記事
[ 総記事数:5983件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2017年5月6日(土曜日)
   
コーカサスの旅も最終日。この日の昼食が最後の食事です。

エレヴァンのワインバー。Tumanyan Tavern。地下にもぐる店で、知らなければ躊躇しそうなところでしたが・・・

意外や意外、とってもおしゃれで美味しいお店でした。

きれいに盛り付けられた前菜。
味わい深いスープ。
やわらかいお肉。
チーズの盛り合わせ。ワインが進まないはずがありません。

グラスワインもちょっとお高めでしたが、いいセレクションでした。もちろんボトルワインもね。
なにげにパンも美味しくて。

街の中心部。アルメニア、エレヴァンに行くことがあったらぜひ!


アララト山を望むホルヴィラップ修道院の旅行記はこちら。
http://4travel.jp/travelogue/11252932

エレヴァン市街の旅行記。
http://4travel.jp/travelogue/11251452
2017年5月5日(金曜日)
   
コーカサスではどこに行ってもたっぷりの野菜とチーズ。そしてパンにワイン。

ここ、アルメニアの首都、エレヴァンでも。写真真ん中の裂けるチーズ、なかなかおいしかったです。
野沢菜漬け風のお料理も。

ヨーグルトも含め、発酵食品をたくさん食べている国というイメージです。
発酵食品といえば、やっぱりワイン。

アルメニアのワインもおいしかったですよ。
この日のメインはマス。1人まるまる一匹。

さっぱりしているので、食べやすかったです。
レストランではお誕生日祝いかな、女子会もやってました。

帰り道、共和国広場で。女子会やってた子たちに遭遇。
夜の街を女性が歩けたり、外で女子会ができたりする国はそれだけでいいなあ、と思います。

エレヴァン近郊、世界遺産のエチミアジン大聖堂とリプシメ聖堂、ズヴァルトノツの旅行記はこちら。
http://4travel.jp/travelogue/11251452

同じく世界遺産、ゲハルト修道院の旅行記はこちら。
http://4travel.jp/travelogue/11252097
2017年5月4日(木曜日)
   
アルメニアに入りました。

アルメニアでは、ブバーシュと呼ばれるこの薄いパンが特徴的。世界遺産にもなっているそう。

日持ちがするので昔は、1ヶ月分まとめて焼いていたのだそう。干しておいて、食べる前に水につけたそうです。

そのままちぎって食べたり、こんな風におかずを載せて・・・
くるくる巻いて食べたり。
具だくさんのスープもおいしかった。

コーカサスの旅では、毎日沢山の野菜を食べられたのがうれしかったです。
メインはドルマ。キャベツで巻いたのは、まさにロールキャベツ。

濃い色のは葡萄の葉っぱで巻いたもの。ちょっとクセがありますが、ワインによく合う。
可愛いグラスに入ったワインです。

ジョージアから、アルメニアの首都エレヴァンに向けて。

世界遺産、ハフパトとサナヒン修道院の旅行記はこちら。
http://4travel.jp/travelogue/11250202

セヴァン修道院の旅行記はこちら。
http://4travel.jp/travelogue/11250802
2017年5月3日(水曜日)
   
ジョージアの首都、トビリシ。

ここでも野菜料理がふんだんに出てきます。
つけあわせのおかゆのようなものは、「ゴミ」って名前。

耳で聞いただけだと、食べる気がなくなりそうですが(笑)。

アワととうもろこしの粉をおかゆにしたものです。
そして、小籠包、じゃなく、ヒンカリ。

中から肉汁がじゅわっとでてくるところも、ほとんど小籠包なんですが。
特にソースがあるわけではなく、このまま頂きます。

うーん、黒酢がほしい!
ジョージアワインをいただきました。なかなかおいしかったですよ。

トビリシの旅行記はこちらをどうぞ。
http://4travel.jp/travelogue/11249832

ジョージア軍用道路の旅行記はこちら。
http://4travel.jp/travelogue/11248477

ジョージアの古都、ムツヘタはこちら。
http://4travel.jp/travelogue/11248824
2017年5月2日(火曜日)
   
コーカサスの旅、2国目はジョージア。

カヘチ地方では、紀元前からの古いワインの作り方が継承されていて、無形文化遺産にもなっています。

地中にクヴェヴリと呼ばれる壺を埋め、そこに皮ごと潰したぶどうをいれて、蓋をして発酵させるのだそう。地中のため、11〜12度という適温に保たれるのです。

3〜6ヶ月で皮は取り除きます。
皮ごと醸すので、白ワインもうすいピンク色になっています。

味は・・・
ワインと一緒に、サラダや串焼き、チーズパイなどをいただきました。
地下セラー。
古そうな蒸留器もありました。

カヘチ地方の旅行記はこちらをどうぞ。
http://4travel.jp/travelogue/11248201
2017年5月1日(月曜日)
   
コーカサス3国の旅、最初の目的地はアゼルバイジャン。

首都バクー。

アゼルバイジャンでは食卓にかならずたくさんの生野菜が並びました。香り豊かなハーブもたくさん。

ビールはちょっともっさりしてるかな。
ちっちゃな餃子(その名もギュルザ)が入ったスープ。
こちらは夕食に出てきたレンズ豆のスープ。

温かいお料理はうれしいですね。
カスピ海沿岸の街、バクー。

カスピ海といえばキャビア。キャビアといえばチョウザメ。

そのチョウザメのグリルです。写真奥。
何かに漬け込んで焼いてあるのかな。日本で食べる、味噌漬けのような味がしました。結構美味しい。

手前はマッシュポテトです。
シガー型のデザートはアーモンドの粉で作られたもの。

バクーの旅の様子はこちらをどうぞ。
http://4travel.jp/travelogue/11247332
http://4travel.jp/travelogue/11247944
2016年8月20日(土曜日)
   
サンクトペテルブルク、マリインスキー劇場のすぐそばにあるレストラン、サドコ。リムスキー=コルサコフの歌劇の名前でもありますね。

メインのチキンカツ。
ロシアらしいお茶のカップ。

とはいえ、ジャムを添えることはあってもジャムをお茶に入れて飲むことはしないそうです。
翌日行った、ツァールスコエ・セロー。

プーチン大統領もお気に入りのレストランだとか。

今回初めて、ウォッカを飲みました。結構いける。
民族音楽も披露してくれました。
ロシア最後の夜は、ストロガノフ宮殿にて。

マスの前菜。
本場のビーフストロガノフは下のリンクからご覧ください。


サンクトペテルブルクの街歩き

エルミタージュ美術館

ペテルゴーフとエカテリーナ宮殿

ロシア最後の晩餐
2016年8月16日(火曜日)
   
サンクトペテルブルクの朝食は、どことなく洗練された感じ。
パンもいろいろ。甘いのがおおいかな。
クレープにいくらをのせて、サワークリームや薬味を添えて食べるのもおいしい。

これまた泡がほしくなりますね。
さて、フィンランドとの国境に近いカレリア共和国へ。

途中の昼食ででてきたピロシキ。
ピロシキにはいろんな具を詰めるようです。
カレリア共和国の首都、ペトロザヴォーツクにて。

夕食のデザート。コーヒー風味でした。


サンクトペテルブルクのさわり

ペトロザヴォーツクへ

キジ島

カレリア文化体験

2016年8月15日(月曜日)
   
モスクワからサンクトペテルブルクへ。鉄道の旅です。

新幹線のビジネスクラス。
飛行機のように、テーブルにナフキンを敷いて、ワインがでてきました。
お料理は・・・

チョイスがあってもほとんど売りきれで、なんだかわからない卵料理。
甘いパンがデザート代わり。
サンクトペテルブルクに到着して・・・

夕食はネヴァ川に浮かぶ水上レストランにて。
パスタが浮かんだスープ。
メインは魚をフレークにして揚げたもの。

なかなかおいしかったです。


ロシア鉄道旅行の様子はこちら
2016年8月14日(日曜日)
   
夏のロシア旅行の記憶

モスクワその2。

朝食風景です。
褐色の液体は、麦芽飲料、クワス。夏の間によく飲まれるそうです。
スモークサーモンやピクルス、マリネなど。
飲みたくなったら、朝からスパークリングワインが用意されています。

ロシア産のようです。
こちらはスパークリング・ウォーター。

おしゃれなボトルですね。ガス入りとガスなしの表示がわかりにくいのが難点ですが・・・
ついでにビールの画像も。

味の濃いビールでした。
2016年8月13日(土曜日)
   
夏のロシア旅行の記憶

まずはモスクワ。

ロシア料理といえばボルシチ。濃厚なビーツのスープに、柔らかい味わいのサワークリーム(ロシアではスメタナと呼びます)。
そしてキャビア。

といって、キャビアは口には入りませんでした。
ホテルのキャビアバーの冷蔵庫をパチリ。
赤の広場に建つグム百貨店の名物、アイスクリーム。
食べます♪

昔と同じレシピで作られているそうです。
懐かしい甘さ。
地下道にはなぜかダイドーの自動販売機が。

買う人いるのかな。


モスクワの旅行記はこちらをどうぞ。
モスクワ街の風景

クレムリン

赤の広場

トレチャコフ美術館
2015年8月20日(木曜日)
   
ルーマニア最後の夜はブカレストのホテルで。
メインは白ワインソースがかかった魚。
となると、やっぱり白ワインを飲みたいですね。

今回の旅行は体調が万全ではなく、ワインも控えめ。
でもこの日ばかりは、ボトルで頂きました。

一度見たら忘れられないようなラベル。
ついでに裏ラベルも。
デザートはチョコムース。

中世の姿から現代まで、ルーマニアの旅を満喫しました。
2015年8月19日(水曜日)
   
霧の中のブラン城。

小説ドラキュラの舞台となったお城です。
お城の見学の前に、まずは腹ごしらえ。

ブルガリアンサラダという名前がついていたサラダ。
メインはチキンのトマト煮込み。
デザートは、ルーマニア名物のパパナッシュ。要はドーナツです。

シンプルなドーナツにクリームとジャムを添えて。
食後はブラン城の観光です。

切り立った岩山の上にあって、防御力のありそうなお城でした。
2015年8月18日(火曜日)
   
シギショアラ歴史地区は中世の姿をよく残していて、世界遺産にも登録されています。

この黄色い家は、小説ドラキュラのモデルとなった、ヴラド・ツェペシュの生家だそう。
今はレストランになっていて、ドラキュラに縁のある?お料理を出しています。

これは、ドラキュラの血。

まあ、見たとおりのトマトスープです。
続いてはドラキュラの心臓。

赤いパプリカの肉詰めです。おいしい。
デザートはドラキュラの魂。
上の階には、棺桶に入ったドラキュラ!
2015年8月17日(月曜日)
   
引き続きマラムレシュ地方。木造教会を訪れました。

お昼はこんなオーブンがあるお店へ。
まずはサラダ。切り干し大根みたいなものも入っていて、とってもそぼくだけれど、あっという間に食べつくしちゃいました。

野菜自体がおいしいからかな。
主菜は、さっきのオーブンで焼いた豚。つけあわせはじゃがいも。

木のお皿、木のスプーンで供されるのも、田舎っぽくて楽しい。
ワインもこんなピッチャーで。
デザートはスイカ。美味しくいただきました。


木造教会の様子はこちら
2015年8月16日(日曜日)
   
ルーマニアの北部は農業が中心。そこで年に1度、マラムレシュ地方、ブコヴィナ地方、そしてトランシルヴァニア地方の人たちが交流するお祭りが、プリスロップ峠で開催されます。

普段は無人の峠に、この日ばかりは5万人もの人が集まることがあるのだそう。

大勢の人の胃袋を充たすのは、肉、肉、肉。

ひき肉を棒状にしたミティティや、色んな種類のソーセージ、スペアリブ。つけあわせはトウモロコシにパプリカ。

もちろんビールと一緒にね。
峠には修道院と教会が。

教会には、手作りのお菓子がお供えされていました。
あとでみんなに振る舞われるのかな。
この日の夕食は、旧共産党系のホテルで。
でも、それなりに洗練されたお料理です。

前菜はきのこのクレープ。
主菜はビーフシチュー。

見た目は素朴ですが、味はとってもおいしい。
ついでに朝食も。

卵にジャガイモ、チーズとハム、そして野菜。
ヨーグルトも手作りでしたよ。
2015年8月15日(土曜日)
   
ルーマニアも北部、ブコヴィナ地方に入ってきました。お料理もいっそう素朴になります。

トマト味のスープにサワークリームを浮かべて・・・
なんと、この唐辛子をかじりながら食べるのだそう。

結構辛いので、ちょっとパス(笑)
ワインをボトルで頂きました。

辛口に作られていて、飲みやすい。
こちらは翌日の、ラダウチスープと呼ばれるスープ。バターが入っています。
サルマーレはロールキャベツ。

つけあわせは、ママリガというトウモロコシの粉でつくられた、こちらでは主食として食べられているもの。

素朴だけど美味しいお料理でした。


今回の旅のハイライト、ブコヴィナ地方の修道院巡りはこちら
2015年8月14日(金曜日)
   
カルパチア山脈を流れるビカズ川が堰き止められて出来た湖がラクロシュ。赤い湖という意味ですが、普通の色でした。

日本の観光ガイドにも載っていないのですが、すごい人ごみ。
ルーマニア人の家族連れが多かったです。

そこのレストランで。
名物料理は、チーズにトウモロコシの粉をまぶして揚げた、カシュカババル・パネ。

白ワインによく合います。
湖らしく鱒のグリル。

こういうシンプルに焼いただけのお料理は、日本人にも食べやすくていいですね。
お店のオリジナルというケーキ。
そしてこちらは、湖のほとりの出店で焼いていた名物のお菓子。

細く伸ばしたパイ生地を木の棒に巻きつけて、転がしながら炭火で焼き、あとから粉砂糖やナッツをふりかけた、これまたシンプルなお菓子です。

焼きたてを食べると結構おいしかったですよ。
2015年8月13日(木曜日)
   
国民の館や革命広場を観光して・・・

ブカレストでのお昼はビアハウス。

お店の名前のついたビールをいただきます。
前菜はトマト味のナスのペースト。
ひき肉を焼いたミティティ。ほぼシシカバブ。トルコの影響が強いですね。

ビールによく合うお料理です。
ルーマニアはビールよりワインをよく飲むそうですが、ここブカレストはビールも多く、ミティティもブカレストのものが一番おいしいとされているのだとか。
デザートはチーズケーキ。
19世紀から続くビアハウスでは、生演奏も。

とても雰囲気の良いお店でした。
2015年8月12日(水曜日)
   
今年の夏の旅行はルーマニアへ。

まずはトルコ航空で成田からイスタンブールへ。
最初にトルコのお菓子が配られます。

トルコ航空は機内のエンターテイメントが充実していて、搭乗してからすぐに映画やゲームを楽しむことが出来ます。
機内食もなかなかおいしい。

ワインはフランス産とトルコ産を載せていますが、ここはトルコ産でしょう。
ナスのペーストとか、トルコ風の前菜もうれしい。
2回機内食を食べて、ようやくイスタンブール。
映画も6本、見ちゃいました。

乗り継いでからはあっという間にブカレスト。その間にもサンドイッチがでたけど、これはパス。

夜遅く、ホテルに到着です。
翌朝の朝食ビュッフェ。
サラダやハムの横には、しっかりモーニング・スイーツ。
プリンがのっています。

とにかく食べてばかりで始まった旅でした。(いつものことか 笑)
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ