記事
[ 総記事数:1293件 ] [ RSS2.0 ]
2009年7月10日(金曜日)
[ 00:51 ] [ ヴァンドゥーズ ]
   
2009年2月、一般社団法人「全日本ヴァンドゥーズ協会」が
設立されました。

会長は「パティシエ・イナムラ・ショウゾウ」
オーナーシェフの稲村省三シェフ。

副会長に「パティスリー タダシ ヤナギ」
オーナーシェフの柳正司シェフ、
「パティシエ・イナムラ・ショウゾウ」
シェフ・ヴァンドゥーズの岩田知子さん、
「マンダリン・オリエンタル東京」
シェフ・パティシエの五十嵐宏シェフ。

先日、発足お披露目の会が開催され、
業界関係者が勢ぞろいする中、
稲村シェフが、この会設立の主旨について、
熱を込めてお話されました。

ヴァンドゥーズはフランス語で「販売員」を広く指す言葉。
ちなみにヴァンドゥーズは女性。
ヴァンドゥールは男性の販売員の方のことです。
この会では、製菓製パン店の販売スタッフとその関係者を
対象としています。

販売の仕事は、人に感動を与えることのできる、
とても価値のある誇りある仕事だ、というのが
稲村シェフの持論。

良いお店は、良い商品と良いサービスが揃っていてこそ、
お客様に喜んでいただける、ということですね。
求められるのは、有形、無形の
「ホスピタリティ(おもてなし)」の提供。
本当に、それが必要だと思います。
だからこそ、ヴァンドゥーズの仕事にもっと
「やりがい」「目標」を生み出し、モチベーションを
維持してもらいたい、というのが、この会の目指すところです。

参加された各店ヴァンドゥーズの皆さん。
イナムラショウゾウをはじめ、オークウッドやロートンヌ、
ル・ジャルダン・ブルー、レ・アントルメ国立、テオブロマ、
ビスキュイ、エスプリ・ド・パリ、ラ・レーヌTokyo、ププリエ、
ル・スゥブランなど各店から・・。
皆さん、やっぱり魅力的な笑顔です!

お仕事もお忙しく、他のお店のヴァンドゥーズの方と
気軽にお話できる機会って、実は少ないのではないかと
思いますが、これから、このような場で、
お互いに交流の機会が増えていかれるといいですね。

協会では、
・ヴァンドゥーズ教育のための教材作成、
・ヴァンドゥーズセミナーの実施
・ヴァンドゥーズ検定の実施
・協会認定ヴァンドゥーズ制度の確立
・ヴァンドゥーズの交流支援
・機関誌の発行
・ヴァンドゥーズコンクールの開催
など、様々な活動を計画していくそうです。

現在、会員を募集中で、日本にお住まいで
ヴァンドゥーズに関心のある方はどなたでも加入できるそうです。

<会員特典>
1.会員証の発行(7月中旬発行予定)
2.会報の配布
3.ヴァンドゥーズルールブックの進呈(10月頃発行予定)
4.協会の発行する著作物(DVD、書籍等)の会員特別価格販売
5.協会の主催するイベント(セミナー、懇親会等)への会員特別料金を設定
6.ヴァンドゥーズコンクールの参加資格

<会費>
一般会員:年会費3,000円
学生会員:年会費2,000円

<お問い合わせ>
 ヴァンドゥーズ協会事務センター
 FAX:03-3548-0344