記事
[ 総記事数:2688件 ] [ RSS2.0 ]
2015年3月15日(日曜日)
   
成増駅南口のロータリーからチョイと路地裏に潜ったところにある台湾家庭料理「千里香」にて

シャッキシャキの食感が心地良い台湾野菜「艾白筍(マコモダケ)」の炒め物に

牡蠣と玉子と芋の粉をお好み焼き風に焼き上げた台湾の屋台料理「蚵仔煎(オアチェン)」

そして、八角を効かせてトロットロに煮込んだ豚ナンコツと

旨い料理達を肴に、とりあえず台湾ビール!からの甕出し紹興酒など舐めているところへ
やたらと香りが良い白酒やら台湾焼酎やらチョイチョイ味見させてくれたのも嬉しいポイント♪

因みに、今回ホワイトボードのメニューを中心にオーダーした同店の料理は
卓上メニューに載ってる腸詰、ピータン、タンピン、焼きビーフンetc
定番料理も含めると結構な種類になるんで、気になるモノから順次制覇してみたいトコロ

台湾家庭料理屋 千里香台湾料理 / 地下鉄成増駅成増駅


2015年1月17日(土曜日)
   
。。。ってか
いまや知名度上がりすぎて、れっきとした同店の人気メニューにつき
「裏」と呼べるのか判断に迷うところではあるんだがw
まるっと骨付きのままの羊スネ肉を各種スパイスとともにじっくりコトコト三日間
めっちゃスパイシー、且つ、羊の旨味濃厚な一皿に仕上げた「グッカー」がタマラン♪

まずは、ナイフで削いだ骨の周りの肉を肴にビールでプハ〜っと喉を潤し

羊の旨味が染み出たグレイビーもタワチャパティでキレイに拭った後

最後は、文字通り 「骨の髄まで」 チュルっと美味しく堪能して満腹・満足!

サプナインド料理 / 地下鉄成増駅成増駅


2009年7月18日(土曜日)
   
開店直後に入ったので
売り切れたトコから消えてくマグネットボードのメニューもずらり勢ぞろい♪

因みに、ここのマスターは元鶏肉卸業者
焼鳥に使う鶏(大山どり)は1羽丸ごと仕入れて店で捌いているそうで
だからこそ、これだけ色々な部位をラインナップできるんだろうねぇ
「ゴメン、レバ刺しは予約分で終わっちゃった!」のは、チト悲しかったけどなorz

まぁ、気を取り直して、お通し

そして、すぐ出るメニュー代表格の生キャベツなどかじりつつ

安くて旨いと評判の焼き鳥をガッツリオーダー!

まずは、つくね

新橋の益子や鳥九と同様、鳥ミンチを茹でずに生から焼き上げるので、めっちゃジューシー♪

鴨だき

「鴨がネギしょって。。。」って言葉がぴったり当てはまる鴨ネギ間!w
甘い脂&ジューシーな肉汁満載の鴨肉+焼いた長ネギのマッチングが絶妙♪

レバ半焼き

新鮮レバの内部はトロッと半生状態♪

ハツ元

おいらがオーダーした途端にマグネットボードから消え失せた逸品w
(冒頭のメニューはオーダー終了後に撮影)
いわゆるハツとは違って脂が乗っており、太い血管のコリコリした食感も面白い希少部位

ささみ

表面をほんのり炙っただけのささみの上に摩り下ろした本山葵がたっぷり♪

マクロ撮影は痛恨のピンボケorz

ころ

とは、モモ肉の部位でコロッと塊状になってる筋肉のこと
筋肉だけに歯応え良く、ジューシーで美味♪

ねぎ皮巻き

コレ食べて、鴨じゃなく鳥皮がネギしょっても旨いなと思ったw
甘すぎずさっぱり食べられるタレも良いね〜

小肉

これは、他店で言うところの「せせり」
運動量が多い首の肉なのでコリッと歯応え良く、個人的に結構好み
まぁ、他店では、こんなに重量感のある大串で出てくることはまず無いけどなw

そして、とどめの軟骨&背皮

最後に鳥スープでも飲んで〆ようかと思ってたけど
隙間に肉がギッシリ詰まった軟骨&他の串同様ずっしり重い背皮(皮裏に肉満載)を前に断念w


これだけガッツリ大山どりの大串焼き鳥食べて、生ビール&酎ハイ計5〜6杯飲んで
4k¥でおつりが来る価格設定が素晴らしい!

因みに、この後は
満腹な腹を抱えて、雀の涙ほどのカロリー消費がてら自宅までウォーキング!w
所要時間は、だいたい40分くらいかな。

やきとり良太焼き鳥 / 下赤塚駅地下鉄赤塚駅