記事
[ 総記事数:2542件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2017年2月20日(月曜日)
[ 21:55 ] [ 群馬県 ]
   

   
その店名通り、毎度メニュー構成がカオスなコチラ
草津の外湯「煮川の湯」のすぐ隣に店を構える「日本季節料理・台湾小吃 たかお」にて


まずは台湾料理メニューから
豚ミンチ&細切れ野菜に魚介っぽい風味も感じるすり身を湯葉で包んで揚げた
「台湾風湯葉巻き」からの

青葱とともに胡麻油風味で炒めるという一風変わったレシピで登場のジンギスカン

そして、まだまだサイズは小振りながら早くも登場の蛍烏賊(お通し)など肴に
温泉出たら徒歩5秒!な立地の同店で湯上りビールがトマラナイw


[ 20:41 ] [ 群馬県 ]
   
今回の草津旅で
吾妻線への乗り換え待ち時間に途中下車して昼飯食いに立ち寄った高崎「Luckyカレー」にて

メニュー記載の蘊蓄によれば、ひと晩かけてじっくり煮込んだという
スプーンで難なく切れる柔らかさのデカイ豚バラ肉が
並盛り300gのライスの山にデローンとトッピングされて登場のコチラ
同店名物「とろけるポークカレー」がイイネ!

因みに、カレー本体は
40種類以上のスパイス云々を謳う店の例に違わず
デフォルトの辛さは万人受け狙いのマイルド仕上げっぽかったんで
個人的には、辛さ:大辛指定(+60円)でオーダーしといて大正解!w

Luckyカレーカレーライス / 高崎駅(JR)高崎駅(上信)



[ 19:11 ] [ 群馬県 ]
   
草津温泉バスターミナルから湯畑に向かう坂道沿い
居酒屋「たに咲」の並びに店を構える「水穂」にて

ココには過去にも一度来てる筈だけど
ブログに記事が残ってないところをみると、多分10年ぶりくらい?に再訪の今回は
天ざるうどんをオーダー!

で、暫しの待ち時間の後に運ばれてきたコチラ
群馬県産の地粉で手打ちしているという
ガシッと固くてワシワシ噛み締めながら食べるタイプの田舎うどんに

海老、舞茸×2、ちくわ、南瓜、オクラと盛りだくさんな天盛が別添で、天ざるうどん1,260円!


因みに
同店では夜に居酒屋営業もしており
日もとっぷり暮れた温泉上がりに店頭の居酒屋メニューも見てみたら
瓶ビール欄に「サッポロラガー」の選択肢を見つけて早速再々訪!w
(昼のうどんメニュー裏面にもドリンクメニュー載ってたけど銘柄表記は無かった筈)

で、こんにゃく、ごぼうに玉子も入った特製牛もつ煮込みに

サイズは小振りながら、北海道直送!を謳う「本ししゃも」

そして、青菜のタイ風炒め(≒唐辛子&ニンニクをガッチリ効かせた辛口炒め)と

ホワイトボードの「おすすめメニュー」&卓上の定番メニューからチョイチョイ肴をオーダーしつつ

湯上がりの乾いたカラダに、通称「赤星」ことサッポロラガーでグビグビッと水分補給!w

水穂うどん / 草津町その他)



2016年12月25日(日曜日)
[ 21:18 ] [ 群馬県 ]
   
草津温泉バスターミナルから「千歳の湯」方面へ
緩やかな坂道をチョイと上った先に店を構える「とん香」にて

きめ細やかで独特な食感の衣を纏った巨大な厚切りロースを
絶妙な火加減で仕上げたジャンボロースカツが美味い♪

ただ、そんな分厚い肉にじっくり火を入れるにはオーダーから20分程度の時間を要するので
まずは、定食にデフォルトで付いてくるお通し(今回は里芋とこんにゃくの田楽)&御新香を肴に
温泉上がりの渇いたカラダにビール補給しつつw

てんこ盛りなキャベツと具だくさんな豚汁&丼飯を従えて登場のジャンボロースカツを
ガッツリ完食してご馳走様!


[ 10:43 ] [ 群馬県 ]
   

「地蔵の湯」から草津温泉バスターミナル方面へ続く坂道上った先にある
昭和13年創業の大衆食堂「とり彦」にて

まずはコチラ
先日、丼で食ったときと比べて肉が若干パサつき気味だったのが気になったものの
皮目パリッと焼き上げた鶏&ネギに辛口なタレを絡めた「焼き鳥」に

全体としては柔らかめな仕上がりな中
具の挽き肉の食感がゴツゴツと肉肉しい手作り感満載なシュウマイなどツマミつつ
温泉上がりの渇いたカラダに冷たいビールをグビグビッと♪w

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ