記事
[ 総記事数:2933件 ] [ RSS2.0 ]
2013年8月15日(木曜日)
[ 12:18 ] [ 登山 ]
   
 

都民の森駐車場から送迎バスをお願いしてビールを呑みながら待っていると

10分くらいで迎えが来て

 

数馬の湯へ

茶屋でもらえる割引券を使えば800円が650円になります


ここで温泉にゆっくり浸かり登山の疲れを癒しました(カラスの行水ですが。。。)

 

食堂へ

 

飲み物メニュー

 

おつまみメニュー

 

生ビール ジョッキーがキンキンに凍っていていい

 

ジャンボ焼鳥

 

レモンサワー

 

お風呂から上がってきたくろっぺさんと乾杯

 

青リンゴサワー

 

ポテトフライ 量が多過ぎ


登山して温泉に入ってビールを呑んでと幸せな一日でした

くろっぺさん お付き合い ありがとうございました

また行きましょう


 

そのまま帰ろうとしましたが、かず君が玄関食堂で一人でさびしかっているので

ちんちろりん 偶数

 

トマトハイメガで乾杯

 

お通しは手羽先

 

ちんちろりん2回目も偶数

 

抹茶ハイメガ 今日は調子が悪い

 

登山中に1万円チャージしたばかりのスイカをLostしました

今度は再発行できる記名式にしました

これで落としても安心です(本当?)

おしまい
 

B食店情報
・店名 : 数馬の湯(かずまのゆ)
・ジャンル : その他
・住所 : 東京都西多摩郡檜原村2430
・TEL : 042-598-6789
・URL : http://spa-kazuma.com/
・営業時間 : 平日10:00〜19:00/土日祝日10:00〜20:00
・定休日 : 月曜日 ただし月曜日が祝日の場合は、翌日が休館日
・最寄り駅 : 武蔵五日市
・キーワード : 温泉
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

[ 04:40 ] [ 登山 ]
   
 

夏休み 暇過ぎてすることが無いのでくろっぺさんにお願いして三頭山に登ることに

 

武蔵五日市駅に集合してバスで1時間 都民の森駐車場から登ります

 

マイナスイオンをたっぷり吸収したいです

 

天気は曇り 涼しくて良いです

 

木工所を越えた辺り

 

急坂とゆるやかで距離のある2つのコース

やはり急坂で距離のない方を選択

 

かなり急です

 

標高1142m

 

鞘口峠

 

標高1200m

 

標高1300m

 

あと0.9Km

 

う回路は岩場で危険そうなので安全な道を

 

標高1397m

 

見晴し小屋ですが何も見えません(笑)

 

あともうちょっと

 

標高1400m

下って登ったのでさっきと3mしか違わない 

 

展望台に到着

 

こちらも何も見えません

 

ついに到着しました三頭山頂上東峰 標高1527m

 

中央峰 標高1531m

 

西峰まで0.1Km

 

西峰 標高1524m

 

こちらも何も見えません

 

ここが目的地です

 

記念撮影

 

ここでランチです くろっぺさん特製チャーシュー 激ウマです

美味しすぎて4分の3食べちゃいました

 

くろっぺさんがラーメンを作ってくれるそうです

 

乾麺投入

 

沸騰してきました

 

くろっぺさん 特製ラーメン完成

 

麺リフト

 

チャーシューリフト 柔らかくて美味しい

 

味玉リフト

 

半熟です

頂上で食べるラーメンの美味しいこと また食べたいです

 

さあ下山です 三頭大滝を目指します

 

分かれ道

 

岩が多い

 

もう少しで滝

 

水もちょろちょろ流れています

 

滝見の橋

 

三頭大滝 けっこう高低差あります

 

橋から下を見た所 高所恐怖症のかず君はこれませんね(爆)

 

駐車場まであとちょっと

 

こちらもほとんど見えません

 

晴れていると山が見えるそうです

今度は晴れた日に来たい

 

無事下山して茶屋でビール購入

お疲れ様でした

マイナスイオンをたっぷり吸収出来ました

反省会へつづく

2013年7月23日(火曜日)
[ 04:12 ] [ 登山 ]
   
 

世界遺産登録記念に富士山に登って来ました


いせや立ち呑み会の幹事のTさんにお誘い頂き行くことにしました

Tさんは富士山登山の経験が豊富なので頼りになります


登山初心者で道具を持っていないので使うことは今回1回だけになる可能性が

高いのですが買いました

 

登山靴

 

ポール

 

リュック

 

ウエストポーチ

準備は万全です

 

御殿場登山口から見た富士山

今回はいわゆる弾丸ツアーです

車を御殿場登山口に置いてタクシーで富士宮登山口に行って

富士宮登山口から登ってご来光を見て、御殿場登山口へ下山するコースです

 

富士宮登山口から見た富士山

 

景色は綺麗です

 

とりあえず食堂へ

 

どれも富士山価格ですね

 

私は牛丼 1000円

残念ながらパックを温めたものです

この食堂 やたらと厨房が広いのですが、従業員は2名です

温めるだけならこの広さいらないでしょう

 

カレーライスは富士山仕様です

 

19時登山開始

 

夕日が落ちて行きます

 

今回はTさんの会社の方達と総勢12名です やっと6合目

 

ジュースは300円

 

7合目

 

かなり登って8合目と思ったら元祖7合目

勘弁してくださいよ 元祖とかはラーメンとか回転寿司だけにしてください マズッ 


ここでしばらく休むことに

でも寒くて寒くて耐えられません とにかく風が強くて体温が奪われます

服装はアンダーアーマー長袖、ポロシャツ、フリース、ウインドブレーカーだったのですが

休んていると寒くて凍りそうです

ここでユニクロのウルトラダウンジャケットをフリースとウインドブレーカーの間に着ようと出したときに

強風が吹き、あっと言う間に空高く飛んでいきました

仕方なく耐えることに

それにしもウルトラダウンジャケット 軽くて 良く飛びます(笑)

 

8合目

上に行けば行くほど寒くなると思ってしましたが、7合目が一番寒かったです

風がおさまるとそんなに寒くないです

 

缶コーヒー400円

 

9合目 あとちょっと

 

登山者のヘッドライトです かなり混んできました

 

頂上だと思ったら9合5勺

 

だんだん明るくなってきました

 

頂上に着きました でも曇りでご来光は見れず


頂上で皆さんがビールを呑んでいるイメージがあったのですが、想像とは違く

寒すぎて呑んでいる人などいませんでした

 

頂上の神社

 

旧富士山レーダー

 

火口

 

雲が切れた所で太陽が 一応 ご来光って事でお願いします

 

万年雪が見えます

 

さて下山しますか

 

御殿場ルートです

 

万年雪の横まで来ました

 

ゴルフ場が見えます

 

石だらけです

 

7号5勺 下りは早いですね

 

砂走りです

かず君に靴のカバーを借りたのですが、面倒なのでつけなかったら

靴の中は石だらけ 2回も途中で脱いで出しました

 

無事登山口の茶屋に到着

 

300円のコーラ でもその価値はありました 写真を撮る前に飲んでます

 

夜は登頂成功記念飲み会

 

ビールが激ウマです

 

ステーキとかありましたがひたすらビールを呑んでいました

Tさんの会社の方にご馳走になりました ありがとうございました

 

Tさんの会社の方にお酒までいただきました


今回かなりゆっくりなペースで登ったので体力的には問題はありませんでした

ただ寒いのだけがだめです

ダウンが飛んで行かなかったら別の感想だったかも知れません

来年登ろうと誘われても行く気はないです

3年後にはあの寒さを忘れているかも


もし登るとしたら今度は3年以上経ってからですね

Tさん、Tさんの会社の方 ご一緒させていただきありがとうございました

また3年後以降に会いましょう

お疲れ様でした
 

2013年7月16日(火曜日)
[ 05:13 ] [ 登山 ]
   
 

チョイ呑み倶楽部登山部のメンバーに、私の登山靴の慣らしにつきあってもらいました

 

陣馬山山頂をめざします

メンバーはくろっぺさん、ロンロン、ナブーです

 

4キロ

 

紫陽花が綺麗

 

ちょっと休憩

 

あと1.5キロ

 

あと0.7キロ

 

山頂に着きました

 

曇りで涼しい

 

景色も綺麗

 

清水屋からの眺め

 

やっぱりビールですかね

 

乾杯

 

くろっぺさんのおしんこ

 

くろっぺさんの手羽先

 

おにぎり3個

 

お店からのサービスのスイカ

 

富士山は曇りのようです

 

ビール4本も呑みました

 

1時間休憩で寝ます


さあ下山 相模湖を目指します

 

明王峠

 

5.4キロ

 

地図

 

あと3.6キロ

 

軽快に歩く くろっぺ隊長とロンロン隊員

 

相模湖が近い

 

下りを進むロンロン隊員

 

神社

 

相模湖が見えました

 

相模湖駅に到着

近くでいろはさんとキャンプに来ている猿吉君がいました

ロンロンはこれからキャンプに合流します

お疲れ様でした

充分登山靴は馴染んだと思います

くろっぺさんとの反省会につづく