記事
[ 総記事数:1293件 ] [ RSS2.0 ]
2009年10月31日(土曜日)
   
韓国ソウルで開催された展示会、
SEOUL INTERNATIONAL BEKERY FAIRこと、
Siba2009に行って参りました。

APTCこと、第二回アジアン・ペストリー・チーム・コンテストを応援。
選手の皆様、関係者の皆様、異国の地で大変なことも
多々おありだったと思いますが、本当にお疲れ様でした。

展示会はジャパンケーキショーの作品展示と
商業展示のモバックショウが一緒になったような雰囲気でした。
ホールは2館分だったので、モバックや、
フランス、リヨンのSIRHAと比べると、こじんまりした印象。

日本の展示会との違いは、学生さん、それも
高校生くらいの若い方々が制服で来ているのが目立ったこと。

大会の終わったCOEXモールをあとにして、
近くの現代百貨店を覗きにいきました。

夕方17−18時、デパ地下の食料品売り場は、
日本のそれと同じような活気でした。

最も印象に残ったもの。
「ガレット」というお店があり、そこに掲げられているのは・・
あっこれ、ガレット・デ・ロワの風習を説明するものだ!

確かに並んでいました。
微妙に麦穂模様と太陽模様のようなガレットデロワ・・?
焼き色がちょっと浅いかなーという気がしましたが。
でも、さすがに1台ホールでは買えず、このお店の
エッグタルトに走ってしまいました。

でも、今はちょっと時期はずれ。
韓国では、お正月とか、本来1月6日に食べる、
といった感じで、どの程度浸透しているのでしょうか。
スイートポテト専門店のようなお店の、
芋細工菓子が超かわいくて一目惚れ買い。
これ全部、さつまいも。
砕いたピスタチオをちりばめて、カボチャの形を模しています。
あとはココナッツフレークをまぶしたものと、豚さんポテト。

ハロウィンのPOPも結構出ていましたが、
韓国の方は、かぼちゃが好きなためか、
あちこちにかぼちゃ素材のものが見られました。
かぼちゃ飴とか、コンビニにはインスタントのかぼちゃ粥とか。

餅を使った伝統菓子、どれもこれも買って帰りたい、
食べてみたいと、きりがありませんでした・・。
でも、軽さ優先でおこしのような「カンジョン」を主にチョイス。
サボテンの花のカクタスフラワーとか、日本では
あまりなじみの無い素材使いも。

食事も弾丸行程のわりに頑張って食べた・・。
ピビンパップの後に甘酒のようなシッケ、
海鮮のカルクッス。
鮑お粥、チョンボッチュク。
ごま油と塩で生ダコもトライしたかったけれど、
2匹分からというので断念。
いつかぜひ、泥鰌のすり身入り秋魚湯(チュオタン)を。