記事
[ 総記事数:5983件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2017年5月21日(日曜日)
   
初夏の京都。日差しが強く、汗ばむ陽気です。

少しでも涼しさを求めて八瀬へ。
エクシブの中華でランチ。

きれいな前菜。
いいお味の蟹スープ。
温かい点心。大根餅、美味しい!
エビのお料理は花巻が添えられて。
揚げてある酢豚。濃厚です。

麻婆豆腐をいただいて・・・ 瑠璃光院へ
2017年2月11日(土曜日)
   
2月の京都。

お膳には春の兆し。つくしんぼです。
でも、うれしかったのはこれ。

お椀です。鶴が飛んでますね。
中は濃厚な粕汁。

斜めにして垂れてこないほどの濃厚さ。
まだまだ寒い一日、体中にしみました。
鯛の子、たけのこ、ソラマメ・・・ 春はもうすぐなのかな。
お酒もお燗でいただきました。
2016年11月12日(土曜日)
   
先月につづいて京都へ。

お昼はもう恒例のように、新幹線コンコース内の松葉です。

ニシンの辛子漬けをあてにいっぱい。
なぜか今日は、いつものおばんざいや板わさなどが欠品中。朝、早めだからかな。
寒い時期は百合根うどんがほっこりします。

あんかけになっているので、猫舌の私にはちょっと食べにくいけど。
今回は紅葉狩りが目的。ほんとうは高雄のほうに足を伸ばす予定だったのですが、渋滞がすごそうだったので断念。京都市街の紅葉を訪ねることにしました。

市街は、紅葉の盛には少し早かったけど、赤山禅院、真如堂など、人出もそれほど多くなく、かえってよかったかな。

写真は、赤山禅院の寒桜と紅葉です。青空をバックに清々しい!

赤山禅院
http://4travel.jp/travelogue/11198281

真如堂
http://4travel.jp/travelogue/11198311

紅葉狩りの合間に楽しんだ、茂庵の抹茶ラテ。

お濃茶をかけていただく抹茶アフォガードも、おいしかった。
夜は萬亀楼へ。有職料理をいただきます。

器も設えも、もちろんお料理も一級品。

ほかにはお客様がいらっしゃらなかったようで、女将さんがずっとついてくださいました。

本当にゆっくりした京都の旅を楽しむことができました。
2016年10月15日(土曜日)
   
すっぽんを食べに京都へ。予約時間は17時。

お昼はかるーくしておかなければね。ということで、新幹線コンコース内の松葉へ。ここは本当に便利です。

ちょっとおつまみをいただいて。
おちょうしを一本。

菊正宗というのが、この雰囲気によく合います。
さて、夜(というか夕方)の大市。
メニューは◯鍋コースひとつのみ。

最初にしぐれ煮が出てきます。これはビールと一緒にね。
そして◯鍋。

コークスで2000度まで熱した鍋に、一口大のすっぽんがゴロゴロ。沸き立つ状態で出てきます。生姜風味のお出汁ですが、みごとなほどにすっぽんしか入っていません。

これと同じ鍋がもう一つ。そして雑炊。

ある意味、爽快な鍋料理。もちろんお肌はプリプリに。

また行きたいなあ。
B食店情報
・店名 : 大市(だいいち)
・ジャンル : 和食-鍋・しゃぶしゃぶ
・住所 : 京都府京都市上京区下長者町通千本西入ル六番町
・TEL : 075-461-1775
・URL : http://www.suppon-daiichi.com/
・営業時間 : (入店)12時〜13時/17時〜19時30分
・定休日 : 毎週火曜
・最寄り駅 : 地下鉄丸太町
・キーワード : すっぽん◯鍋/創業約330年の老舗/全席禁煙
B食店ページへ

2016年7月31日(日曜日)
   
最高気温が35度から36度と猛暑日の京都。

少しでも涼しい所を、と考え、鞍馬から貴船を目指しました。
2時間ほど山歩きをして、貴船へ。

地ビールと生湯葉で疲れを癒やします。
夏野菜たっぷりのおそうめんも。
下界に戻り、あまりの暑さにそそくさと京都駅へ。

新幹線のコンコースにあるお茶屋さんで葵をかたどったお菓子をいただいて。駆け足の京都ツアーでした。
2016年6月4日(土曜日)
   
京都駅の新幹線コンコースにある松葉。

早めのお昼を食べるときにとても便利。

今日は穴子蕎麦。初夏らしくていい感じ。
2016年2月6日(土曜日)
   
蟹を食べに京都へ。

お昼は軽めに。松葉で湯葉うどん。
夕飯はいよいよ、高台寺和久傳へ。

白子酒をアペリティフに、まずは蟹の握り。

前菜をいただきながら、お部屋で新鮮な間人蟹を焼いていただきます。

焼きたてをほぐして・・・
ひれ酒ならぬ、焼いた蟹爪をいれた、蟹酒。

もちろん、味噌たっぷりの甲羅酒もいただきました。

お食事は蟹のほかに、季節の懐石料理。

ふぐの昆布締め、ブリ大根、焼いたもろこやからすみ餅も季節の楽しみですね。
〆は蟹天丼、蟹玉、蟹ぞうすいからのチョイス。全部食べてもOKです。

満腹で動けないくらい。(写真は、お昼に出かけた萬福寺の布袋様です)
2015年11月2日(月曜日)
   
仕事の前に腹ごしらえ。

サンマとキノコのパスタ。
2015年11月1日(日曜日)
   
思い立って唐津へ。博多からは1時間ほどです。

お目当ては「つく田」さん。常温のお酒をいただきながら、ツマミを待ちます。
まずはごまさば。
そしてかつおのとろろがけ。
今シーズン初というカラスミをつまみに。
お酒をいただきながら待っていると出てきたのが、この季節らしい吹き寄せ。
銀杏、むかご、そしてれんこんの組み合わせ。油でさっと炒めてあるそうです。

このあといただいた握りはこちら

最後に出てきた、サワラの蕪蒸しも絶品でした。

今度はゆっくり、夜に訪問したいお店です。
2015年10月31日(土曜日)
   
博多にて。

鯛茶のセット。豪華です。
ご飯に載せて。

お茶漬けにする前にこうやっていただくのが好きです。
2015年10月20日(火曜日)
   
松山でもハートランドビール。
ベジファーストで、まずはサラダ。

中には白いかが潜んでいます。
鱧の揚げ出し。予想以上においしかった。

ひとりだと、二品しか食べられなかったのが残念。
2015年10月18日(日曜日)
   
特別公開中の清涼寺へ。

本堂のお釈迦様は、温かなまなざしの人間味あふれるお姿。
そして、宝物殿の釈迦三尊像は、威厳に満ちた、端正なお顔。

いずれも写真撮影はできません。
お昼は新幹線コンコース内の松葉へ。

おつまみ。
そしてしっぽくそば。
白玉ぜんざいまで食べちゃいました。

これから岡山へ!
2015年10月17日(土曜日)
   
京都、大徳寺の入り口。和久傳がやっている蕎麦屋が五(いつつ)。

まずはビールと白あえ。鮒ずしもいただきます。
おひたし。
九条ねぎとジャコのかき揚げはビールにピッタリ。
フェットチーネみたいな平そば。
プッリプリの牡蠣でした。

もちろん、お蕎麦だけもオーケー。和久傳の中では最も気軽に入れる業態ですね。
2015年8月2日(日曜日)
   
家に帰る前、岡山駅で腹ごしらえしました。

タコを3種の食べ方で。
そしてアジの握り。
2015年8月1日(土曜日)
   
暑い日差しを避けようと、アーケード商店街に入った所・・・

うらじゃに遭遇。
続々と。何グループあるのかな。

このあと会場でパフォーマンスを見せるようです。

若いってすごいなあ。
ちらし寿司を買って食べました。

鰆やままかり、それに穴子がのっているところが岡山らしい。
2015年7月20日(月曜日)
   
余呉、徳山鮨での夏の1日。

チーズをすりおろした鯖のへしこには、七本槍で。
今日のメインはうなぎ。

パノラマで撮ってみました。写真クリックしてみてください。
うなぎにはシャンパン、そしていちじくのジャムを合わせて。
鮎には、富山のお酒、若鶴のSUI。
そしてスッポン雑炊。

満足、満足の1日でした。
2015年7月19日(日曜日)
   
京都四条の尾張屋。

お昼少し前に着いたけど、既に行列。
それでも20分ほど待つと、お席に案内されました。

まずはつまみセットとお酒。
鱧天そば。唐辛子も添えられています。

夏の京都といえば鱧ですよね。
こちらのスペシャリテは宝来蕎麦。

割子そばの感覚で、右側の薬味をいろいろ載せて楽しみます。
創業年代の番付が。尾張屋、ぶっちぎりの横綱です。
2015年7月14日(火曜日)
   
岡山で食べたさぬきうどん。先日行った時の写真です。

なんとなく微妙な感じは、出汁の味のせいかな。
2015年7月12日(日曜日)
   
飛行機での富士山運が悪く、ほとんど見ることが出来ないのですが、今日は久しぶりに。
雲の上から顔をだす富士山。

なんかいいことあるかな。
2015年6月27日(土曜日)
   
まずはツマミから。

鯛、タコ、そしてままかり。瀬戸内の海の幸。
ネタ箱はこの通り。

地のものを中心に。
〆たぐじの握り。

おいしいなあ。
ノドグロだって握っちゃいます。
一番搾りの岡山づくりが、地の魚にあんまり合うので、最初から最後までビールになっちゃいました。

岡山の穴子、マストですね。
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ