00頃でもOK)?15:30、16:00(季節によって15:00)できるだけ予約
・定休日 : 無休(不定休あり)
・最寄り駅 : 市バス「わら天神」前(西側)
・キーワード : 栗の子/草餅/レモン(葛湯)/小倉羊羹
B食店ページへ

2007年3月7日(水曜日)
[ 08:58 ] [ 京都・和菓子 ]
   
節分の頃に試作されていた「酒饅頭
工夫を経て、登場していました。

早蕨(さわらび) 
 薯蕷(じょうよ)酒まんじゅう・こし餡

薄皮をはずしたおぼろ生地に、蕨の焼印。
ふうわりと春のなごみを感じさせてくれます。
穏やかなお酒の風味を感じる薯蕷饅頭。

先日ご紹介したよもぎ入り薯蕷きんとん「春のかほり
先週うかがったときは既に品切れで今回ようやく再会、蓬の香りにあらためて感激しました。
この二つは人気が高いそうなので、前日あるいは当日予約されるほうが確実です。
ほかに、「うぐいす」「稚桜(わかざくら)」「わらび餅」。

ひちぎり 薯蕷ねりきり・薯蕷きんとん

淡くやさしい色合いが、春の霞のよう。
甘さや口溶けを軽やかに仕上げられているそうです。

3月3日が過ぎても、旧暦のお節句までは
雛のお菓子の注文があれば作られるとのこと。
予約のときに、「もしも…」とひとこと尋ねられても
よいかと思います。

***********

この日お菓子を用意していただいているときに、ご近所の方がお菓子を買いにみえました。
手には、白い聚洸さんの箱。いつも箱を持って買いに来られるとのことでした。
「今友だちが来はったさかい、ほなちょっとこうてくるわ〜って」
「ちょこっと食べたいときも、こうして持ってきたらひとつでもお願いできるやろ〜」
聚洸さんも「たすかるわ〜」とニコニコ。
蒸菓子(上生和菓子)をこんなふうに楽しむのいいなぁ。私もまねっこさせてもらうことにしました。
B食店情報
・店名 : 御菓子司 聚洸(じゅこう)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 京都府京都市上京区大宮鞍馬口下ル
・TEL : 075-431-2800
・営業時間 : 10:00?17:00
・定休日 : 日曜日・水曜日・祝日
・キーワード : わらび餅/美しい季節の上生菓子
B食店ページへ

2007年3月5日(月曜日)
[ 19:51 ] [ 京都・和菓子 ]
   
[昨年の記事]

今年は、3月16日 笑からです。
♪♪♪ (だいたい6月初め頃まで)

【注意事項】
・できるだけ早く食べる。
・暖かくなったら、保冷バックと保冷剤。
・当日朝の予約が無難。(特に土日)
・きな粉たっぷりです。
 (きな粉好きの方は、残り用の小袋を)
・いわゆる草餅という感じではありません。

今日は、小倉羊羹 キラキラを買いに行きました。
羊羹はちょっと苦手とおっしゃる方にこそ
召しあがっていただきたい、みずみずしい羊羹です GOOD
(1800円 要冷蔵/未開封で1ヶ月保存可)

[関連のblog] 桜さん
[関連のblog] ばんずさん
[関連のblog] masakoさん
[関連のblog] ピロさん
[関連のblog] aiさん

※包装には「夜の梅」とありますが、お店では通常「小倉羊羹」と呼んでいます。
デジカメ小倉羊羹の写真はばんずさんからお借りしました☆
B食店情報
・店名 : 喜久屋(きくや)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 京都府京都市西大路わら天神前下ル西側
・TEL : 075-462-6332
・営業時間 : 8:00(7:00頃でもOK)?15:30、16:00(季節によって15:00)できるだけ予約
・定休日 : 無休(不定休あり)
・最寄り駅 : 市バス「わら天神」前(西側)
・キーワード : 栗の子/草餅/レモン(葛湯)/小倉羊羹
B食店ページへ

2007年3月1日(木曜日)
[ 18:14 ] [ 京都・和菓子 ]
   
[moblog]

紫野源水製「ひいな」から

ねりきりの皮をむくと…(*^▽^*)
[ 15:09 ] [ 京都・和菓子 ]
   
[moblog]

いいお天気です。
ひとあし早い春。

紫野源水さんのひな菓子・有平糖
2007年2月28日(水曜日)
[ 18:59 ] [ 京都・和菓子 ]
   
[moblog]

「引千切(ひきちぎり)」は
宮中の祝儀用菓子「いただき餅」を模した
桃の節句のお菓子。
各店それぞれに形が違います。

[紫野源水さんのひな菓子]
B食店情報
・店名 : 紫野源水(むらさきのげんすい)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 京都府京都市北区小山西大野町78(北大路新町下ル西側)
・TEL : 075-451-8857
・営業時間 : 9:30?18:30
・定休日 : 日曜・祝日
・最寄り駅 : 地下鉄「北大路駅」
・キーワード : 季節の上生菓子/「涼一滴」(5月〜9月)
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ