記事
[ 総記事数:795件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2006年12月31日(日曜日)
[ 23:41 ] [ 季節の風景 ]
   
昼過ぎから風に雲が流れ、青空が広がりました。
眩しく沈んだ2006年大晦日の太陽。

昨年の9月中旬からブログを始めて1年余り。
たくさんの方に訪れていただき、
本当にありがとうございます。

皆さまにとってすてきな1年になりますように。

[ 10:18 ] [ 京都・和菓子 ]
   
はなびら餅の元祖
道喜(どうき)さんの「御菱葩(おんひしはなびら)

新年の祝いの前、年末の4日間分けていただくので
試餅(こころみのもち)」と呼ばれます。

現在の形に完成されたのは明治の初め。
裏千家の初釜のお菓子として知られています。
とろとろと流れ出る白味噌餡
白味噌にたっぷり蜜を合わせたようなゆるい餡です。

牛蒡は、しっかりアクを抜いて甘く柔らかく炊いたもの。
柔らかいといっても食感と風味を残して仕上げられ、
甘さのなかに大きな存在感。

牛蒡は、太く質のいいものをということで
今年は青森・十和田産を使っていらっしゃいました。
(毎年変わるのかどうかは不明です。)
予約は、12月初めの3日間
お渡しは、年末に店頭受け取り(3、4日間)のみ。
1個1575円(ひとつからお願いできます。)

毎年気が付くと、予約の時期が過ぎていて、
なかなかいただく機会がなかったのですが、
この方のおかげで、今年味わうことができました。
(12時35分 賀茂川北大路橋から)

少しずつ青空が見えてきました。
B食店情報
・店名 : 川端道喜(かわばたどうき)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 京都府左京区下鴨本通北山角
・TEL : 075-781-8117
・営業時間 : 9:30?17:30
・定休日 : 水休 (1月・8月 要問い合わせ)
・最寄り駅 : 北山
・キーワード : 上品な葛の粽/水仙粽/羊羹粽
B食店ページへ

2006年12月29日(金曜日)
[ 09:36 ] [ ♪B'sおみやげ ]
   
[関連したBlog]


つやつやの木の実みたい。
「鶴が翼を広げた姿」だそうです。
べっ甲色の、もっちもち♪
京都にはないさらしたあんこの味
とっても美味しい ウマッ
B食店情報
・店名 : かんの屋(かんのや)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 福島県郡山市西田町大田字宮木田3
・TEL : 0247(62)5676
・URL : http://www.kannoya.co.jp/
・キーワード : 家伝ゆべし もちもち あんこ
B食店ページへ

2006年12月26日(火曜日)
   
[関連のBlog]


久しぶりに訪れた「アルザス」
このドアの奥の、お店の雰囲気が大好きです。
美味しい食事と楽しい会話。

heart to heart
pure birthday night


月お料理の詳細はこちらで
それにしても・・・小枝のようなtomoimoさん、
どこにこれだけのお食事が入る宇宙があるのでしょう、
謎。

※食事は18時から。事前に予約・確認される方がいいかと思います。
B食店情報
・店名 : アルザス(あるざす)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 京都府京都市左京区一乗寺西閉川原町29ー9
・TEL : 075-723-2703
・営業時間 : 15:00?0:00(食事は17:00?21:30、それ以外はカフェ、バータイム) 
・最寄り駅 : 叡山電鉄・一乗寺
・キーワード : アルザス料理、タルトフランベ、シュークルート
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

   
ゆうじんが
つくってくれました。

あかね・すぺしゃる。


2006年12月25日(月曜日)
[ 23:52 ] [ 京都・和洋喫茶 ]
   
「茂庵mo-an」への道
(初めての方は、こちらからぜひどうぞ。)

昨年も、イブの午後に訪れました。
同じ席だったような…西向きの夕日見席。


抹茶ミルク

濃いめにお茶をたててミルクを注ぎ、その上に
ふんわりと泡をのせているのではないでしょうか。
甘味はほとんどなく、お抹茶の甘味と香りで
いただきます。(660円)

茂庵は、大正時代に創られた広大な茶苑で
二席の茶室が現在も残っています。
お稽古のほか、予約なしで気軽に参加できる
毎月の月釜が催されています。

カフェは2階
四方の窓が四季の風を映します。

土・日は混みあいます。
階段に置かれている紙に、時間・名前・人数を
書いて待ちます。外にも椅子がありますが
今の季節は寒いので、1階に入って待つことが
できます。
お天気のいい日は、周辺を散策するのも楽しい♪

12月29日まで。新年は1月6日から営業されます。

この日の茂庵の風景 (よかったらのぞいてください。)
B食店情報
・店名 : 茂庵(もあん)
・ジャンル : カフェ・喫茶
・住所 : 京都府京都市左京区吉田神楽岡町8吉田山山頂
・TEL : 075-761-2100
・URL : http://www.mo-an.com/index.html
・営業時間 : 11:30?18:00 (17:00L.O)
・定休日 : 月曜日(祝日営業 翌火曜休)
・最寄り駅 : 市バス「浄土寺」「「銀閣寺道」から徒歩15分
・キーワード : 森のカフェ/大正時代の建物/市中の山居
B食店ページへ

2006年12月24日(日曜日)
[ 23:55 ] [ 京都・洋菓子 ]
   
[関連のBlog]

Sully(スリー)

甘口の白ワインで作ったムースの中には
パイナップル・白桃・野いちご。
上のジェノワーズと下のダックワーズ
二つの生地の食感のコントラストを
ほわっとやさしいムースが、包みこみます。
その上、二つの生地の食感はそれぞれ二重構造。

すばらしく美味しいジェノワーズ 王冠
しっとりしていながら、口の中でほろほろと荒く
ほどけていきます。この黄色そのままのたまご味。
ダックワーズは、サクッとこわれた後に、
ムースの水分を吸ってねっちりを広がります。
ベリーの雪野に美しいシュプールを描いて。


来年は1月6・7日から。
(13・14日 20・21日 ※27・28は冬休み)

1月の大きい生菓子・焼き菓子の予約受付とお渡しは
4〜28日です。お電話でご相談ください。
(1/29〜2/16まではバレンタイン準備お休み)

⇒ベック・ルージュ お菓子の買い方


B食店情報
・店名 : ベック・ルージュ(べっくるーじゅ)
・ジャンル : スイーツ-洋菓子
・住所 : 京都府京都市左京区一乗寺花ノ木町21-3
・TEL : 075-706-5085/fax:075-706-5103
・営業時間 : 11:30?19:00(売り切れ次第終了)
・定休日 : 土・日・祝日のみ店頭販売(不定休・要確認)
・最寄り駅 : 叡電・一乗寺駅 徒歩10分/市バス「一乗寺下り松」
・キーワード : 季節の生菓子・焼き菓子/土日だけの隠れ家ケーキ店
B食店ページへ

[ 13:53 ] [ ノンジャンル ]
   
走っていきました。

白川通 造形大前にて
[ 09:58 ] [ 季節の風景 ]
   
やっと間に合いました♪

去年の飾りを押入れから出してきただけですが アセアセ
今年いっぱいは、このテンプレートで過ごします。

ちょっとさびしいので、オーナメント代わりに。
シナモン、トウガラシ、黒石の姫りんご リンゴ
パンデュースのシュトーレン

パンよりの生地で柔らかめ、やや甘く感じられます。
(粉糖がなじんでいるせいからかも。)
スパイスひかえめで、家族みんなで楽しめるタイプ。
ベッカライ・ビオブロートのシュトーレン

シンプルです。
じっくり仕上げた生地の美味しさを味わいます。
小麦のシュトレン。



今年はオーソドックスに、赤と緑のアレンジメント。
クレッセント、X’mas三日月です。







すてきなクリスマス・イブを 月
2006年12月23日(土曜日)
[ 14:19 ] [ 京都・和菓子 ]
   
[クリスマスの上生菓子]

やぶこうじ 薯蕷きんとん 粒餡

つくね芋の粘り気と白餡が調和したきんとん
小豆ひと粒ずつの味わいを感じられる粒餡
全体の甘味を、かなりおさえてあるので、
それぞれの素材の風味が引き立ちます。

聚洸さんの白餡は、大変高価で手に入りにくい
備中白小豆(びっちゅうしろしょうず)」だけで
作られています。
雪華(ゆきばな) 薯蕷まんじゅう 白餡・粒餡

蒸しあがったばかりのようなみずみずしさ。
つややかなしっとりした薯蕷生地が
黒文字にまとわりつきます。

(美味しさを伝える画像が撮れませんでした 涙

凛として奥深い味わいの粒餡
三つの味わいと食感が重なり合い、
また個々を主張しています。

薯蕷のお菓子は寒くなってからが美味しいので
わくわく期待しながらいただきました。
どちらも、そのほんわかした気持ちが、すーっと
透きとおるような、心奪われる味わいでした。
生地や餡の状態は、その日によって微妙に違ってくるそうですが、
この冬は、できるだけ何回もいただくつもりです。
こちらでも、感動
お正月用の和菓子が見本で並べてありました。

絵馬 薯蕷まんじゅう
迎春 きんとん
 ねりきり
福梅 道明寺
干支 黒糖羽二重
花びら餅 
お月さん わらび餅(写真にはありません)
(各300円、花びら餅400円)

12月30、31日のお渡しです。新年は1月4日から。
干支 黒糖羽二重、白餡・粒餡

いのこ餅に見えますが、違います。
羽二重に練りこんだ波照間の黒糖の香りが
後をひくので(それがお好きな方もいらっしゃるかも)、
黒糖を控えめにするのではなく、強い粒餡を合わせる
ことで、風味に奥行きを持たせることができるそうです。
それでいてくどくならない…
上質の素材で丁寧に作られた生地と餡だからこそ
できる合わせ方だと思いました。
B食店情報
・店名 : 御菓子司 聚洸(じゅこう)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 京都府京都市上京区大宮鞍馬口下ル
・TEL : 075-431-2800
・営業時間 : 10:00?17:00
・定休日 : 日曜日・水曜日・祝日
・キーワード : わらび餅/美しい季節の上生菓子
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ