記事
[ 総記事数:2908件 ] [ RSS2.0 ]
2017年8月11日(金曜日)
[ 06:11 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


好きではないけど、季節に一回は食べるという考え方と

そうではないという考え方。



「残り3つだから、あと20は作っといていいかな」
オーダーした時に聞こえてしまう会話。

そこは某所。
2倍の40件はコレが売れるであろうお店。







日高屋 @某所

今や店舗数ではどこよりもすごい。
コンビニと日高屋は駅前にドコ行ってもあるからね。






別盛りにされた冷やし中華。
この別盛り、作り手の秘密が込められている。








この具の方、乗せればいいのにって思うでしょ。
これを別にするから、20個あらかじめ作れるのよ。






後は注文されれば麺を茹でて締めるだけ。
後20、そんな秘密が隠された会話なんだよね。






確かに効率的だけど
冷蔵庫で注文を待つ具にしたらたまったもんじゃない。



プロなら数読みするんじゃない。
手際の良さで勝負することがリスペクトされたい。




結局食べるんだけどね。




2017年8月10日(木曜日)
[ 06:19 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


こういう専門店が少なくなったという考え方と

そうではないという考え方。



ピザって欲することが少なくなった。
子供にとって外れがないから行く程度。

そこは新宿。
身近にあるけど年一回のピザ屋がある。







CAPOLI @新宿

新宿南口のバスストップの向こう側。
こっち側を歩くことが少なくなったかな。






ランチ前の静かなうちに。
あっという間に満席になるんだよね。




マルゲリータってもう市民権だね。
知らない人っていないんじゃないか。









これで1000円、結局ピザも生地次第なのかね。
具材どうこうよりも、生地が好みなら美味しい。





その美味しいは主観なのが商売どころ。
不味いやつに出会いにくいのもいいところ。




もっと来てもいいかもしれないね。




2017年8月9日(水曜日)
[ 06:22 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


最近のテーマは「仲間と勝つ」であるという考え方と

そうではないという考え方。



ガクソンの頃は、勝ちたいだけじゃ勝てないと教えて来た。
勝ちたいと思って練習して、試合で勝つと思って挑む、ってね。

そこは浮間舟渡。
最近の試合会場では近い部類に入る場所。






フットサル大会 @浮間舟渡

埼京線からも見える場所。
ここ、ずっと小学校だと思っていた。





最近、ハルイシーはチャリーンゴール制度を導入。
要するに得点したら20円の賞金をゲットするシステム。





それをブタの貯金箱に入れるんだって。
2年生だから20円って言ったけど、今後の予定は未定。





システム導入以降の彼の目つきが変わった。
人間の欲と本能を2年生にして習得したか。








面白いように得点にからんでくる。
体格の大きい相手でも、転ばないのも最近の成長。





興奮すると仲間のユニフォームにも手をかける。
子供の必死な感じって、笑える事も多い。






最近の課題はファールスロー。
このまま後ろに投げてしまうこともあった。








ゴール前でとったファールは自分で蹴る。
これが決勝戦のとどめのゴールになって優勝した。






「仲間と勝つ」。だから今日は出しゃばらない。
チームメート全員で優勝を分かち合う。






と思ったら、最優秀選手をゲットした。
仲間のおかげだね。みんながいるから穫れたんだよ。





今は学年で7人しかいないチームだけど
どんな風に成長していくか、本当に楽しみだね。




仲間がいるから、勝たせてもらえる。
そういう学びを小さな頃から経験できている。




脇役だってふて腐れない。
「ナイス!」「集中〜!」声かけることもできるようになった。


試合に出る、点を取るだけじゃない経験。
仲間を敬う気持ちを忘れずにやっていこうじゃないの。










2017年8月8日(火曜日)
[ 06:39 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


ここに来るなら開店時間がいいという考え方と

そうではないという考え方。



早朝4時にスタートしたゴルフも
プレーが終わってシャワー浴びると9時前。

そこは栃木市。
開店前ならストレスのないラの店がある。






ちょっと時間があるから駐車場で待つ。
先に名前を書いてエントリーできるから助かるね。





森田屋東店 @栃木市

地元の方らしき方も集まってくる。
家族連れの姿もある週末。






暖簾がセットされて一番に入店。




安心価格だよね。
この系統はここが安心なのもいいんだよね。





これこれ、わざわざ食べに来たいやつ。
パンチのあるスープに圧倒される。





入店してから10分程度で完食。
小一時間待って、10分で終わるレポ。




この短時間が醍醐味の理由。
そういう目的も、むしろ効率がいいのかもしれない。






2017年8月7日(月曜日)
[ 06:23 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


浦和レッズに夢を持つ時間も僅かであるという考え方と

そうではないという考え方。




ガクソン、ジュニア世代のサッカーも集大成。
憧れのレッズが現実になる世代になってきた。


ということは、プロになりたいっていう夢も
どこかで覚悟を持って決断する時が来る。







Jユースセレクション @レッズランド


夢を掴もうとする6年生が集まってくる。
言ってる事が甘くないことくらいは分かっている。






挑戦する資格があるんだからやってみる。
やって損するなんてことはないんだからね。





こういう場所で緊張はしなくなった。
そういう経験だって、必要なものだから。





本人曰く「思ったプレーができた」と言う。
ガクソンの今の課題はここにある。





自分で出来たと思う事が、人からは
そう映らないことの現実を埋めなければいけない。



(画像はガクソンの応援に来たハルイシー。)


大変なことだと思うけど
サッカーが好き、それだけでは通用しない世界だから。


ただし、まだ終わりじゃない。
ここがピークじゃないことを信じて応援するよ。