記事
[ 総記事数:2666件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2017年4月22日(土曜日)
   
JR阿佐ヶ谷駅南口から「阿佐ヶ谷パールセンター」なるアーケード内をチョイと歩いた先
百均「キャンドゥ」脇の階段上った2Fに2017/4/5ニューオープン!
Nepali&Indian Restaurant SHIVA Diningにて

一種類選べるカレーでチョイスの
シャバシャバっとスープ状のグレイビーに骨付き羊肉がゴロゴロ入ったマトンカレーを筆頭に

ジンブー香るダル(豆スープ)、サグ・ブデコ(青菜炒め)
生姜、パクチーetcの風味を活かして爽やかに仕上げたゴルベラ・アチャール(トマトディップ)と
ティンブール(ネパール山椒)&ニンニクをガッチリ効かせたマトンチョイラ
そして、パパド(豆粉煎餅)、バート(ご飯/お代わり自由!)が盛り込まれた
ネパール定食「ダル・バート」が美味い♪

因みに
↑のワンプレートにミニサラダ&ソフトドリンクが付いてくるランチBセットは通常810円のところ
いまなら店頭入口脇に置いてある20%OFFクーポン(2017/5/5まで有効)適用⇒648円と
さらにオトクな割引価格で楽しめるのもウレシイトコロ
   

シバーダイニングネパール料理 / 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅



2017年3月20日(月曜日)
   
西荻窪駅北口から徒歩2〜3分の路地裏に店を構え
昼はスリランカカレー店/夜は居酒屋?バー?として二毛作営業中の「とびうおkitchen」にて

ランチで初訪な今回は
日替わりカレー(ポーク)/レンズ豆カレー/キリホディ(野菜カレー)のチョイスで
カレー3種セットをオーダー!

で、カウンター奥の厨房からジュージューと調理音が聞こえた後
テーブルまで運ばれてきたコチラ

まず一口目に香るのがカレーリーフだったりカルダモンだったり
いずれも個性的なカレー三種を、まずは個々にライスと合わせて味わった後
ライスの大皿の上でそれぞれのカレーを少しづつ混ぜ合わせてみても
また一味違う味わいが楽しめて美味♪
そして、最後は、お代わりしたライスに残ったカレーを全てぶちまけ
渾然一体の味わいを愉しむというスリランカ料理ならではの醍醐味を堪能して、ご馳走様!

とびうおkitchenカレー(その他) / 西荻窪駅




2016年11月7日(月曜日)
   
ちょうど荻窪駅〜西荻窪駅の中間辺りの高架下
佐川急便のトラックが連なる営業所付近に店を構える「カフェ&レストラン Pani」にて


パラッと炊き上がった長粒米に覆われた表面をスプーンで突き崩せば
トロットロに煮込まれたデカイ羊スネ肉が姿を現すメインのプレートに
   
「ライスとお肉にかけながらお召し上がりください」と羊+トマト+ハーブ的なスープが別添され
以前、同名の料理を「AREZO」@東十条で食べたときとは若干異なるスタイルで登場の
ペルシャ風羊スネ肉煮込み「マヒチェ」が旨い♪
+前菜のミニサラダが付いて、ランチセット950円!

因みに、同店のランチメニューは
ペルシャ料理とそれ以外のラインナップで各1ページづつの見開き構成なんだが
個人的には、モチロン左ページの残り4品が気になるトコロw


Paniカフェ / 西荻窪駅荻窪駅


2016年11月5日(土曜日)
   
普段の通勤ルートを大きく外れるうえ、土日が休みというハードルの高さ故
祝日営業の今回、ようやく初訪のスリランカ料理「ピピネラ」@高円寺にて

パクチーの葉(コリアンダーリーフ)はモチロン
コリアンダーシードの風味も弾けるパクチーのムースに


鶏レバ主体でハツも混じり、カレーリーフ香るスパイシーな鶏レバーマサラなどツマミつつ
スリランカビールのライオンスタウトが進んだ後

トロッと柔らかく煮込まれた豚バラ入りのポークカレーにパリップ(豆カレー)
ポルサンボル(鰹節みたいなモルディブフィッシュ入りのピリ辛ココナッツふりかけ)と
パイナップルカレー、レンコン・サトイモのココナッツミルク煮
水菜のココナッツ和え、パパダン(豆粉煎餅)ってな品々が盛り込まれた
色鮮やかなスリランカプレートで〆〜

まずはそれぞれ単品で味わった後、皿の上でテキトーに何種類か混ぜ合わせ
また違った味わいを堪能するのもスリランカ料理ならではの醍醐味やね

ピピネラスリランカ料理 / 高円寺駅新高円寺駅東高円寺駅



2016年7月18日(月曜日)
   
高円寺の早稲田通り沿いに2016/6/4ニューオープンの「カリーショップ豆くじら」にて

タイミングが悪かったのか、ひよこ豆/ムングダルには売り切れマーク点灯中で
カレーの選択肢としては表題の三択の中から、同店ならではのカレーを選ぶならコレかなと
「納豆スープカレー」の食券をポチッと!

で、早速登場のコチラ
納豆カレーといえば真っ先に思い浮かぶ素朴な味わいのネパールレシピ「キネマカレー」に比べ
強めに効いたクミンをはじめ、より分かりやすい「カレー味」に仕上がってる感じかな

まぁ、いずれにしても白米との相性バツグンな逸品を美味しく完食〜♪
因みに、このカレーの調理が始まると
奥のキッチンから流れてくるニオイで店内「納豆テロ」状態になるんで、苦手な人は要注意かとw

カリーショップ豆くじらカレーライス / 高円寺)


前のページ | B食LOGトップ | 次のページ