記事
[ 総記事数:1946件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2016年3月26日(土曜日)
   
ずっと使い続けている煮込み鍋。最近焦げ付き易くなっていませんか?長く使い続けているうちに細かい傷がついて焦げやすくなるのではないでしょうか?私はなるべく傷をつけないように使っています。洗浄に「たわし」は使いません。焦げ付いてしまったら、重曹を入れて加熱し、スポンジで根気よく落とします。どうしても落ちにくい場合はメラミンスポンジも使いますが、ちょっと悩ましい所です。使うときの火加減も重要で、鍋の特徴からして弱火でしか使用しません。そして、もう一つの注意点は再加熱。カレーなどを作るとどうしても粘性があるので焦げ付き易いのですが、翌日そのまま加熱すると絶対に焦げます。私は調理が完了したら、中身をステンレス製の別鍋に移し、煮込み鍋はその日のうちに洗ってしまいます。そのまま使うと焦げ易く鍋が傷みます。煮込み鍋はあくまでも煮込み調理の特性を活かして調理する道具ですので、再加熱には向きませんのでご用心を。
2015年4月27日(月曜日)
   
WEBER社のGO ANYWARE GRILを使って、パストラミを作りました。

間接焼きの訓練はこの道具を使って。ネーミングどおり、コンパクトで持ち運びが簡単なグリルです。間接焼きは煙も出ないし、ほとんどにおいもしません。本格的なBBQを目指す人には必需品ですね。温度調整は、上の空気穴の開閉で行います。

パストラミはこんな感じで焼きました。間接焼きは、素材に直接日を当てず、空気を通して加熱する調理法です。通常のBBQは肉の脂が炭火に落ちて煙を出しますが、このWeberのグリルは、ほとんど煙がでません。燃料はチャコールとか備長炭を使いますが、今回は豆炭を使ってみました。
出来上がったパストラミは、こんな感じです。
バケットに挟んで、パストラミサンド。おいしいですよ。
2014年4月26日(土曜日)
   
仕事で使用するために、写真のようなトングを買いました。日本で開発され販売されている商品です。デザイン性がユニークで、先端が細いのが特徴です。トングを置いた時も先端がどこにも触れることなく衛生的です。私はフードスタイリングの仕事にこれを使用していますが、通常のトングでは大雑把な仕事しかできません。緻密な盛り付けにピンセットでは小さすぎて不便。「箸のように使えるトング」はないかと思っていたのですが、そのニーズに本製品はぴったり。先端のグリップはしっかりと対象物を捕らえ、安定した盛り付けができます。先端が細いので薄いものをつまみ上げるのにも便利です。サイズは大小あるのですが、私は小を選びましたが、それでも長さが約27cm。機能性とデザイン性の両者を兼ね備える、文字通り「clever」な道具です。
2013年8月15日(木曜日)
   
「結婚志願」
妙なタイトルの商品を見つけてしまった。
「結婚はやっぱり料理だ!!というあなたに」というサブタイトルが付いていた。

ガス台の上にのせる魚焼きの網なのだが、下がセラミックで遠赤外線効果が期待できるという。さらに上部の片手合わせ網は取っ手が折りたたみ式で、サンマなどの魚を挟んで焼く仕様になっているみたいだ。
どうも意味不明のタイトルで強引さも感じるが、これでおいしく焼けるかどうか試してみることにした(笑)。
2013年5月17日(金曜日)
   
正面の顔
上からの顔
キャプテンさん正解。
ミンサーと言います。
なんだか猫みたいな形なので、名前をつけてやろうかと思います。
「ヒトムキャット」っていうのはどうでしょう?(笑)
2012年11月28日(水曜日)
   
だいぶ老朽化した魚焼き器。同じモデルで2代目、私が両親に買ってあげたもの。このタイプではロングセラー商品なのでしょう。これでもまだ3年しか使っていませんが、ほぼ毎日使っているので、傷みもあります。先日実家に来た時に水が漏れていたので、3代目を買ってあげようかと思っていたのですが、なぜだが今、水漏れもなく無事に使えている。どうしたの?と聞いたら、親父がリベット打って開いた穴を塞いだらしい。鍋じゃないんだから(笑)。でもこうして復活したのはうれしい。使えるものは大切に使わなきゃね。電気代節約だけがエコじゃない!
2012年7月26日(木曜日)
   
昔、キャンプを始めた頃は、コールマンギヤにあこがれて、あれこれ買い集めた時期があったけど、今現役で残っているのはテントとクーラボックスぐらいかな?あればいいな!便利だな!とついつい買ってしまう物欲には相方も辟易としていたことだろう(笑)。欲というものは、きりがないもので、いつまでたっても満足できない人には、満足できない状態が続く。いい加減に目を覚ませよ!と心の中で思いながら、Amazon.comで新作のキャンプ用品を検索してしまう自分が悲しい(泣)。

炭火おこしや、ストーブのポンピングはキャンプの基本だろう!などど、たいしたこともしない癖に、Colemanパワーハウスツーバーナーとか買っちゃって、手をガソリン臭くさせながらシコシコとポンピングしていました(笑)。散々苦労して準備して作った料理は目玉焼きかよ!悲しいぜ!(笑)。燃料がなくなったら、さあ!大変。ホワイトガソリンなんかコンビニで売ってないし、レギュラー使えるけれど、ガソリンスタンドでは、ガソリンバラ売りしてくれないし。結局はお手軽なカセットコンロになってしまうのさ!

でもね、写真のカセットコンロ、パワーが1350kcalあって、かなり強力。防風対策もしっかりしていて、屋外で利用するには便利なすぐれもの。秋田のホームセンターで一目惚れして買ってしまったけれど(笑)。

昔、キャンプサイトでカセットコンロで寄せ鍋作っているおじさんをみて、ダセーッ!と思っていたが、今考えると、あちらのほうが進んでいたのね(笑)。ルックスやブランドよりも、自分にとって使いやすいかどうか?それが道具選びなのでしょう。

物欲を追及して悟った(笑)
2012年4月21日(土曜日)
   
念願のラウンドテーブルを入手しました。

曲線を活かしたモダンなデザインです。

脚の曲線が面白いでしょう?
木の芯の部分を使うとのことで、素材を選ぶのが大変だと。

テーブル高が75cmあってレストランサイズ。
一般家庭では、ちょっと高さが気になるところです。
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ