記事
[ 総記事数:440件 ] [ RSS2.0 ]
2008年6月8日(日曜日)
[ 22:05 ] [ パキスタン料理 ]
   
 [関連blog]

 今週末は南インド料理を山菜で楽しんじゃおうの苗場山菜ジリだった。

そのレポはたぶん明後日くらい。。。にできるかなあ。。;

 

本題。

苗場山菜ジリに参加する東京参加者のうち、金曜午後発のHさんの車に同乗させてもらって、

まず向かうは久々マディーナ ナンハウス@伊勢崎へv

B食には1度しかupしてないけど、10回は超えてる、わたしのmost repeat 遠征店。

 

最初の訪問、4年ほど前にはほんとに殺風景なただの小屋のようだったマディーナ。

その訪問のたび、たとえば窓にステンドグラスシールが貼られたり、天井に大きな風車のような布飾りがついたり、お国の言葉だけのホワイトボードに書かれてたメニューから写真を入れたクリアファイルを壁に貼り、その時出せるメニューに「OK」と書かれるようになったり。

おトイレのドアの前に洗面台を置いて、次の訪問ではさらにそこへ入るちいさな扉がついたり。

 

お客さまに気持ち良く過ごしてもらおうと、訪問のたび小さくも大きくも進化を遂げてるこのお店。

 

今回の一番大きな進化はお店の横の駐車場にそこそこ大きな屋台小屋が出現!

 

 

地域の夏祭りなどに向けての練習も兼ねてると笑顔で話す店主ハサンさん。

屋台は5時からの営業。

夜も7時ごろにはみんな集まってきて、店の中でなく表で盛り上がるという。

巻くハチマキも堂に入ってますがな、ハサンさんv

 

 

 

屋台に書かれたメニューは。。。

           ・チキン丸焼き               

       ・チャンプ・・・確認シツネン。おそらくチョップのことではないかと。。。 

          ・シーフカバブ・・・これはたぶん、シークカバブ。 

          ・チキンティカ 

          ・マトンティカ 

 

うーんv美味しい予感はもうマトンティカ一筋w3個ついた串が150円なんだそう。

早速お願いすると4cm角くらいのマトンティカ。

 

 

お店の中に出してもらったのでお皿で提供。

これが、えらいうんまい!

 

ソースに1日漬けて柔らかくなったマトンを炭火で焼く。

外の香ばしさと微かなカリっと歯ごたえ、対比する中のジューシーな肉の質感。

 

またこのソースにマトンの風合いが合うの合わないのって、

イヤだから合いまくりなんだってば(*^-^*)

スパイシーでいて肉の旨みが引き立ってジューシー。。。

柔らかくてスパイスも効いて絶品♪

これが150円ってどーよ(>▽<)b

 

ああ、どうしてこの味を忘れられんやと、帰路の今日、5時少し前に行ってみたけど

5時ってのは炭の用意を始める時間で焼き上がりをいただけるのは6時過ぎだそう。。。

チェ-(T-T)。。

 

お近くへお寄りの際はぜひお試しを。

注意するのは1点だけ。

狙う時間は午後6時過ぎですw

 

ああ、次はいつ行こう。。。悩。

キャンプ予定を無理やり関越方面に押し込むしかないかw

B食店情報
・店名 : マディーナ・ナンハウス(までぃーな・なんはうす)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 群馬県伊勢崎市柳原町1-1
・TEL : 0270-20-1695
・営業時間 : 11:00?22:00/駐車場の屋台は17:00から(焼けるのはおそらく18:00くらいから?)
・最寄り駅 : 両毛線伊勢崎駅徒歩5分ほど
・キーワード : パキスタン料理/ムスリム料理/ビリヤニ/マトン/ハリム/炭火焼き
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ