記事
[ 総記事数:2540件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2016年10月28日(金曜日)
   
曙橋から市ヶ谷方面へ靖国通り沿いをチョイと歩いた先にある
「Tibetan Restaurant & Cafe TASHI DELEK(タシデレ)」にて

表面を覆い尽くす勢いで盛り付けられたトマト、玉ねぎ、ピーマンの下を掘り返せば
羊肉もゴロゴロ大量に埋まってる比較的マイルドな味わいのシャプタ(羊肉野菜炒め)に

一見ネパール料理のゴルベラアチャールに似てるものの
チリの辛味とトマトの旨味がストレートに効いてる辛味調味料で辛さをブーストしてみたりしつつ
結構厚切りで食べ応えのある羊肉をワシワシ喰らいながらビールが進んだ後


裸麦を炒って粉にした「ツァンパ」をベースに
乾燥したヤクのチーズ「チュラ」と細かい牛肉片etcで独特な風味&旨味を加えたチベットレシピ
素朴な味わいのツァンパシチュー「ツァムトゥク」で〆〜
  
次回は、卓上のメニューブックから独立した「裏」メニューに載ってる自家製麺のトゥクパとか
その更に裏面に記載の冷麺(コレもチベット料理?なのか?)とやらも気になるトコロw

タシデレアジア・エスニック(その他) / 曙橋駅四谷三丁目駅四ツ谷駅



2016年9月26日(月曜日)
   
@「パキスタン&インド料理シディークパレス 四谷麹町店」にて

同店初訪な今回のチョイスは
鉄板の上でヘラを使って肉を調理する音がそのまま料理名になったというコチラ

羊のハツ(心臓)、マメ(腎臓)、脳味噌、ラムチョップを鉄板の上でタカタカタカッと刻みつつ
濃厚なグレイビーと炒め合わせたMix Taka Takが旨い♪
+ カレーのお供にオーダーした全粒紛の風味豊かなインドの薄焼きパン「ロティ」もイイネ!

そして、肉の合間の箸休めにカチュンバルサラダもオーダーしといたところ
写真ではサイズ感がイマイチ伝わらないものの
胡瓜に大根、トマト、人参、紫玉葱、レタス、キャベツetc、角切野菜+αがドスンと盛り付けられ
@500円という価格設定のわりに大盤振る舞いな一皿の登場につき
タカタックとコイツを肴にラージサイズのプレモル樽生とか立て続けにグビグビいっちゃったら
流石に満腹、ご馳走様!w

因みに
同店の他のメニューに目を向けると

パキスタン料理と聞けば気になるニハリにハリーム、ビリヤニ辺りも当然の如くラインナップ!

ってなわけで、次回は平日夜に再訪かな〜w

シディークパレス 四谷麹町店インド料理 / 四ツ谷駅麹町駅半蔵門駅


2013年3月26日(火曜日)
   
って、既に一ヶ月近く前のハナシなんですがねw

この日の「純ちゃん」@荒木町の料理は、特大サイズのボタン海老から始まり

そろそろシーズンも終わりな白子

昆布〆にして旨味をギュッと凝縮したヒゲダラ

春に旬を迎えるアオヤギのナメロウ

旬の走りにしては、既に結構ワタが詰まってた蛍烏賊

プックリ大粒な牡蠣の酒蒸し

。。。と
序盤からの怒涛の魚介料理オンパレードが一段落したところで

店主純ちゃんのお手製!大豆の旨味が濃厚な豆腐でホッと一息♪

そして、後半戦は

脂ノリノリなサワラがシンプルに塩焼で供された後

白身の高級魚マハタの鍋がドーン!

ってな感じで
コレだけ色々料理が出揃えば

   
、当然、酒も進みまくりなワケでw

写真撮ってない大多数の酒も含め
今回も当日のノミホ日本酒リストほぼ完全制覇!くらいの勢いで日本酒ガッツリ堪能〜

。。。で、最後は

定番のTKGで〆〜

& 鍋の残りのスープを使った雑炊で〆の〆〜♪w

2013年2月16日(土曜日)
   
ってなわけで
一人¥300の追加で極上生ウニを堪能した前回に引き続き、2度目の純ちゃん@四谷荒木町

この日の料理は、体中を覆う縞模様が美しい北海シマエビにはじまり

火を通してないまるっきり生の白子と自家製ポン酢が相性バツグンな白子ポン酢♪

メチャ脂が乗ってる3kg超級の金目鯛♪

コリコリした食感と甘味がタマラン!本ミル貝♪

サクッとフワッと軽〜い衣でワカサギ天♪

旬の走りのサクラマス♪

身が厚く脂が乗ってる寒サワラ♪

そして

今回もこのタイミングで鍋が登場〜

プックリ大粒な冬の牡蛎&ほろ苦い春のセリをメインに濃厚な味噌味で仕上げた
季節の変わり目ならではの味噌鍋が旨い♪

と、まぁこんな感じで
前回に負けず劣らず盛りだくさんな料理を肴に
      
      
      
   
写真に残ってる瓶の数は圧倒的に足りないもののw

当日のノミホリスト全25種コンプリート!

で、最後は

ご飯にも玉子にも拘ったTKGで〆〜
@会費はいつもの¥5,800♪
2012年12月15日(土曜日)
   
。。。で

こんな極上ウニ(写真は3人前)が食えるなら
たったの100円玉3枚、積まない手は無いでしょう!w

とは
奥さんの仕事の都合で一緒にイタリアへ旅立ってしまったやまちゃん跡地に
同じスタイルで営業を開始した「純ちゃん」のハナシ
冒頭のスペシャルメニュー以外の当日のコース(日本酒各種ノミホ込み¥5,800)の内容は

春に続いて2度目の漁期(10〜12月)も終盤の生桜海老に始まり

トロットロで濃厚な味わいの鱈白子♪

比較的淡白な味わいのカワハギ刺身を

キレイに裏漉しされた滑らかな肝に絡めてガッツリ♪

サクッとミルキー牡蠣フライ!

脂ノリノリ寒サワラ♪

照りっ照りなカレイ煮付け!

そして

ココへ来て、大量のあん肝と味噌を溶いた特製スープで味わう鮟鱇鍋登場〜

と、まぁこんな感じで
居酒屋やまちゃん時代に負けず劣らず盛りだくさんな料理を肴に
   
      
      
      
      
      
      
それぞれ少量づつながら、飲むも飲んだり日本酒21種!w

惜しくも当日のノミホリスト全25種コンプリートは成らなかったものの
最後は流石に酔っ払ってたらしく

〆のTKG写真で痛恨のピンボケ炸裂ッスw

居酒屋 純ちゃん居酒屋 / 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅


前のページ | B食LOGトップ | 次のページ