記事
[ 総記事数:440件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2015年12月17日(木曜日)
   
先日、夕暮れ時に東京大学農学部キャンパスのハチを見に行った。

そのときにご一緒していたうちの数名が、
これからキャンパス内のカフェでお茶をするというのでついて行ってみた。
てっきり学食なカフェテリアに向かうものと思っていたら、
シックな様相の外観にコーヒーが860円のカフェ。
大学内のカフェなのにコーヒー一杯860円?((((;゚Д゚)))))。

なななんじゃそりゃと思うも、のちのち所々に散りばめられた紋に
あのくろぎのカフェと気が付いた。

ほどなくコラボしている猿田彦珈琲のコーヒーが茶碗で出てきた。
美しく黒光る漆器に乗る茶道具に
かわいらしい和三盆がついた和の仕立て。



くろぎだと最初に気付いたのは、この干菓子のどっかで見た紋。

コーヒーは薄口と濃い口があってポットには都合3杯ほど。
夕闇迫るオープンエアは"まだいたの蚊"のいたずらさえなきゃなかなかの居心地。 

こちらは季節の上生菓子。
ひとつ450円ほどだったかな?

ショウウィンドウに和菓子しか並んでないのに
飲み物はコーヒーと葛湯しかないのかーと思っていたら、
ご一緒した方が注文したうち、上生菓子と葛湯にはお茶がついてきてた。
なるほど、次回は上生菓子だけをお願いするのもいいかもな(^-^)。

こちらは葛湯の生姜。
葛湯はもうひとつ柚子があった。
どちらも1000円。
お茶には生姜糖と、青い柚子が添えられてた。 


猿田彦珈琲って初めて飲んだ。
味の違いは…ふつうに美味しいコーヒーだった。
↑つまり珈琲の味わいはよくわかってない。。(-▽-;
ほの苦いコーヒーに、上品な甘さの和三盆がよく合って癒される。

それにしても。
4名それぞれに違う小さな花が添えられるおもてなし感もぐっとくるわ。
あー。なんだか久しくこういう雰囲気や心地を楽しむことなかった。
気分よかったなあ。
また行ってもいいわヽ(^o^)ノ。

湯島のくろぎには鉄人で名が知れてしまう前にお誘い受けたことがあったのに
都合で行けずその後みるみる敷居が高くなって行けずじまい。。
ほんと、あのとき行っとくんだったと悔いる一店だわ(-_-;。

ファストショップなお手頃コーヒーに慣れていたので
コーヒー一杯のお値段に驚いたけど、
思い出してみたら昔気に入って軽井沢に行くと足を運んだ茜屋珈琲店は
チョコレートケーキがついて20年前当時600円くらいだったような。
そう考えると雰囲気込みで860円もそうお高くはないのかw。
あ、いやいや。この優雅さは土曜の夕暮れ時だからも大きいのだろうけど。

オープンエア席はすぐ隣が消防署なので向きによっては雰囲気アレかもだけど、
奥のカップルシートみたいなのもよさげだった。

こちらは葛で丁寧に作られたわらび餅が名物らしい。
また静かな時間に機会を作っていただいてこよう(^-^)。

B食店情報
・店名 : 廚菓子くろぎ(くりやかしくろぎ)
・ジャンル : カフェ・喫茶
・住所 : 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学本郷キャンパス 春日門 Daiwaユビキタス学術研究館 1F
・TEL : 03-5802-5577
・URL : http://www.wagashi-kurogi.co.jp/
・営業時間 : 9:00-19:00
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 丸の内線/大江戸線:本郷三丁目駅徒歩5分ほど
・キーワード : 大学キャンパス/くろぎ/和風カフェ/わらび餅/おはぎ/かき氷
・友人・同僚 / デート / 一人
B食店ページへ

2015年12月11日(金曜日)
   
焼き菓子が秀逸なパティスリー。

東大宮に長くあったケーキ屋さんがいつの間にか新しいパティスリーになっていた。
といっても、オープンから数年経ってるのだけどね。。
いやー甘いものにはご縁が薄くて。。(^.^;。
鰻がウマい川島鮮魚店の目の前なのだけどなかなか機会もなく(-∀-;。

patisserie Splendide
パティスリー  スプランディード

ある時、急にお持たせを用意することになりこちらを利用。
今日の明日という緊急事態。
大宮まで出るかと思うも夜も更けて時間的にむつかしい。
こちらのお味がどんなかぜんぜんわからないのだけれど足を運んでみた。

そろそろ閉店というころにお店に入って相談。
小さなクッキーを数十個購入。
時間もないところ無理を聞いてもらったり申し訳なかったけれど丁寧な対応に好感。

自分用にも同じクッキーとパウンドケーキ数点を購入。
帰宅して食べてみたら。

クッキーうまっ!!

冷静に考えて、クッキーに美味いと思ったことってないんじゃないか。
このアイスボックスクッキー、ハート部分は甘さの少ないチョコ生地。
もうひとつの×になってるのの、茶色のはなんだったけな。。。

パウンドケーキも紅茶茶葉入りとオレンジピール入りをいただいて
どちらも美味しかった。
でもわたしにはクッキーのほうが上だったわ。
翌日に差し上げた、何気に美味いもんにうるさい方々にも好評だった。


そしてつい先日。
駅からだいぶ離れた自治会館の庭で開催された小さな朝市に
こちらのお店が出店するのをお店のfacebookで知った。
“食事系のものも出したい"とあって興味津々。

ふたつ入りのキッシュとメープルクッキーを購入。
キッシュは小ぶりでひとつが150円。
そのままでも美味しかったけど、グリルでこんがり焼いたらさらに美味しさup。
どっしりではなく、あっさりタイプのおかずキッシュだった。



 クッキーは5つで150円てショージキ、わたしにはお高いのだけど、でも美味いのよ。
さっくり食感にしつこくないメープルの風味もとてもいい。
ふと気になって原材料を見てみたら無添加なうえ、レモンも記されてた。
レモンは隠し味なのかな(^-^)。
うん、キッシュもよかったけど、やはりクッキーが美味しいわ。


お店には洋菓子にも合うお酒も置いていたりする。
お酒はやめちゃったのでいただく予定はないけれど(^^;。
ケーキやプリンも美味しいけど、焼き菓子がわたしのお気に入り。
B食店情報
・店名 : パティスリー スプランディード(ぱてぃすりー すぷらんでぃーど)
・ジャンル : スイーツ-洋菓子
・住所 : 埼玉県さいたま市見沼区東大宮5-47-29
・TEL : 048-683-3627
・営業時間 : 水−日: 10:00~20:00
・定休日 : 火曜
・最寄り駅 : JR宇都宮線東大宮駅東口徒歩4分
・キーワード : 焼き菓子/洋菓子/クッキー/パウンドケーキ/ケーキ/東大宮プリン/酒
・家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2009年6月13日(土曜日)
   
前日夜に加須でおいしいごま汁うどんをいただいたあと、
20時半くらいに加須インターから高速に乗り、古川インターで降りる。

0時半ごろ三本木の湯駐車場に到着。仮眠を取り、翌朝6時半から活動開始。


【岩手県・秋田県 須川温泉】
今回一番の目的は自遊人という雑誌の付録「温泉パスポート」で入浴できる
岩手と秋田の県境を挟む至近にそれぞれ位置する、奥まった山中にある須川温泉の2軒。

問題なのは昨年6月の岩手・宮城内陸地震による影響が残っており、
国道342、398号の通行は未だ復旧途上。
やむなく一番大周りとなる国道108号鬼首道路をまわるコース取り。

道路不通については地域のみなさまも大変なことと思います。早く生活が戻られますように。



古川から鳴子→鬼首峠→川原毛地獄→小安峡と巡ってようやく須川温泉へ到着。
途中ガスって危ない部分もありつも、のんびりドライブ。道路のそこここに残る根雪に驚き。


● 1湯目:岩手県須川高原温泉/露天(自遊人・温泉パスポート使用で今回ロハ)
*** 注:温泉の画像はわたし以外どなたもいらっしゃらない場で撮影したものです ***

内湯と露天があり、今回は露天にだけ入浴。露天は宿フロントで受付後に一度外へ出た別棟。
 

思っていたより熱い。硫黄の香りはほどよく、ペールライトブルーな温泉は
ガスったお天気も加わってよりロマンティックぅw



● 2湯目:秋田県栗駒山荘(自遊人・温泉パスポート使用で今回ロハ)
*** 注:温泉の画像はわたし以外どなたもいらっしゃらない場で撮影したものです ***

須川高原温泉から50mほどの栗駒山荘さん。
  
建物のしつくりもロッジ風でステキ。温泉の色は須川高原温泉の水色のがよかったけれど
温まり具合と、今回ガスって見れなかったけれど景色の開放感も◎。
遠かった道中も忘れてすっかりぬくぬくほかほかv
(遠かった、といってもワタシが運転していたのじゃないけど;Nさんありがとうございました(^o^))

****************

食は珍しく甘いもの。

栗駒山荘ロビーに出店していた「泉栄堂」さん、
そのおまんじゅうの「若がえり」の文字に足を止めてみた。
甘いものに興味薄だし、ショージキ買う気もなかったのだけれど、
若返るってことは3個いただいたら3倍若返るんですかと話しかけてみたら
この売り子のおにーさんがおもしろい方だった。

「あー、そういう方たまにいるんですよねえ、
先日もなん個食べてもちっとも若くならないと苦情が。。。」。
あ、同じような事をいう方ってやっぱりいらっしゃるのねwと、色々お話しをうかがっていたら
秋田は羽後町から来たといい、話の徒然に羽後町の幻の盆踊りへぜひおいでなさいと。

無形民俗文化財にも指定されている西馬音内盆踊り
先祖代々の娘時代の着物をつぎはぎした衣装で舞うらしい。
かがり火の中、艶やかに映える舞踊り。それはとても幻想的なのだそう。

毎年8/16-18の3日間の開催でもう今年は宿もいっぱいかもしれない。
でも観光協会、いや、ウチの社長に電話してくれたらお嬢さんがこの踊りをされてもおり
観光協会を案内されるかもしれないがとても詳しいので宿のことも聞いてくれるにちがいない。
そのときには自分に聞いたといってくれてだいじょうぶと。

西馬音内盆踊りにもすっかり興味が涌いた。
そして社員のおにーさんが慕う社長さんにも興味がw羽後町のお店にもぜひ伺ってみたい。

話しはすっかり長くなったけれど、最初は買う気のなかったこの若がえりまんじゅう。
そんなこんなやりとりもあり、ではと家族の分の4つだけ買ってきた。
が、いただいてみたらこれがとても美味しーい!


ググると『皮には沖縄の黒砂糖と吉野葛を使用し中の餡には甘さを抑えた皮むき餡を
入れました。今までの饅頭と違いしっとりした餅っぽい皮に仕上げており
口当たりのよいのど越しになっております』と。


なるほど黒砂糖と葛が練り込まれているというコクも感じる皮は軽いのにしっとり。
詰まったこしあんは粒子というくらい滑らかに濾されていてあっさりした甘さ。
もっと買ってくればよかったー!
やっぱり羽後町、行ってみなくてはw


− つづく −


意味なくおまけ画像。

途中で見かけた車高の高い軽。パンダ?シャチ?白黒ツートンがかわいいv


霧雨に濡れる水玉模様のフロントガラス。デザインみたい。
B食店情報
・店名 : 泉栄堂(せんえいどう)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 秋田県雄勝郡羽後町西馬音内堀回字塩出山1-15
・TEL : 0183-62-0141【注文・問い合わせ 0120-62-0142】
・URL : http://hp.akitanokasi.com/senneidou/
・営業時間 : 不明
・定休日 : 不明
・最寄り駅 : 奥羽本線湯沢駅【注文・問い合わせ 0120-62-0142】
・キーワード : 若がえりまんじゅう/秋田の隠れた名菓/しっとりもちっと皮にあっさり甘いこしあん
・友人・同僚 / 一人
B食店ページへ

2008年8月17日(日曜日)
   
 

しらす尽くしなウマウマランチをいただいて、腰越駅のホームでぷはのあと、

次の目的地はアタクシにはめずらしい甘味処さん。。

 

その前にしらすでいっぱいなおなかごなしにも散歩を兼ねて

今年も開催されてるというリトルタイランドを目指して長谷駅から由比が浜へGo。

 

ビーチは老若男女でものすごーい混雑。みんな若いのお(^^;

ちょろっとビールで休憩もとりつつ、材木座手前にあるだろうリトルタイランドを目指す。

が。これが探せど探せど見つからず。。。

そばでお店を出してるおにーさんに聞いたら今年は同一店が2店出店してるだけだそう。。。

今年も開催ってのはアタクシの見間違いだったのか、、、うーん残念。

 

 

イイ感じにほろ酔いだったので、ネームやラープでもうちょっとノドを潤したかったけど

お店のメニューを横目にシンハを我慢しつつ甘味処へ移動。←でも結局途中のクアアイナでビア;

 

 

和田塚駅至近のこちらのお店が目的地、無心庵さん。

 

 

こちらがなぜに危険な甘味処かというと。。。。

 

和田塚駅を降りて、『危険 線路内立入禁止』って標識はあれども、

自己責任において侵入し、線路を越えねばお店に着けないのねーw

 

江ノ電に注意しつつ線路内へ。。

  

ん?線路に入ってみると、けっこう地元の方は平気で歩いてるでないの(^^;

あー、アタクシが小ちゃい頃の庚申塚界隈の都電荒川線もこんな感じでゆるゆるだったっけなー。

ナツカシー。。。って気を抜くと江ノ電が。。。;地元の方はよしとして、観光客はキヲツケント@

 

 

無心庵さんは日本家屋の落ち着いた雰囲気そのまま。

  

先客も多く、待ち合いの囲炉裏端で15分ほど待ってからお席へ。

 

 

甘いものは、すごーく美味しいものをほんのちょこっといただければ充分なアタクシ。。。ツマリニガテ;

厳選の結果、みつ豆をオーダー。

  

ん〜v寒天も涼しやかに、彩りもキレイvv

黒蜜もさらっとしていて、豆も美味しいわv

ぎゅうひのおもちを懐かしく思いながら美味しくいただけてよかったv

 

 

こちらはmさんの白玉あずき。

  

このあずきも甘すぎず、ちゃんとあずきの味がして好印象。

添えてあるのはきゃらぶきかな。

しょっぱいものをいただきながらがまたあずきの甘さが引き立つよねー。

 

 

美味しくいただいてると、空が急に暗転して遠雷とともに夕立ち。

さめざめ降る雨に、江ノ電が通り過ぎてゆくお庭を眺めてのーんびりv ハー落ち着くーv

 

 

 

 

お待ちのお客さまも多いので雨がそこそこ上がるのをまって、鎌倉駅へ移動。

鎌倉へきたなら、鶴岡八幡宮はお参りせねばv

  

雨上がりの参道をゆく。

ちょうどこの8/9はかまくらのぼんぼり祭りなどがあるはずなのだけど

先ほどの夕立ちのせいなのか、灯すにはまだ早いのか、あるのは支えのみ。。。ザンネン(-"-)

 

だんだん今回の本目的、逗子でスッシーでアートで南インド料理イベントの時間もせまり、

お参りの後は急ぎ足で参道を引き返したわ。

 

アートイベントの模様は次の記事で。

 

 

 

 

おまけ。

境内のお池の蓮なんだけど。。。

 

よく見ると大きな葉を突き破って蕾が。。。。コワ

B食店情報
・店名 : 無心庵(むしんあん)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-2-13
・TEL : 0467-23-0850
・URL : http://www.k5.dion.ne.jp/~mushinan/
・営業時間 : 10:00-17:00
・定休日 : 水曜日・木曜日(祭日は営業)。臨時休業日アリ要確認。
・最寄り駅 : 江ノ電和田塚駅徒歩30秒ほど
・キーワード : 危険な甘味処w/みつ豆/豆かん/あんみつ
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2007年9月7日(金曜日)
   
池之端の名湯、六龍鉱泉で湯上りでまず向かったのがここ。

芋甚さんのアイス最中。

みつ豆もおいしいんだそうですが、一般的にはこのあずき最中が高名かな?でもいただくとバニラのほうがアタクシ好みでしたわー;

サクッサクっと最中が香ばしく割れて、ほわんと甘いバニラ。。。

・・・歯が浮くほどに冷たかったのはおいといて;

んまかったですよv

そのほか、今回の根津谷中散策でのヒトコマたち。。

これは森鴎外が舞姫を執筆したといわれる旧居跡。

ホテルの中にあるので拝見させていただけぬと思っていたら、ついと入った渡り廊下に面して建っていた。

風情のある建物なのだけど、この渡り廊下がじゃっかん現在風でちと残念だったわん。。。

道すがらな看板。。。。ウームw


『谷十ありす川
のむところうたえます

唄うJIJIBABAくらぶ昼1時から・・・』


味わいありますのおw


これも高名な、串揚げのはん亭さん。

ええ佇まいですなあ。。

わたしの中でベストワンラブな道後温泉を思い出させてくれるこの趣にラブ。

機会をもってぜひ串揚げもいただいてみたいわー。

さいごは谷中銀座と日暮里駅をむすぶ、夕日だんだん階段でのねこ。

下町って猫が合うよね。

このほか、お豆腐やさんで豆乳をいただいたり、道に自信がないでいたら傍を通るおねーさんが「あ、よみせ通りならこの道の先でだいじょうぶですよ」とすれ違いざまに声をかけてくれたり、やっぱ下町は人情あふるるやねええvv

と感慨にふけりつつ、缶チューハイ2杯で下ごしらえも完了して本日一番のメイン、北千住へGOGO!!
B食店情報
・店名 : 芋甚(いもじん)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 東京都文京区根津2-30-4
・TEL : 03-3821-5530
・営業時間 : 11:00?19:00
・定休日 : 日曜日
・最寄り駅 : 千代田線・根津もしくは千駄木
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ