記事
[ 総記事数:2545件 ] [ RSS2.0 ]
2013年7月1日(月曜日)
[ 08:20 ] [ 東京都 ]
   
 

[ 関連したBlog ]


もうすぐ籠の中の鳥

ならぬ

長屋の中の

オバサン×⇒女将○(笑)

になるので

好きな店巡りをしている私

その中の一店

【鮨 いまむら】 


何時もの席に落ち着いて

のんびりゆったり味わうカウンター鮨

 

「神奈川産八景真子鰈」
塩をして一日寝かせた物

キットリシコシコ

今村さんは産地も仕事も

きちんと説明してくれるのが

また良しに

 

 

「三重県産マダカアワビ」★★★ 

鼻腔から施行まで魅了する香りに

味わいしっとりふるり柔らか美味

今年1番かも

 

 

「鰹」 

微かに感じる酸味と脂が愛おしく可愛らしい

 

 

生姜・葱の薬味ポン酢醤油を

たっぷりつけて

パクリ

 

 

「青葱入茶碗蒸し・山椒」 

蒸し加減も適当に滑らか

青葱と山椒の強い風味が

マイルドな卵の良さ消している感

不味くは無いけれど

難しいかな

 

 

「銚子産鳥貝」★★★ 

本日NO1

大きいので三つ切り

昆布出汁にさっと潜らせ

山葵醤油で

舌に滑り込み

大切にそっと食み

歓びに身を委ねる

旨し

 

 

「佐島産真蛸」★ 

ポックポクよりホックホク

タウリン堪能

先日より食感も味もUP UP

 

 

「金目鯛のしゃぶしゃぶ」★★★ 

いまむらさんで初めて頂く調理法

奥ゆかしくも器量良しに

横たえる白桃色の肌

しっとり感堪えない食感

色気漂う一品

 

 

「焼魚・赤ムツ」★★ 

サックリカリリ

ほんわり

今日もくるみちゃんが焼いて美味

 

 

「プレミアムモルツ小瓶」(650円) 

後は何時もの

「マコンビラージュ」(6000円) 

本日の肴は大人しめなので

ワインは合わずチョイと選択ミス

Newfaceで「戦勝正宗」が入荷

冷で燗でお鮨まで合わせて

良い相性

 

 

「煽り烏賊」★★★ 

細やかな包丁の切り込み

(すし通の影響かな?)

腰を抜かす位にねっとり甘い

 

 

シャリは

前回より酸味抑えめ

ほのかな甘味

固さは前回より程良く

ふんわり軽い握り加減

 

 

「鱸」★ 

寝かせてより旨味増し

 

 

「佐渡産赤身漬け」★ 

5分漬けて 

醤油になじみ引き出し

厚みあるロゼワイン

 

 

「中トロ」★ 

品ある姿勢に溶け具合

 

 

「カスゴ鯛」★ 

軽く酢で〆て

 

 

「白海老」★★ 

山葵で

静かに柔和にとろけ余韻を残し

 

 

「蝦蛄」★ 

はんなり

 

 

「縞鯵」★ 

青柚子胡椒仕立て

縞鯵の脂に爽やかなピリ辛な薬味の対比の面白さ

お気に入りの一品

 

 

「ミル貝」★ 

しっぽり

 

 

「車海老」 

何時も美味しいのに

今回はちょっぴり固い

 

 

鮨屋の宝箱

箱雲丹 キラキラ

 

 

「利尻島産赤雲丹」 

解禁したばかりの雲丹は

清らかで純粋な甘味を放ち

海苔の磯風味も良し

 

 

「お椀」 

海苔のお味噌汁 

お椀も初登場

飲兵衛に嬉しい品

具は変えても定番にして欲しいな

 

 

「穴子」 

柔らかではあるが

 

 

「玉」 

しっとり

味加減、舌触り、固さも好み

いよいよ完成された感

 

 

仕上げはくるみちゃんお手製

「黒胡麻アイス黄粉&黒蜜かけ」 

何時もはデザートパスな私ですが

ここでは別腹

 

 

お弟子さんの門司君

前回より

更に慣れ

大将にも余裕が出て

より貫録が出て

女将さんのくるみちゃんも

笑顔が増えた感

いまむらファミリーが醸し出す

温かで柔らかな空間

居心地良い時間

麦酒小瓶2本+マコン+日本酒適宜で

〆て2人で37800円

6500円のお鮨屋さんもコスパはかなり良いけれど

いまむらさんはそれ以上にコスパが良いと思う

願わくばこれ以上混まないで

欲しいと思うのは

愛するがゆえの我儘です

 

 

B食店情報
・店名 : 鮨 いまむら(すしいまむら)
・ジャンル : 和食-寿司
・住所 : 東京都港区白金5-8-13 白金ハイツ 1F
・TEL : 03-5789-3637
・URL : http://r.tabelog.com/tokyo/A1316/A131602/13096905/
・営業時間 : [月〜金] 18:00〜22:00(L.O)[土・日] 12:00〜13:30(L.O) 18:00〜21:00(L.O)夜10時以降入店可
・定休日 : 月
・最寄り駅 : 白金高輪駅徒歩10分、田町か渋谷からバスで
・キーワード : 江戸前鮨、ミッシュラン1つ星、北里病院近く、和やかな雰囲気、日本酒、ワイン、器に拘る
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 一人
B食店ページへ

[ 07:17 ] [ 東京都 ]
   
 

[ 関連したBlog ]

 

 

お気に入りのお鮨屋さんに

友人女子をお誘いして

カウンター貸切

 

 

「キリン一番搾り生」(500円)

乾杯♪

アットホームな雰囲気

掘り炬燵式のカウンター

 

 

「生牡蠣」(2P500円) 

我儘に一個盛り×5皿

親切に食べ易く二つ切り

クヌリトロリミルキー

 

 

「お任せ刺身盛り」(5点3000円)三人前

食べ応え十分な鰹のタタキに

柔らかなな甘味のトリ貝に

友人女子、貝嫌い克服

美味しい♪

思わず漏れた言葉に

大将にんまり

気分はしてやったりかな ニコニコ

 

 

スパークリングワインは

自然派ワイン専門店 ラ・ヴィンニュ 

【EPAULE JETE】(5000円) 

やや薄めの黄緑

強烈に甘いバニラ香

泡立ちしっかりめ

ボディあるティスト

香りと味わいのギャップが面白いけれど

香りが甘過ぎて鮨には合わない感

 

 

「キンキの煮付け」(500円) 

ふわりと炊けたキンキもさることながら

甘辛い煮汁が染みた

椎茸が美味しくて

椎茸争い(笑)

 

 

「ノドグロの一夜干し」(500円) 

小ぶりながらも

高級魚ノドグロが500円!

パリッとして身は程良い脂のり

日本酒に相性バッチリ

 

 

お椀

「蛤の御吸い物」 

五臓六腑に染み入る美味しさ

蛤ぷりり

 

 

「キリン一番搾り生」をチェイサーに

「慶樹純吟」(1合800円) 

「奈良曼 純米」(1合600円) 

グビグビっとくじら呑み

呑むのが専門な私以外

素敵女子の皆様は適度にお鮨をつまんで

お会計は@6500円前後

あまり食べなかったとはいえ

驚異のコストパホーマンス也

 

森口博子似な友人を駅迄送って

何時もの店で二次会は

「白穂乃香」 

 

 

 

楽しかったー

次回は

貸切かな

これからも

よろしくお願いします♪

 

 

 

2013年6月27日(木曜日)
[ 09:09 ] [ 東京都 ]
   
 

 

 

ランチの評判を聞いて

六本木駅から徒歩5分

【霞庭まつばら】 

 


 

ビル入口にランチメニュー

 


 

店内は

清として高級感漂う

 


 

ランチメニューはこちらの方が見易いかしら

(写真クリックで大きくなります)

  


 

 丸い会席盆に白木の箸

 


 

乾杯ビールは

「プレミアムモルツ」(800円) 

素焼カップで

 


 

「銀だらの西京焼」(1500円) 

生野菜と出汁巻き玉子・御飯・味噌汁・デザート 

 


 

ボリーミー

かつ

一つ一つ

品を変え

味付けに

切りも美しい職人技

 


 

出汁巻き玉子にそぼろ餡

男性が好きなユルユルのポテサラ

 


 

オカズを超える

最強御飯

銀色に光り輝きパリッと炊けて

甘くてもっちり

羽釜で炊いているそうで

食べ歩きランチでは1、2を争う美味しさ◎

 

 

 

 赤出汁の出汁に味わいもGOOD

 


 

友人選択

「おすすめ昼膳」(1800円) 

子持ちやり烏賊と春大根煮物 

本日のお造りサラダ仕立て 

出汁巻き玉子・ご飯・香の物・味噌汁・デザート 

こちらもやはりボリーミー

 


 

鰹のたたきサラダ仕立ても皿いっぱいのボリュームあり

サッパリしっとりな鰹にシャキシャキ極細野菜が爽やか

 


 

麵取りされた大根は中まで味が染み

ヤリ烏賊も柔らか

御飯がススんでお替り二杯♪♪

 


 

ぬか漬けきゅうりに

飾り切りないぶりがっこ

山椒を利かせて炊いたん昆布

に魅了され

またもお替り♪

 


 

すっかり満腹満足した頃

仕上げのデザート

ふわふわほわり柔らかな甘味

「ミルクムース」 

 


 

高級店の安いランチは

大将が不在だったり

質を落としたり

簡略化した仕事だったり

はありがちですが

ランチタイムも

大将に脇を固めるお弟子さんもしっかり

つかず離れずな

明るく快活な

サービスも心地良く

食後はサッパリ気分良く

再訪確実

お薦めランチ店です



最後にドリンクリストを

(ケンゾーエステート呑んでみたいナ)

 





 

霞庭まつばら懐石・会席料理 / 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8