記事
[ 総記事数:901件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2010年11月11日(木曜日)
[ 22:11 ] [ 頂き物 ]
   
  2か月前、生家のある男鹿で梨畑に寄らせて頂いた

 梨の季節も、とっくに終わったこの時期・・・

  熟れきった梨を頂いた。 しかも、男鹿産。

 梨は、男鹿産が美味しいと言う。

 

そういえば、子供の頃・・・梨が大好きだった。。

 小学校の頃、よく家族の分の梨の皮むきを良くした事を思い出していた。。

 皮を剥く行為も、美味しい梨が食べれると思えば何の事はなかった。

 

 皮をむくたびに、果肉が小さく爆ぜ・・梨の香が漂う。

 

 小分けにしようと思ったが・・このままガブッといってみた。

  冷たくジューシーで・・ふくよかな水分と程よい糖度。。

  おおおおおおおおおおおお〜〜

   やはり、美味しい〜〜

 

 梨を咬むたびに考えた・・・『そういえば、ここ十」何年も梨はそんなに食べてないな〜〜』・・と。

  もしかして、今まで男鹿の梨に匹敵するような、そんなに美味しい梨を食べてなかったのかも知れないな〜〜

  いつしか、梨と言う概念は消え去り、梨がない生活に突入していたのかも。

 人は、毎日3度も食事をする・・・

  しかし、よっぽど味覚を意識しないと美味しい不味いは、判別出来ないのかも知れない。。

 人は大半、潜在意識に支配されているそうで、顕在意識が働くのはごく一部。

 脳は、3%を上限としそれ以上は機能しないのだと・・・

  だとすると、嗜好は無意識の産物であるのか?

  う〜〜ん。


 まぁ・・・さておき、子供の頃・・この梨の芯を咬むのが好きだった・・・

  久々にやってみた。

 うおっ!酸っぱい〜〜〜

  でも・・・美味しい。

 

  男鹿梨・・・来年もまた。

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ