記事
[ 総記事数:440件 ] [ RSS2.0 ]
2017年3月6日(月曜日)
   
ブログupする余裕なかった2016年の記事をちょこちょこっとup|д゚)。

***

201611某日。

自由が丘。老舗のうなぎ屋へ初訪。
タブレットの粗雑な画像でも旨いダロ感が溢れ出るv。

平日17時。
この日の本命店フランス惣菜ふみきりさんに向かう前に、
先にゼロを始めてた仲間を追撃して店に入る。

ぽつんと昭和に取り残された外観。
戸を引いて流れでる空気もなんともノスタルジー。
年季の入った木目の、正しいコの字カウンターは
多くの客によって削られやさしくなめらか。

うっとり…+..。*゚+
.
ずっとすりすりしてたいw

行列が常の店らしいが
冷たい雨にするっと入れたのは幸運・*゚.:。+゚ *゚.:。

キンミヤをお湯割りでもらって、からくり焼き、きも焼き、ひれ焼き。

この店はくりからじゃなく、"からくり"なのね。
からくりはもうちょっと身がついてるのが好みだなw。

塩焼きは一見関西風と思うも蒸されたのを店先で焼いてくれて、
見た目よりも意外にほどよくやわらか。


うう。

う、うまい、、、、(ノД`)。


以下画像2枚とB食店情報の店舗画像はそらすのアニキからお借りしました|д゚)
メニューの老舗感もまた痺れるねえ。

この焼き場もとてもいい感じ。
両方の木棚に仕込んだ串が山になってる。
いつも思うけど、老舗でも新店でも
客が絶えない店ってどこも掃除が行き届いてるのよね。
こちらも然り。
建物やカウンター、棚が古くても丁寧に扱われているのがよくわかる。



お勘定は〆て1700円とかろうじてのせんべろw
お安くはないがいただけばなかなかの好CP。

ここはタレも秀逸だった・*゚.:。+゚ *゚.:。
またぜひ伺いたい(^-^)v
B食店情報
・店名 : うなぎ ほさかや(うなぎ ほさかや)
・ジャンル : 和食-日本料理
・住所 : 東京都目黒区自由が丘1-11−5
・TEL : 03-3717-6538
・営業時間 : 11:30-14:00/16:30-21:00
・定休日 : 日曜
・最寄り駅 : 自由が丘駅徒歩1分
・キーワード : 大衆うなぎ/コの字カウンター
・友人・同僚 / デート / 一人
B食店ページへ

2017年3月3日(金曜日)
   
先ほどから、ひとつ前の記事になぜか内容がぜんぶ収まらない((((;゚Д゚)))))
B食の仕様が変わった?
それとももともと文字数制限あったかな|д゚)??

以下、続きです。


***



鶏レバーといちじくのテリーヌ。

これもかなり美味しかった。
いちじくも風味よくほどよい甘さで美味しさ追撃。
レバーは大きめにカットされてごろごろっとままで入ってるんだけど
ちゃんとしっとりというかねっとりしてる。

先にレバーをブランデーかなにかでマリネしたみたいな。
いちじくも。違うかな。。

機会見て再現試作してみよ(^.^)。

それより付け合わせの記憶があいまい、、←けっこう酔ってしまっ
てた|д゚)
向こうはキャロットラペ。手前がなんだったかなー、、。
生姜をシロップで煮たやつ??((((;゚Д゚))))




〆はイレギュラーアレンジなこちらw。
鳩と同じくらいショーゲキうまかったv


左はデミ野菜とトリップのせごはん。
この米、お客さんの地元、栃木のだそうだけどコメのぷちっとした感じもイタリア米ぽくてイイ(・∀・)
右はKさんが持ってきてくれてた早川製麺@鵜木のウマい麺ver.。
麺はzalさんが離れずついて真剣にw茹でてベストな状態で提供。
しこっともちっとしてトリップとデミとに絡んでやばかったヽ(^o^)ノ
Kさん、美味しいお土産をありがとうございました!


カウンターにはフレンチ惣菜が並ぶ。


店内黒板と手書きの当日メニュー。

この日は冷たい雨だったけれど、
お客さんがたくさんいら
してメニューが消されていった。
近くにあったら毎日通っちゃうなv

こういうお店いいなあ。
店主の飄っとゆるやか〜な雰囲気そのままに、
その
日その日好きなものや美味しいものを並べてアレンジも自在。
わたしも料理の腕があったなら、こういうお店がしたかったな(*^-^*)


それにしてもまさか10年も前につるんでた遊んでた方がシェフに転身していて
しかもそれが美味しいて素晴らしすぎヽ(^o^)ノ。
自由が丘は行きにくいのだけど再訪を誓うw
B食店情報
・店名 : フランス惣菜食堂 ふみきり(ふらんすそうざいしょくどう ふみきり)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都目黒区 自由が丘1-31-8 石川ビル2F
・TEL : 070-5370-1911
・URL : https://www.facebook.com/shokudou.fumikiri/
・営業時間 : [水-月]12:00-15:45/18:00-23:00 [日]12:00-15:45
・定休日 : 火曜
・最寄り駅 : 東急自由が丘駅 南口から徒歩2分
・キーワード : フランス惣菜/ワイン/スイーツ/肉料理
・友人・同僚 / デート / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

   
昨年upしてなかった、ここは!というお店の初訪記。
カメラ不具合につきタブレット画像で、PHSよりはマシだけどゾンビ、、|д゚)

***

20161111


2016年、最も予感しまくりで気になっていたお店をググってみると
どうも古い知人がシェフらしくてビックリ((((;゚Д゚))))。
しかもお店のFBページにあがってくる品は
どれも食い倒レディの予感止まらぬものばかり、、。
この日ようやく、既訪のそらすのアニキにアテンドをお願いしての初訪。

自由が丘の前は溝の口でお店をして人気だったそうで、
らっといらしたお客さんが
もしかして溝口にあったお店で
はと問う方もいるそう。
知り合った当時はまったく別なお仕事をされていたのでシェフと聞いてびっくりv
しかも蓋を開けたら…やはり予感は大当たりどの品も美味しくてまたびっくり(^-^)w

初訪では特に鳩のロティが素晴らしかった。
火入れの身のロゼ具合がたまらん!
切り分けていくと宝石にも例えられる美しい赤のしずる肉汁がががv


この日はお手伝いの方が遅かったかで、シェフてんてこま
い。
とりあえずこれ食べててと出された品。
このアンチョビオリーブ、
今まで食べた中で一番あっさり
したお出汁風で美味。
白いお皿のブランもじわっと粉の香ばしさと甘み。
ドライフルーツは桑の実。
ドライフルーツは苦手なのだけどこれは美味しかった。


タルトサレ3種。
アボカドオニオン。サツマイモとロース
ハム。ベーコンチーズ。
サツマイモとかおもしろいv
ロースハムだけでなく干しブ
ドウも乗ってたと思う。
アボカドは想像より柔らかめ、、。
もう少し固めだとわたしにはよかったかもな。



ピジョノー・ロティ 電気ブランとレバーのソース。

焼き加減ばっちり。身のロゼ具合がたまらん!
切り分けていくとルビーにも例えられる美しい赤のしずる肉汁がががv
付け合わせの野菜がこのサルミな肉汁ソースにまみれてうんまかったあv
脂もしっかりしていて特にぼんじりあたりのアブラーは
ごたえと言いたまらなかった。


切り分けた状態のピジョノー・ロティ 電気ブランとレバーのソース。



大好きなチーズ、テット・ド・モワンヌ。
ひらひらと花びらのような美しいカッティングだけでなくクリーミィで滋味なのよねv



石巻産の牡蠣ふりゃーv
まだ11月初めで小ぶりとのことだったけど、甘かったv
タルタルもよかったなあ。


オッチェッリでのアンチョビバターv
クリーミーなバターがアンチョビの塩みとでヤバうまv


鶏レバーといちじくのテリーヌ。


これもかなり美味しかった。
いちじくも風味よくほどよい甘さで美味しさ追撃。
レバーは大きめにカットされてごろごろっとままで入って
るんだけど
ちゃんとしっとりというかねっとりしてる。

先にレバーをブランデーかなにかでマリネしたみたいな。
いちじくも。違うかな。。

機会見て再現試作してみよ(^.^)。

それより付け合わせの記憶が、、←けっこう酔ってしまっ
てた|д゚)
向こうはキャロットラペ。手前がなんだったかなー、、。
生姜をシロップで煮たやつ??((((;゚Д゚))))



【次の記事に続く】
なぜか先ほどから、記事の続きがぜんぶ収まらない((((;゚Д゚)))))
B食の仕様が変わった?
それとももともと文字数制限あったかな|д゚)??

↓↓ 続きはこちらへ ↓↓

【続き】昨年最も予感しまくりな店へ初訪@自由が丘。2016年美味しかったで賞ノミネートv
B食店情報
・店名 : フランス惣菜食堂 ふみきり(ふらんすそうざいしょくどう ふみきり)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都目黒区 自由が丘1-31-8 石川ビル2F
・TEL : 070-5370-1911
・URL : https://www.facebook.com/shokudou.fumikiri/
・営業時間 : [水-月]12:00-15:45/18:00-23:00 [日]12:00-15:45
・定休日 : 火曜
・最寄り駅 : 東急自由が丘駅 南口から徒歩2分
・キーワード : フランス惣菜/ワイン/スイーツ/肉料理
・友人・同僚 / デート / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2017年3月1日(水曜日)
   
すっかりご無沙汰なB食。
見てくださる方いるかしら|д゚)。

久々書かざるを得ないお店に出会ったので自慢かたがたご紹介(^.^)。
カメラ故障ちうなのにタブレット忘れて、最新とはいえPHSしかなく画像がゾンビ((;゚Д゚)))
耐え難い画質に、一部画像はご一緒したそらすのアニキにお借りしました(^.^;。
ではイッテみまショー!

***

201702.某日。

仲良くしていただいてるウマいもんハンターなアニキから今日の明日、急なお誘いが。
「 魚マジウマ。夜は予約だけにするらしく、
@2,500円で飲み物数杯とそこそこ豪華なツマミらしい。いかが?」

おお!そこは最近の記事の中で一番気になってたお店!
もちろん快諾ヽ(^o^)ノv

その新店は居酒屋富士山。
新橋駅から日比谷通り手前の路地一本目を入った地下。
これまた狭〜い階段を下りる。
おおお。ブログで見てはいたものの読みしに勝る狭小さ。

入口の暖簾に「ゆ」とある所以か、
ところどころに九谷焼と思われるタイル画がまさにところ狭しと飾られて賑やか。
正面カウンターに3人、背に3人座れるそうだがALLスリムメンバーでも厳しげかなー(^o^;


予約三名のところ先に着いたふたりで乾杯v

3杯付2500円コース。最初のつまみは枝豆。
画像はふた皿をひとつにまとめ、ひと皿をサヤ入れにしたのでより盛り盛りw。
ん?この枝豆、ふつうの冷凍のより豆がしっかりしてウマいわ。

間を置かずにぽんぽんつまみが出てくる。
肉ほろほろの骨付き鳥ブツの煮込み。
かなりツボだった鱈子と大根の炊いたん。
ここまで出てきた小鉢はどれも器自体がちょい大きめ。
なれど、輪切り大根と同じかそれより大きい鱈子の切り身の見事なこと!

鳥の煮込みもウマかったが、この鱈子がまーーーっ美味いっタラ!
この巨大な鱈子から考えるとそうとうでっかい鱈なんだろうな。
ほろりと崩れつ味の染み具合も絶妙。
店主はちょっと甘めで、、というけれど、わたしにはまぢストライク。
*↓この鱈子と大根の画像はお借りしました1


続いて小鉢ラストのヤッコが登場。このヤッコも味が濃い、、、。
枝豆、鳥ブツ煮、鱈子と大根、ヤッコ。ここまでトントントンとやってきた小鉢たち。
もう一回書くけど、小鉢は大きめサイズ。

ビックリなのはこれらがぜんぶひとりひと皿ずつなのね((((;゚Д゚))))マヂカ
どの皿もその辺の一杯飲み屋だったらふたりどころか3人でつまむような量。
いや美味しいしね、うれしいw
でもオカシイでしょw
ふたり分を並べるともうこれだけで目にはハライパーイw

わたしは最近お酒控え気味なので3杯とも氷抜きのウーロンハイ。
アニキが純米を頼んだら受け皿からも溢れかえってるw
コップの淵じゃなくて受け皿にクチを持ってかないとw

そしてお目当ての刺し盛りの登場。
ぐはwでっかい皿に盛り盛り!
すでに小鉢がひとり4つずつ出ていてカウンターに乗りませんがなw
*↓この刺し盛り画像はお借りしました2

2尾ある海老、でかい!甘い!でも甘いだけじゃないvホタテも分厚くて味が濃い。
鮪もねっとりした味わいのワタクシ御用達なアノ部分と思われv
サーモンも鮪と同じような部位で脂しっかり。
タコがなんかちょっと変わってた。新鮮すぎなのか歯ごたえも違った。
鮪すき身もなんちゃってのじゃない、ちゃんとすき身。
右下の刺しはなんだっけな、、スズキだったかな、、わたしとしたことが失念|д゚)

刺しだけでなく手が入った品もなかなか。
味をつけた大きなつぶ貝もよかったが、
マテ貝を和伊折衷wにしたようなひと品がステキアクセントになってた。

意外にこれまたよかったのが茄子の漬け物。
トマトも甘いフルーティなヤツ。
いやー、もう激写しまくりwピッチ画像なのでゾンビだらけだけど|д゚)w


むちゃ盛り上がってふたりで画像撮りまくってたら、店主が「はい」と声をかけてきた。

ん?「はい」?

振り返ると店主の手にはもう一枚同じ刺し盛りが、、、。
この刺し盛りもひと皿一人前なんかい((((;゚Д゚))))
↓置くところなくてとりあえず背側に置いた最初の刺し盛りを背景に、イマキタ刺し盛りw

ふたつの刺し盛りをなんとか前のカウンターに乗せて騒然としてるとこに、
場所に迷って遅くなった三人目が到着。
イヤハヤわたしたちのテンションに若干引いてたわ、、(^.^;w



そして三人前のセット完了!

壮 観 w


3杯付2500円のセットはここまでと確認を取りつつ、
三人目の刺し盛りにないものがあるとのことで店主に声をかけてたら、
三人目にはあってわたしたちのにはない黄みどり色の粒。

「あ、乗ってなかったですかぁ?」と出してくれた皿にはおまけで青柳がサービスw
嬉しいサービスなのだけど、すでに盛りよすぎでなんか申し訳ない…(^.^;

粒はトビコだそうなのだけどいただくとわさび味!へー、こんなのあるのね(^.^)。
ググると化学のチカラ云々出てきちゃうがよいアクセントになってた。
*↓この青柳とトビコ画像はお借りしました3

いやー、ウマいわ。。まぢ気に入ったヽ(^o^)ノ
わたしの海鮮お気に入りは仙台駅ビル3F北辰鮨と、関東近郊では藤沢翻車魚丸。
この二巨頭に食い込むハイレベル。

ここでもうおひとりが、不幸なことにハライパーイでドタ参の来訪。
さんざみんなでおなか一杯で来るなんてもったいない、
そう云わずやれ食えこれ食えと勧めるなか、またもや店主が「はい」と。

んん?「はい」??

振り返るとそこにはどーんとワタリガニが2杯!
その辺のイタリアンなんかで出てくるようなサイズの薄っぺらいんじゃないの。
店主は謙虚にいやそんなにいいものじゃ、、というけど内子もミソもこってり、、。


*↓このワタリガニ画像はお借りしました4

いったい何が起こってるんでしょう((((;゚Д゚))))、、、
最後のワタリガニはおそらく2500円には入ってない。。。
そらすのアニキのアテンドさまさま。

店主、もとは築地場外で商売してたらしいが新橋に流れてきたそう。
昼間は定食とお弁当、夜は一杯飲み屋にしていたようだが
夜は「もっとちゃんとしたのものを出したい」と予約のみにするらしいとそらすのアニキ談。
そして聞いてたら最初のネタ元は新橋のりゅうさん!なつやしやvお元気かしらヽ(^o^)ノ

新橋居酒屋 富士山。
狭小で場所もわかりづらいけど再訪を誓うv
また報告記事をうpするわヽ(^o^)ノ


居酒屋 富士山居酒屋 / 新橋駅内幸町駅虎ノ門駅
夜総合点★★★★ 4.0

B食店情報
・店名 : 居酒屋 富士山(いざかや ふじさん)
・ジャンル : 居酒屋
・住所 : 東京都港区新橋3- 2-12 高松ビルB1F
・TEL : 080-6569-8568(お弁当予約ダイヤル/夜の予約もこちらへ)
・営業時間 : 11:00-15:00 / 15:00-19:00 /予約時19:00〜
・定休日 : 土日祝
・最寄り駅 : 新橋駅徒歩5分/内幸町駅徒歩5分
・キーワード : 昼間は定食&お弁当/夜19時以降は要予約/詰めて6名の狭小店。内、カウンターは3名。
・友人・同僚 / デート / 一人
B食店ページへ

2016年2月4日(木曜日)
   
【2017年2月:残念なことに閉店情報を確認しました(ノД`)】

2015年末年始の湯治旅シリーズ投稿してたのだけど、

まさかに画像データに問題が起きてしまい、湯治シリーズはしばらく休稿します(/_;)。
仲間から画像を譲ってもらったら続きを再開予定。

その間なにも更新しないのもなということで違う記事をup。

****************************

昨年11月にオープンしたレバノンファストフード、ADONYS-Tokyo@御茶ノ水。
こちらはパリの1号店に次いで世界2号店だそう。

メインは5種類のラップサンドと2種のディップ&ホブス。ほかサイドメニューの構成。
1Fには10席ほど、2階にはもっと席がある模様。

今回はこの後に別の食事予定があり、イートインではなくテイクアウェイ。

頻繁に行く場所じゃないのでたくさん買い込んだ(^.^;w。
野菜のスープをリピートしたいくらい気に入った。

帰宅してうきうき紙袋を開ける♪
茶色の紙袋にどかっと入れられてるのがなんだかガイコクだわヽ(^o^)ノ。


今回買ってきたのはスープを付けたライトセットの
ホブス(ピタパン)でラップしたサウダ(鶏レバのポワレ)サンド。
ムタバル(焼きなすと胡麻のディップ:ババヌガーシュ)&ホブスのセット。
後から一番人気と聞き、シャワルマ(赤ワイン等マリネ牛肉)サンドを追加。



サンドウィッチは単品でも500〜650円とお値段けっこう張るけれど、
23cm*5cm径と大きく、皮つきのポテトフライも巻かれてたり、
思ったよりも食べ応えと満足感がある。

ピタパンは既製品と思うが注文を受けてからひとつひとつ丁寧に作っている。
1cm角拍子切りの皮つきポテトフライが入ってるのは斬新。
温め直してもほくほく、ボリュームも出ていい。

どちらかというとサウダよりもシャワルマのほうが好みだった。
赤ワインとスパイスでマリネされた牛肉は味もよく柔らかい。
フレッシュパセリが効いていて美味。




ムタバルは、セットのホブスが店内では4切れぽいのに、
家で袋を開けてみたら3切れだった(?_?)ナゼ-。

ムタバルはまあ、ふつうかなー。
焼きなすの焦げた風味が強くて手作り感が好印象。
トルコやエジプトのものよりレモンを強めに感じるのは、
レバノン料理の特徴なのかこのお店の味付けなのかは不明。

↑後からググっていたら
中東の中でもレバノン料理はレモンをふんだんに使うものらしい。

レバノン料理はむかーし現存マイレバノンと大久保にあったお店に行ったことあるが
そんなにレモンの印象なかったと思うんだけどな。

最後はサウダサンドとスープ。
最近始めたという野菜スープは酸味のある、
ぼってりと濃度の高い野菜ポタージュな感じ。
湯で少し薄めたらわたしにはちょうどよくなってとても美味しかったヽ(^o^)ノ

ニンニクとレモンで味付けられた鶏レバーのポワレのラップサンド。
こちらもレバーが盛り盛りw
こってりレバーがレモンとハーブであっさりおいしい。
温め直しがうまくいかず、ちょびっと焦がしてしまったけれど味はばっちりw。


中東料理は辛くない料理が主だと思っているのだけど、
帰宅後お店のHPをチェックしてみたら、
アリサ(ハリサ:チュニジア発祥の唐辛子の調味オイルペースト)を置いているらしい。
注文の時に言えばつけてくれたのかも。
調べのツメが甘かった。。。(-_-;。

ふつうに野菜使いが上手い中東料理の印象なのだけど、
この店の1号店がパリということでマリネだったりポワレだったりとなんとはなし、
おしゃれな雰囲気なのは多少影響を受けているのかな。

手軽でいいし長く続いてほしいが最初のとっかかりはお値段がネックになるかもなあ。
いただいてみればけっこうなボリュームなので割高感はそんなにないと思うけれど。
また近くに行ったら寄ってみよう(^.^)。

- 追記 -
あっ!大事なこと書き忘れてた!!
お店にはレバノンのビールやワインも置いてるんだった!

レバノンのお酒を気軽にいただけるのは魅力的ヽ(^o^)ノ

いやー、最近お酒控え気味なのですっかり忘れてた。
画像はおさえたものの、お値段チェックは失念してもたわ(^^;。




アドニス トーキョー西アジア料理(その他) / 御茶ノ水駅新御茶ノ水駅小川町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

B食店情報
・店名 : 【201702閉店情報を確認】アドニス トーキョー (ADONYS Tokyo)(あどにす とーきょー)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 埼玉県千代田区神田駿河台1-8-5
・TEL : 03-5577-6698
・URL : http://adonys-tokyo.com/
・営業時間 : [月〜金] 11:00-22:30/ [土・日] 11:00-21:30
・定休日 : 祝日
・最寄り駅 : JR、地下鉄御茶ノ水駅、地下鉄新御茶ノ水駅徒歩3分/地下鉄神保町駅、小川町駅徒歩5分
・キーワード : レバノン料理のファストフード/ラップサンド
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ