記事
[ 総記事数:795件 ] [ RSS2.0 ]
2006年4月24日(月曜日)
[ 21:55 ] [ 京都・パン ]
   
一乗寺「こせちゃ」の

丹波産大納言粒あんぱん (157円)

この自家製粒あんに 恋 ハート
小豆のひと粒ひと粒がほっくりとしています。
丹波の大納言小豆を、ミネラルたっぷりの洗双糖(沖縄産)
で炊いているそうです。
最小限の甘味、大納言小豆の味わいが引き立って GOOD GOOD
すくっと精悍な姿に、まずひとめぼれ ハート

この「丹波産大納言粒あんぱん」のほかに、
こせちゃ自家製の粒あんの入ったパンは
くるみあんぱん (黒ゴマ丸のところにクルミ)
油脂・乳製品・卵を使っていない
全粒粉あんぱん(パン生地が全粒粉)
ごまあんぱん (黒ゴマを練りこんだ生地)
ほか、季節のあんぱんにもはいっています。
<一乗寺下り松>を北に少し行くと、「こせちゃ」の看板が
あります。 MAP (「こせちゃ」「東風」「中谷」)

「こせちゃ」に初めて出合ったのは、もうずい分前、
まだお店を始めたばかりの頃。
夕暮れ、曼殊院から散歩の帰り道、細い道を選んで
下りてきたら、そこに小さな小さなパン屋さんがあって、
覗くと、茶色のテーブルに小さなパンが何種類か、
気持ちのよさそうにくつろいでいた。二つだけ買って、
路地の道を迂回することにして、ちぎりながら食べた。

自然な味がその時の状況と気分にぴったりで、セットでインプットされてしまったので、
お店の場所をはっきり把握しないまま、たまたま前を通りかかったら、ひとつかふたつ。
しばらくお店が開いていないことがあって、いつのまにか足が遠のいていたら、
次に通った時には、定休日だったけれど、少し広くなってきれいになっていた。
「こせちゃ」、聞き慣れない発音のお店の名前を聞くたびに、
あの夕暮れの茶色のテーブルとパンが浮かんできます。
そして今もその俤のまま、気持ちよさそうなパンたち。(写真;06.4/22撮影)
⇒素顔のパン
◆「こせちゃ」の食パン、レーズンパン、全粒粉パン等には、油脂・乳製品・卵を使用していません。

予約・地方発送の注文を受け付けています。
 2日前まで、TEL・FAX(商品の詳細注文書あり)
 E-mail/cosecha@sings.jp
 京都市内は配達できる区域があります。(千円以上)
 送料着払い、パン代は同封の郵便振込み用紙にて。
B食店情報
・店名 : こせちゃ(こせちゃ)
・ジャンル : スイーツ-パン
・住所 : 京都府京都市左京区一乗寺釈迦堂町33-2
・TEL : 075-791-5291
・営業時間 : 10:00?19:00
・定休日 : 火曜日・水曜日・8月・年末年始
・最寄り駅 : 市バス「一乗寺下り松」
・キーワード : 安心しておいしく食べてもらえるパン
B食店ページへ