記事
[ 総記事数:2989件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2017年8月9日(水曜日)
   
 

 

冷やし豆乳担々麺 

京成百貨店で買い物中、「甘味だけでなくて食事も良い」と誘われて麻布茶房へ。オーダーは、季節限定の冷やし豆乳担々麺。BOYにも取り分けるので、ラー油は別添え。辛みは抑えられたマイルドな豆乳のスープに、胡桃も入った大きなそぼろ、水菜や胡瓜、メンマのアクセント。なるほど、なかなか美味。


 

 

セットになるのは、フルーツ白玉なのだけれど、ソフトクリームの魅惑的な同行者のミニクリームあんみつと交換こ。自分であんみつをよく作るからどうしても評価は厳しくなるけれど、ソフトクリームの威力は絶大。食事の後にしっかり甘味が楽しめるのが嬉しいね。

2016年8月15日(月曜日)
   
 

   

梅ジュース/朝採り無農薬トマトのチュミチュリンソース 

かれこれ一年ぶりの再訪。蕎麦好きも、美味しいもの好きも、水戸に来たら一度は行きたいにのまえさん。まずは乾杯代わりの自家製梅ジュース。球形の氷が溶けていく時間を楽しみながら、まったりとのどを潤す。最初の一品でオーダーしようと思っていたのは野菜メニュー。定番の野菜のテリーヌやピクルスは売り切れ、でも大丈夫。頼めばなにかは出てくるにのまえさん。朝採り無農薬トマトにチュミチュリンソース。雑味が無くて、美味しいトマトにセロリ等を使ったさっぱりチュミチュリンソースが香味を添えて、白ワインが飲みたくなる。
 

 

炭火焼イワナ 

鴨のテリーヌと迷って、常連さんや店主おすすめの炭火焼イワナを。上に吊り下がっているイワナをそのままお皿に乗せて提供してくれるところが笑える。なんでも、息子さんが捕ってきたイワナを80歳ほどの高齢のおばあさんが、家の囲炉裏で2週間ほどいぶしていた珍品だとか。これは頭から食べてと勧められ、意を決してガブリ。サクサクとした食感が面白い!

 

もりそば 

作り方を少し変えて、まず玄蕎麦の皮を剥いて、それから挽いて外一で打つようにした蕎麦は、今までの蕎麦と比べて白みがかっている。今日は水府産の蕎麦というけれど、そばの風味は豊かだけれど、特有の土臭さは薄れた感じ。故あって、特別な塗りの器で出してくれてありがとう。


 にのまえ→[ 関連したBlog ]
2016年8月1日(月曜日)
   


鴨汁せいろそば 

慈久庵のお弟子さんのお店、塩町館。うどんが主力だが、交通と待ちと長時間かけなくても慈久庵と同様の蕎麦を使用した蕎麦が食べられると聞き、蕎麦をオーダー。黒色の蕎麦の粒子が見える細めの粗びき蕎麦。蕎麦の旨味や1,2冂で切れてしまった蕎麦が多く入るなど、慈久庵とは別物。鴨汁は塩分や醤油が若干強め。


 

 


鴨汁せいろうどん 

同行者から味見を一口。手刈り天日乾燥の小麦「きぬの波」を使用した石臼引きの饂飩。フスマや胚芽部分も使用しているという饂飩は独特の風味が有って、コシもしっかり。これは美味。やはり塩町館に来たら饂飩のチョイスが正解か。


塩町館 

 

慈久庵→[ 関連したBlog ]

B食店情報
・店名 : 塩町館(しおまちかん)
・ジャンル : 和食-うどん・そば・麺類
・住所 : 茨城県常陸太田市西一町2325-1
・TEL : 0294-72-5911
・URL : 塩町館
・営業時間 : 11:00〜14:30/17:00〜20:30
・定休日 : 木・第四水曜
・最寄り駅 : JR水郡線 常陸太田駅
・キーワード : 手刈り天日乾燥の小麦「きぬの波」を使用した石臼引きの饂飩/慈久庵系列店
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ