記事
[ 総記事数:1087件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2008年7月20日(日曜日)
[ 10:57 ] [ おでん ]
   
 

銚子風のおでんの缶詰を買ったわ。

 

今日は何も作りたくないから、これで日本酒でも飲もうかしら。

 

ええと、中身はこれだけね。一通りはあるようだけれど、缶詰に印刷されている写真とは、かなり違うわね。今日はこれと笹かまでも切って食べようかしら。食欲ない時は、おでん缶を冷やしておくといいわよ。

2007年10月22日(月曜日)
[ 11:41 ] [ おでん ]
   
さて、埼玉中央大平原(ロザリー命名)のど真ん中のがんセンターに時々行っているロザリーよ。襟裳の春かよ!っていうくらい何もない場所だけれど、帰りに大宮の増田屋さんに寄るのが楽しみなの。ここのおでん種は、超サイコーていうカンジ?おでん種としての、存在感が超アリアリで歯ごたえが自己主張していてよ。
だしは、昆布だしに醤油少々。あとはおでん種からも適当に出汁が染み出すので美味しいわ。

今回は、ちょっと高いけれど、ロールキャベツなんて買ってみてよ。ちょっとヘルシーってカンジかしら?あと定番のシソ巻きでしょ。うずら卵でしょ、それから絶対はずせない餅入りよ。こんにゃくだけは近所のスーパーで買ってきて入れたわ。
コーンが入っているやつなんか、コーンの甘みがヤミツキになるわ。
デブ大好き、餅入りね。
それにしても、お酒がススムススム。大宮の増田屋さんの徒歩圏内には、飲兵衛さんがいっぱい増殖しているのではないかしら?(余計な詮索?)

はー、手術前にこのおでんもダディに食べさせたかったわ。と最近美味しいものを食べるたびに思うようになってよ。美味しいことは、ステキなこと。食べられるのはステキなこと。

最後はうどんを入れて、穀類補給よ。もったいなくて最後まで食べられなかったロールキャベツを置いてみたわ。(好きなものは、最後に食べる主義 ハート)このでかいサナギのようなロールキャベツ。この中に入って冬眠してみたいわ。

これから、さむーい季節だけれど、おでんであったかくなれるわね。今年も沢山のおでんを食べたいわ。おでんは、日本が誇る文化よね。
B食店情報
・店名 : 増田屋(ますだや)
・ジャンル : テイクアウト・お取り寄せ
・住所 : 埼玉県さいたま市大宮仲町1-81
・TEL : 048-641-2722
・URL : http://www.shiawase-h.com/hp/shops/taberu/masudaya.htm
・営業時間 : 10:00-19:00
・定休日 : 無休(すごい!)
・キーワード : おでん種
B食店ページへ

2006年9月19日(火曜日)
[ 01:30 ] [ おでん ]
   
次は小学校の前にある文房具やみたいなおでん屋さん。
おでん屋さんっていうより、おでんも置いてあるといったほうがいいのかしら。
このおやじさんの「ん?」って顔がステキよね。
こんな場所にこんなお店があるなんて、「買い食いしなさい。」って言っているようなものよね。
こちらは味噌おでん。これで300円よ。
昭和の建物の中にある昭和の食べ物。これぞ郷土食ね。

そして味噌味でもやはりだし粉はぶっかけるのね。
青海苔も。

子供の頃から親しんでる味がこんな渋いだなんて、静岡県民は実は飲兵衛が多いのではないのかしら?

B食店情報
・店名 : あさひや(あさひや)
・ジャンル : 和食-その他
・住所 : 静岡県清水区蒲原小学校前
・TEL : 0543-64-2634
・URL : http://www.odengaku.net/blog/archives/2006/08/post_48.html
B食店ページへ

2006年9月10日(日曜日)
[ 17:41 ] [ おでん ]
   
うみーーーーーーーー 
うみーーー うみーーーー

うみの ばかやろーーーー
ばかやろー ばかやろー 


海は山びこ

しません

清水ミチコ 「幸せの骨頂」より
ということで、次は海のおでんよ!

海とおでん

その言葉には、文学的な響きと郷愁を誘うなんともいえない言霊が感じられてよ。
海の家でおでんを食べる、なんて不思議な行為なの。羽衣を着た 天女もおでんを食べたのかしら?
と、古代に想いを馳せつつ、いただく味噌おでん。
んー、グアムのような陽の光を受けて、いい色を投げかけているわ。
見た目ほど味は濃くないのよ。ちょっとご飯が欲しくなるわね。透明感のある味噌が美しいわ。

糸こんも非常にいい色をしているわ。もちろんだし粉をかけていただきまーす。イワシの削り節がいい感じ。
もちろん、氷も一緒にいただきまーす!
いちごミルクと抹茶小豆。濃厚なソースが氷と溶け合って、さっぱりあっさりと食べられるわ。
デセールも完璧!

波の音を聴きつつ、まいうーな食事。天女も空から見て、仲間に入りたいと思っているかもしれないわね。もしかしたら現代の天女は、ちびまる子ちゃんかも知れないわ。(ここは清水市)
B食店情報
・店名 : 松見屋(まつみや)
・ジャンル : 和食-その他
・住所 : 静岡県清水市三保1283-2
・TEL : 0543-34-6140
・URL : http://www.ntv.co.jp/burari/020105/info13.html
・定休日 : 不定休
・最寄り駅 : 清水
・キーワード : 海/三保の松原
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

[ 15:07 ] [ おでん ]
   
さぁ。いよいよ私達の修学旅行、おでん巡りツアーも最終日よ。どれだけ食ったのかしら?

昨日の朝行った「おにぎりのまるしま」と同じようにおにぎりやおでんがあるのよ。こういうお店、東京都板橋区にもあちこちに欲しい!と本気で思ったわ〜!
そしたら毎日のように赤飯食べるわ!それって、毎日めでたくて、幸せじゃないこと?それにしても、まぶしいほどの穀類の数!ビブ・ラ!穀類!
おでんは一本80円。最後に自己申告で串を数えて計算するシステムよ。ほんと、静岡の人は合理的ねぇ。あと温かくて物理的にも精神的にも豊かな地域っていうのは、人を疑わない経済よね。味にも現れているわ。
いきなりおにぎり3個は、ロザリー的にはデフォルト。お稲荷さんとお赤飯と鶏飯。静岡の鶏飯は、なかなうまいわー。赤飯も赤飯マニアの私としては、はずせないわ!豊かな県ね。静岡。味もうす味でいい感じ。
ちなみに隠れたダークホースは、甘酒。すばらしい旨さよ!正しい甘酒って言うのかしら。


あら、よくありがち。有名人の色紙や写真がいっぱい!
これだけおいしかったら、テレビも雑誌も来るでしょうね!ド納得だわ。
それにしてもウド鈴木っていうのは、ドサ廻りの演歌歌手のごとく、どこ行っても見かけるわねー。彦麻呂みてぇだわ。

でもそんな芸能人の色紙とかだけじゃなく、近所の小学生達からの賞状もちゃんと飾っておくこのお店の姿勢に、激しく感動だわ。地元を大切にしている姿勢、素晴しいわ。
またこの小学生もやるじゃない、この担任の先生も、大したものだわ。

静岡の豊かさは、この信頼関係から出来ているのかもしれないわね。
ナイスリレーションシップね!
B食店情報
・店名 : おがわ(おがわ)
・ジャンル : 和食-日本料理
・住所 : 静岡県静岡市葵区馬場町38
・TEL : 054-252-2548
・URL : http://www.at-s.com/bin/guru/GURU0040.asp?yid=A985655011
・営業時間 : 10:00?18:30
・定休日 : 水
・最寄り駅 : 静岡
・キーワード : おでん/おにぎり/甘酒
・友人・同僚
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ