記事
[ 総記事数:440件 ] [ RSS2.0 ]
2008年7月30日(水曜日)
[ 10:06 ] [ 書籍など ]
   
 

なっなんかっ(ノД‘)・゚・。またB食がおかしーい(@_@)


記事、最初の3行以下ぜんぶ消えちゃったんだけど。。。涙。。ナンナノー(ノД`)・゚・。

手直ししてるスキなんてないっつーのにい。

うえーん。。時間かけてかいたのにー(; ̄□ ̄)サイアク

本の概要だけ手直ししてupしますが、できるだけ今晩中に内容等々、修正します。。デキルカナ…



↑この後、何度も何度も(4回くらい)書き直したけどupできない。。。。大涙。。

なんなの。。時間ないのにぃ。もしかして文章にリンクを張るとだめなのかな?????


*****↓結局11回目のupしなおし(; ̄□ ̄)こんどこそちゃんと上がるかしら。。??*****




 

アタクシが人してもとても尊敬している、 

キッチンスタジオペイズリーを主宰される香取先生の最新刊が本日7/30に発売ーv 

タイトルは。。。 

 

『たった5つのスパイスで!インド家庭料理「カレーとサブジ」―「キッチンスタジオ ペイズリー」の本格レシピ』 

 

タイトル総数52文字。。。長いす。。(^-^;
 

 

  

(amazonへのリンクがなんとしても張れない。。。(; ̄□ ̄)張ると以降の文章が消える)

 


むふふふv著者、香取薫先生のサイン入りv 

しかも写真担当されたご主人でおでん博士でライター&フォトグラファーな遊民。さんのサインもv 

 

「ゆたへ」の下はたぶん「インド家庭料理カレーとサブジ」と書いてある。。ハズ…タブン; 

 

この本は香取先生のかねてからの熱い厚い思いが詰まった、 

これまでのご本を上回るものなのだそうな。 

スパイスの入門書というだけあって 

実際読んでみても、スパイスをよく知らない方にもわかりやすい表現と内容v 

先生の熱い思いのタケはこちら→香取先生の7/26blog 

http://blog.livedoor.jp/curryspice/archives/51636336.html 

 

基本料理しません喰う専門なアタクシでも最初の「クミンのじゃがいも炒め」から順繰り作っていくと 1冊終える頃にはスパイス使いが身につくような内容。 

 

我が家は父が専門的なスパイスの香りを敬遠しがちなのだけど、 

まずはこのじゃがいものひと品から食べてもらってみようv 

 

 

 

つい先日発売の、「うまい、カレー。」も同時にget! 

とても評判がよいそうで、アタクシの地元東大宮のちいさな書店にも置かれてる。 

 

この本への香取先生の思いはこちら→香取先生の6/22blog 

http://blog.livedoor.jp/curryspice/archives/51604559.html 

 

こちらももちろん、おふたりのサイン入り〜vv 

 

「ゆたへ」の左には「うまい、カレー。」←こっちはなんて書いてあるかちゃんと聞いた。 

 

おふたり連名のサインはレアよね〜♪ 

やっぱり日常使いようにもう1冊ずつ購入しちゃおうかなーv 

 

 

  
2008年7月7日(月曜日)
[ 21:29 ] [ 書籍など ]
   
ちょっとばたばたして、なかなか記事がかけてません@記事がたまってくー(@_@)

セブンイレブンとdanchuのコラボ企画らしくて金(メッキ)のスプーンがついてきまするよ。

これからdanchuを買う方はセブンイレブンにGO!


夕べ深夜にdanchu買って、さっそく試すべく今日の昼カレーを作ってみた。
スプーンの先がすこし外にカーブしていて食べやすいかも。

この8月号はカレー特集。

その巻頭3ページに渡り、沖縄でカレーリーフを栽培される宮里さんの記事が組まれています。

書かれた記事には栽培の様子のほか、人との繋がりも丁寧に書かれています。
宮里さんの熱心なお仕事ぶりとともに、
わたしが尊敬してやまない、南インド料理を日本に広めるべく広く活動している通称「怪しいおぢさま(*1)」や、かつて緑園都市にあったガネーシュ(*2)の故石原さんのお名前も出てきます。
(*2 ガネーシュは横浜・能見台に新しく生まれ変わり、このdanchuカレー特集のTOPに紹介) 

セブンイレブンとdanchuのコラボはスプーンだけでなく、
7/5〜28日まで期間限定の「新・欧風ビーフカレー(650円)」という商品も出している模様。

『食のエンターテインメント雑誌「dancyu」とセブン-イレブンが「新・欧風ビーフカレー」を
共同開発!3日間煮込んだ風味豊かな“粗デミソース”を使用したリッチなカレーです。
期間限定ですので、この機会をお見逃しなく。』だってー。
ふむ、こちらも買ってみなくては♪