記事
[ 総記事数:440件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2009年7月2日(木曜日)
   
B食システムの投稿不具合から7/1の朝方未明からこの記事を何度upしようとしたろう。。。
該当不具合は7/1の18時ごろに解消されたみたい。。。
B食編集部のみなさま、ヘルプデスクのみなさま、復旧作業ありがとうございました。

******************

すばらしいCPを誇る信州おさけ村を出て、お次は上州w
新橋駅前ビルからすぐに1か月半ほど前にオープンした炭火居酒屋清水さん。
店内はコの字カウンター。席数20くらいなんじゃないかな。
安達祐美似のちいちゃめかわいキレー系なおねーさんがいたわw



飲み物はバイスの文字に惹かれてコダマしそバイスサワー380円
なんでもバイスサワーって幻のサワーらしい。
コダマというメーカーの赤シソ味というか梅酢味の割りもので割った焼酎サワー。
 
自ら頼んでおいてなんなのだけども。。。
実は喰い倒レディなアタクシ、大の苦手が日本の梅干し。。。(*_*)
あと虫も大方ダメダメ。。←一部OKな虫料理もある。中国の竹虫フライとか。
シソは大好きなのだけど、赤シソの味って梅干しにアタマ働いちゃって苦手なのですわ@
梅干し。。。似てそうで全く非なるとはいえタマリンドとかはカムカムなんだけどねえ。。。sigh.

あれ?でもバイス=梅酢(ばいす)味ってことは赤シソ味とはまた違うのかしら。。。
メニュー名には「しそ」が入ってるし、やはり梅を漬け込むときのあの赤い液のことかな。>梅酢
でもまあ、割りものだしと割り切って乗り切ったわ;←結局ぜんぶ飲んだw
ちなみにおかわり用の焼酎、中だけは200円。


お通しはしらすおろし。



注文した品は霜降りタン(いくらだろ?)と、おまかせ串盛り合わせ580円。
ふつうのタン刺し450円もあるのだけど、
この霜降りタンは限定5食でAさんは前回いただきそこねたそう。
なるほど、Aさんが1軒目の信州おさけ村をやけに急いだ理由がわかったわw



出てきたタンはほれぼれするほどの脂の差しv
肉の温度も冷たすぎず、舌の上でやわくなっていく脂をじんわり堪能(^.^)b
とろりとして噛みしめるごとうんまああいv


上州豚串盛り合わせ。
・・・が、アタクシとしたことが、なぜか5串の状態を撮り忘れた模様。。
いや、撮った記憶あるのに画像がナイ。。
唯一あるのがこのテッポウとハツを取り分けた一枚。
 
串ものは1本120円。5本盛り合わせが580円。
ラインナップはテッポー、ハツ、カシラ、タン、レバ。
どれも上手い火通しに歯ごたえも感じて味わいがあった。
この5串盛り合わせの画像はAさんにお願いしたところいただけたので、
ここに載せていいかのお伺い後upできるかも。。。

Aさん、コメントありがとうございますーv
お願いの連絡をする前に了解をいただいちゃいました^^;v
こちらがおまかせ5本盛りのお写真です。やっぱりデジイチは写真の輝きが違いますなあv

↑この画像だと左からたぶんテッポー、ハツ、カシラ、レバ?かな?
一番右のはなんだろ。。。メニューにシロはないはずなのだけど;
これはまた近々に確認再訪しなくちゃだなー(^o^;


 
ひとりひと品一杯ずつで、お勘定はふたりで2500円ほどだったと思う 2000円ちょっとだったそう
→Aさん、コメントありがとうございますーv2000円ちょっと。。。安いわあ^^v
上州豚、どれも美味しくいただけて次のカシへ移動ー。
と、外席に新橋へ飲みに行こSNSの代表さん?管理人さん?がいらしてましたw



− 新橋ツアー つづく −
B食店情報
・店名 : 炭火居酒屋 清水(すみびいざかや しみず)
・ジャンル : 和食-焼き鳥・串焼き・鳥料理
・住所 : 東京都港区新橋3-26-4 新弘ビル1F
・TEL : 03-3573-9273
・営業時間 : 月-木17:00-23:30(LO23:00)/金・祝前日17:00-4:30(LO4:00)/土17:00-22:30(LO22:00)
・定休日 : 日祝
・最寄り駅 : 新橋駅烏森口徒歩1分
・キーワード : 上州豚/1串120円/幻の?コダマしそバイスサワー
・友人・同僚 / デート / 一人
B食店ページへ

2009年6月18日(木曜日)
   
うーん。記事にするか迷ったのだけど書いてしまおう。
わたしにしてはテンション低めな内容ですわ。。。。スルー推奨。テユカダッタラカクナヨ、ジブン(=_=;

4月26日、大宮一番街に鰓呼吸(えらこきゅう)というお店が新規オープン。
前日にちょうど目の前を通ってオープンのチラシを受け取っており、
初日イコール一番チカラ入ってるかな、なんてチイサナ期待もあって
翌初日に訪問。
 
店内は見るからにトロ函なビジュアルだわと思ったら経営は違えど
やはり
都内で展開している
丸富水産、トロ函と同じプロデュース会社が携わっている模様。 

メニュー構成も価格設定もほぼ、というか全部かもw?トロ函と同じ。下二ケタも"99″。 
大宮でのあの自分で焼く浜焼きスタイルは珍しいですし、
サクっと軽くやりに、またはネタに一度行ってみたりとかいいかも。

その日のオススメ3点セットやあじ干物などいろいろ注文しましたが、味は普通でしょうか。 
あ、アラ煮は美味しかったです。 あとイカと鯵干物とハラス焼き。
 
同プロデュースである丸富水産は未訪なのだけど、たしか丸富のほうは魚屋が前身というか、
今も小売と居酒屋が併設と考えると魚介の質も目利きも丸富の方は上な気がしてしまうなあ。
神田の丸富水産はあの界隈に寄るたび行ってみようかなーと思いつ、
いつも結局大好きな2軒、浜貞か丸富隣の神田カープの行列に並んじゃって訪問するに至らずw


初日の鰓呼吸。いただいたもののうちの何点かをUP。

その日のお勧め3点Bセット。 
 
単品で注文するより200円くらい安かった。
イカはけっこうイケた。初日だしね。鯵干物も無難なお味。


アラ煮。

他にもいろいろお試しと思って注文してみたけど、
鰤と大根に甘めな煮汁が染みて、この日これが一番美味しかった。


鮭ハラス。

これも無難においしい。というか今思い出した。
赤羽トロ函はたしか炭だったと思うのだけどこの鰓呼吸のコンロって炭じゃなくてガスだわ。
新宿トロ函はどうだったけ。ワスレタ。
その辺もトロ函に比べちゃってわたしのシタのツボに合わないのかなあ。。。ウウム。


あさりの味噌汁。

あさりは注文が入ると煮だして、アオサを投入のお味噌汁。
でも顆粒出汁と思われる茶の粉が投入されてた。。。
あさりからの出汁だけでは弱いということか。思わずココロでつっこみ。
まあこの値段で考えたら貝ものはどれも外国産なのだろうし仕方ないのだろうな。


トータルそんなにバカ高くはないけれど、

ものの質と量によってはどーなのそれ?と割高モノも若干。。
調理場前のカウンターから見てると、注文されていくうにとトロのこぼれ寿司や刺し盛りなど
ちと値段と噛み合ってないように感じてしまうものも少なくはなかったかもなあ。。。


店名はインパクトあっておもしろいし、今後に期待したい。トカカイタケドマタイクカハビミョー。。(=_=;
お店は2階、3階もあり、貸し切りもできるようなので宴会なんかにいいのかも。
大宮一番街のあの通りを唯一活気づけてるのは間違いない。
B食店情報
・店名 : 鰓呼吸(えらこきゅう)
・ジャンル : 居酒屋
・住所 : 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-51-2
・TEL : 048-658-5631
・営業時間 : 月-金16:30-23:30(L.O23:00)/土日祝15:30-23:30(L.O23:00)
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : JR・東武野田線大宮駅より徒歩4分。
・キーワード : 浜焼きをイメージしたスタイルの居酒屋/ホイス
・友人・同僚 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2008年9月21日(日曜日)
   
 

QTどんのスペシャルアテンドで満を持しての初訪のミラクル「やきとりR」を後にして、

夜はまだまだこれからvうふv

 

QTどんが連れて行ってくれたのは、東上線を移動して大山へ。

ぐるっと回り込んだ場所に揺れる赤ちょうちん、鏑屋さん。

にぎわう店内に入れないかもと思いつつ、無事2席げとv

   

未だコーフンしてやきとりRの話をつづけるアタクシに

QTどんはスマートにオーダーを済ませ、まずはホッピーでハッピー♪

 

 

最初に届いたお品は中辛でお願いした煮込み。

ホワイトバランスがなってなくて写真はこれ1枚なんだけど;

 

浅いどんぶりに見るからにカラそうなミソな薬味がレンゲに盛られてる。

それを丁寧に溶いてひと口いただくと、とろっとクリーミーなスープに

さっきの薬味がぴりっとひと味。おおおvうんまいやねえv

あまりほかでは見かけないお味。なんての、こう後味もひく感じv

 

つづいてスキミ。メニュー名はねぎとろ?かなあ?

 

なぜか海苔が韓国のり。。。

  

最近では街ログでムックなキャシーどんと一緒にガチャピンとしても活躍中のQTどん

丁寧にのりにすき身を盛っていく手つきはなかなか細やかだったりw

 

 

つづきてアタクシの感激なお品、かき揚げですわんv

これがオクサンッ、とうもろこしのかき揚げですのよっvv

  

いやー、アタクシとうもろこし、大好物なのよねv

この粉、なに使ってるんだろう。片栗粉だけじゃないと思う。けっこう味があるのよ。

葛?なわけないわよね、せんべろなお店だし。。。ううむ?

なにはともあれ、カリッと上がったちょい大粒なコーンvvv

アテで行ったらバターコーンをちまちまいただいて、ちびちび飲むのもオツだけど。

このカリッとコーンにゃまいりましたわvv

 

 

最後にもうひと品いっておくかとナスをいただいて〆。

 

なすの素揚げってマルじゃないと油吸ってむちゃコワイんだけど、

甘みが乗って、うんまいのよねえ。。。

鶏ひき肉がはいった八丁味噌がこれまた香ばしさプラスv

 

うまうまでご機嫌な夜も更けて。。。

QTどん、楽しい時間をありがとうねー(^o^*vマタツレテッテネーv

 

あーv美味しかったあvv

B食店情報
・店名 : 鏑屋(かぶらや)
・ジャンル : 居酒屋
・住所 : 東京都板橋区大山14−6 下田ビル1F
・TEL : 03-5995-9941
・URL : http://www.syu-wa.co.jp/osusume006kaburaya.htm
・営業時間 : 17:00-24:00
・定休日 : 月曜
・最寄り駅 : 東武東上線大山駅徒歩5分
・キーワード : クリーミー煮込み(カラさ3段階)/とうもろこしのかき揚げ
・友人・同僚 / デート / 一人
B食店ページへ

2008年7月1日(火曜日)
   
 

いんやー、すんげーキョーレツな店にあたってしまった(^皿^)

キョーレツだったのはたまたま混んでたから?いや違うと思う。

 

 

カメラを忘れて泣く泣くケータイで浅利そばを撮ってるときに急な電話。

上海赴任中のS兄からで、急遽2日半の帰国で今京成に乗ってると。

 

 

この1年くらい何度もタイミング合わなくて会えてなかったしソッコー新宿へ駆けつけるw

 

 

ずいぶん前から振られ通しでS兄を連れてけてない京のお好み、丹波亭へ向うもこの日も敗退。

 

 

しょーがなく付近をさまようも、串も寿司も焼き肉もピンと来ないしなんかねえ。。。

 

時間ばかりが経ってしまうなか、やむなく入ろうとした寿司屋。

が、結局なぜかその隣のこの店へ飛び込み。

 

これがすごかったw

 

入口のドアがソフトアコーディオンなのに一抹不安も抱きつつ 

 

 

 

大きくない店内はスナックを射抜きな感じ?射抜きと言ってももう開店から7年ほどになるそう。

カウンターには奥さんと思しき女性と店内を忙しく回る店主なだんなさん。

 

「はいいらっしゃい!おきゃくさん初めて?そう、」

ちょうどタイミング悪く?宴会が入っていて店主もてんてこ舞ながら

ものすごい勢いでこの店のオススメを早送りのごとく読んでいく。

 

 

圧倒されつつとりあえず1890円の刺身など5品とお酒3杯つく得々セットをひとつ注文。

ショージキ、とんでもない刺身はでません。

でも1890円に見合う品の数々だと思う。ふたりでつつくにゃ充分かな。

小鉢は煮物やおしんこなど。お酒もビール、ポンシュから選べる。

 

 

そうこうする合い間も、注文を迷う間すらすさまじいギャグだじゃれのマシンガン雨アラレ。。。

合い席させてもらった隣のカプールは6年来の常連らしく、さすが負けてない。

ならばと一緒になってダジャレンジャーなアタクシたちも若輩ながら攻防戦へv

 

 

聞くと旦那さんは某有名証券会社をリタイア。この巧みなだじゃれはそこで培われたのかw

奥さまは同じ証券会社で窓口業務をされていたそう。なるほどおきれいだわv

 

店先に大きく書かれてた世界の塩でかき揚げが到着。

 

世界の塩は日本を含めて14カ国?くらい?

かき揚げの上がり具合は申し訳ない、ショージキ家庭料理レベル。

でも玉ねぎなんかのお味は優しい。いわば母の味。いろんな塩でいただいてほうほう。

 

アタクシが一番気に入ったのはこちら。クラトン、800円くらい?

 

かのプラトンと掛けた口上を店主が坦々と述べつつサーブされたお皿には

千切りキャベツの下に、揚げ油具合はけしていいとは言えない見た目のとんかつが。

でもこれが。。。

 

店主がかけてくれるたれがすんごーく合ってとっても美味かった!

企業秘密と教えてくれなかったが玉子と味噌とにんにくがベースかな?

 

 

他にも店先の七輪でおくさまがケホケホ焼いてくれる干物はほっけとかなかなかイケタ。

えいひれは残念ながらわたしの好みではなかったけども。。。←なぜか白砂糖甘かった。

 

 

そうそう、お酒。

こちらはとてもめずらしく、稀少な芋焼酎、屋久島の三岳酒造の三岳が飲める!

たしかなかなか出回らない酒のはず。。。直接降ろしてもらってるそう。

日本酒は今回いただかなかったけど、レアなのを出したりしてた。←銘柄シツネン;

 

  

 

サービスでもらったとろける黒糖梅酒(焼酎じゃなかった;ラル、ありがとね)もんまかった!

まるでカラメルみたい。

バニラアイスにかけていただきたいv

 

宴会さんが上がったあとは隣の常連カプールと店主と一緒になって

大盛り上がりwすんごいおもしろかった!

 

 

終電間際まで飲みつくし、最後にいただいたお名刺がこちら。

 

 

 

。。。名刺も怪すぃってw

偉大なる素人料理。。。うーん、たしかにそこは否定できぬかも。。。

でもサービス精神旺盛な店主にゃ脱帽。

ZAKURO@日暮里の店主、アリさんに近いものがあるかも?

だじゃれが体質的に合わない人にはつらいかも〜。

アタクシもS兄もダジャレンジャーなので問題なかったけどw

 

 

しっとり飲みたい時には不向きかもだけど、ブルーな時はくさってるのがばかばかしくなれるな。

 

 

 

てゆかそれはアタクシ?S兄に聞いてほしいことたくさんあったのにーw

どれひとつ、聞いてもらわぬままS兄はまた上海へ。。。;

 

 

また行こうっと。ふじみ野のS兄も行きたいっていいそうかな?

B食店情報
・店名 : 居酒屋 蔵(いざかや くら)
・ジャンル : 居酒屋
・住所 : 東京都新宿区西新宿7-19-18 1F
・TEL : 03-3363-7751
・営業時間 : 不明;確認します@
・定休日 : 不明;確認します@
・最寄り駅 : JR新宿駅徒歩5分/地下鉄西新宿駅徒歩3分/西武新宿駅徒歩4分
・キーワード : 屋久島芋焼酎三岳/クラトン/備長炭手焼き/「偉大なる素人料理」/だじゃれとギャグの嵐の洗礼
・友人・同僚 / デート / 宴会 / 一人
B食店ページへ

2007年9月19日(水曜日)
   
ほんとは朝1で記事を書いたのにIMEの不調で記事アップ前に全消え。。。大涙(T-T)

気を取り直して再up。。

車で30分近くかかるけど我が家がもっとも愛する小売店。角上魚類の川口店さん。ここは新潟は寺泊の、江戸時代から続く網元兼卸が展開する日本海の海の幸が安くて旨い店。

いかんせん、川口といっても駅からも車でなくてはいけない場所にあるのだけど、店舗によって品揃えもちがうようで例えば赤羽駅ほど近い店や、車で10分ほどでつける上尾店などよりやっぱりこの川口がええんですわあ。

魚をマルで1本買ってくるのもいいんだけど、なにより寿司がうまい!しゃりはフツーなんだけど、ネタがでかくて厚くて旬で。。。

この日はいつもよりネタが薄めだったけど、中トロ入りとかかれたこのパックが大トロ、中トロがはいって8カン1000円。

でも赤身にあまり興味薄なアタクシとしてはこの日はサンマがむちゃ脂ノリノリ。

そしてこのイクラv

パックにしてこぼれっすよ!オクサンっ!

軍艦のまわりには、あふれんばかりどころか、乗り切らずにこぼれるイクラその数8粒w


ああもう、ほんっとラブ角上!

もっと近くにあったら毎日かよっちゃうのになー。
B食店情報
・店名 : 角上魚類 川口店(かくじょううおるい かわぐちてん)
・ジャンル : テイクアウト・お取り寄せ
・住所 : 埼玉県川口市柳根17-5
・TEL : 048-269-9550
・URL : http://www.kakujoe.com/kakujoe.htm
・営業時間 : 10:00?19:00/土日祝は9:00開店
・定休日 : 要確認。9月は5、12、19、26。
・キーワード : 日本海の海の幸/安い/寿司
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ