記事
[ 総記事数:1946件 ] [ RSS2.0 ]
2010年4月27日(火曜日)
[ 10:48 ] [ MEMO ]
   
軽井沢出張の朝、腹ごしらえに、関越自動車道、高坂SAで朝食を。
下り線のレストランは、朝の時間帯はバイキングのみとなる。

バイキングにくると何となくウキウキしてしまう。
食べ放題、好きなものをどうぞ!
All You Can Eat!であるが、ひとむの楽しみ方はちよっと違う。
別にたくさん食べることが目的ではない。

1つの皿に山盛りにして持ってくるのは品がない。
で、あれやこれやと考えると自然に山盛りになってしまう(笑)。

そこで、ひとむは、ご飯は1膳、それに、蕎麦、パン、おかゆのいずれかを一つと決めている。

盛りも、少量多品種で、もしも、お気に入りで食べたいものがあれば、それだけを別皿にする。

なるべく、そこのバイキングの特徴のあるものを食べてみる。

素材の組み合わせ、盛りつけの工夫を楽しむ。

以上のようなルールに従い、写真を撮りためて行こうかと思う。

今回は、定番の納豆。温泉卵があったので、焼き海苔をご飯に散らして納豆をかける。タレは使わず、醤油で味付け。温玉は、一旦さらに割りいれて、中心部分を載せる。

卵の黄身のトロトロ感を出したかった。
美味しそうでしょう?

納豆、海苔、卵
日本の朝食の三種の神器ですね(笑)。

日本料理の基本「五味」「五感」「五色」「五法」
今回は「五色」を使うトレーニングです。
「五色」とは、「白黒黄赤青(緑)」のことです。

お椀が青、海苔=黒、卵=白&黄、
この場合、赤みが足りないですね。
紅ショウガか?細切りミョウガもいいかもしれませんね。

食べながら、料理の勉強ができる。
それが、朝食バイキングの楽しみです。

つづく
B食店情報
・店名 : 高坂SA下り レストラン(たかさかえすえーくだりれすとらん)
・ジャンル : 和食-その他
・住所 : 埼玉県東松山市大字田木字駒堀981-3
・TEL : 0493-34-5236
・URL : http://www.driveplaza.com/sapa/1800/1800031/2/
B食店ページへ

2009年7月27日(月曜日)
[ 02:28 ] [ MEMO ]
   
人夢の料理情報

過去の記事が見やすいように、ブログ一覧をご用意いたしました。
詳しくは、こちらをご覧くださいませ。

深夜ですが、これから秋田に出発です。
2006年8月25日(金曜日)
[ 10:29 ] [ MEMO ]
   
緑槍の向かう先には青き空

ひとむは、オクラが大好き。
元気がでる夏の野菜。
「オクラ」ってずっと日本語だと思っていたら、アメリカ人も「オ・ク↑・ラ」(Okra)って発音していた。英和辞典にも載っているが、gumboとも言うらしい。
原産地はアフリカ。でも、今や日本では、いたるところでオクラを作っている。オクラは、天を突き刺す槍のように、上に向かって育つ。
普段我々が食べているのは、実がまだ小さいうちに採ったもの。
採るタイミングを逃すと、巨大になって、食べる気がそがれてしまう。

オクラの花をご存知かな?
さすがアフリカ原産、トロピカルな雰囲気
蝶の羽のようなアイボリーホワイトの花びらが、真夏の太陽の下で可憐に咲きほころんでいる。花の中心は不思議な力と色合いを秘め、生命力を感じさせる。やがて受粉すると花はその役割を終え、緑の実がすくすくと育つ。
ひとむは、こんな華麗で力強く、そしてネバネバしたオクラを
納豆に入れて食べるのが大好き。
こうしてオクラを見ると、植物からも「命を貰う」という感じを実感できる。
今年の夏は、青森県十和田市の農家を4軒見学した。見学をアレンジしてくださったのは、「新鮮野菜ドットコム」店長のケンさん。一所懸命工夫をこらし、絶えまぬ努力で野菜を作る農家を支援するために、新鮮野菜ドットコムのサイトを立ち上げた。一人でも多くの方に、この美味しい野菜の味を知ってほしいと願っている人だ。

2軒目に案内していただいた農家の畑で、彼は妙なものを発見して興味津々。トウモロコシ畑の脇に置かれた金属の大きなカゴ??

実は、コレ、狸を捕まえる仕掛け「狸とり」らしい。無農薬で美味しい野菜は、動物たちにとっても最高のご馳走だ。無農薬栽培は、虫や病気との闘いだけではなく、こうして動物たちとも戦うのだ。

様々な苦労と、育てられた野菜の素晴らしさを、この後のブログで紹介したい。
生産者の方のこだわりについての説明は、こちら
B食店情報
・店名 : 新鮮野菜ドットコム(しんせんやさいどっとこむ)
・ジャンル : テイクアウト・お取り寄せ
・住所 : 青森県十和田市稲生町12ー42
・TEL : 0176-27-5622
・URL : http://shinsenyasai.com/
・キーワード : 無農薬野菜
B食店ページへ

2006年8月22日(火曜日)
[ 21:45 ] [ MEMO ]
   
河田先生のお菓子教室では、ガトー・ウィークエンドを作った。ガトー・ウィークエンドはフランス菓子の定番。(ウィークエンドは英語のイメージがありますが、フランスでも週末のことをウィークエンドと言うそうです。)つまり「週末に食べたいお菓子」ということですね!
見た目は至ってシンプル。レモンの皮のすり下ろしたものが入ったさわやかな風味のスポンジケーキを摺りガラスのような美しい砂糖衣でコーティングします。スポンジはバターたっぷりのリッチな配合ですが、丁寧に卵をあわ立てて作ると驚くほどきめ細かく軽く仕上がり、いくらでも食べられてしまいます。また砂糖コーティングも甘くなりすぎないようにレモン果汁で作るので、甘さの中に程よい酸味がきいてます。

キリリと冷やしたアイスティーを一層美味しくしてくれる夏向きの焼き菓子です。

河田先生の料理教室
河田先生のホームページ