記事
[ 総記事数:795件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2006年7月31日(月曜日)
[ 23:55 ] [ 季節の風景 ]
   
今夜は、愛宕神社の千日詣り

清滝から神社のある愛宕山の山頂までは約2時間。
表参道をただひたすら登ります。

おととし7月から去年の6月まで、毎月愛宕山に出かける
と決めて、その春夏秋冬を楽しみました。
表参道を上ったのは、一番最初と雪の間だけ。
愛宕山には無数のケモノ道があって、たまたま手に
入った地元の人の手書きの地図を頼りに歩きまわるのが
面白かった。(写真は2005年2月14日の愛宕神社)
冬、小春日和の乾いた地面が、7合目からは突然雪深い山道に変わります。
今日うかがった月餅家さんのお店の奥にも

真新しい「阿多古祀符 火迺要慎


(追記)_________

お詣りで山を上り下りする人たちの挨拶は
おのぼりやす」 「おくだりやす
[ 22:10 ] [ ノンジャンル ]
   
[関連のBlog]

なんて、タイミングのいい 笑
今度、みんなでお昼ご飯におじゃまする
総本家 近清」さんがテレビで紹介されます。

***************************************

8月1日(火)放送 (18時17分〜)
読売TV(関西10ch) 「ニュース・スクランブル」

***************************************

番組の企画「現代の食」特集の中で、とまとのお漬物などが放映されるそうです。
撮影は7月当初だったそうですが、北朝鮮のミサイル問題や西日本の大雨等で遅れたとのこと。
・・・本当に、色々あった7月でした。
2006年7月30日(日曜日)
[ 23:51 ] [ 京都・洋菓子 ]
   
ベック・ルージュ vol.11

8月はお休みするので、最終の夏のメニューの日曜日
お店の開く時間にうかがえなかったので、12時前に
お電話をすると、もうほとんど売り切れていました 汗

ハーブティのジュレ
ニワトコの花風味 マスカット入り

ニワトコの花 ステキな写真がありました。



白い花の咲く野辺の
ゆらゆら揺れる陽射し

だから・・・
いつもの通り道の、この葉蔭を見ながら。
プロフィット・ロール
生クリームのシュー、チョコレートソース入り

螺旋状の生クリームの曲線が美しい キラキラ
プロフィット・ロールは、小さめのシュークリームを
積み上げ、チョコレートソースをかけたお菓子。
ベックルージュ版は、ちょっと違います。
生クリームの壷に閉じ込められた
とろとろのチョコレートソース♪
シューを崩しながら、生クリームをつけ、
チョコレートをすくっていただきました。

本当に美味しい ハート ハート ハート
ナッツの散りばめられた香ばしいシュー生地、
奥深い味わいの生クリーム(+@を感じます)
甘味を抑えたミルクチョコレートソース
三つのバランスが素晴らしいお菓子です。

実は、何度も見かけていたのですが、生クリームとチョコの組み合わせに
なかなか手が伸ばせなかったのです。 ・・・激しく後悔しています。
不定期に登場するベックルージュの定番、出会ったときには必ず買いたいお菓子 王冠 王冠
こちらは、前の週(23日)にいただいた抹茶のケーキ
(雨の中急いでいたので、名前を確認しませんでした)

春の抹茶を使ったケーキより濃厚で、
抹茶の苦味が効いていました。
夏だから軽く、ではない仕立て方が
ベック・ルージュらしい ニヤリ

「味を変えました」とおっしゃっていたスタニスラス
ラベンダーの香りが、深い森の朝もやのように漂って
すばらしく幻想的でした。

ひとつで充足していただけるお菓子を作りたいとおっしゃる山口シェフ。
秋のメニューも、もう既に色々なプランがあって、わくわくされていました。楽しみです。
ご近所に住んでいるので、この秋は一つずつじっくり味わう我儘を満喫したいと思っています ニコニコ

◆ 9月の営業日 ◆
 2(土)3(日)、17(日)18(月・祝)、23(土)24(日) 〜生菓子
 30(土)10/1(日) 〜焼き菓子 
9(土)10(日)、16(土)はお休み
 ■8月も大きい焼き菓子の予約は受付けています。

「ベック・ルージュ」お菓子の買い方NEW
B食店情報
・店名 : ベック・ルージュ(べっくるーじゅ)
・ジャンル : スイーツ-洋菓子
・住所 : 京都府京都市左京区一乗寺花ノ木町21-3
・TEL : 075-706-5085/fax:075-706-5103
・営業時間 : 11:30?19:00(売り切れ次第終了)
・定休日 : 土・日・祝日のみ店頭販売(不定休・要確認)
・最寄り駅 : 叡電・一乗寺駅 徒歩10分/市バス「一乗寺下り松」
・キーワード : 季節の生菓子・焼き菓子/土日だけの隠れ家ケーキ店
B食店ページへ

[ 09:43 ] [ 季節の風景 ]
   
(葉影が打ち水のように続いて)


音楽のようになりたい
音楽のようにからだから心への迷路を
やすやすとたどりたい
音楽のようにからだをかき乱しながら
心を安らぎにみちびき
音楽のように時間を抜け出して
ぽっかり晴れ渡った広い野原に出たい

―― 谷川俊太郎 対詩『音楽のように』より
2006年7月29日(土曜日)
[ 23:51 ] [ 京都・和菓子 ]
   
久しぶりに今西軒さんのおはぎを買いに行きました。
近清さんへは、歩いて5,6分程です。) 

[aiaiさんの記事]
[yummyさんの記事]
[eddyさんの記事]

【今夏、今西軒さんへ行きたい方に】
 この記事の最後に具体的な情報をまとめました。
ハート きなここし餡粒餡 (1個155円)

3口くらいでパクッと食べられてしまう大きさ。
あんこの方が明らかに多いです。
今西軒さんの餡は、甘さ控えめで小豆の香りも
洗練されていて、おはぎというより和菓子のような感じ。
丁寧に作られているのがよく分かります。

好きな順はあっても、結局はそれぞれに捨てがたく
3種類とも買ってしまいます GOOD
ほんのすこし黒ごまが入ったきな粉は独特の風味。
3種類の中では、特にあっさりしています。

きなことあんこともち米、それぞれの味わいが
しっかりとあって、一緒に食べると口の中で
三つのお味が互いに引き立てあい支え合い、
きなこ→もち米→あんこのカノンを 王冠奏でます。

このお米の味が、とても気に入っています。
あんこと一体化してしまう程なめらかで、それでいて、
お米の柔らかい甘さ=香りが感じられて、食感もベタベタしていません。
餡なしタイプも作ってほしいくらいです。

(粒餡とこし餡の断面図は、あんこ党ラウンジでご覧ください。)
ハート あんてぃーく (840円 /500g)

シンプルなゆであずきです。
材料は、小豆と砂糖だけ。

賞味は1週間ですが、持ち帰りの時間も、暑いので
くれぐれも要冷蔵でとのことでした。
今の時期は、保冷できない持ち帰りは遠慮して
いただいているそうです。


さらりとした澄んだお味のゆであずき キラキラ

冷たくしてこのままいただくのが一番好きです。
お店の添え書きには、そのほか、
おぜんざいに、食パンの上にのせて、かき氷や
アイスクリームに、ヨーグルトにかけて、など
お好みに合わせてお試しください、と。
どれも、よく合います GOOD
あんてぃーくは地方発送できます
(電話・faxでの注文可。郵便振込用紙同封)


◆7,8月は月曜日・火曜日がお休みです。
お盆(8/13〜15)は朝8時から開店。
8/16〜19は臨時休業になります。
売り切れることもありますので予約が確実。当日朝でも電話でお取り置きできます。

地下鉄五条駅・4番出口から徒歩1分 MAP

◆車で来られる方へ◆ 
お店の西に駐車場が移転しました。
お店の前の東西の(五条通に平行した)道路は、東行き一方通行で
烏丸通から一筋西の小路を五条通から(南に)下ルと、お店の一角を周って駐車場に入る
ことになります。この道路が大変狭く普通車ではカーブを回りきれない可能性があります。
五条通から西洞院通を南へ、1筋目の小路を東(左)に直進する方が確実です。
駐車場は、お店の手前、北側(左)になります。
B食店情報
・店名 : 今西軒(いまにしけん)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 京都府下京区五条通烏丸西入ル1筋目下ル
・TEL : 075-351-5825
・営業時間 : 9:30〜(売り切れ次第終了)
・定休日 : 第1・3月曜日、火曜定休
B食店ページへ

2006年7月28日(金曜日)
[ 23:55 ] [ 季節の風景 ]
   
(7/28朝 高野川にて)



ゆずれない願いを




抱きしめて




色褪せない




心の地図


光にかざそう




―― 田村直美「ゆずれない願い」より


(写真をクリックすると大きい画像でご覧いただけます。)
[ 19:12 ] [ 京都・美味 ]
   
[関連のBlog]

今度、みんなでお昼ご飯に寄せていただく
京漬物の近清(きんせ)さんにうかがいました。
九代目さんにお目にかかるのは初めてです。

桜さんは、先日立ち寄られていました。
まるごとトマトは店頭にはなく、要予約

上賀茂の完熟トマトを使って漬けられるので、
天候の影響が大きく、完熟であっても、ちょっとでも
熟しすぎた部分があったり、傷があるものは
漬ける工程で崩れてしまうので漬けられないそうです。
九代目さんにアドバイスしていただいて

胡瓜茄子おどぼ(店頭では各1本から購入可)
上賀茂産・賀茂茄子しば(季節限定)
フレッシュ赤かぶ(スライスタイプでないもの)
刻み田舎沢庵
 大根の葉とのつけねの部分を刻んだもの
 (ここ↑ 好きなんです♪)

そして今度は、あのねぎ味噌ニヤリ
さっそく、おどぼ(ぬか漬け) ごはん

この茄子の、中がまだナマなのが好き♪
キュウリ、止まりません ウマッ
ご飯なしでも食べられる塩加減が好みなので
ぴったりでした 笑

あ〜、水茄子もさぞや・・・
新町通から西の六条通は、車が通れない細い小路

昔からのおつけもんと新しいおつけもん
野菜はもちろん、桃、キーウイ、バナナまで(◎◎!)
商品になるかならないかは別にして、
色々試してみることが、伝統のものも作り続けていく
活力にもなっているとお話されていました。

⇒HPに分かりやすいMAPがあります。
B食店情報
・店名 : 総本家近清(そうほんけ きんせ)
・ジャンル : テイクアウト・お取り寄せ
・住所 : 京都府京都市下京区六条通西洞院東入上若宮町94
・TEL : 075-351-1204
・URL : http://www.kinse.jp/syokai.html
・営業時間 : 9:00?18:00
・定休日 : 日曜日
・キーワード : 千枚漬け
B食店ページへ

2006年7月27日(木曜日)
[ 08:32 ] [ 季節の風景 ]
   
今日も暑い日になりそうです。





真如堂
少し前、梅雨のわずかな晴れまに
ナツツバキ
(「沙羅の花」にみたてられています)

ビロードのような花びらの質感を残して
花の散ったあとに、実が膨らんでいます。
菩提樹

葉の下に付いた薄緑色のへら形の苞(ほう)
菩提樹は、数個の種が共同でひとつの苞を持っていて、
秋には、実をおもりにしてへら形の落下傘が、風に
クルクルと回りながら落ちてきます。
紫陽花のあせてきた花色が
梅雨曇りの空に似合っていました。
2006年7月26日(水曜日)
[ 10:54 ] [ 季節の風景 ]
   
「生粉打 作美」さんから
うたかさんのお宅へ寄せていただきました。

窯の入り口に、ひときわ鮮やかなブルー。

あのおたふく紫陽花も、薄紫色からブルーに色を深めて
まだきれいに咲いていました。
竹次郎くん隊長を先頭に探検モード♪

走って 歩いて
止まって 走る

ほぼ10日間、毎日 雨だったのに
この日だけは、晴れました。
笑って
驚いて
ふざけて
笑って

楽しい夏休み 晴れ
食客(竹次郎君談)のつぶやき

「今日は、ずいぶんにぎやかやなぁ」
あっ 竹次郎くん、何か目に入ったの?

なかなか帰りたくない仲良したち
車までなかなかたどりつきません。

3ヶ月前、満開だった山桜の樹の下で。

マイケルさんも、気さくにお話に加わってくださって、
本当にゆっくりくつろがせていただきました。
うたかさん、お世話になりました。ありがとうございました。



[ 10:53 ] [ ♪B'sおみやげ ]
   
うふふ♪
あれ です 食パン

帰り際、あじさいの坂道を下りながら
いきなりゴルゴン デジカメ みんな◎◎!!!
この青空と緑をバックにしたかったの・・・ ウマッ

⇒うたかさんのうふっ♪
うたかさんからいただいた
菓子吉さんの「土用餅」

求肥のやわらか〜いお餅の中に
素朴なお味の粒あん入りです。
実は・・・・・
探検隊の合い間に
こんなところで こっそりと
1個いただいちゃっておりました アセアセ
(いすとテーブルがあったの、と言い訳する)

美味しかった〜 笑
やっぱり和菓子は早めにいただくなくては!
さすがに、断面図 デジカメの余裕はなく(笑)
みんなでお買い物を楽しんだ
週末の青空青果店で売っていたふうせんかづら

これを抱えて京都に帰る訳には行かなかった 涙
採れたての新物の里芋が心残りでした。
朝、草津駅の近鉄で、ハリエのバームクーヘンをお取り置きしていたので、crestさんに送っていただいた後
立ち寄りました。(ブタになりますとも!)

ちらっとのぞいた食品売り場で見つけちゃった ニヤリ
ブルーチーズ系がなかったのは残念でしたが、
SALE&オフで、全部で1500円弱 B星赤

うふふ♪
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ