記事
[ 総記事数:1093件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2017年6月11日(日曜日)
[ 10:02 ] [ 板橋本町 ]
   
 

休日のない6月だと言うのに、休日出勤が連なる6月。男運はないけど、仕事運には、恵まれたと前向きに考えたいけれど、もう仕事運いらないわ。
 

睡眠不足に悩まされて身体が痛い週末の金曜日、自分にご褒美あげなくちゃ。エイケイコーナーさんで知り合った美女に教えて頂いた美味しいお店情報。美味しいお店にいらっしゃる方は、美味しい食べ物が好きでいらっしゃるから、その情報は、間違いないことが多いわ。その美女がお勧めしてくれたのは、穂卓(ほだか)。釜飯が食べられると聞いて、もう訪問決意。

ちなみに穂卓には、このブログを読んで、板橋区に住んだというお客様がいらっしゃると伺ったわ。その選択肢は正しいし、その勇気もファブラスだけれど、人生はもうちょっと真面目に考えた方がいいんじゃないかとも思ってしまったわ。私もかなり人のこと言えないけれど。

 

突き出しは、チキンと野菜。丁寧で美味しいわ。のっけからやられたわ!

 

サラダ。色とりどりで色々な物が入ってるわ。そして、野菜がしゃきしゃきしてて美味しいの。ハーフなのに、この分量。ハーフで良かったわ。板橋本町の住宅街に「野菜の宝石箱」発見!

 

出し巻き卵。間にごぼうが入ってるわ。こんなのが、弁当に入っていたら、喜びの阿鼻叫喚よね。いちいち、センスあるわあ。

 

メインの串揚げ750円。

 

アスパラwith粒マスタード。串に刺さってないけど、串揚げと見なしましょう。

 

サーモン。上に乗ってるトマトのソースが巧い!

 

きびなご。上に乗ってる梅ソースが巧い!

 

グリルチキン。一度グリルしたチキンを揚げると言う手間のかかりよう。

 

レモンと抹茶塩とソース。串揚げと言えば、ソースを浸けたいけれど、全串揚げには、上品な手作りソースは乗っかってるし、それだけで食べられるし、レモン汁と抹茶塩だけで十分で、なんとも言えないジレンマ。

 

ここで、日本酒。入れ物が素敵ね。

 

おちょこは選べるんだけど、この職人さんがろくろを回して本気で作ったやつを選択。口に当たる部分が繊細で、口当たり良いわ。

 

日本酒3種ツマミセット580円。

 

手作りかつおのカラスミ。カラスミって作れるの・・・?

 

手作りイカの塩辛。塩分控えめで、漁師のお母さんが作るような味。食べたことないけど。漁師のお母さんの知り合い、どなたか紹介して下さい。

 

この不二家のノースキャロライナのような物体は、いぶりがっこのクリームソース巻き。もちろん、自家製。いぶりがっこをかつら剥きして、作ったらしいわ。

どれもこれもそれもあれも、日本酒に合いすぎて、釜飯まで行けずに、飲みまくってしまったわ。次回の課題は、釜飯!基本の五目釜飯まで、辿り着かなくちゃ!

私の中の海原雄山も大満足な素敵なお店でしたわ。イケメン店主のやる気とホスピタリティの高さが感じられる名店だわ!

B食店情報
・店名 : 穂卓(ほだか)
・ジャンル : 和食-焼き鳥・串焼き・鳥料理
・住所 : 東京都板橋区清水町56-7
・TEL : 03-6905-6155
・URL : http://www.hodaka-itabasi.com/
・営業時間 : 17:00〜24:00
・定休日 : 月曜日
・最寄り駅 : 板橋本町
・キーワード : 串揚げ/釜飯/手作り/丁寧/イケメン店主/信州十四豚専門店
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2017年6月4日(日曜日)
   
 

2週間連続勤務で、心も身体もへろへろだったわ。さて、2週間ぶりの休日!嬉しい!嬉しい!どこに行こうかしら?

あ、そうだわ、開店当時、割引券を新井屋酒店さんでゲットしたにも関わらず、満席で入れなかったいっぽいっぽさんのランチに行くわ!

 

まずは、暑かったから、黒ウーロン杯で私の久々の休日に乾杯。
 

 

ランチは、アジフライ定食か

 

いわし梅煮定食。



 

いわしの梅煮のビジュアルが、非常に魅惑的。

 

付いてくる小鉢も非常に丁寧。高級魚の鰻がいてよ。

 

これって、飲めってことよね?

もう土曜の昼から、180ccの日本酒を頼んで、立派に人間のクズと化すわ。

 

アジフライもからっと揚げ立て!揚げたて偉大!

ご飯も定食にしては、私的にかわいらいしい量なので(注:ご飯おかわりできます)、おつまみになってよ。日本酒と米って合うわねええ、中性脂肪が上がる音がするわ。

このお店は、夜にその真価を発揮しそうだから、次は夜に突撃してみるわ。夜メニューには、「白えび」とか「かに味噌あえ」とか、字面を眺めてるだけで飲めそうなステキな単語が踊っていたわ。

 


あー、至福の時間だったわ。私の2週間ぶりの休日に乾杯!

B食店情報
・店名 : NIPPON酒 バル いっぽいっぽ(にっぽんんしゅばる いっぽいっぽ)
・ジャンル : 和食-日本料理
・住所 : 東京都板橋区板橋1-52-5 M'Sビル 1F
・TEL : 03-6905-7787
・URL : https://ippoippo-itabashi.wixsite.com/ippoippo
・営業時間 : 11:30〜13:30/17:00〜24:00
・定休日 : 月
・最寄り駅 : 新板橋
・キーワード : 日本酒/テーブル席あり
・友人・同僚 / デート / 接待 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2017年5月27日(土曜日)
   
 

下板橋にあると言う八仙花。キッチンカーで都内のあちこちで売っていたと言うその歩みからして、第二のライモンディではないかと、狙っていたわ。

ある日、いたばしTIMESさんから「明日、掲載しまーす」と言う連絡が来たわ。じゃあ、混む前に突撃しなくちゃ!と言うわけで、仕事で徹夜明けだったけど、突撃!

 

いやん、もう、ビジュアルからして、私好み♪

 

ご飯の炊き方が私的にツボ。カレーも美味しいのだけれど、ご飯が!麦が入ってて泣かせるわ。ご飯も丁寧に作るカレー屋さんは、絶対に美味しい!

 

チキンカレーは、ほぐしてあって、丁寧な作り。濃いいわぁ。

 

ポークビンダルーは、辛目。酢で酸味を出していて、ヘルシー♪

そしてやはり濃厚。

 

デフォルトで付いてくるポテサラは、なかなか男前な量。そして、オプションの鶉の卵の自家製ピクルスは、100円で3個。これも太い腹。
 

最初はそのまま味わって、最後いろいろ混ぜて食べるのも味が3Dになって楽しいわね。

B食店情報
・店名 : 八仙花(はちせんか)
・ジャンル : カレー
・住所 : 東京都豊島区池袋本町4丁目17-6
・TEL : 050-5589-4037
・URL : https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13184157/
・営業時間 : 11:30〜14:00/17:00〜22:00
・定休日 : 月曜日
・最寄り駅 : 下板橋
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2017年5月14日(日曜日)
[ 13:04 ] [ 板橋区役所界隈 ]
   
 

GWも忙しくて、休日出勤だ夜勤だ徹夜で予定が立たず、結局近所を徘徊して終わった私のGW。私のGWは、ただの三連休と化したわ。早く年金貰って年金生活したいわ。ずっと板橋区に篭っていたいわ。

そんなGW、やさぐれてる暇があったら、せめて地元で美味しい物でも食べなくちゃよね。

そうだ、新井屋酒店さんが、よく行ってるえんやさんは、どうかしら。新井屋酒店がお酒入れてるお店は、100%間違いなし!安定の信頼性。

GWは、どこのお店も混んでるかと思ったら、そんなことなく、ゆったりと入店。

 

お通しは、4種類から選べてよ。こちらは、つぶ貝?

 

ホタルイカの黒作り?

これって、いきなり日本酒飲めって言ってるわよね?そうよね?そうよね?流石、新井屋酒店のお膝元のお店。そう来る訳ね、そうなのね。

 

受けて立とうじゃないの!

という訳で、三種の日本酒お試しセット680円(くらいだった)。


 

まずは野菜から。トマトと豆腐のサラダ。ドレッシング自家製で、水菜と絡んで美味しすぎる。野菜がはんぱなく、新鮮で美味しい。みずみずしい。田舎で昔よく食べたあいつの味だわ。

 

大山鶏を焼いたやつ。いちいち野菜がてんこ盛りで付いて来るとこが、デブには、嬉しい。

 

野菜の山の中から大山鶏を救出すると、おお!ステキな焼き目が付いた鶏さんが!食べてみると、焼いてるからか、皮香ばしい。野菜と一緒にほおばれば、香ばし鶏+しっとり野菜のマリアージュが口の中でビバルディらしき音を奏でていてよ。

もー、実力あり過ぎだわ、このお店。

 

自家製三種のスモークは、鯖・鶏肉・チーズ。

 

もう、日本酒との相性が、B型とO型カップルくらい合う合う合う!

 

クリームチーズの酒盗がけ。

 

もう、飲む!今日は飲む!飲みたい気分なの!美味すぎて!



ランチもやっているから、その実力をランチで見てくるのもオススメだけれど、この店の真価は、きっと夜!夜よ!

帯広出身のホールの感じいいお姉さんは、この店主の実力に惚れ込んで、転職してこの店で働いているそう。いわゆるおっかけが、度を過ぎたって言うやつかしら?でも、わかるわ!
 

あー、また板橋に名店発見。新井屋酒店さん、私の肝臓を狙い撃ちしてくれるような情報をいつもありがとうございます。肝硬変で入院したら、お見舞いに日本酒差し入れて下さい。

B食店情報
・店名 : 酒と旬の料理 えんや(さけとしゅんのりょうり えんや)
・ジャンル : 和食-日本料理
・住所 : 東京都板橋区板橋2-64-5 サンホワイトビル 1F
・TEL : 03-6905-6544
・URL : https://twitter.com/sake_shun_enya
・営業時間 : 平日12:00〜14:00/17:00〜23:00(LO22:30) 土日16:00〜23:00
・定休日 : ?
・最寄り駅 : 板橋区役所前
・キーワード : 魚がうまい/日本酒/鶏肉がうまい
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2017年5月5日(金曜日)
[ 16:15 ] [ イベント ]
   
 

さて、

 

僭越ながら、区と大東文化大の共同研究シンポジウムに、いたばしTIMESさんと参加させて頂いたわ。テーマは、「板橋区の魅力を伝える」。

 

控え室では、皆様名刺の交換をされていて、私は名刺と言ったら、本業の名刺しかないので、本業の名刺を交換させていただいたわ。

 

耐えがたきを耐えてるようなビジュアルなのに人様の前に出てしまってごめんなさい。

さて、どんな風の板橋区の魅力を伝えようかしら?私的には、物価の安さと、飲み屋の多さとエスニック料理の多さと、ああ、どうしましょうどうしましょう。

とか言っているうちに本番が来てしまって、ああ、どうしましょうどうしましょう。

 

それにしても、いたばしTIMESさんの後に発表って、めちゃくちゃやりにくいわ。オリンピックで、キムヨナの後にすべる鈴木明子なみのプレッシャーだったわ。感動をありがとうっていうありがたい講話の後に、なんで私だよって。紅白でピコ太郎が出て来て、盛り上がった後の中間のニュースでマジメにニュースを読まなければいけなかった高瀬アナウンサーなみの場違い感だったかもだわ。

全体的に大変面白かったです。最近の大学生は、パワーポイントの能力が素晴らしいわ。おばちゃん、見習わなくちゃ。大学生の方が実際にフィールドワークした結果を発表されたんだけれど、最近の若い子ってすごいわねえ。



さて、その後の親睦会。取材にいらしてた板橋経済新聞さんも一緒に、近所の水晶楼 にて、懇親会よ。

 

牛肉とにんにくの芽の炒め物。

 

バンバンジー。きゅうりがサワヤカでいい仕事していたわ。

 

板春雨のサラダ。やはりきゅうりがサワヤカ!

 

エビチリwith野菜たっぷり。ご飯が欲しいかも。

 

から揚げのネギソースがけ。お弁当に入ってたら上がる一品。

 

おお!肉団子!野菜たつぷりで、女子も大好物。

 

蒸した点心。せいろのまま、ほかほかといただいてよ。

 

そしてパラパラ炒飯。ハムのピンクが、ビジュアル的に食欲ソソってよ。


 

とても充実していて、内容も面白くて、そして、美味しかったです。

運営していたスタッフの皆様に厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。
 

B食店情報
・店名 : 水晶楼(すいしょうろう)
・ジャンル : 中華料理
・住所 : 東京都板橋区徳丸2-3-1
・TEL : 03-6906-4585
・URL : http://www.crystal-trading.co.jp/omise.html
・営業時間 : 11:00〜24:00
・最寄り駅 : 東武練馬
・キーワード : 太雕酒/抗州料理
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ