記事
[ 総記事数:3398件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2015年7月22日(水曜日)
   
 

おととい鹿沼市に、うな重遠征に出かけたのに見事に振られ、

 

そのレベンジとして昨日、宇都宮市内の『うな亭』さんへ。 

 

 

 

 

こちらには、昨年11月に出かけて以来3度目の訪問  に。 

 

開店時間と同時に入店し、一番乗り。 

 

でも、うな重の予約客の方が引き取りに来ていて、お店はフル回転。 

 

 

 

 

これ、前回訪問の時のメニューですが、料金は変わってなかったですね。 

 

もちろん『うな重』でおい願いします。  今回は2人分で(同伴者もいるので) 

 

 

 

 

カウンター席に座ったんですが、目の前のこの『骨せんべい』が 

 

気になったので、1個お持ち帰り〜。 

 

 

 

 

こちらの『七味にんにく』は、かなり大きいボトルなんだけど、 

 

これ焼き鳥用の薬味なんでしょうね。 

 

 

 

 

まもなくして、『うな重』の登場〜♪ 

 

 

 

  

 

ここの甘辛ダレと、その照りがなんとも言えません。 

 

山椒粉もたっつぷりかけて。 

 

 

  

 

シッポの先までこんがりと焼けてるし、タレがご飯にもしみていて、 

 

 

 

 

ふっくら、やわらか〜♪    いや〜っ、旨いっす!! 

 

 

  

 

肝吸いの肝もチュルッと、頂きました♪ 

 

さて今度は、いつ来れるかな〜? 

 

 

B食店情報
・店名 : うな亭(うなてい)
・ジャンル : 和食-焼き鳥・串焼き・鳥料理
・住所 : 栃木県宇都宮市中央2−2−3
・TEL : 028-635-5802
・営業時間 : 11:00〜
・定休日 : 日曜・祝日
・最寄り駅 : 東武宇都宮駅
・キーワード : リーズナブルで美味しいうな重/駐車場有/残念ながら喫煙可
・友人・同僚 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2014年11月28日(金曜日)
   
 

宇都宮市内の鰻屋さんで、一番大好きな『うな亭』さん。

 

食欲の秋は過ぎてしまいましたが、年に1度は行きたいお店です。 

 

 

  

 

こちらには4年ほど前に伺ってます  が、実は、毎週オリオン通りに行くたびに、 

 

横目で見ながら、匂いを嗅ぎながら、気になっていたのです。 

 

給料日に関係なく出かけたいお店ですので、思い立ったら出かけましょう♪ 

 

でもこの日は、鰻を焼く煙の吹き出しが、少しおとなしいかな?? 

 

 

 

 

こちらのお店の魅力と言えば、やはりこのウナギ料理のお値段にあると思います。 

 

庶民のお財布にも嬉しい、『うな重』が¥2400で頂けるのです♪ 

 

 

 

 

待ってる間も楽しみワクワク気分です。 

 

そして、お待ちかねの、うな重の登場〜〜!! 

 

お吸い物と漬物が何気なく付いてるのが嬉しいです。 

 

 

 

  

 

お重にウナギの蒲焼きがびっしりと乗せてあり、下のご飯が見えませんww 

 

ふんやり・やわらかなウナギの蒲焼きと、タレの照りと、焼き色がなんとも言えません♪ 

 

 

 

 

ひと口分を挟み上げますが、身もふっくらとしていて、いい香りですね〜♪ 

 

ご飯もタレがたっぷりと滲みていて、美味しい〜。  新米のご飯みたいだし♪ 

 

ボリュームもやや多めだけど、見事に完食しました! 

 

 

 

 

きれいに澄んだ肝吸いも、あっさり仕上げの味わいで、その旨さに、気品さえ感じてしまいます。 

 

今年、何度か目の、うな重でしたけど、やっぱここのうな重が大好きだな〜♪ 

 

B食店情報
・店名 : うな亭(うなてい)
・ジャンル : 和食-焼き鳥・串焼き・鳥料理
・住所 : 栃木県宇都宮市中央2−2−3
・TEL : 028-635-5802
・営業時間 : 11:00〜
・定休日 : 日曜・祝日
・最寄り駅 : 東武宇都宮駅
・キーワード : リーズナブルで美味しいうな重/駐車場有/残念ながら喫煙可
・友人・同僚 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2014年7月28日(月曜日)
   
 

7月29日は、毎月の『肉の日』でもありますが、『土用の丑』に日でもあります。

 

とくれば、日本国民としては、ウナギを食べなきゃいけません!! 

 

カレーライス、ラーメンに次いで、鰻は国民食なんです。 

 

てなわけで、出かけてきたのが、  両毛線足利駅附近の『第二鳥つね』さん  です。 

 

 

 

 

私が鰻屋さんで、必ずチェックする『備長炭使用』の看板は、見当たりませんがww 

 

 

 

 

でも紛れもなく、ウナギの文字が看板を飾ってます。 

 

 

  

 

どうやら、並みのうな重は¥2000のようです。 

 

私は一般庶民なので、これでお願いしました。 

 

 

 

 

しばらくして、待望のうな重が登場〜です!! 

 

サラダに漬物、お吸い物が付いてます。  (肝吸いではありませんがww) 

 

 

  

 

ふんわり柔らかなウナギさん、ステキです!! 

 

また、タレの照りと輝きも食欲をそそります♪ 

 

そのタレもご飯にしみていて美味しい〜♪ 

 

足利まで、食べに来た甲斐がありました。  速攻、完食です!! 

 

 

 

 

もちろん、デザートと出てきました。  どちらかと言うと、黄色いメロンが好きなんですけど・・。 


でも、そんな贅沢を言ってはいけませんww



 


〆のドリンクは、セルフのホットコーヒーで、のんびりと。


昼時になり、地元のお客さんが、ウナギ目当てで続々と来店されてました。


でも、足利界隈は、渡良瀬川の関係で、美味しい鰻屋さんが多いよな〜♪



B食店情報
・店名 : 第二鳥つね(だいにとりつね)
・ジャンル : 和食-焼き鳥・串焼き・鳥料理
・住所 : 栃木県足利市伊勢町1−4−12
・TEL : 0284-41-6644
・URL : http://tabelog.com/tochigi/A0902/A090202/9005733/
・営業時間 : 11:00〜14:30 17:00〜20:00
・定休日 : 水曜日
・最寄り駅 : JR足利駅
・キーワード : うな重、とり重
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2013年7月18日(木曜日)
   
 

ちょっと油断していたら、もうすぐ『土用の丑』の日になるじゃありませんか!?


どうりで最近スタミナ切れしてると思いました。


そんな時には、やはり  鰻・うなぎ・ウナギ  でしょう!


てな訳で、  数年前に出かけていた『割烹 中村』さん  へGO〜〜♪



   


今年3月にリニューアルされて、オシャレな建物に変わっています。


また店前の駐車場もコインパーキング方式になりましたが、


お店利用者は1時間に限り無料で駐車できます。



 


うな丼セット(¥1890)でもいいけど、やっぱ鰻重がいいよね。


てなわけで、庶民価格の『うな重』(¥2625)にしましょう。


それでも、ここ数年で1、.5倍の価格に高騰してきてますね。


開店直後だったので、まだお客さんもまばらだったけど、


ほとんどのお客さんが鰻重をオーダーしてましたね。



 


まもなくして、そのうな重が登場です。


椀物は肝吸い or 味噌汁か選べますが、やはりココは肝吸いですよね。



 


下のご飯が見えないほどの鰻の蒲焼きをイメージしてたけど、


残念ながら埋めつくせなかったみたい・・・。



 


でも、この香りに、照り加減とふんわり感はクセになるよね〜。


伝統のタレがしみたご飯も旨いし、幸せ気分〜♪



お店の方に聞いたら、先週日曜日あたりから、お客さんは増えてきて、


品切れ状態になったとか?


やっぱ、鰻はひと足早めに食べるのが賢明なような・・・。


皆さんも忘れないうちに、うなぎを食べましょうね〜!



B食店情報
・店名 : 割烹 中村(かっぽう なかむら)
・ジャンル : 和食-その他
・住所 : 栃木県宇都宮市中央本町1−12
・TEL : 028-634-3337
・URL : http://www.tochinavi.net/spot/home/index.shtml?id=2315
・営業時間 : 11:00〜14:00  16:30〜20:00
・定休日 : 月曜日
・最寄り駅 : 東武宇都宮駅
・キーワード : うなぎの老舗のお味をお楽しみ下さい
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2012年7月24日(火曜日)
   
 

足利市内には渡良瀬川が流れていて、昔からウナギや鯉料理のお店が多いんです。

 

ということで、最近のウナギ価格高騰を覚悟で鰻屋さんへ突入〜です。 

 

 

      

 

目指すは  『鳥峰うなぎ店』さん  でして、市役所裏側にあります。 

 

 

      

 

価格高騰の折、値段を低めに抑えていて嬉しい限りです。 

 

外にはテイクアウト用のうな弁当を待ってるお客さんもいますね。 

 

 

 

 

このお店、備長炭使用店でして、目の前で仕上げの焼きあげをしてくれます。 

 

建物の関係で最初から炭火使用は出来ないらしく、仕上げだけに使われてました。 

 

 

オーダーは給料日前ですけど、ちょいと奮発して『うな重(上)』(¥1600)にします。 

 

 

      

 

このお店は足利市から『建築文化賞』を受けていて、屋根の瓦に特長があるとか。 

 

 

 

 

また絵画作家さんの絵画も壁に飾られていて、店内も風情がありますね。 

 

 

      

 


しばらくして、うな重(上)がやってきました。


ウナギはやや小ぶりですが、お吸い物と漬物も付いてきます。


実にシンプル・イズ・ベストでして、香りもいいです。


このタレと焼き加減は、やはりウナギ屋特有のものです。


タレもご飯にしみていて、パクパクパクパク〜っていけちゃいます。



いや〜、旨い!  これで今年の夏を乗り切るぞ〜!


出来たらもう一度くらい、ウナギを食っておきたいな〜。



B食店情報
・店名 : 鳥峰うなぎ店(とりみねうなぎてん)
・ジャンル : 和食-焼き鳥・串焼き・鳥料理
・住所 : 栃木県足利市本城3−2009
・TEL : 0284-21-3226
・URL : http://tabelog.com/tochigi/A0902/A090202/9006285/
・最寄り駅 : JR足利駅
・キーワード : ウナギ・鶏焼きが旨い
・友人・同僚 / デート / 接待 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2012年6月12日(火曜日)
   
 

今年に入って鰻の値段が高騰してきて、庶民の口に入りずらくなりつつあります。

 

(スーパーでの中国産うなぎは別ですけど) 

 

そんなある日、佐野在住のあの方からお薦め頂いていた、佐野市内の  『松しま』さんへ 

 

 

      

 

お昼時ともなると常連らしいお客さんたちが、集まってくるって感じです。 

 

 

      

 

こちらのお店、国産うなぎ(豊橋産)にこだわっていて、価格の高騰をもろにかぶったような。 

 

以前、¥980だったうな丼が¥1450になってます。 

 

今回はコレで我慢しましょう! 

 

ご飯大盛り or サラダが選べましたので、サラダをお願いします。


厨房内の調理風景って、見てるだけで楽しいですね〜。


こだわりの鰻を大切に仕上げてる様子が、目の前で見られます。



      


しばらくして、『うな丼』が登場〜です!


この値段では、うなぎ1切れも致し方ありませんです。


ふんわりやわらか、香りもよく、ご飯もタレがしみていて激旨です。



 


鯉のアライやトコロ天もついてきます。


久々の鰻なので、ゆっくり味わいながら頂きます。



 


〆はアイスコーヒーでのんびりと。



常連風の男性客の方は、刺身定食を食べてましたね。


毎日、この値段の鰻を食べていたら、お小遣い足りないですもんね。



B食店情報
・店名 : 松しま(まつしま)
・ジャンル : 和食-焼き鳥・串焼き・鳥料理
・住所 : 栃木県佐野市高萩526−1
・TEL : 0283-24-6265
・URL : http://r.tabelog.com/tochigi/A0902/A090202/9007599/
・営業時間 : 11:30〜14:00  17:00〜21:00
・定休日 : 月曜日
・最寄り駅 : 佐野市駅
・キーワード : 国産うなぎにこだわり、安価で頂ける
・友人・同僚 / デート / 接待 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2011年12月23日(金曜日)
   
 

こないだの富士美亭さん主催の京都バスツアーでのランチです。

 

京都というより、お隣の滋賀県大津市になるんですね。 

 

日本一のうなぎ 『和風れすとらん かねよ』さん です。 

 

 

 


 


なんでも、きんし玉子と鰻で有名なお店なんですね。



 


座敷からは、すてきな庭園を眺めながらお食事が頂けます。


池には元気な鯉たちも優雅に泳いでます。




 


お通しには、桜湯とお漬物が出てきましたが、 


桜湯はさっぱりしていて、いかにも老舗らしい心づがいです。



 


なんて感動していたら  『きんし丼』  とお吸い物が登場です。



 


ふつう、金糸玉子って言うと、細切りの卵焼きをイメージしますけど、


こちらのは厚焼き玉子のかたまり状態。


まるでウナギ君が、玉子姫の尻に敷かれてる感じです。 (よく分からない例え?)



 


きんし玉子もかなり重みがあり、箸が折れてしまう?かと思うほどです。



 


隣の人が食べきれないということで、『食べてね!』と私に勧めてきましたが、


さすがに私のお腹も、ぽんぽこりん。



他のメンバーもビールや日本酒と、大賑わいで楽しいランチタイムになりました。



B食店情報
・店名 : 和風れすとらん かねよ(わふうれすとらん かねよ)
・ジャンル : 和食-焼き鳥・串焼き・鳥料理
・住所 : 滋賀県大津市大谷町23−15
・TEL : 077-524-2222
・URL : http://www.kaneyo.in/index.html
・営業時間 : 11:00〜20:00
・最寄り駅 : 京阪京津線 大谷駅
・キーワード : 日本一のうなぎ、きんし丼
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2011年8月2日(火曜日)
   
 

今日は何の日? そうです!『土用の二の丑の日』なんですね。


今年は土用の期間中に丑の日が2度あるようです。



実は、あの大震災前からこちらには事前チェックで,、偵察をしていたお店なんです。


それは宇都宮市岡本地区にある  『うなぎ和食 たにぐち』さん  です。

 

 

 

 

こちら、その時の画像ですけど。(震災前です) 

 

 

 

 

そして、これが現在の画像ですけど、お店の屋根部分が震災で被害を受けてます。 

 

 

 


でもお店は通常営業されてますよ。


開店時間前でしたけど、他にもお客さんが来てまして、開店してくれました。


店内は広く、座敷にテーブルにカウンターと、いろんなお客に対応できますね。



 


もちろん、うな重をお願いしますが、土用の丑の日の2倍の量を食べなきゃということで、


うな重定食の上(¥2560 : 1串半の量です)をオーダーします。



こちらは愛知県一色産のウナギらしく、期待がもてますね。



 


待つこと20〜30分くらいで、うな重定食が登場です。


添えにはツナサラダにフルーツ、冷奴にお香物です。



 


ふだん食べているうな重と違い、蒲焼きが1串半ですと、


下のご飯がまったく見えません。


 


このフォルムをず〜っと見ていたい気分です♪


 


でも、見てるだけではお腹がいっぱいになりません!


イチ、ニ、のサン!でこちらにかぶりつきます。



 


ついでに、こちらの箸上げショットも載せちゃいます。



 


こちらの肝吸いも美しくて・美味しい〜。



夏の間にもう一度、うな重食べに行きたいな〜。  (今度はあのお店かな?)


B食店情報
・店名 : うなぎ和食 たにぐち(うなぎわしょく たにぐち)
・ジャンル : 和食-焼き鳥・串焼き・鳥料理
・住所 : 栃木県宇都宮市中岡本町3023−29
・TEL : 028-671-0112
・URL : http://www.tochinavi.net/spot/home/index.shtml?id=5549
・営業時間 : 11:30〜14:00  17:00〜21:00
・定休日 : 月曜日
・最寄り駅 : JR岡本駅
・キーワード : 鮮魚もウナギも美味しい
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2011年7月25日(月曜日)
   
 

[ 関連したBlog ]


今年の『土用の丑に日』にはあえて、ウナギを頂かなかったので、


今日は、うさままさん宅のお取り寄せ先である栃木市藤岡町の  


『甘露煮 せしも』さん にお出かけです。 (昨日電話予約を入れてあります)


 


 


 


うちの職場の人が何人も出かけている『甘露煮』で有名店なんですね。



話では迷子になるほど道が分かりづらいとのことでしたが、


カーナビで一発で到着しました。


予約1時間前に着いてしまったので、車中で待機していたら


お店の方が『時間まで店内でお過ごし下さい』とのお誘いがあり。


遠慮なく店内で待つことにします。



 


 


涼しい店内でサービスのコーヒーを頂きながら、ノンビリと待ちます。



 


甘露煮の作成風景がモニターで見えたり、


 


今年の干支のう〜ちゃんたちもいたりして。



 


でも私が一番チェックしたかったのが、この『紀州備長炭使用店』の看板。


鰻屋さんにとっての『水戸ご老公の印籠』みたいなものです。



ところで、今日私がお願いしたのは『共水うなぎ お重(並)』(¥2850)です。



 


先付けとして『甘露煮の3点盛り』が出てきました。


せっかく、甘露煮で有名なお店に来たのですから、


ウナギだけでなくコチラも頂けるのが嬉しいです。


左から 『ざっこ(雑魚)』に 『鮒(ふな)』に そして右側が『牡蠣(かき)』です。



 


特にこの『牡蠣の佃煮』がぷっくりしていて、気に入りました♪


これ1つで、ご飯1杯いけちゃいますね。 (食べすぎ注意!!)



 


もうひとつ気に入ったのが、この客席でして、腰掛け(中高)タイプで


ゆったりできて座りやすいです。


 


肝吸いは熱々で湯気がまだモワモワ〜としてます。(薄味ですけど美味しい〜)



 


こちらのお店はお客の注文を受けてから、ウナギを捌きますので


黙っていても30〜40分がかかります。


 


 


たっぷりご飯に、お重いっぱいの蒲焼き。


いつまでも見とれていても、仕方ないのでかぶりつきま〜す!


自分でも驚くほど、あっというまに食べ切りました。  う〜ん満足・満腹!



 


〆にブルベリーのシャーベットが出てきました。


ブルーベリーの実が添えられていて、冷たく甘酸っぱくてうまいですね〜。



 


美味しいの余韻を残しながら、お土産に買ったのが、先ほど気に入った『牡蠣の佃煮』


これは今日のヒットのひとつです。  もちろん、おすそ分け用にも買いましたよ。


B食店情報
・店名 : 甘露煮せしも(せしも)
・ジャンル : テイクアウト・お取り寄せ
・住所 : 栃木県栃木市藤岡町石川315-2
・TEL : 0282-67-2551
・URL : http://www.tochinavi.net/spot/home/index.shtml?id=4502
・営業時間 : 9:00〜18:00 (ランチは12:00〜)
・定休日 : 火曜日
・キーワード : 絶品うなぎ/通販/HP
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2011年7月14日(木曜日)
   
 

宇都宮市内には鰻屋さんが多いのですが、足利市方面にも鰻屋さんが多いんですね。 

 

足利市といえば、あの森高千里さんの『渡良瀬川』が思い出されます。 

 

昔から、この界隈には天然うなぎや鯉が名物だったんですね。 

 

 

そんな足利市での鰻の名店 『川しま』さん です。 

 

 

 

 

 

鰻専門店っていうところが期待できて、いいですね〜。 

 

 

 


 

 

しかも紀州備長炭使用店の看板が嬉しい! 

 

入り口の炭俵は飾りでしょうけど、とにかく炭で焼いているのは間違いなしです。 

 

 

 

 

入り口脇の水槽には、元気な鯉がウヨウヨと泳いでます。 

 

鯉のアライとかもきっと旨いんですよね。 

 

 

 

 

メニューはいたってシンプルで、おすすめメニューでもある『うな重』(¥2000)にしました。 

 

周りのお客さんも殆どの方々がこちらのうな重でしたね。 

 


 

 

そして、うな重が登場です! 

 

 

 

こちらには『鯉のアライ』がついてました。 

 

シッカリした食感で新鮮さが抜群です。  こちらの酢味噌で美味しく頂きました。 

 

 

 

 

うな重にはやはり『肝吸い』ですよね。 

 

上品な出し汁で美味しく、肝を確かめました。 (う〜ん旨い!) 

 

 

 

 

うな重は、やっぱこうでなくちゃ! 

 

今年は鰻の稚魚不足による鰻の価格高騰があり、 

 

なかなかこのお値段でこの味を頂くことは出来ないようです。 

 

 

 

写真でいくらアップ画像にしても、この美味しさは伝わらないかも? 

 

もちろん、このタレのにおいも。 

 

 

 

 

最近久しい、日本経済の右肩上がりに代表される『うなぎのぼり』 

 

懐かしい響きですけど、鰻の気持ちはいつまで経っても『うなぎ登り』なんですよね。 

 


会計後にお店を出たときに、お店脇では鯉の捌き作業がされてました。 

 

今度は、この『鯉のアライ』目当てでも、いいかもです。 

 

 

 

 

皆さ〜ん! 今年の土用の丑は7月21日なんですよ。 

 

こちら、『簡易鰻力視力表??』なんですが、一番下の文字、読めますか? 

 

読めない方は是非、土用の丑の日前後に『うな重』を頂いて、元気を補充して下さい。 

 

 

そうすれば、 『夏の元気が見えてくる』かも? 

 

 

 

 


B食店情報
・店名 : 川しまうなぎ店(かわしまうなぎてん)
・ジャンル : 和食-その他
・住所 : 栃木県足利市八幡町843
・TEL : 0284-71-2357
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ