記事
[ 総記事数:1613件 ] [ RSS2.0 ]
2014年6月29日(日曜日)
[ 11:50 ] [ 岡山県 ]
   
 

岡山県東部への日帰りバスツアーで、ランチの時。

牛窓には「世界で2番目においしいソフトクリーム」があると、食事の盆の下に。 


 

で、食事の後このオリーブ園へ。

細い山道をえっさほいさとバスが上って行きます。

はっきり言って、クルマがないと到達するのはかなりしんどいです
 

 

その山の上から。

対岸が小豆島 

です。

 

 

ほんとに世界で2番目なのか???

 

ん〜〜〜

確かに、バニラアイスにオリーブの実はよく合います。

ソフトクリームの会社があまり手掛けていないのは、コスト面でしょうな。 

 

 

暑くて、ええ天気でした。

子供の残りも、平らげております。 

B食店情報
・店名 : 牛窓オリーブ園(うしまどおりーぶえん)
・ジャンル : スイーツ-洋菓子
・住所 : 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓412-1
・TEL : 0869-34-2370
・URL : http://nippon-olive.info/about/access/
・最寄り駅 : JR赤穂線 邑久駅からタクシー
B食店ページへ

2014年6月5日(木曜日)
[ 06:18 ] [ 岡山県 ]
   
 

 

バス旅行で岡山県東部にやってきました。

まずはランチ。瀬戸内市牛窓町へ。海のそばです。対岸には小豆島。

海のそばのカフェレストランUOUOさんでいただいたのは

「水夫(かこ)のじゃぶじゃぶ」 

なる料理。


 

 

地元で獲れた舌平目をミンチにして、ご覧のように甘めのお汁を御飯にかけていただきます。

元々は地元の漁師の方が手早く温まるのに食べていた料理で、B級グルメにも参戦しているそうです。

ん〜〜。

一寸満足感が足りませんでした。

・舌平目のミンチでハンバーグを作ってみる。

・「じゃぶじゃぶ」には何か目玉となる具がもう一つ必要

など、課題が見えました。

コンセプトは理解できるのですが、まだ

「食べてわくわくする」

ものではないですね。

あと、お刺身などのおかずが、パンフレットやほかのブログを見ても、いつも同じもの。

瀬戸内海が目の前なのに、お刺身がサーモン・・・

地元のうまい魚は、いくらでもあるはずです。

この辺にも、工夫が必要ですね。

 

このレストランの1Fに売店があり、ここで「じゃぶじゃぶ」はレトルトを買えます。

景色は、よかったです

B食店情報
・店名 : 牛窓レストラン&カフェ UOUO(うしまどれすとらん あんど かふぇ うおうお)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3910-2
・TEL : 0869-34-5775
・URL : http://tabelog.com/okayama/A3301/A330101/33001072/
・営業時間 : 11:00〜15:00
・キーワード : 海の近く 景色が良い 対岸が小豆島
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2008年10月11日(土曜日)
[ 16:50 ] [ 岡山県 ]
   
エビオコを食べた後、「五味の市」に連れて行ってもらいました。

「五味の市」は、こちらを参照。

http://www.hinase.net/index.html

カキフライソフト・・・うわさには聞いていましたが、ここで食べられるそうです。

両脇に見えるのが、まさかと思いましたが、牡蠣フライなのです。
私のカキフライソフトクリーム。

かかっているのはしょうゆです。

塩味がなんともいえません。

カキフライは、紛れもなく牡蠣フライでした・・・。
ガイドしてくれた方が食べていた、やつ。

牡蠣フライではなく、白身魚のフライが刺さっています。

あの魚、何でしたっけねえ。あねもんさん。
写真を拡大して、読んでみてください。
タラバ棒です。

ここは地元の海で採れた海の幸が多く、牡蠣のシーズンになると、たいそうな人気だそうです。

また、冬にきてみたいと思います。
B食店情報
・店名 : 五味の市(日生町漁業協同組合)(ごみのいち)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 岡山県備前市日生町日生801-4
・TEL : 0869-72-3655
・URL : http://www.hinase.net/02kankou.html
・営業時間 : 9時開店 17時閉店。なくなり次第終了。
・定休日 : 毎週火曜日(火曜日が祝日の場合水曜日) 4月第1日曜日(海の神様、金刀比羅宮大祭の為)
・最寄り駅 : JR日生駅
・キーワード : カキフライソフトクリーム 日生 牡蠣のシーズンはにぎわう。
・友人・同僚 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2008年10月9日(木曜日)
[ 21:37 ] [ 岡山県 ]
   
岡山県の日生にやってまいりました。

味の師匠にガイドされまして、冬はカキオコで行列が出来る店に行きました。

取材したのが9月はじめでしたので、まだ牡蠣はなく、エビオコを頂いてきました。

小さな店で、こじんまりと営業されています。

なので、今回はお店の情報は出さないでおきます。

写真は、エビオコ。
わかりますかな??

プリプリの小柄なエビがお好み焼きの中にたくさん入っています。

大きな鉄板に向かって、店主と向かい合う小さな店ですので、フランクに食べられます。

この雰囲気も、この店の魅力の一つです。
シメに、カキ氷もいただきました。

これも、この店の名物です。

写真はみぞれなのですが、これがまたやさしい味で。

ご主人が独自に調合された秘伝の味です。

冬はカキオコが旨いそうですが、夏もエビオコとカキ氷が旨い店です。

また来ます。
2008年6月28日(土曜日)
[ 10:43 ] [ 岡山県 ]
   
岡山駅から特急「南風」にのって、四国の南を目指したときに食べた駅弁です。

「祭すし」
こんな容器です。
蓋を開けたところ
ご覧の通り、具沢山なのです。

瀬戸内の海の幸がいっぱい。
・ままかり。

・あなご

・シャコ


・・・どれも、おいしいです。
B食店情報
・店名 : 株式会社 三好野本店(かぶしきかいしゃ みよしのほんてん)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 岡山県岡山市駅前町1丁目3-3
・TEL : 086-231-3333
・URL : http://www.miyoshino.com/ekibenmenu.html
・最寄り駅 : JR岡山駅
・キーワード : まつりずし 祭ずし 祭すし えび しゃこ あなご ままかり
B食店ページへ

2007年11月25日(日曜日)
[ 05:46 ] [ 岡山県 ]
   
今回の高知の旅で、またまた岡山で買ってきました。

きびだんごなのですが、普通のとは、ちょっと違います。
マスカットのジャム入りきびだんごで、

「冷やして食べるとおいしいですよ。」
と勧められたので、買ってみました。


断面。

中に、マスカットジャムが入っています。

これはこれでいいかもです。

確かに、冷やして食べるとおいしかったです。
B食店情報
・店名 : 株式会社 中山昇陽堂(かぶしきがいしゃ なかやましょうようどう)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 岡山県岡山市中島田2-6-12
・TEL : 086-233-6616
・URL : http://www.shoyodo.jp/
・キーワード : きびだんご マスカット入りきびだんご 岡山
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2007年3月30日(金曜日)
[ 09:55 ] [ 岡山県 ]
   
[関連したBlog]

一味をつけて、しょうゆ味のかきおこをいただきます。

Hotですね〜。
辛いもの好きな方は、これがいいでしょう。

しょうゆ味のかきおこ、まだ残ってます。

牡蠣の断面が見えますね。

お次は、山椒で、いただきます。

個人的には、これが一番好きでした。

香りがとてもよいのです。

牡蠣がまだある・・・

(大)にして、よかったです。

ソースでも、いただきます。

牡蠣の香りが、ソースの香りに負けてしまって、牡蠣を味わうなら、醤油の方がいいとおもいました。

次回いくときは、醤油でいただきます。

・・・というわけで、かきおこシリーズはひとまず〆です。
2007年3月29日(木曜日)
[ 10:04 ] [ 岡山県 ]
   
[関連したBlog]

焼けてきたところで、店主の親父さんが言いました。

「ウチのお勧めは、かきおこを2つに分けて、片方を醤油で、片方をソースで食べることです。」

素直に、それに従い、そうしてもらうことにしました。

2つに分けています。
焼けて、出てきました。

しょうゆ味のほうの、「かきおこ」です。
「最初は、何もつけずに召し上がってみてください。」
と、親父さんから言われたので、そのとおりにしました。

これでもいい味わいです。

しかし、さらに味の変化がほしくなりました。
そうこうしているうちに、残り半分にソースが塗られてやってきました。
一味と山椒を出してもらったので、これから自分に合う味を研究してみます。

続きをお楽しみに。
2007年3月28日(水曜日)
[ 10:27 ] [ 岡山県 ]
   
ネタは沢山有るのですが・・・

牡蠣のシーズンがもうすぐ終わってしまいますので、先日食べました、岡山県備前市日生の「かきおこ」をご紹介します。

牡蠣のお好み焼きです。

注)このお店は、インターネットでの広告を遠慮されましたので、B食店情報は出しません、あしからず・・・。

それでは参ります。

牡蠣が多く入った、「かきおこ大 1000円」を注文しました。

まずは、牡蠣とタネを、別々に焼き始めます。
火を通した牡蠣を、タネに乗せます。
その上に豚肉を載せまして・・・
タネをかけて・・・
ひっくり返しました。

焼きあがるまで、もうしばらくお待ちください。