記事
[ 総記事数:3564件 ] [ RSS2.0 ]
2013年3月30日(土曜日)
   
 

 それは1月の事、 

TV番組で赤城乳業が工場見学を実施していることを知りました 

それを観た氷菓好き食べ友さんたちと 

「私たちも工場見学に行きましょう」と一気に話がまとまったのでした 


 

 
 

申込みの電話はたまたま受付時間が空いていた私が引き受けたのですが 

受け付け時間10秒前からかけ始めた電話が全然繋がらない 

激戦チケット申し込み気分でかけ続けること40分 

全く繋がらないのでほぼ諦めかけ 

家事や出かける身支度をしながら時々かけること1時間 

受付開始後約1時間40分でやっとつながり 

希望日ではなかったもののなんとか予約を取り付けたのでした 



 

そして当日、高崎線の本庄駅からさらにタクシーで30分弱 

タクシーの運転手さんに「大人だけで行くの?」と呆れられながら 

ようやく工場前に到着しました
 

 


ガリガリくんがお出迎えしてくれます♪♪♪

 



 

ロビーのクッションもガリガリくん、外には山が連なる景色が見えます 

ちなみにこのガリガリくんソーダの色は「ガリブルー」と呼ぶそうです 



 

 

最初にお部屋でDVDによる会社紹介を見たら 

いよいよ工場見学、1日3部制で1回20名だそうですが 

私たちの回はなぜか全員大人だったので(笑)

ちよっとホッとしました

 

 

 



 

工場内は写真NG、ツアコンの女性社員の案内で 

実際にいろいろなアイスが作られているところや 

検査室などを見たり、詳しく映してある映像を見たりなかなか楽しい 

工場内の床やいろいろな所が「ガリブルー」色でした


見学の後はガリガリくん広場でしばしの休憩タイム

一人一本ずつの試食が出来ますが、いろいろなアイスがあって迷う

4者4様の選択、私はフルーティフルというアイスクリーム

 

 

 

苺がたっぷり入っていて美味しかった

 

ガリガリくんの神社・おみくじ・UFOキャッチャー・ガチャポン・クイズ等々があり 

さらにオリジナルグッズもいろいろ売っているので、ついつい買っちゃいました 

大人も子供も楽しめるガリガリくん広場、もっといたかったけど時間終了 



 

 

最後にお土産もいただいて大満足、工場見学は無料ですが 

我が家からここに行くまでの交通費は結構かかります 

それでもここに行く前に熊谷の「慈げん」さんに伺うこともできたし 

1日遠足気分で楽しめたので、いつかまた再訪できるといいなぁ 

でもまず予約の電話が難関だわ!!!