記事
[ 総記事数:1946件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2016年1月26日(火曜日)
[ 13:15 ] [ 人夢の料理 ]
   
鱈の白子がおいしい季節ですね。もちろん、鱈自体も美味しいけど(笑)
寒い季節のお料理。白子を入れた茶碗蒸し。飾りかまぼこをあしらって、ちょっとおめでたい感じ(笑)。白子は片栗粉か小麦粉で洗って下処理します。欲張って白子を入れすぎると固まりにくいのでご注意を。
2016年1月25日(月曜日)
[ 08:38 ] [ 人夢の料理 ]
   
牡蠣には何も味をつけず、小麦粉をまぶしてバターで焼きました。パルメジャーノレッジャノとカラスミをスライサーでおろして添えました。ふっくらとしてミルキーな牡蠣に、チーズのまろやかさと、カラスミのコクが加わって、最高の一品になりました。
2016年1月24日(日曜日)
[ 19:35 ] [ 人夢の料理 ]
   
フライパンで3分ぐらい蒸した菜の花を、酒を浸した昆布で締めます。ほろ苦い春の味わいが日本酒を誘います。辛子醤油でいただくと、ほろ苦さも、いくぶん和らぐかな?
2015年3月28日(土曜日)
[ 09:43 ] [ 人夢の料理 ]
   
30年ぐらい前のTVの料理番組で紹介されたレシピ。蛸とモヤシを茹でてドレッシングで和えるだけ。簡単おいしい。我が家では定番のメニュー。しかし、「ホットタコマリネ」でググッても、情報は出てこない。今や化石レシピとなってしまっているので、この場で復活!(笑)

モヤシ 1袋
たこ足 (小)2-3本
醤油 大さじ2
砂糖 小さじ2
味醂 大さじ1
味噌 小さじ1/2
胡麻油 大さじ1
鷹のツメ 適宜

調味料を全部混ぜてひと煮立ち。
茹でた蛸とモヤシに絡めて出来上がり

以上、
2015年2月25日(水曜日)
[ 18:59 ] [ 人夢の料理 ]
   
この時期に美味しい魚の代表格です。のどぐろ(赤むつ)は三枚におろして、皮目だけを焼いてお造りにしました。魚の脂の旨みが際立ちます。甘鯛は、柵にして羅臼昆布でしめました。羅臼の漁師さんに分けてもらった形がばらばらの規格外のものですが、魚の形に合わせて自由にカットしてつかえるので重宝しています。甘鯛は、その名の通り、身が甘く昆布の旨みが吸収されてとても良い味になりました。
2015年2月17日(火曜日)
[ 15:11 ] [ 人夢の料理 ]
   
身は刺身にして食べちゃいました。骨や頭も美味しいので焼いて食べました。食べないのはエラと鱗だけです。
2014年12月17日(水曜日)
[ 06:06 ] [ 人夢の料理 ]
   
久々に、鰤1尾買いました。小さめの物を選びましたが、それでも10kgはあります。鰤は活け締めにしたものを寝かせてイノシン酸が増えておいしくなるのを待ちます。適度に熟成すると身がしっとりして旨みも増します。鰤しゃぶの鰤の身は厚さがポイントです。薄すぎず厚すぎず、鍋の昆布出汁を通してさっと霜が降る程度が美味しいです。しゃぶしゃぶとお刺身の両方を同時に味わう感じが何とも言えません。
2014年12月11日(木曜日)
[ 04:23 ] [ 人夢の料理 ]
   
おつまみ用意したから(笑)。香箱蟹です。せこ蟹とも呼ばれています。ズワイ蟹の雌です。値段はそれほど高くありませんが、調理に手間がかかります。お店でも、あまり扱いたくないかもしれませんね。めんどうだし(笑)。これがお店で出てきたら、料理人の愛情感じますね。ズワイのオスの値段は、へたすると、メスの100倍ぐらい高いですよね。これだけ雌雄の価格差のある生き物も珍しいかも。
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ