記事
[ 総記事数:2698件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2017年7月30日(日曜日)
   
最寄りの日暮里駅から徒歩数分、尾久橋通りから一本入った裏道沿いで
正月三が日を除き年中無休24時間通し営業と、個人店にしては驚異的な営業時間を誇る
「一由そば」にて

うだるような暑さの中を歩いて同店初訪な今回のオーダーはコチラ↓

冷やし蕎麦250円(=温蕎麦220円+30円割増)に
オクラ/大葉/ミョウガ/きゅうり/ナスetcを細かく刻んで味付けした「山形だし」140円と
ミニげそ天60円を追加してもワンコインでお釣りが来る手頃な価格の一杯に
無料サービスの刻みネギ/すり胡麻も散らした後、丼の中身をスルスルッと平らげ、ご馳走様!

一由そばそば(蕎麦) / 日暮里駅西日暮里駅三河島駅



B食店情報
・店名 : 一由そば(いちよしそば)
・ジャンル : 和食-うどん・そば・麺類
・住所 : 東京都荒川区西日暮里2-26-8
・TEL : 03-3806-6669
・URL : http://ichiyoshisoba.com/
・営業時間 : 24時間営業
・定休日 : 無休(年末年始はお休み)
・最寄り駅 : 日暮里駅徒歩3分
・キーワード : 立ち食いソバ/ゲソ天/ゲソ寿司/24時間/年始以外年中無休/安い・美味しい・早い・この店でしか味わえない味
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2017年7月19日(水曜日)
   
たぶん鰻屋が一年で一番混み合う(故に、わざわざ当日に鰻食いに行くのはアホくさいw)
土用の丑の日を来週に控え、ノー残業デーな今宵は丑先取り!

。。。ってなわけで
西日暮里駅出てすぐのJR高架下に店を構える「うな鐵将」のカウンターに陣取り

まずはコチラ
カブトから短冊まで一通り揃った「当店自慢のうなぎ串」の中から
肝焼き/くりから/ひれニラ串などツマミつつ

「とりあえずクラシックラガー!」で喉を潤した後
〆の鰻重は、迷わず「特上!」コール!w

(松)以下のランクとはそもそも鰻自体が違い、「肉厚の為、蒸時間五分程長く」かかるという
宮崎県産の特上鰻を甘さ控えめなタレでふっくら焼き上げた鰻重に
肝吸い/御新香のセットを美味しく平らげ、ご馳走様!

うな鐵将うなぎ / 西日暮里駅日暮里駅田端駅



2017年7月17日(月曜日)
   
先日、「AndU」@上野行ったときと同じく
今回も会社絡みの飲み会からハシゴで初訪の「ミレミレ」@千駄木にて

干してるわりに意外と柔らかな食感の水牛の干し肉をスパイシーに仕上げたコチラ
噛みしめる度に旨味&独特な風味がジワジワ滲み出す水牛のスクティ・サンデコと

アル(ジャガイモ)&チャナ(ヒヨコ豆)にパプリカも混じったタルカリの小皿(お通し)も肴に
何はともあれビールをグビグビッと!w
。。。で、結構ボリューミーな干し肉が腹の中でビールを吸って順当にその体積を増したらしく
(ってか、そもそも二軒目ということもあり)今回は一品+αで終了だったものの
メニューを見ると、この手のイン・ネパ店の標準的なラインナップであるカレー、ライス、ナンの他
先日、大森で食べたチャタマリの米粉を豆粉に置き換えたようなレシピの「ウォー」とか
「ジャウロ(ネパールお粥)」なんてのも載ってて
次回は、この辺りも気になるトコロw


ミルミレネパール料理 / 千駄木駅本駒込駅東大前駅


2017年7月16日(日曜日)
   
先日の初訪時にいくつか気になるメニューがあったんで
その後も何度か再訪してる「台湾料理 府城」@日暮里にて

まずは、店内の黒板メニューに載ってたコチラ
太い茎を軸に髭のような細い茎が無数に伸びる季節の青菜
「龍鬚菜(ロンシューサイ)」のニンニク炒めの小気味よい歯触りがイイネ!

続いて、コチラもとある日の黒板メニューからのチョイスで「台湾夜市カニ小龍包」!
。。。は、肝心な蟹の風味があまり感じられずチト残念w

そして、ココから先は全てグランドメニューからのチョイスで
大根餅、ニラ、もやし、干し海老etcをダークソーヤソースで甘辛く炒め合わせた
シンガポールの「キャロットケーキ」的レシピ、表題メニューの「大根餅ブラック」に

ボイルした真菰筍(マコモダケ)にニンニク醤油つけてバリバリ齧るシンプルな一皿と

鶏肉をたたいて薄〜く引き延ばし、スパイシーな衣でサクッと仕上げる
大判な台湾風チキンカツ「鶏排(チーパイ、ジーパイ)」あたりもツマミつつ
毎度毎度ビールが進みまくり!w

2017年7月11日(火曜日)
   
一応、最寄り駅は常磐線の三河島らしいが
日暮里や鶯谷からも充分徒歩圏な「Mo:Mo House&Bar」にて

同店初訪の今回、メニュー上は単に「ブタン500円」とだけ書かれてた料理が気になり
いったい何のブタン(ホルモン炒め)なのかと尋ねてみれば
「ヤギノタントカイロイロ。。。」との返答にモチロン注文した一皿で
山羊の舌、腸、ナンコツetc、具だくさんでスパイシーな逸品を肴に
一杯390円と格安な生ビールをグビグビッと何杯か乾した後
   
選べるカレー1種にサラダ、ダル、アチャール、パパド
そして、メニュー上はライスorナン表記のところライス&ナン両方チョイスもOKな穀類で一通りの
Bセット790円を「マトンカレーとライス!」コールでオーダー!

。。。で、早速運ばれてきたコチラ
骨付き皮付き羊肉がゴロゴロ入ったマトン&滋味深い味わいのダル(豆)と
いずれもシャバシャバッとスープ状のカレー二種をバート(ライス)にぶっかけつつ
マスタードオイルの風味や強めの塩気でメリハリのある味わいのアルコアチャール(大根漬)と
バートにトッピングされたパパド(豆粉煎餅)辺りも合間に齧りながら
ボリューム満点なネパール定食「ダル・バート」をガッツリ完食してご馳走様!

   

モモ ハウス&バーネパール料理 / 三河島駅新三河島駅荒川区役所前駅
 



前のページ | B食LOGトップ | 次のページ