記事
[ 総記事数:3593件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2010年8月4日(水曜日)
[ 22:15 ] [ 旅 ミャンマー ]
   
 

今年は本当に暑すぎるのではないでしょうか。 

 

涼しげな画像を 

 

バガンで泊ったホテルのプールです。 


 


 

プールサイドでカクテル♪ 


 

エステは行かなかった(クーポンあったのに) 


 

このホテルはイラワジ川のほとりに建ってます。 

 

牛の群れが通って行きました。 

平和な光景 


でも 

 

慰霊碑です 

日本軍はこの川沿いを隠れながら、ポッパ山の方に向かったらしいです。 


そろそろ戦争関連のTV番組が増えてきますね。

平和な時代に生きられることに感謝です。 

 

 

2010年6月17日(木曜日)
[ 21:33 ] [ 旅 ミャンマー ]
   
 

昨日今日とあっついですね〜。 

ビールがとっても美味しいけど、飲みすぎると飽きちゃうのでコチラ 

 

ミャンマーのヤシの実酒 


 

ヤシの実じゃなく樹液なんですね。 


 

発酵させた後、蒸留するんですね。 


 

できたばかりのお酒飲んだら、甘くて美味しかった♪ 


 

 

ヤシの油をしぼってます。 


 

こちらでは ヤシのお菓子を作ってます。 

甘くて砂糖の塊みたいです。 


ヤシはお酒になりお菓子になり。 

葉っぱは建築材料となったり、パッケージになったり。 

燃料になったり・・・ 

捨てるところないのですよね。 

ミャンマーで気がついたことは、ゴミが落ちてないこと。 


 

仏教の国なので托鉢の前に掃除をするから、という理由もあるでしょうが、決定的なのはビニール(プラスチック?)が、あちらには無いことだと思われます。水以外の飲み物は瓶か缶ですもの。買ったその場で飲んで店に返す。ペットボトルだと持ち歩いてしまい、ゴミ箱なくてポイ捨てしちゃう人も多いんじゃないかな〜。それ以外の原因はコンビニかな。 


 

 

話がそれましたがw

 

ここではお茶もごちそうになりました。 

お茶うけでは、お茶の葉っぱがありましたよ。 

ヤンゴンでは、真空パックのお茶うけセットが売ってたのに、買いそびれた〜。 

また行きたいな、ミャンマー 

 

 

2010年5月13日(木曜日)
[ 23:14 ] [ 旅 ミャンマー ]
   
 

変った形の山でしょ。 

 

ポッパ山と言って、バガンの街から車で40分くらいかな〜。 

所々急な坂とかがあって、よーくこんな道登れるなぁと感心。 

さすが日本車・25年前のでも大丈夫w 


 

 

猿がいる階段を登っていきます・・・ 

30分はかからないくらいかな。思ったよりは楽でしたw 



 

頂上のお寺には、こういう人形(?)が置かれています。 

ここで修行した偉いお坊さんと弟子達みたいです(組長と舎弟ではありませんw 


 

頂上からは見晴らしがいいですよ。 

こちらの写真は別ブログでみてください。 


 

ポッパマウンテンリゾート・・・ポッパ山から車で10分程度かな。 

案外ハードな道でした。 


 

テラス席 

風が抜けて心地良いです。 


 

先ほど登ってきたポッパ山を見ながら食事です。 

よく登ってきたなぁ・・♪ 

よくあんな山の上にお寺建てたなぁ♪ 

感心 


 

 

親はビール 

サービスで付いているチップスうまいです。 

(アジア圏は、こーいうサービスが嬉しいですよね・・日本ではお通し代が取られるけど) 


 

娘は苺ジュース 

生の苺をその場で絞るので、とーっても美味しいです。 

(時間がかかりますけどね) 


 

 

 

ピザにラーメンにチャーハン 

流石にどれも美味しかった! 

家族3人で30ドルいかない位だったかな。 

お勧めのレストランです。 

 

2010年5月7日(金曜日)
[ 20:59 ] [ 旅 ミャンマー ]
   
 

私たちがミャンマーを訪問した3月末は、学校の夏休み期間。 

バガンで得度式に遭遇しました(ラッキーだそうですよ) 

得度式については、私が利用したツアー会社G&Gさんのブログに書いてあります(G&Gさん、お勧めです!) 

 

凄い数の行列です 


 

女性達は着飾ってますね。 


 

 

男性達は地味じゃない??w 


 

 

やっと見えてきましたね 


 

 

男の子は一生に何度か出家するそうです。 


 

こういう牛車はレンタルだそうです 

この行列,お寺まで行進するそうですよ 


 

 

こちらは宴の会場です 


 

こちらは会場裏手にある普通の御宅。 


 

お客に振舞う料理(カレー)を作っています。 

女性は行列に参加してるので、こちらに残っているのは男性とお婆さんだけ 

燃料は薪です。一応電気は来てますが、TVにしか使ってないみたいです。 


この得度式にかかる費用は日本円で20万円。 

ミャンマーの公務員の月給が数千円と聞いたことあるので、かなり破格です。寄付で何とかしてるみたいですが。 

なお息子が出家するという功徳は母親に。 

G&Gさんでは得度式のアレンジも可能だそうですからw 息子さんがいるかた、どうでしょうかw 

 

 

 

 

 

2010年5月1日(土曜日)
[ 08:37 ] [ 旅 ミャンマー ]
   
 

サイバーショットの修理の見積もりがやーっと出ました。 

14000円! 

高!!!!! 

砂が入ったのが原因なので保険が利かないとのこと 

勿論砂の中に落としたりしてませんよ!!! 

確かにバガンは砂っぽい所だったけど・・この程度で壊れるなら、風の日の校庭でも壊れると思います・・・・ 

買い換えるか悩む・・・ 



 

こちらは、オリンパスのデジカメで撮った写真(娘撮影) 

 

(サイバーショットは使い続けると、手ぶれ補正機能が悪さをして、ブルブル画像が揺れる発作を起こすときがあるので・・旅行の時にはコチラも持って行くのです。 



 

 

このカメラ、暗い処が弱いんですよね・・ 


 

 

やっぱり埃っぽいかも(^^; 

夫が持っていったレンズも途中で動かなくなったりしたので、砂埃が原因なのかな・・ 

このオリンパスのカメラは、6年くらい前のもので一度も修理にだしていません(サイバーショットは1年半で2回もorz)。 

防水機能(プーケットでシュノーケルする為に買ったので)付きなのが良いのでしょうか・・・ 

海で潜る予定はありませんがw 次は防水機能付きにします・・・ 


そして不思議写真 

諸事情により削除いたしました。 


 

こちらは、ダマヤンヂー寺院と言うのですが、別名幽霊寺院と呼ばれています。 

父と兄を殺し王位に就いたナラトゥ王は、罪滅ぼしのため、これまでにない大きさと形、装飾を施したパゴダを建設しますが、完成前に自らも暗殺されてしまったそう。夜に幽霊がさまようらしく、地元の人は近づかないそうです。 

完成前に暗殺されたナラトゥ王がさまよう 

壁に人柱が埋められている 

寺院建設に携わった職人達(この寺院はレンガで出来てるのですが、針も入らないほどキッチリ積まれてます)が、技術の秘密を守るために殺害されている 

などと色んな説があるそうです。 

 

 

 

 

 

 

 

2010年4月28日(水曜日)
[ 21:11 ] [ 旅 ミャンマー ]
   
 

インテリアでは何が好き?と聞かれたら、アジアンスタイルと答えます〜・ 

バガンでは、ティリピセヤサンクチュアリリゾートに泊まりました。 


 

部屋はコテージタイプ 

私たちが泊まったのは、リバーフロントスィート 

一階の部分です。 


 

 

部屋の前にはブランコも・・ 

向こうに見えるのは、イラワジ川です。 


リビングルーム 

 

 

エキストラベッドは、リビングに入れてもらってます。 

奥のドアはとなりの部屋と繋がってます。 

親たちと泊まる時に便利そう。 

娘が読んでいるのは、顧客カード。 

栃木出身の世界のナベサダや、中田ヒデが泊まってます。 


 

 

憧れの天蓋ベッド 

リビングとベッドルームの間は鎧戸で閉められます。 


 

 

バスルームはこんな感じ。 

左はシャワールーム・右手がトイレ。 


写真以上にセンスの良い部屋でした。 

TVが無いのが気に入らない〜と娘は言ってましたがw 

(頼めば持ってきてもらえますよ) 


私がアジアンインテリアにハマッた切っ掛けは、タイで泊まったアマンリゾートでした。でもアマンは家族で連泊するには高すぎる・・・orz 

 


お手頃なアジアン家具や雑貨を置いていたJWOODさん。 

明日29日で宇都宮店が閉店するそう・・・ 

バーゲンやってるそうなので、明日は伺いたいと思います。 

 

2010年4月26日(月曜日)
[ 22:31 ] [ 旅 ミャンマー ]
   
 

 

バガンには、登れる遺跡が沢山あります。 

遺跡に登る時には、裸足です。 


 

 

この日は曇っていて、綺麗な夕日が撮れませんでした。 

カメラだとイマイチですが、肉眼ではずーーーと遠くまで仏塔が並んでいます。 

サイバーショットでは風景がイマイチで。。撮るの止めちゃいましたw(風景は夫のカメラです) 

ガイドさん曰く、乾季(3月頃)は赤土ばかりですが、雨季(5月〜)の方が緑が増えて綺麗だそうですよ。GWに行かれる人、羨ましい。 


 

この日の夕飯は、人形劇を見ながら 

 

オープンエアの店で、結構賑わってました。 


 

これはミャンマーで作っているワイン 

ここではイマイチだと思ったのですが、ホテルで飲んだら山梨のワインみたいで美味しかった♪ 

どなたか買ってきてくれないかな。 


お昼、食べ過ぎちゃったんで夜はセットメニューを二人分頼んで、3人でシェア 

 

スープは3つ出してくれました キラキラ 

このスープ、豆とか野菜がタップリ入っていて、ほんのりスパイスが効いてて美味しい♪ 

どこかにレシピ載ってないかなぁ。 


 

値段はいくらくらいだったかな〜 

ワイン1本・グラス2杯で3人で30ドル位だった気が・・・ 

 

 

 

 

2010年4月19日(月曜日)
[ 21:26 ] [ 旅 ミャンマー ]
   
 

ミャンマーで見た寺院は沢山ありすぎて・・有名どころだけアップします。 

 

アーナンダ寺院 

11世紀に建てられた寺院です。未だに残ってるのが凄いでね。 

右に写ってる車で観光したのですが、25年位前の日産車。 

パガンで走ってる車の8割以上が日本の中古車ですね。バスにいたっては、日本語がそのまま書いてあります(栃木のバスはなかったわ) 


 

小さい子や若い子がたむろしてます。 

4月、ミャンマーの学校は夏休み。 

売り子のアルバイトをするんですって(勿論学校へ行かずに働く子もいます 


 

 

壁の彫刻などが素晴らしいです。 


 

 

大きな仏像 

寺院には東西南北方向に4体の仏像が収められていることが多いです。 


 

壁には小さな仏像も納められています。 

この寺院作るのに一体いくらかかったのかな〜なんて思ってしまいましたw 


一昨日のTV’世界不思議発見’はアンコールワットでした。 

アンコールとバガンの違いの一つに、観光客の数の違いがあります。 

アンコールは人が多すぎて、ディズニーランドみたいw 

落ち着いて写真が撮れるのは、バガンの方ですね。 

 

 

 

2010年4月15日(木曜日)
[ 22:12 ] [ 旅 ミャンマー ]
   
 

バガンの美しい風景をアップしようと思いましたが、 

ヤンゴンでテロがあったようなので・・ 

 

湖がある公園ってココかな 


 

 

この写真じゃわかりにくいですが、外国人が住む高級住宅街などもあります。 


 

湖の向かいにはホテルがあって、確か日系だったような・・ 

豪華な感じで、現地人のセレブにも人気があるそーです(確か) 

この時点で気温が40度位で、意識朦朧・・・ 

早く日陰に入りたいw 

湖の周りには、パラソルとベンチが一定間隔で置かれていて、カップル達のデートスポットになっておりました。 


かなり広い湖を取り囲むように公園が出来ていて、その周りを太い道路が走っています。 

お洒落な店もありましたよ。 

この公園の周りに(と言っても2km位離れているw)ヤンゴン大学もあります。 

ただ一等地にあるのは医学部だけで、工学部や教育学部は郊外にあるそうです(分散させて学生デモを阻止するらしい) 


 

ミャンマーらしい写真を。 

チャウッターヂー・パヤー 

寝仏です。 


 

大きいですよ。全長70m。 

涅槃仏は足の裏に模様がないとか。 

何十年前に建てられたんだっけ・・・ 

(暑くて覚えてない 汗 

パゴダ(仏塔)にしろ仏像にしろ、来世の幸せを願って建立されてるんです。 

現世が一番大事な私には理解し難いことです。 


ミャンマー、また訪れたい国なので・・テロなくなって欲しいです。 

 

 

 

2010年4月13日(火曜日)
[ 21:41 ] [ 旅 ミャンマー ]
   
 

お昼は勿論ミャンマー料理 

 

 

オープンエアーのレストラン 

名前忘れた・・ 汗 


 

 

ミャンマーのビールは、ドイツの大会で高評価を得るくらい評判が良いそうです。 

この店ではマンダレービールをいただきました。 

青い方がヘビィだったかな。娘はスプライト。 


 

セットがお得と言われて・・・

私はエビカレーセット 

 

奥のがエビカレー 

エビは川海老なんですよ。日本でこんな大きな川エビ見たことないですわ・・ 


 

夫は豚カレーだったかな。 

付け合せも大量にありますが、手前のカリフラワーが一番好みだったかな。 


 

 

娘は単品で焼きそばを 

単品といえども、3人位で取り分けサイズ・・・ 

ミャンマー料理、油っぽいとか言われてますが、私には全然許容範囲でした。 

娘は少し胃の調子悪くしてたけど・・・(揚げ物嫌いが祟りましたねw) 


最後にデザートが 

 

ピーナッツとパパイヤと白い包みはタマリンドのお菓子 

満腹すぎで眠くなった・・・ホテルに向かいます。 

そうそう、ここのお会計は3人で17ドルでした。日本で考えたら激安ですよね。。。 

ミャンマーではドルが一般的に流通しています。今回は現地通貨に一度換金しただけでした(2000円程度) 

一ドルあたり800チャット〜1000チャットと店によって開きがあります。 

この国では闇両替が普通です。銀行では一ドル当たり数チャットにしかなりません 汗 

 

 

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ