記事
[ 総記事数:2772件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2017年3月30日(木曜日)
[ 06:40 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


干してあるステテコに見えるという考え方と

そうではないという考え方。




ラーメン屋で見かける暖簾。
これが洗濯物に見える事がある。

そこは浦和。
日曜日にしか来られないお店がある。






これは暖簾です。
縁側のステテコではありません。






まかないへきる @浦和

この辺り、休日にしか来ない。
ある意味、貴重な場所でもある。






ビールが美味しい昼下がり。
これも休日だからこそ、だね。





ずっと「本日の」エーデルピルスです。








どっちにしても美味しそうでしょ。
丁寧な仕事っぷりが伝わる見た目。





ビール飲むなら餃子がいい。
二人で分けられる数なのもいい。





和え玉も追加で追いかける。
やり過ぎだったかもしれない、けど休日だから。




ちょっと遅めの休日ランチ。
食べ過ぎに注意することも必要な長だった。







2017年3月28日(火曜日)
[ 06:43 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


この小腹満たしに助けられているという考え方と

そうではないという考え方。




例えば時間の都合でランチを逃がした時
どうしても5分以内でランチを済ませる必要がある時


ここは新宿。
長にとって悪条件の日の心の友のお店がある。






C&C @新宿

これを集める繊細さがあったなら
10枚で一杯、相当お世話になっているはず。







茶色いね、とか言うもんじゃない。
こういう美味さも知っておく事が必要。





じゃあ、から揚げの向こうに福神漬け。
ここに赤が加われば、いい画になるんじゃないか。








やっぱり福神漬けは赤くあるべき。
茶色い福神漬けだと、画的にマイナスポイントだよね。




サービス券が3枚あればらっきょがサービス。
そもそも、らっきょはサービスだったのは過去の現実。





こういうコスパも運営サイドの企業努力。
これからも充実の日々を支える存在でいてほしい。




大げさだけどそんな存在。
頑張ってるって言い聞かせるにはいいかもしんない。




2017年3月27日(月曜日)
[ 04:07 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


このネタも寝かしすぎたという考え方と

そうではないという考え方。




一族の朝の日課、朝ラン。
一年生のハルイシーも2年以上続けている。


そこは埼玉、森林公園。
我が家では恒例となったイベントに来たよ。






42回完走マラソン大会 @森林公園

有名人のそっくりさんも参加するイベント。
このヒト、東京マラソンにも出てたな。






今日のコースを下見しておく。
こんな坂道を2周するっていう過酷な2キロ。





スタート前の朝ご飯。
天気いいし、暖かいから美味しいね。




参加者には地粉のうどんが振る舞われる。
実はエントリーだけで出られない兄ちゃんの分も食べる。





名物ぽんぽこマウンテンでウォーミングアップ。
「兄ちゃんいないとつまんないよね」だって。







ゼッケンつけて準備完了。
ちょっと緊張も高まるハルイシー。





時間になるとスタート地点に集まる。
ここの位置取りが結構重要だったりする。




ライバル達とのスタート前のドラマもある。
がんばれ、一人で行かなきゃいけないこともあるよ。






で。





スタート!!








人と接触しないことも重要。
転んだタイムロスは避けるって指示。





そして道中は決して無理はしない。
仕掛けどころは2周目の坂道。


ここでピッチを上げてゴールを目指す。
目の前一人ずつ、付いていけっていう作戦。








お、帰ってきた。
いい表情で走れてるね。




ゴール前で同じ一年生を捉える。
相手も意識して抜かれまいと必至。






頑張って全力で走りました。
うどんがお腹でちゃぷちゃぷしてたのはナイショで。





そして一年生の中で7位に入賞。
いろんな人間ドラマも乗り切り、初出場でも結果を出した。




今までは兄ちゃんの付き添いだったけど
今日はハルイシーが主役だからね。



じつは兄ちゃんの姿も見てたからね。
エントリーしたけど来られない分も頑張ったよ。








これは、4年生(去年)の兄ちゃんの姿。
走り方が似てるって言われることも多くなって来た。



負けたくないって言う気持ちが大事。
これを毎朝のマラソンの糧にして来年も出るか。




サッカーで多忙を極める兄弟だけど
時間があったら来年も出てみるかね。








2017年3月26日(日曜日)
[ 06:39 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


実はここに行ってみたかったという考え方と

そうではないという考え方。




食のウワサあるある。聞いたことあるお店なのに
みんな行ってるのに、行ったことがなかったお店。



しかも今さら行った事がないことも言えないお店ってあるよね。

そこは品川の高架下。
神奈川の西側で有名なお店に会えたから。






なんつっ亭 @品川


いつか、こそっと来ようと思ってた。
けど、わざわざ行くこともないかなって。





こだわりと食べ方は違うものだよね。
食べ方がわからなければ、伝わってないと言う事。





スクールウォーズ、懐かしいね。
むしろ新しささえ感じるのは長だけか。





なるほど、こういう事だったのか。
期待するもなにも、わざわざ感はないね。





なんだろ、熱々な感じがないんだよね。
そこに愛がないって言うと言い過ぎなのかも。





強いて言うなら普通。
ココに来るなら、よそでも十分満たされるかな。




競合が多いだけに、店ごとの愛情が必須。
そういう激戦区の戦い方、チェーンになると難しいのかもね。




2017年3月25日(土曜日)
[ 05:41 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


肉は仕入れると安上がりであるという考え方と

そうではないという考え方。



食のエンゲル係数はシビアな問題の中
我が家は肉を仕入れる事を選択している。

その目的は一つ。
食べることがトレーニングであるという教えから。




ここは自宅。
親にとって都合のいい肉の晩餐が始まる。





エスカレート家肉 @自宅

牛肉だけに留まらない。
羊(ラム)だって焼いちゃうのが一族流。






トレーニングと位置づけるからには
記録に残すことも重要な要素。





記録に残すのは、サッカーチームの取り組み。
アプリで体調、体重、食事を報告して変化を共有する。





賛否両論あることは間違いない。
でも、親が食を意識していくことが重要。




大事な事は、子供が食べたいと思ったものが
何から作ったものか、作られただけのものかを知る事。





子供が欲するものが米、野菜の素材であること。
その素材を親が選定したものであること。





過敏になる必要も無いとは思うけれど
無意識なレベルで食を向き合うかとが必要だと思う。





よく食べてよく寝る事。
「お腹空いた!」で始まる朝が健康の第一歩だと思う。




前のページ | B食LOGトップ | 次のページ