記事
[ 総記事数:2545件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2011年5月22日(日曜日)
[ 08:40 ] [ 栃木県 ]
   
 

[ 関連したBlog ]


神田にある

イタリアンレストラン

ヴィラドゥーエ主催の

日帰りバス旅行にて

 


 

参加者は主催者を含む35名

池袋駅芸術劇場前集合8時40分

会費は込み込みの@9500円

天気予報は

曇りのち雨

そんな予報はなんのその

待ち合わせ時間時は

気持ち良い五月晴れ

 


 

スタートは

やっぱり

朝シャン

「BEAUMONT DES CRAYERES Grande Reserve 」 

「ボーモン デ クレイエール グラン レゼルヴ N.V」 

(ピノ・ムニエ60% シャルドネ25% ピノ・ノワール15% )

 


 

主催者的に

人数分のグラス運搬が重かったとかで

(そりゃあそうだ。納得)

試飲カップで朝シャン也

(ちょっと、結構、悲しかったり)

次回はマイグラス持参かな

 


 

2杯目は

シードル

「Rue de Vin Cidre」 

厚みがあるボディで辛口

好みの味

 


 

バス車内でアルコールを多少補給しつつ

主催者のピノキオさんのお話を聞き

自己紹介をしたりの

乗車後2時間後には

新緑の中の

栃木県足利市

こころみ学園のワイン醸造場

COCO FARM (ココファーム) 

 

 

 


 

前回に来た時とは

季節が変わり

また違った雰囲気

 


 

ウェルカムビネガー

「ベルジュ風・呑む葡萄酢」 (500ml7000円) 

綺麗なロゼ色

爽やかな甘さは

これからの季節

炭酸で割って呑んでも良さげ

 


 

これはショップ店頭で販売中

 


 

こちらのバッジを付けて

いざ

ブドウ畑見学にGO!

 


 

指定障害者支援施設こころみ学園

初代園長が初めたワイン造りは

山斜面を利用した畑に

山下から順番に

赤ワイングラスマスカットベリーA 

白ワイングラスリースリングリオン 

赤ワイングラスノートン 

赤ワイングラスタナ 

赤ワイングラスカヴェルネソーヴィニヨン 

白ワイングラスプチマルサン 

六種類を栽培

その量は

敷地に対して30t30000本出来る広さですが

あえて6t6000本に生産量を絞り

品質より質に拘った造りをされ

夏場の管理が悪く作業性が悪い棚栽培から

園生が作業し易く

葉や実が密集しない垣根栽培をされているそうです

 


 

葡萄ごとに

葉の形や身になる前花の蕾が違い

育て方も異なるようで

 


 

例えば

この「リースリングリオン」 

葡萄は花が付くと

樹の性質がとたんに強くなり

折れ難くなるので

この上に向いた樹を下に向けるのだそう

 


 

今段階では

どの樹も折れやすいので

要注意 

 


 

ボルドー液が散布された樹は白く染まり

樹の下の雑草は

綺麗に刈られ

愛情をかけて大切に手入れされている感

 


 

若き醸造責任者

小林さんの丁寧な説明を聞きながら

葡萄を見つつ

少しずつ山を登り続ければ

何時の間にやら

山斜面畑のかなり上へ

 


 

この山斜面葡萄畑地面は

割れやすい岩で構成されている為

葡萄樹の根が下まで伸び水分を吸収し易く

採れた葡萄がワインとなった際に

石や岩のようなミネラル感を形成しているのではとの憶測

ココファームのワインを呑む際に

その味を探しながら呑むのも楽しいかも

 


 

畑見学の後は

工場内見学へ

収穫された葡萄は

選別され

酵母をあえて添加せず

自然発酵を待つ技法の為

葡萄の選別は特に大事で

食べて美味しいかが

判断基準の一つ

食べて美味しくない葡萄は

ワインにしても美味しくなる事は

無いのだそうです

 


 

葡萄は絞ると収穫量70%のジュースになりますが

ステンレスタンクで

衛生管理が行き届いたモトゆるりと発酵

(ワインによっては木樽使用)

ワインになるのを待ち

 


 

瓶詰めをされ

 


 

園生と一緒に仕事していての

単純作業を飽きる事無く

熱心に行う姿に発見や

失敗の打ち明け話

エピソードを交えながらの

小林さんの説明は

コルクを打つ作業を聞いて終了に

 


 

2時間弱

ワイナリー見学ツアーの後は

大きな窓から入る光に満ちた

白い布で包まれた

癒しのカフエにて

おまちかねの

試飲&お食事タイム

 


 

乾杯の泡は

「泡ココ」 

 


 

「前菜盛り合わせ」 

 


 

「カマンベール・チェダー・ゴーダ 

クリームチーズフルーツ入りシュー生地サンド 

チーズクリーム・枝付きレーズン」 

 


 

「薇・ひじき煮・具無しポテトサラダ」 

ひじき煮は甘め、具無しぽってりポテサラ 

彩りに 

家庭料理もお料理も盛り付けマジックでお洒落に

 


 

「ピクルス 

(ブロッコリー・大根・人参・トマト・パプリカ)」 

多分、園生が切ったのでしょう

不揃いな形が微笑ましかったり

 


 

「バケット&ソフトバター」 

素朴な味

 


 

「大根サラダ」 

OH!これこそ盛り付けマジック

薄く輪切りスライス大根を

水に放ち

パリットさせ

オリーブ油とハーブ塩

檸檬汁、檸檬の皮の摩り下ろしとパセリ

シンプルな素材に味付け

なのに

こんなにもお洒落に感じるから不思議

しかも美味しい

これは早速真似せねば

 


 

「伊達地鶏と野菜のグリル」 

大きくてボリーミー

豆の煮込みと

ラタトゥーユ添え

鶏肉が苦手なので

味わえず残念

 


 

お料理より

ワインの種類が多くでて

グラスがずらりテーブルに並び

こんな感じ

 


 

呑んだワインは7種類

「2010 あわここ 」(2000円) 

微炭酸でほのかに甘く軽やか。ワイン初心者にも

「農民ドライ2010」(1800円) 

すっきり辛口、和食にあわせたら良さげ

「北海ケルナー2009」(3000円) 

しっかりした酸に心地よい甘い

アルザスワインのようでもありやはり日本のワインらしさもあり

本日の私的NO1

「農民ロッソ 2009」(1800円) 

カベルネ・ソーヴィニョンやメルロの果実味と

ストラクチャー、ノートンの引き締まるような酸、と甘み

○「第一楽章 2008」(5000円) 

手摘みしたベリーA使用

「タナ・ノートン 2008」(5000円) 

プラム、ブラックベリー野趣溢れしなやか

◎「ロバの足跡」(5000円) 

粒選りの甲州種を、乾燥させ、干葡萄を絞ってつくったヴィンサント

 

 

敷地内では

各種、ワインやお菓子etsお土産の他

「ワイン用葡萄の苗」(3000円)「ワイン樽」(10000円)の販売も

葡萄の苗はともかくも

ワイン樽は何に使えるのかしら・・・・?

 

 

食事時間中に

惜しくも雨が本降りになりましたが

畑の見学時までは

天気にも恵まれ

楽しい日帰りバス旅行は無事終了に

お疲れさまでした。

 

次回は山梨方面

もしかしたら

一般見学不可

憧れの四恩醸造に行くかもとの事

それは絶対に参加したいわ!

 

 

 

B食店情報
・店名 : こころみ学園のワイン醸造場 ココ・ファーム・ワイナリー(こころみがくえんわいんじょうぞうじょ ここ・ふぁーむわいなりー)
・ジャンル : テイクアウト・お取り寄せ
・住所 : 栃木県足利市田島町611
・TEL : 0284(42)1194
・URL : http://www.cocowine.com/index.shtml
・営業時間 : 10:00〜18:30
・定休日 : 年末年始12/31〜1/2、1月第3月曜日から5日間
・最寄り駅 : 足利駅
・キーワード : 指定障害者支援施設こころみ学園で造る美味しいワイン
・友人・同僚 / デート / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2010年11月22日(月曜日)
[ 20:46 ] [ 栃木県 ]
   
 

“晩秋の週末、葡萄畑でみんなでワインを 楽しむ”

この喜びを、末永く皆さまと分かち合っていけますよう。

第27回収穫祭 COCO FARM

& WINERY2010 HARVEST FESTIVAL 

2010.11.20[Sat]〜11.21[Sun] 10:30AM〜3:30PM』

 

土曜日は約8千人の人出があったそうで

(それでも少ないとの事)

私たちが参加した日曜日は

お天気にも恵まれ

それ以上の人出で大混雑

足利駅から出ている送迎バスを待つ人で

駅には200m以上の長蛇の列

タクシーを待ってもナカナカ来ない状態

後、ようやくワイナリーに到着

(タクシー代は2300円位←次回の参考に)

急斜面の葡萄畑は

すでにたくさんの人で溢れて

何でも

はやい方は早朝5時30分から

場所取りをしていたとか・・・・・w

 

 

受付で

2千円を払い

ハーベストキットなる

「wine引換券+wineグラス+オープナー+入場バッジ」

をいただいて

 

 

白ワインor赤ワインorスパークリングジュースロゼ

に交換したら

いざ、葡萄畑へ

 

 

私は

赤ウィンを

バランスのとれた果実実が

呑みやすくて

外でカジュアルに呑むには

ピッタリ

 

 

こちらは

2000年のシャルドネマグナム

しっかり樽がきき

上品なパイナップル味にミネラル感も

素晴らしいワイン

これで1万円なら買いかも

 

 

有名ミュージシャンの演奏もあり

 楽団ラーク、AuraSaigenji古澤巌坂田明Yahhoo!

葡萄畑は

楽しい賑やかさ

 

 

色々美味しい出店がありますが

人気店は大行列

仲間の一人が

1時間並んで

購入してくださったパン

モッチモチ〜

 

 

絞りたて

濁りロゼをカラフ売りで

フルーティでジューシー♪

 

 

こんな大きなパエリヤを

販売している

スペイン料理店もあったり

見るだけで美味しそう

 

 

こちらは身体に優しい

「椎茸と豚肉のスープ」(400円) 

 

 

「グリーンココナッツカレー」(1000円) 

茄子と鶉卵入り

量は控えめながら

味は良かったな。うん。

美味しかった。

 

 

グラスにボトルワインも

別料金で

 

 

それなりの値段だったりするけど

お祭りですから・・・

 

 

「ぐらんのは」(グラス付き1500円) 

輝きのある

緑ががかった黄緑色

グレープフルーツのような

柑橘系の香り

きめ細かく泡立ち良く

ボトル5000円は高価だけれど

その価値はあるかも

 

 

こちらは

サル君からの差し入れ

「五一ワイン」 

久しぶりに呑みました ニコニコ

 

 

バスで赤羽から

AM8:00出発予定が

遅刻組がいたり

現地で泥酔する方いたりと

ハプニング続出

予定していた

ほったらかし温泉は無しで

帰りのバスで一路赤羽へ

で、バスの中でも

再に酒盛り〜

これは

世にも珍しい

貴腐ワインのスパークリング

 

 

とはいえ

やっぱり楽しい1日で

幹事のかっし〜&サポート隊

参加者の皆様

お疲れさまでした

 

 

葡萄畑の山から

葡萄の木の下をくぐりつつ

下界に降りるのは

すごく大変だし

人気店は長蛇の列

次回は手作り弁当を持って

参加したいなと思う

 

 

 

B食店情報
・店名 : こころみ学園のワイン醸造場 ココ・ファーム・ワイナリー(こころみがくえんわいんじょうぞうじょ ここ・ふぁーむわいなりー)
・ジャンル : テイクアウト・お取り寄せ
・住所 : 栃木県足利市田島町611
・TEL : 0284(42)1194
・URL : http://www.cocowine.com/index.shtml
・営業時間 : 10:00〜18:30
・定休日 : 年末年始12/31〜1/2、1月第3月曜日から5日間
・最寄り駅 : 足利駅
・キーワード : 指定障害者支援施設こころみ学園で造る美味しいワイン
・友人・同僚 / デート / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2010年10月14日(木曜日)
[ 14:40 ] [ 栃木県 ]
   
 

 

蔵の街

栃木市上陸

 

 

市内を流れる川には

水が綺麗な事を

証明するように

鯉が泳ぎ

川に近づくと

すぐに何匹も集まり

人懐っこさが可愛かったり

 

 

栃木市出身の文豪山本有三が

「心に太陽を持て」を翻訳したことが
日本とドイツの心の架け橋となっていることから、
有三生誕の地である栃木市でドイツ文化を

広く紹介しようと始まった
オクトーバーフェスト
 

 

生ビールはおいておらず

販売されているビールは

缶と瓶の5種類

BEERよりFOODの販売が

圧倒的に多いみたい

 

 

中央のステージでは

バンドによるステージもあり

よく見える

前のテント席は有料席です

 

 

開催二日目9日土曜日

10時からの演奏は

『フォークディオ さのっこ』 

ヴォーカルの女性

声だけ聞いていると

まるで20代のOL声で

歌もかなりお上手

ちょっとビックリ!

 

 

フライドポテト

ドイツといえばやはり

ソーセージ 

そしてパン 

 

 

陽気の端にあるのは

ザワークラフトの替りであろう

薄い大根漬 

 

 

「カルテンベルグ ルィートボルド ヴァイツェン」 

フルーティで

白ワインのよう美味

  

 

「カルテンベルグ・ルードヴィッヒドゥンケル 」 

苦味と適度なコクがあり

常温で、ソーセージにあわせて

いただいたら美味しそうな

 

 

BEERよりFOOD

販売が多いせいか

子供だけのグループも多く

通常の

オクトーバーフェストよりは

近所の秋祭りといった感じで

のんびり

 

 

川には船も浮かび

 

 

1日乗船料500円で

何度も乗れるので蔵の町を

川から眺めることが出来ます

次回は乗ってみたいな

 

 

雨の中

結構な人出

晴れていたら

もっとすごい事に

なるのかな

 

栃木市

良い町

初めての訪問

数時間で

お気に入り

また

来ましょう

次回は蔵見学かな

 

 

 

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ