記事
[ 総記事数:3485件 ] [ RSS2.0 ]
2012年12月15日(土曜日)
[ 22:16 ] [ 宿の食事 ]
   
 

夜は、三種町の民宿 十三夜(https://www.facebook.com/jyusanya)で定期的に開催している音楽イベント「十三夜会」に行ってきました。
 


今回(第ニ夜)のゲストは、あるまんど山平&BelleVientos!!

http://blog.goo.ne.jp/bellevientos-fan
 

 


食事も楽しみの1つ♪
 

 


 


 


 


 


 


今回の注目はこちら!
 

 


 

地元・三種町 はたけやま椎茸園の原木椎茸の唐揚げ!!肉厚で(゚д゚)ウマー でした!!


第三夜は誰が来るのか・・・楽しみです!!


十三夜の場所



大きな地図で見る
2012年11月10日(土曜日)
[ 20:54 ] [ 宿の食事 ]
   
 

http://fukaura.sub.jp/michinoku-onsen/ 

役七夕・畠新若メンバー十数人でフィーバーしてきましたw

 

 

 

 

 

宿からのサービス舟盛り

 


11日の朝食 

 

2010年9月11日(土曜日)
[ 22:36 ] [ 宿の食事 ]
   
この日は仕事関連の研修で由利本荘市にある「フォレスタ鳥海」に行きました。

晩の懇親会で出てきた料理の一部をご紹介します。



サバの味噌煮





こちらは翌朝の朝食。バイキングでした。


自分でセッティングした宿ではありませんから、じゃらんではなくここにクチコミ(感想)を書きます。

お風呂はぬるっとした泉質で、お肌がスベスベになりました。
あまり熱くなく、熱いお湯だとすぐ身体がかゆくなる、乙女より敏感肌の私にはちょうどいいお湯でした。

部屋は301号室に泊まりましたが、致命的に壁が薄かったです。隣室の宿泊客のイビキが余裕で聞こえるレベル(^_^;)

部屋ではインターネットできないのでブログが更新できませんでした…
(1回ロビーにネットができるPC1台あります)

総評:私のように神経質で、PCでブログを毎日更新するのが生きがい…
    でない人にはオススメの宿です。

2010年1月2日(土曜日)
[ 18:58 ] [ 宿の食事 ]
   
昨年に引き続き、家族みんなで「うしお荘」に泊まってきました。

風が強く、風呂から見えたのは荒々しい波でした アセアセ

料理は正月用の特別コースでした。
お造り。

サザエ、甘エビ、ソイの3種。
洋皿
 山形牛のロースト・ガーリックソース 地野菜のラタトゥイユ添え
デザート
 リンゴ入りケーキとぶどう
今回いただいたお酒は・・・

 亀の井酒造(鶴岡市羽黒町)の”くどき上手”。

 甘口でまろやかな口当たりでした。最近は辛口ばっかり味わっていたので新鮮でした。

 これ飲んで本当に口説き上手になれたらなあ〜と思った口下手の私であります。 アセアセ
2009年12月30日(水曜日)
[ 14:37 ] [ 宿の食事 ]
   
朝食はバイキングではなく、ちゃんとした定食形式でした。

ちなみに味噌汁には青森県深浦町名産・「つるつるわかめ」が入っております。

このほかに・・・
鍋で蒸し焼きにしたハムエッグがつきました。

部屋もきれい、温泉は一度入るとずっと身体がポカポカするし、ごはんもうまいし、サービスもいいし(食べきれなかった釜めしをおにぎりにしてくれたり、出発時に車の雪おろしをしてくれたりetc)、クチコミどおりの良い宿でした。 キラキラ
家に帰ってきてから、さっそく買ってきた牛蒡せんべいを食べちゃいました。 笑
今まで食べてきたごぼうを使ったお菓子の中で、これが一番うまい!
2009年12月29日(火曜日)
[ 23:10 ] [ 宿の食事 ]
   
年末恒例、2人だけの忘年会。

今年は大鰐温泉・不二やホテルに行ってきました。雪がふっても行ける距離(北東北エリア)で、じゃらんのクチコミで高ポイントなのが決め手になりました。

お茶請けは、茶臼餅と牛蒡せんべいでした。

写真のとおり地元大鰐名物・茶臼餅を強力プッシュしてましたが、我々は牛蒡せんべいの香り高い風味に感動し、そっちをおみやげに買ってきたのでした。 アセアセ

風呂上がりには冷たいJAアオレンのリンゴジュース!

とっても甘くておいしかったです!
夕食はこんな感じ。

あんこう鍋もありました!

席についてから炊き上げた青森の地鶏・シャモロックの釜めしも最高でした!
別料金で注文した「じょっぱり 生貯蔵酒」。 日本酒

蔵元は青森県弘前市の「六花酒造株式会社」。

じょっぱりとは津軽弁で”頑固者”という意味だそうです。

味も頑固者っぽい辛口でした。
2009年5月30日(土曜日)
[ 18:48 ] [ 宿の食事 ]
   
今回の宿泊場所に選んだのは「吉川屋」。

2003年に職場の人たちと旅行に行った時、泊まったのがここだったんですが、とても良い宿で、ずっと私の心に残っており、いつかプライベートでも行ってみたいと思っていました。

今回、
 ・高速1,000円
 ・福島は冬に行くのは厳しい
 ・カップルプランがあった

という様々な要素を踏まえた結果、機は熟した!と思い、ここに行こうと決めました。
料理は地元産の食材をフル活用!って感じでした。

相馬産の穴子と春野菜のサラダ。

相馬産カスベのオランダ煮。

カスベを一度揚げてから煮ているため、骨まで食べられました。
地酒飲み比べセットというのがあったので、注文してみました。

どれが何のお酒かわかるようパネル付きなのがうれしいねえ〜(^−^)

味だけでなく、色も微妙に違うんだなあ、日本酒って・・・
そして食後部屋にもってきてもらったケーキ。

カップルプランの目玉です。

飯坂温泉街にあるお菓子屋さん「橋元堂豊嶋屋」のケーキです。

このほか、チェックアウト時には夫婦箸をいただきました。きめ細やかなサービス。やはりこの宿を選んでよかった・・・(^_^)v
2009年1月2日(金曜日)
[ 16:23 ] [ 宿の食事 ]
   
お正月は妻の家族とうしお荘に泊まってきました。
お風呂と料理を大いに堪能してきました。

出てきた料理の詳細はおでかけガイドに載せました。 
2007年2月12日(月曜日)
[ 23:03 ] [ 宿の食事 ]
   
2日目に泊まったところは、盛岡の奥座敷・つなぎ温泉の宿「ホテル大観」。
部屋(東館)。
お茶請けは胡麻くるみゆべし。
タオル。

さすが規模の大きいホテルだけあって、お風呂も広々としていました。
部屋からつなぎ大橋と御所湖が見えました。
[ 22:05 ] [ 宿の食事 ]
   
今回は「海鮮ひっつみ鍋と旬の味覚で温泉三昧!」で宿泊。
海鮮ひっつみ鍋。ひっつみは白、緑、茶の3色ありました。
釜飯。
刺身。
肉。

お品書きが無かったので何と表現すればわからん・・・
[ 21:07 ] [ 宿の食事 ]
   
カルパッチョ。(自信なし)
エビのすり身をれんこんではさんだもの。上のソースは卵を使ったものと思われます。
茶碗蒸し。
いものこ汁。
フルーツ。

朝食はバイキングだったので割愛。しかし、会場で料理人がだし巻き卵を焼いていて、焼きたてがすぐ食べられるというのは良いサービスだと思いました。

今回は一番安い部屋に泊まりましたので、次は別の部屋&別のプランで泊まってみたい!という思いを強くして帰宅の途についたのでした。
2007年2月10日(土曜日)
[ 23:39 ] [ 宿の食事 ]
   
岩手県温泉宿巡り、初日の宿は花巻温泉郷・台温泉にある「松田屋旅館」。

本館と別館が向かい合って建っていますが、今回は別館に宿泊しました。別館の方が安い&部屋にトイレがついていたからです。(本館の方は最近新しくしたがトイレは共同)

なお、別館に宿泊しても、本館のお風呂に入ることができます。
部屋(河鹿の間)。
お茶請け。花巻温泉の代表銘菓、大丸屋の「羽山まんじゅう」。
タオル。
今回は「岩手和牛料理セレクト・部屋食プラン」を選択。

岩手産和牛を使った料理
 1:陶板焼き
 2:しゃぶしゃぶ
 3:すき焼き
の中から1つを選んで食べることができるプランです。

私はすき焼きを・・・
[ 22:42 ] [ 宿の食事 ]
   
妻は陶板焼きをチョイス。
そのほかの料理はこちら。
鍋。
イカの塩辛。
茶碗蒸し。
[ 21:43 ] [ 宿の食事 ]
   
と、まあいろいろ撮ってるうちにすき焼きと・・・
陶板焼きが出来上がりました〜

どちらも柔らかい肉質でとっても美味しかったです・・・
食後のデザート、いちごの練乳がけ。
朝食はこんな感じでした。

花巻にはまだまだいろんな温泉がありますので、今後も訪れる機会は多そうです。
B食店情報
・店名 : 松田屋旅館(まつだやりょかん)
・ジャンル : その他
・住所 : 岩手県花巻市台2-20
・TEL : 0198-27-2356
・URL : http://www.show-un.com/
・最寄り駅 : 花巻空港駅(東北本線)
・キーワード : 花巻温泉郷/台温泉
B食店ページへ

2007年1月8日(月曜日)
[ 22:24 ] [ 宿の食事 ]
   
青森県温泉巡り、2日目の宿に選んだのは青森と秋田の県境にある「羽州路の宿 あいのり」。

以前の相乗温泉にはレジャー施設を有している大きな宿がありましたが、倒産してしばらくの間廃墟と化していました。弘前方面に行くときはここの前を通るのですが、朽ち果てたウォータースライダーを見る度に恐怖をおぼえたものです。以前は秋田県でもバンバンTVCM流してたのになあ〜・・・あいのり温泉・・・

しかし最近、螢罅璽肇團△△い里蠅亮蠅砲茲蝓以前より規模は小さいですが見事復活を果たしたのです!
今回は「花コース」で宿泊しました。

部屋に入ると、社長(女性)自らドリンクを持ってきてくれました。
手作りのミックスジュース(リンゴ&にんじん)だそうです。

お風呂は小さめですが、内湯&2種類の露天風呂があり、特に露天の1つ、赤湯(含鉄泉)が気持ちよかったです。8日の朝には雪が積もり、雪見露天を楽しむことができました。

部屋の冷蔵庫には麦茶が入っていて(無料)、湯上りに飲む麦茶は格別でした。
夕食。

※食事部屋出しの場合別途500円/人
天ぷら。
鍋はきのこ鍋でした。

この他に・・・
B食店情報
・店名 : 羽州路の宿 あいのり(うしゅうじのやど あいのり)
・ジャンル : その他
・住所 : 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山185
・TEL : 0172-49-5005
・URL : http://www16.ocn.ne.jp/~ushuji/
・最寄り駅 : 津軽湯の沢駅(奥羽本線)
・キーワード : 碇ヶ関温泉郷/湯治プラン(長期滞在)あり/休前日料金割増なし
B食店ページへ

[ 21:52 ] [ 宿の食事 ]
   
カニと・・・
各種デザートがつきました。

左にあるのは草もちでした。あと上の黒豆がとてもやわらかく仕上がっていて絶品でした。
朝食。
食後のデザートはりんごでした。

夕食・朝食ともに一つ一つが丁寧に作られていて非常に満足できました。

そして、チェックアウト時に・・・
売店コーナーにあったパウンドケーキ(これも社長手作り)をプレゼントしてくれたのです!!

ここまでサービスの良い宿はなかなか無いのでは・・・じゃらんnetでも口コミ評価が高かったのですが、まさにその通りでした。

いや〜温泉って本当にいいもんですね!!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
羽州路の宿 あいのりに行った方のblog(お風呂の写真あり)
 北東北日帰り温泉NEW浴記(にゅうよくき)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
皆様オススメの温泉宿(特に美味しい食事を提供してくれるところ)
を教えてください!
↓コメントor掲示板orご意見募集で情報お待ちしておりますm(_ _)m
B食店情報
・店名 : 羽州路の宿 あいのり(うしゅうじのやど あいのり)
・ジャンル : その他
・住所 : 青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山185
・TEL : 0172-49-5005
・URL : http://www16.ocn.ne.jp/~ushuji/
・最寄り駅 : 津軽湯の沢駅(奥羽本線)
・キーワード : 碇ヶ関温泉郷/湯治プラン(長期滞在)あり/休前日料金割増なし
B食店ページへ

2007年1月7日(日曜日)
[ 08:25 ] [ 宿の食事 ]
   
2007年温泉巡り、最初の宿に選んだのは浅虫温泉にある「ホテル秋田屋」。

「二人の北の宿プラン」で宿泊しました。

お風呂は最上階(6階)にあり、眺めがよかったです。天気がよければきれいな夕日が見られると思います。今回は悪天候で見えませんでしたが・・・
夕食は陸奥湾でとれた魚介類を中心としたものでした。

この他に・・・
ホタテの朴葉焼きや・・・
鯛の炊き合わせ等が出てきました。
鍋は青森の地鶏・シャモロック!
B食店情報
・店名 : ホテル秋田屋(ほてるあきたや)
・ジャンル : その他
・住所 : 青森県青森市大字浅虫字蛍谷293-12
・TEL : 017-752-3239
・URL : http://www.e-akitaya.com/
・最寄り駅 : 浅虫温泉駅(東北本線)
・キーワード : 浅虫温泉
B食店ページへ

[ 07:48 ] [ 宿の食事 ]
   
朝食。
メインは青森の郷土料理「ホタテの貝焼き味噌」 。
味付けのりは宿オリジナルパッケージ。

青森を代表する食べ物をいろいろ食べることができたので、大満足です!
宿に別れを告げた後、すぐそばにある浅虫水族館に行きました。
イルカショーを見てきました。

驚異的なジャンプ力、そしてあまりの芸達者ぶりに脱帽。イルカってすごい!
B食店情報
・店名 : ホテル秋田屋(ほてるあきたや)
・ジャンル : その他
・住所 : 青森県青森市大字浅虫字蛍谷293-12
・TEL : 017-752-3239
・URL : http://www.e-akitaya.com/
・最寄り駅 : 浅虫温泉駅(東北本線)
・キーワード : 浅虫温泉
B食店ページへ

2006年8月14日(月曜日)
[ 10:27 ] [ 宿の食事 ]
   
朝食もよくあるバイキングではなく、丹精込めた料理でした。

鰈の一夜干しを中心に、数多くのおかずがありました。
(注:朝食にはお品書きが無いので、命名は自己流です)

いんげん+味噌だれ。
漬物。
おんたま。
筋子。
[ 09:36 ] [ 宿の食事 ]
   
ごま豆腐。
マグロ山かけ。
赤米のおかゆ+付け合わせの佃煮等。
豆腐の味噌汁。トッピングに4種の海藻。
デザートにメロン。

やっぱり朝食は和食がいいですね〜
2006年8月13日(日曜日)
[ 23:50 ] [ 宿の食事 ]
   
先日、地元で行われた花火大会に妻の家族を招待しました。皆さん楽しんでくれたようです。よかったよかった。そのお返しに温泉旅行をプレゼントしてくれたのです。

宿はあつみ温泉エリアにある「つたや長兵衛」。
部屋から見た景色。奥にうっすら見える建物は露天風呂です。ここにたどり着くまで、結構体力を使います。
晩は「自家茄子・ズッキーニと活鮑・栄螺の直火焼プラン」 。ここで出された全12種類の料理を一挙紹介!
1.ツバイ琥珀煮
2.蛸柔らか煮、帆立素焼、庄内枝豆、雲丹しんじょう の四点盛り
[ 22:15 ] [ 宿の食事 ]
   
3.鱸、鯛、カンパチ、天口(テンコ)、ボタン海老の氷盛り
4.庄内浜獲れたて活鮑・サザエと自家夏野菜の直火焼き


5.山形牛たたき 夏野菜 揚げ茄子 トマトソース添え
6.百合根最中 アスパラ レモン 山葡萄ソース添え
7.完熟トマト釜 野菜スティック 蔵王モッツァレラ ポン酢ジュレ掛け
[ 21:20 ] [ 宿の食事 ]
   
8.雲丹とフカヒレの茶碗蒸し チキンソース餡仕立
9.アイナメの吉野うち吸い物 じゅんさい 木の芽 白髪葱
10.黒米炊き込みご飯
11.自家製梵天丸茄子の漬物
12.アンデスメロンムース くりぬきメロン、西瓜、オレンジ添え

どれも本当においしくて、感動しました・・・

——————————————–
つたや長兵衛を紹介しているblog
 キノコBlog
B食店情報
・店名 : つたや長兵衛(つたやちょうべえ)
・ジャンル : その他
・住所 : 山形県鶴岡市湯温海字湯之尻83-3
・TEL : 0120-233-255
・URL : http://cyoubei.co.jp/
・最寄り駅 : あつみ温泉駅(羽越本線)
・キーワード : 自社栽培の食材を使用
B食店ページへ