記事
[ 総記事数:3398件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2013年3月13日(水曜日)
[ 10:01 ] [ 台湾食べ歩き ]
   
 

台湾の5泊6日の旅も終わってみれば、アッという間でした。

 

楽しく・美味しい時間ほど短く感じるものです。 

 

さて、日本に帰国の日ですが、ホテルのチェックアウトが朝6時半だったので、 

 

7時からの朝食は無理かな〜?なんて思って、フロントに確認したら、


軽食(サンドイッチ&ドリンク)なら用意できるとのことで、


なんとか空港までの車中で頂くことができました。



 


善化のホテルから高雄空港まで、タクシーで高速を使ってちょうど1時間。


余裕で搭乗手続きに間に合いました。   税関もフリーパス状態でラッキー♪



 


エコノミー席なので、機内食はショボイ?ですが、ミニワインボトルを頂きました。



<今回の台湾旅行で感じたこと>



 ,箸砲くスクーターの数がスゴイ! 


  日本でよく見かける軽自動車はほとんど無く、


  代りにスクーターが何百台も列をなして走行してる。


  バイクは一人1台の社会らしい。  その分チャリはほとんど見かけず。


  どこに行っても走り回ってるし、道路脇もスクーターの駐車であふれてる。


  またバイク専用レーンがあるので、みんな飛ばしてます。


  ノーヘル、3人乗りは当たり前で、4人乗りやワンコ乗せも見かけました。



◆〕料駐車場がない? 


  どこ行っても駐車スペースがあればそこに止めてヨシ!


  パーキングメーターや有料駐車場を全く目にしませんでした。


  動物園の駐車場で1度取られたくらい・・・。



 犬や猫がほとんどいない? 


  日本ならよく見かける犬の散歩や、犬連れの姿は、全くなし!


  見かけた犬といえば、放し飼いのワンコばかり。 (と言っても数匹だけ) 


  でもしっかりと信号を見ながら渡ってるような?


  猫にいたっては、数えるくらいしか見なかった。おそらく飼い猫はいないのでは?



ぁ,箸砲く皆さん親日家で、やさしい 


  タクシーを利用しても、日本の演歌とかが流れていて、カタコトの日本語で


  応対してくれる。 それによく喋る。  日本の無口なタクシーとは大違い。 


  また若い人も日本語学校とかで日本語を学んでる様です。



ァ/べ物、飲み物、交通費が安い 


  日本の6〜7掛けくらいの料金で、飲み食いできるし、


  タクシーもウヨウヨしてるので、気軽に利用できる。


  列車も安いので、遠距離ならそちらの方が経済的。



他にも、たくさん感じたはずだけど、また行きたいと思う国でした。



以上、長々と台湾旅行の食べ歩き録を書いてきましたが、


これから台湾旅行をされる方の参考になれば幸いです。   



謝・謝! 



2013年3月12日(火曜日)
[ 06:15 ] [ 台湾食べ歩き ]
   
 

台湾南部の観光もすべて終えて、最後の夜を楽しむために、


善化地区のホテル近くで開催されていた夜市に出かけました。


週に2度だけの開催らしいけど、運よく見ることが出来ました。


すでに多くの方々が、買い物や食事でやってきてます。



    


飲食店をはじめ、衣料、雑貨、日用品、ゲームとかのいろんな出店があります。



 


そんな中、目についたのがこちらのパン屋さん。


たくさんの種類のパンがあって悩みまくりました。


翌日の日本に帰ってからのバスの車中で食べる分を購入しました。


(パンもまとめ買いするとかなり安いです)



 


串焼きのお店もあったけど、こちらのお店が1番人気でしたね。


好きなのを選んで、手渡すとその場で焼いてくれます。


こちらは、ホテルでのビール晩酌用に数本買って帰りました。



    


夕食として、『ビーフン湯麺』と台湾名物の『臭豆腐』を。


ビーフンは本当は焼きビーフンをイメージしてたけど、湯麺タイプでした。


つるつる〜とした麺と厚揚げ風のトッピングが美味いし、スープも好みです。


それと、まさか食べるとは思わなかった臭豆腐。


ず〜っと避けてきたんだけど、とうとう出会っちゃいました。


臭いが気になるけど、食べてみれば厚揚げみたいなものでしたね。  



    


行列が出来ていた餃子のお店。


飛ぶように売れてます。6個で20元(¥70くらい)


カリッと焼けていて、中のあんもしっかりしていて旨かったです!



なんか台湾に居る間、食べてばかりだったけど、日本でお目にかかれない料理とか


たくさん食べれたので満足できました。


もう一度くらい、台湾に来てもいいかな?



2013年3月11日(月曜日)
[ 07:46 ] [ 台湾食べ歩き ]
   
 

台湾での観光も5日目を迎えまして、なんとか旅のペースもつかめてきました。



    


ホテルでの朝食は、小龍包や中華饅頭(具のないもの)にサンドイッチ、


それにトーストにスープとでノンビリと頂きます。  食後のコーヒーも忘れずに。


ホテルから善化駅まではスクーターでの移動で、そこから台南市に向かいます。



    


前日、この駅に来たときは気付かなかったけど、駅の連絡通路上に看板が・・・。


この通路は、戦時中に『空襲避難路』になっていたんですね。


戦後もはや70年近く経ってますが、これにはビックリしました。



    


この日の台南市観光で、まず初めに訪れたのが『億歳金城』という昔の城跡です。


地元の方々のオアシスになってるようで、観光客はあまりいないような。



 


お城の周りには水堀が残っていて、ボート遊びもできます。



    


こちらでも、数多くの砲台を見かけました。  戦争はもういらないデスね。



    


先ほどの城門を裏側から見たものです。  表側と違ってかなり古めかしい〜。


朝から、かなり暑いのでここでアイスタイムです。 


(アイスキャンディーって何年ぶりだろう?)


タクシーで次の所に移動したいのですが、全くタクシーを見かけません。


仕方ないので1〜2キロほど歩いて、繁華街までテクテク散歩します。


なんとかタクシーを捕まえて、街中に移動です。



    


そして向かったのが、かの有名な『台南孔子廟』へ。


こちら街中なので観光客がかなり多いです。



    

    


庭園とか建物なんかに格式を感じて、厳か(おごそか)な気分になりますね。


日本だったら合格祈願のお札で、あちこちいっぱいになりそう。



    


そんな孔子廟の真向かいには、こんなレトロ風な門前通りが。


ふと見つけた『輪タク』??みたいな乗り物。


日本では浅草や鎌倉とかの観光地でよく人力車を見かけますが、


こちらの台湾はスクーター社会なので、出番がないようです。


でも一度、ノンビリと乗り回してみたいです。



    


そういえば、さっきのアイスキャンディ以来、何も飲んでないので、


通りの酒屋さん?でサイダーを頂きましょう。  なんか懐かしいな〜♪



    


通りを歩いていたら、なにやら気になるお店を発見〜!


手作りのお菓子を製造・販売しています。



    


黒糖茶も頂き、味見したお菓子も美味しかったので、お土産にお買い上げ〜。



    

 


そして、この日のメインイベントがカラオケでした。


台南駅付近のカラオケハウス(といってもかなりの高層ビルです)にて、


ランチを兼て約3時間のカラオケタイムです。


日本の歌もたくさんあって25曲くらい歌ったかな〜?


台湾風のおつまみで台湾ビールを飲みながら、楽しい帰国イブが楽しめました。



このあとは、台湾の夜市にて最後のナイトフィーバーになるはずです???



2013年3月10日(日曜日)
[ 07:35 ] [ 台湾食べ歩き ]
   
 

早いもので、台湾の夜も4日目を迎えてます。


台湾に来て、ふつうに話せるようになった言葉は『謝・謝(シェシェ)』だけです。



この日は、台湾市郊外の善化地区のお店で待ち合わせての、


地元に住む新婚若夫婦の方々との4名での食事会です。


ホテルから迎えのスクーターで2人乗りで向かいます。




    


メインストリート沿いにある居酒屋風の店ですけど、


すでに多くのグループ客で賑わっていて、鍋料理とかも人気のようです。



 


入り口には漢字ばかりで読めないけど、いろんなメニュー表記がずら〜りと。


下の冷ケースには、新鮮な食材がびっしりと並んでます。



なぜかビール会社のキャンギャル風のおねえさんがいて、


お客さんも大盛り上がり状態です。



そんな中、オーダーはすべて地元のご夫婦にお任せです。



    


まずは、茹でた海老に、ゴ−ヤとアヒル卵の炒め。


このゴーヤ炒め、マイルドな味で旨かったです。


それに、鰻?穴子?との野菜炒め。   これも旨い!!



    


シッタカ風の貝煮には、南国らしくお花も添えられてます。


お刺身には、ビックリするほどのワサビの団子がドド〜ンと。(大笑い)


どう見ても、ワサビ多過ぎでしょう〜!



    


恒例の鶏肉と野菜炒めに、珍しく『鮭・豆腐入り味噌スープ』も。


私が日本人だから、気を使ってくれたのかな?


台湾の方にも味噌スープが人気なんですね。



ここでもたった一人で、台湾ビールのビンを3本飲んじゃいました。



後で聞いたら、ここのお勘定を若夫婦がおごってくれたそうです。



台湾の方って親日家が多く、この若夫婦も、去年東京や栃木にも来たとか。


それに若奥さんは、現在日本語教室に通って日本語を勉強してるとかで、


知ってる限りのカタコト言葉で話しかけてくれました。



やっぱ、台湾は優しいし、ええとこやね〜♪



2013年3月8日(金曜日)
[ 09:32 ] [ 台湾食べ歩き ]
   
 

この日は、高雄市から台南市への移動&観光となります。

 

 

    

 

朝食は、ご飯に玉子焼き、フルーツと元気もりもりの内容にしました。 

 

ホテルフロント横にあったアイスの冷ケース、ず〜っと気になっていたんだけど、 

 

セルフの無料なんだって!?   もっと早くから知ってればガンガン食べたのに。 

 

 

    

 

高雄駅から台南市北側の善化駅までディーゼル機関車での旅となります。 


日本じゃ、なかなかディーゼル機関車に乗れないですよね。 

 

指定席で約1時間ちょいの列車の旅でして、車窓にはのどかな風景が広がってます。 

 

 

   

 

こちら善化駅の出入り口になりますが、やっぱ中国らしくて派手です。 

 

雀宮駅もこれくらい派手にすれば、名所になっただろうに・・・。 

 

 

    


駅からタクシーで5分位にある商務旅館(ビジネスホテル)に2泊、お世話になります。


新築のホテルらしく、部屋はきれいで、ダブルベットにガラス張りのシャワー室に


なっていて、どう見ても一人でこの部屋は広すぎます。


ここに荷物を置いて、台南市までタクシーで観光に出かけましょう。



    


まずは、旅の安全をお願いするために、安平地区の『天后宮』の神様にお参りします。


こうしたお供え物と線香をたいて、信心深く参拝するんですね。



    


地元の多くの参拝客がひっきりなしに訪れてきています。


門柱の彫刻も、手が込んでいてすばらしいです。



    


次は『安平古○』に歩いて移動します。  こちら昔の城跡でしょうか。



    


古びた砲台が並んでますね。  反戦のメモリアルなんでしょうか?



    


展望塔からの眺めも良く、台南の街中が望めます。


当時の城壁もしっかりと保存されてます。



    


ちょうど昼時になったので、付近の食堂でランチタイムにします。


オーダーはこうしたオーダー表に『正』の文字で数量を記入します。



    


昼から台湾ビールですみません。 


人気の麺と空芯菜炒め、それにお好み焼きみたいな、オムレツ風のカニと海老焼き。


ビールのつまみにもなりますけど、粉ものなので食べ過ぎ注意です!


さて、満腹になったので、付近散策に歩き周ります。



 


街角で見かけた牡蠣の籠盛り。  室内では牡蠣剥き作業をしてましたね。



    


こちら、海老せんべいの自動焼き機でして、昔のポン菓子みたいに、


『パ〜ン!パ〜ン!』と言いながら、丸い海老せんべいが次々と飛び出してきます。


焼き立てを食べて美味しかったので、3袋、200元で購入してましたね。



     


次はタクシーで『赤○楼』に出かけます。


えらい方の住居だったんでしょうか?


    


池の錦鯉の多さに、ただビックリしただけで、いまだに何の建物だったのか不明。


でも多くの観光客が来てましたね。



 


台南市観光も無事、初日を終えて台南市から電車で善化駅に戻ります。



 


こないだ高雄市のハンシン百貨店の食料品売り場で買ってきたフルーツだけど、


食べる機会がなくて、この日ず〜っと持ち歩るいちゃったけど、


そろそろ食べなきゃね♪



2013年3月6日(水曜日)
[ 15:06 ] [ 台湾食べ歩き ]
   
 

台湾にきて早くも3日目の屋台での食事となります。

 

日曜日の夜でどの屋台も賑わってますね〜。 

 

それに旧正月の後の満月の日ということで、高雄港の方では 

 

花火大会も開催されるので、人出もはんぱじゃありません。 

 

 

     

 

花火大会の見物もしたいので、早めに食事にするとしましょう。 

 

店の前にこんなに食材が並んでいると、つい引き込まれてしまいます。 

 

 

     

 

オーダーは同行者に任せてあるので、いつも似たようなものが出てきます。 

 

空芯菜炒めに、ハマグリのスープ。  どちらもヘルシ−・あっさりで美味い。 

 

 

     

 

このボウルに入ってるのが、ツブ貝の生姜炒めです。 

 

ビールのおつまみに合いますけど、私以外はご飯で食べてます。 

 

 

    


左側が鶏肉の揚げ物で、右側が牡蠣のフライになりますが、


どれもボリュームがハンパなくて、とても3人で食べる量ではありませんね。


当然、食べきれませんでした。  (粗末にしてゴメンなさい!)



花火大会の開始が7時からなので、早く食べてタクシーにて移動します。


中国・台湾の花火大会はかなり豪快でスゴイと聞いてましたので


楽しみにしながら移動したのですが、段々と花火の轟音が迫ってきます。


でもなんせ、道路は車やバイクで大渋滞。  ピクリとも動きません。


なかなか会場まで辿りつけません。   


それでもなんとか会場まで着いたと同時に、花火の大音響は止まってしまいました。


あと5分早ければ、大迫力で見れたのに・・・。


(でも少しだけビルの谷間から見れましたけど、画像は撮れず)



     

 


花火大会のあとに開催されていた屋外イベントですが、何万人もの観客が


台湾の人気グループや歌手に黄色い悲鳴をあげてましたね。


なんか私まで、会場の熱気と興奮に感動をしてしまいました。


台湾の方々の、正月イベントへのこだわりを改めて見た気がします。



かくして、高雄での最後の夜は暮れていくのでした・・・。


翌日は台南地区に移動となります。



2013年3月5日(火曜日)
[ 17:08 ] [ 台湾食べ歩き ]
   
 

なんか台湾旅行に出かけたことも日ごとに、印象が薄れていくようなので、

 

早めに全部、書き出さないと・・・。 

 

そんな台湾南部のブラリ旅も3日目の日曜日です。 

 

 

    

 

まずはホテルでのモーニングビッフェを。 

 

昨日は、お粥を頂きましたが、この日はパン食です。  ホットコーヒーも旨い! 

 

 

今回は地元の青年の自家用車(トヨタの中古車)での案内なので  


 

好き放題に観光ができます。 



   


まず出かけたのは、高雄市内でも人気の観光スポットである、蓮池〇地区。 


(中国語で変換できない部分は○にします) 


こちら大き目の池に中華風の建物がいろいろとありまして、おもしろいです。 



    


こちらその一角にある『竜虎塔』でして建物の上部からの下の眺めもおもしろい。 


ここでは多くの団体日本観光客に出会いました。 


やはり人気の観光スポットなんですね。 



    


池の中にこういう神様の建造物が3箇所ほど突き出ています。 



    


このあたり寺院も派手で、地元の方々の信心深さを感じます。 



    


次は山の上にある高雄市の寿動物園に向かいます。 


この日は日曜日なのでお子さん連れの家族で賑わってましたね



    


 


園内、お猿さんが放し飼い状態でして、ビニール袋やお菓子を持ったお子さんが 


狙われてしまいます。 


お母さんも子供を守るのに必死でしたけど、事故とかないのかな〜? 



    


象やカバ、ライオン、ラクダ、シマウマ、熊に黒ひょうとかも。 


パンダとキリン以外はほとんど居たような?(やはりパンダはもらえないだろうな〜) 


名物の白虎(ホワイトタイガー)もいたけど、撮りそびれです。 



     


アニマルハントの合間に、ランチタイムですが、園内にあるパスタ屋さんで 


トマスパセットを。  コーンクリームスープとヤクルトが付いてきました。 


そうとは知らずに、アイス紅茶も頼んじゃったりして、お腹がちゃぽちゃぽ〜! 



    


動物園から駐車場に戻るときに、ちょいとアイスタイム。 


なんか日本語の氷に似た漢字が書かれているので分りやすいです。 


安くてうまい、ソフトクリームを頂きます。  (暑かったのでなおさらですけど) 



    


動物園よりさらに奥にある『忠烈○』 


名前からして、世界大戦で戦死された方を奉る神社みたいなもの? 



    


ここからはるかに眺める高雄市内の高層ビル群と高雄港。 


PM2.5の影響でしょうか?   台湾にいる間はず〜っとモヤってましたね。 



    


山から下りて、次は若者に人気の高雄港へと向かいます。 


まずは、魚人埠頭(フィッシャーマンズウォーフ)にて休憩します。 


観光地のためか、このアイスコーヒーは日本のカフェ並みに高いぞ! 


でも浜風が体に快い〜! 

   


すぐ横では中国の物産展が開催されていて、こちらもすごい大賑わいです。 



ここは横浜港の赤レンガ街に似ていて、若者のデートスポットになってるようです。 



    


このガンダムみたいの、台湾でも人気があるんですね。 



    


古い倉庫群も、いろんなギャラリーやテナントに改装されていて楽しいです。 



    


この一角はオシャレな感性で若者に人気があるのが分る気がします。 


だってこんな私でも、しばらくいたいと思ったくらいですから・・・。 



とにかく今日は朝からたくさん歩いたし、いろんなとこを見たし、満足じゃ〜!! 




2013年3月4日(月曜日)
[ 06:08 ] [ 台湾食べ歩き ]
   
 

この日は台湾ツアーの2日目の土曜日の夜です。


昔で言う『サタディナイト・フィーバー』です。

 

 

 

 

土曜日ということもあり、夕方から日本人の団体ツアー客の方々も 

 

多くみられ賑わってます。     結構周りから日本語が耳に飛びlこんできます。 

 

 

さてこの日は、地元台湾人の方と合流しての食事会になります。 

 

毎度のことですが何を食べようかと、とにかく迷います。 

 

 

     

 

そんな中、皆さんのアイコンタクトで決まったのが、こちらの山羊肉のお店。 

 

山羊肉スープや炒め物とかのおかずにご飯を食べるようです。 

 

 

    

 

骨付き肉も売ってますけど、私は山羊肉炒めと缶ビールを。 

 

 

ちょい山羊肉にクセがありますけど、つまみには最高です。 

 

地元の方は山羊肉スープにご飯とかで食べてますね。 

 

 

     

 

次はこちらの海老屋台に立ち寄りします。 

 

新鮮な海老を串焼きにして焼いてくれます。 

 

 

    

 

一皿に10尾くらいのってます。   

 

塩がかかっていて、皮を剥いて頭からしっぽまで全部食べれます。 

 

ミソと卵が特に美味しい〜。 

 

ビール飲んでるのが私一人なもので、半分の5匹が 

 

私の割り当てになってしまいました。  (かなり真剣に食べてお腹もいっぱい!) 

 

 

 

 

なのに、また串焼きとかも買ってくるし〜・・・。 

 

(ほんとにお腹パンパンなんだよ!) 

 

ここで地元の台湾の方ともお別れし、また屋台をぶらぶらぶら〜りと。 

 

 

     

 

前日に来た、カラスミのお店の前にまた来てしまいました。 

 

なんか自然と足が向いちゃうんだよね。 

 

 

 

 

台湾のスイーツは別腹らしく、こちらピーナッツ入りのお汁粉みたいなもの。 

 

この屋台、女性客ばかりでいっぱいでしたけど、 

 

みなさん美味しそうに食べてましたね。 

 

さすがにお腹パンパンの私には、完全に無理でした!! 

 

 

2013年3月3日(日曜日)
[ 07:57 ] [ 台湾食べ歩き ]
   
 

高雄市内の六合地区でランチしたあとは、台湾居住の方々との夕食までの時間、

 

街中散策をすることにしました。 

 

 

 

 

こちらホテル近所の衣料格安店がたち並ぶ通りなんですが、 

 

日本円で¥350くらいから洋服・靴・バックとかが売られてます。 

 

安いけど買うと荷物になるし、微妙に日本人のセンスと違うんだよね。 

 

 

    

 

こちらに来てから、屋台で気になっていた果汁屋台みたいなもの。 

 

なんかカンテンみたいな、くずきりみたいな、さっぱり甘い食べ物でした。 

 

 

     

    

 

そして高雄駅までテクテクと移動します。 

 

左側が以前の高雄駅で趣きがありますよね。 

 

右側は現在の高雄駅、駅構内はそれほど人がいない感じ。 

 

時刻表や、昔のSL模型も飾られてます。 

 

 

    

 

高雄駅からタクシーで10分くらいにある、新しい『ハンシンデパート』 

 

関西の阪神デパートとか関係なさそう。  (どこにも虎マークがないし) 

 

2〜3年前に出来たらしく、東京の一流デパートっていう感じ。 

 

コスメやファッションも流行の最先端をいってる感じでしたね。  

 

 トイレ入り口には何故かスヌーピーが待ち構えてます。 

 

 

    

 

私は旅先に行くと、現地の食材がいつも気になる性分でして、 

 

このデパートの食品売り場にGO〜♪ 

 

『毛豆』って日本でいう枝豆のことなんですね。 

 

この量で¥200くらいです。  もちろん、寝酒のつまみになりました。 

 

 

 

 

あまりにも夕涼みによさそうな空間が6階の遊戯スペースにあったので、 

 

ちょいとこちらでビアタイム。 

 

なぜか日本の缶ビールがあったので、1本だけテイスティングします。 

 

このウインナーも安くて旨かったな〜。 

 

 

 

 

このデパートの横にあったドーム型の建物だけど、イベント会場とか? 

 

なんか気になるけど、夜市屋台での合流時間もあるので、タクシーで帰りましょう。 

 

 

さらに夜市の第2夜に続きます。 

 

 

 

 

2013年3月2日(土曜日)
[ 17:16 ] [ 台湾食べ歩き ]
   
 

前日の深夜に夜市でたらふく食べたのに、朝になるとお腹も空くものです。

 

 

     

 

高雄市内のホテルでの朝食ですけど、台湾での朝食と言えば、 

 

やはり中華粥でスタートですよね。 

 

てなわけで、お粥に合いそうな定番のトッピング?の盛り合わせを。 

 

スープはヘルシーに豆乳スープです。  塩味のゆで卵も美味しいです。 



さて、これから台湾南部観光にスタートです。


基本的に市内移動にはタクシーか電車がメインです。(どちらもかなり安いので)

 

 

 

 

ホテルから歩いて数分の地下鉄駅から『西子湾』に移動します。 

 

券売機ならぬコイン販売機でチケット代りのプラスチックコインを買います。 

 

とにかく交通費がめちゃくちゃ安いです。 

 

そして駅から西子湾までテクテクと歩きます。 

 

 

    

 

公園に向かう途中で見かけた、歴史的な北門。  かなり古いです。 

 

 

    

 

中山大学入り口にて、まずは喉を潤します。なんと20℃超えで暑いんです。 

 

写真右側の小高い丘にある旧英国領事館の史跡にこれから登ります。 


入り口はなにやら、派手な掲示がべたべたと。 

 

 

    

 

階段を登りきると領事館跡地ですけど、当時の歴史案内が展示されてます。 


頂上から周囲の海の眺めもよく、気分がいいですね〜。


周りの観光客は中国人がやたら多いです。(チャイニーズマネー健在です)

 

 

    

 

西子湾の駅方面まで歩いて戻りますが、かなりの運動量になったような? 

 

 

 

 

こちら駅構内ロビー広場のきれいな天井照明です。 

 

360度、ぐるりとカラフルなライティングで見ていて飽きない感じ。 

 

台南のガイドブックに必ず載っているような。  すごいきれいで感動ものです。 



     


さてそろそろ昼時なので、前日深夜に屋台通りになっていた通りの 

 

入り口にある 、こちらの食堂でランチにします。


日本のレストランと違って色気は全くなく、食い気だけが優先されてます。



 


これがランチの内容になります。  私には料理の名前は全く分りませんが、


食事には必ず、台湾ビールを頼んでます。



    

    

 

上段の画像にある、ほろほろに煮込まれた豚足に、白身魚煮の料理


下段の厚揚げ豆腐みたいのと、ハマグリとヘチマのスープ


それとご飯に何かのスープがかかったものです。
 


こうして見ると、案外ヘルシーでパワーが付きそうなランチですよね。



 

お腹も一杯になったので、このあとさらに街中散策が続きます。



前のページ | B食LOGトップ | 次のページ