記事
[ 総記事数:2642件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2017年3月29日(水曜日)
   
@神田駅東口出てすぐの高架下
「六花界」隣の「鶏家 バードメン」店舗を間借りする形で2017/3/15ニューオープン!
火〜土のランチタイムのみカレー屋として二毛作営業中の「銀座ニューキャッスル 神田店」にて

品川(かなり少ない)、大井(少ない)、大森(小盛)
蒲田(普通より少し少ない)、つん蒲(普通)、川崎(大盛)といった
京浜東北線の駅名にちなんだ細かなサイズ設定がある銀座の本店とは異なり
普通盛り or ちょっと少なめの二択onlyなメニューから
普通盛りのカライライス(辛来飯)をオーダー!

。。。で、若干の待ち時間の後に登場のコチラ
このブログ内に銀座本店のエントリーが見当たらないところを見ると
前回、辛来飯を食べたのは少なくとも10年近く前(銀座本店の代替わり前)なんで
ココと銀座本店の味を比べて云々とか、細かなハナシはさておきw
初めは玉葱&フルーツ由来と思しき甘口な味わいにガーリックやジンジャーが香り
後から各種スパイスの風味とチリの辛味がジワジワと追いかけてくる
懐かしの辛来飯をペロリと平らげ、ご馳走様!

銀座ニューキャッスル 神田カレーライス / 神田駅新日本橋駅淡路町駅







2017年3月16日(木曜日)
   
カレー激戦区・神田界隈でも
名店「シャヒ・ダワット」から小道一本隔てたすぐ隣という
非常にチャレンジングな立地に2017/3/1ニューオープン!w
山梨・石和温泉の老舗旅館の社長が考案したオリジナルカレーを引っ提げて
都内初出店の「ジョイアルカレー 神田錦町店」にて

店頭の券売機の左上角に陣取るカツカレーのボタンをポチッと!

。。。で、カツを揚げる待ち時間の後に登場のコチラ
てっきり、この手の店でよくありがちな欧風マイルド系かと思いきや
結構スパイシーで辛さもそこそこなベースのカレーに
卓上の自家製オニオンピクルスを合わせてみたり

チョイと肉に火が入りすぎかな〜といった感じだけど
サクッと軽い仕上がりが好印象なカツには、卓上のカレー塩を試してみたりしつつ
カツカレー880円をガッツリ完食した後

開店記念で貰った勝沼産の甲州ぶどうジュースを飲み干して、ご馳走様!

ジョイアルカレー 神田錦町店カレーライス / 小川町駅淡路町駅新御茶ノ水駅




2017年2月19日(日曜日)
   
秋葉原から仲御徒町方面へ昭和通り沿いをチョイと歩いた先に店を構える
「カレーは飲み物。 秋葉原店」にて

店頭の食券機で「鶏のチリチリ 赤カリー」をポチッと購入した後
カウンター席に陣取って待つこと暫し

通常の赤い鶏カレーに比べ辛さマシマシなグレイビーの中には具の鶏肉ゴロゴロ
&赤・青唐辛子トッピングでナミナミ供されるチキンカレーに

三種選べるライス側のトッピングは味玉、パクチー、豆サラダをチョイス!
で、シャバッと「飲み物」仕様なカレーをライスにダバダバぶっかけ
途中、唐辛子もポリポリ齧りつつ、中盛り300gのライスをガッツリ完食〜

カレーは飲み物。 秋葉原店カレーライス / 秋葉原駅末広町駅岩本町駅



2017年2月11日(土曜日)
   
秋葉原駅の昭和通り口を出て仲御徒町方面へ徒歩数分
幹線道路からはチョイと外れた裏道沿いに店を構える「カリカリ」にて

トッピングに「クミンのポテト」を追加し
「HOT!」コールとともに「ビーフとスリランカのツインカレー」をオーダーして待つこと暫し

ポテトトッピングな中央のライスで2種類のカレーを分断するスタイルで登場のコチラ
オーダー時の「HOT!」コールによりサラッとシャープな辛味とスパイス感が際立つ
チキンや野菜がゴロゴロ入った「スリランカ風カレー」に

柔らかく煮込まれた牛肉の旨味とタマネギの甘味が効いてる
濃厚でマイルドな欧風カレー的レシピのビーフカレー(こっちには「HOT」コール無効)と
まるで正反対なタイプの2種類のカレーをいっぺんに楽しめるのがイイネ!
  
途中、容器内にスパイス片が見え隠れする胡瓜のピクルスや
付け合せのミニサラダにも箸を伸ばしつつ、美味しく完食〜♪
  

カリカリカレーライス / 秋葉原駅末広町駅仲御徒町駅


2017年1月28日(土曜日)
   
メトロ・JR各線の神田駅から徒歩一分の好立地に店を構える
「神田厨房」にて

入口入ってすぐのトコに設置の食券機で
「四川省成都式しびれ汁なし担々麺」&「まくり販」とやらをポチッと購入した後
食券を手渡す際に3段階で指定できる麻(花椒の痺れ)&辣(唐辛子の辛味)は
いずれも「3」指定で待つこと暫し


カウンター越しに手渡された段階では
挽肉・青菜・もやしが麺の上に盛り付けられたおとなしいルックスで登場の丼の中身を
「漢源花椒」他、使用している調味料にも並々ならぬ拘りがあるらしい
麻辣なタレが仕込まれた底のほうからしっかり混ぜっ返し
なかなか極悪な色味に染まった麺をスルスルッと堪能した後

丼の中に傍らの「まくり飯」をドスンとぶち込み
余った肉味噌と混ぜてキレイに平らげ、ご馳走様!

次回は、「四川省重慶式陳麻婆豆腐ごはんセット」とやらも気になるところだけど
今回の担々麺と違って麻・辣のレベル指定が出来なそうなのはチト残念かなw

神田厨房担々麺 / 神田駅淡路町駅岩本町駅



前のページ | B食LOGトップ | 次のページ