記事
[ 総記事数:2642件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2017年6月17日(土曜日)
[ 11:06 ] [ 西台/蓮根 ]
   
三田線ガード下の旧店舗から高島通り沿いに移転後は今回が初訪の「二郎 西台駅前店」にて

普段は通り沿いの歩道に行列が絶えないところ
この日は何故か外待ちゼロ&店内を覗くと空席も有ったんで
入口脇の券売機で「麺半分」の食券を購入後、カウンター隅のラスト一席に陣取り待つこと暫し

提供間際の「ニンニク入れますか?」の問いには、表題の呪文を唱え
高めのカウンター越しに手渡されたコチラ

比較的大振りなカットの二片の他、
野菜に隠れて端肉っぽいブロックもゴロゴロ投入されてる「豚」を齧りつつ

流石に「麺半分」vs「ヤサイマシマシ」となると
天地返ししても野菜のほうが優勢な感じの麺&野菜を
アブラギッシュな濃厚スープの中からスルスルッと平らげ、ご馳走様!

因みに、食券機のグラム数表記をみると
今回の「麺半分」ですら、一般的なラーメン屋の1人前強程度の麺が丼にブチ込まれる模様w

ラーメン二郎 西台駅前店ラーメン / 西台駅蓮根駅



2017年6月2日(金曜日)
[ 23:01 ] [ 西台/蓮根 ]
   

都営三田線・蓮根駅の高架沿いからチョイと小道に逸れた先に店を構える
街の大衆中華「八宝飯店」にて

同店の店名を冠する名物メニューで、辛さを中辛/辛口/激辛から選べる
「八宝ラーメン」をモチロン「激辛!」コールとともにオーダー後

ちょうど他のテーブルの注文も重なってたらしく、暫しの待ち時間の後に運ばれてきたコチラ
個人的には「激辛」を謳うほどの激しい辛さは感じないものの
胡麻の風味も香ばしい日式担々麺的な辛口スープに
肉野菜炒め&白髪ネギ、そしてワカメもこんもりトッピングされた丼の中から

中細縮れ麺をスルスルッと平らげ、ご馳走様!

因みに、他のブログで見つけた同店の記事によると
あんかけ状のトロミでスープが冷めない「激辛トロトロラーメン」とやらのほうが
今回食べた八宝ラーメン激辛Verより凶暴そうなんで、次回はソチラも気になるトコロw

八宝飯店中華料理 / 蓮根駅西台駅志村三丁目駅



2016年7月4日(月曜日)
[ 01:21 ] [ 西台/蓮根 ]
   
。。。といえば
中国の東北部、ハルピンあたりの家庭料理!

発酵による酸味バッチリな白菜漬に、太めの春雨&豚肉を炒め合わせた「漬菜粉」は
現地では飯のおかずとして食べるのがメジャーらしいんだが
生姜が強めに効いてる味わいは、ビールともモチロン好相性!w

続いてコチラは同店定番の「葱油鶏」に

歯触りコリコリな豚耳に葱やキュウリを合わせたピリ辛冷菜「葱拌耳絲」

そして、最近の新作「中華風牛すじ煮込み」とか
(「小」がある料理はそっちを選んだとしても)一品のボリュームがそれなりに多めなんで
毎度、料理は1品2品ツマミつつ、ビールがススム〜w

聚(Shu)@蓮根にて
2016年4月17日(日曜日)
[ 20:33 ] [ 西台/蓮根 ]
   
先日、同店で「ラムの足」とか齧って以来、チョイチョイ不定期巡回してる「聚」@蓮根にて


普段のラインナップは小皿500円onlyながら
事前予約すれば、まるっと一羽用意してくれるという自家製スモークチキンに


スモークチキン同様、同店の「おすすめ一品」メニューに掲載の
葱油鶏(ツォンユーチー)(小)500円

そして、同じく「おすすめ一品」からジャンボ焼き餃子(ハーフ)280円に

肉厚でクニュッと柔らかなテッポウ(直腸)&二色のピーマンを
刻んだ青唐辛子とともに激辛に炒め合わせた逸品やら
毎回1-2品づつ、いろんな料理をつまみながらビールがススム〜w

2016年3月15日(火曜日)
[ 23:39 ] [ 西台/蓮根 ]
   
。。。ってなわけで
早速、蓮根「」をディナータイムに再訪の今夜は

料理名で日本語サイトをググッたところ、何となくソレっぽいレシピがHITしたコチラ
干豆腐、豚コマ、ピーマンを生姜、大蒜、チリ+各種中華スパイスで炒め合わせた感じの
尖椒干豆腐(メニュー上の日本語表記は「青唐辛子と豆腐干炒め」)に

シンプルな塩味&中華な風味がほんのり香る中、羊独特なニオイもモチロン顕在♪w
食感クニュッと柔らかく仕上げたゼラチン質満載な「ラムの足」(≒つま先付近?)とか
ハルピン出身の店主が繰り出す現地の家庭料理的素朴な味わいの品々をツマミつつ

残念ながら樽生はスーパードライonlyにつき、キリン一番搾り中瓶のほうをチョイスで
ビールがススム〜♪

因みに
現在、同店の羊料理は今回食べた「足」のみのところ
今後、クミンを効かせた羊肉串もメニュー化予定だったりするそうで、コチラも楽しみ♪
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ