記事
[ 総記事数:795件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2005年11月30日(水曜日)
[ 23:51 ] [ 京都・美味 ]
   
ひらりさんが「わたぼうし」を購入された
「紫野和久傳・堺町店」、夏に立ち寄った時の画像が
あったのでご紹介します。

こちらは、階段を上って突き当たりの席
中庭をはさんだ簾の向こう側が「室町和久傳」です。
夏限定の「胡球(こきゅう)」

白あんをショウガ味の胡瓜の寒天寄せで包んでいます。
こんな組み合わせは初めて!
細かく刻まれた胡瓜がシャリシャリ キラキラ控えめな生姜風味
昆布だし?の甘くないさっぱりした寒天が、
餡と絶妙に合って初めての味でした GOOD

抹茶・玉露・煎茶などが選べるお茶とのセットで1050円

「紫野和久傳」と言えば、れんこん餅「西湖(せいこ)」
けれども、いわゆる和菓子屋さんではありません。
和菓子の伝統やコンセプトにとらわれないお菓子を工夫していらっしゃるように思います。
これから季節毎にどんな生菓子が登場するのか楽しみ ハート
大きな照明が特徴の店内は、落ち着いた雰囲気。
(ピンボケでごめんなさい)
「室町和久傳」の町家改修は大きく取り上げられました。
京風というより、簡潔に伝統を生かした内装です。

東京にも出店していますが、京都本店・堺町店限定の
お弁当とお寿しがありますので、まとめておきます。

・陶筥(とうばこ)弁当 4725円(器が陶器製)
・むらさきの(幕の内弁当) 3150円
・鯛ちらし 2625円(二段もあり)
「こふみ」各種
・穴子寿し 2940円 ・塩鯖寿し 2310円(求肥昆布巻)
・鮭の香味寿し 2625円 ・典座(てんぞ)寿し(野菜と乾物のちらし) 1575円

いずれも当日賞味、要予約;075-495-5588(夏の堺町店では購入できましたが)
量はあまり多くはありません。
「西湖」や「おもたせ」は、京都駅伊勢丹でも購入できます。(直通電話075-352-0345)
こちらは、大徳寺の東側(北大路角)の本店の入り口。
数日前高桐院に行った時に デジカメ
打ちっぱなしのコンクリート、こじんまりしたエントランス。
京料理というより、精進料理を中心にした献立です。

「西湖」はこちらに電話して取りに行っています。
時には自転車で^^;


現在のメニューです。
野菜だけのお料理ではやや高いかな〜。。
以前は地元の人も利用するお昼膳がありました。
最近は観光の方が多いようです。

B店情報に本店を登録しておきます。
B食店情報
・店名 : 紫野和久傳(むらさきのわくでん)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 京都府京都市北区紫野雲林院町28番地
・TEL : 075-495-5588
・URL : http://www.wakuden.jp/
・営業時間 : 11:00?18:00
・定休日 : 月曜日(祝営業)
・最寄り駅 : 市バス「大徳寺」前
・キーワード : 西湖/工夫を凝らした季節の生菓子/京都限定のお弁当・お寿し/高級お土産
・友人・同僚
B食店ページへ

[ 16:23 ] [ 京都・和菓子 ]
   
11月にいらしたお客様のお土産にした<京都のそのお店でしか買えなくて、2,3日以上日持ちもするお菓子>

御倉屋 「旅奴」「夕ばえ」
龜末廣(かめすえひろ) 「京のよすが」(別名「四畳半」)
姉小路烏丸東入 075-221-5110
喜久屋(きくや) 「レモン葛湯」「小倉羊羹」
西大路わら天神バス停前(西側) 075-462-6332

友人・知人には必ず食べてもらいたい定番の
しののめ「じゃこ山椒」、*ゆば長「くみあげ湯葉」ほか
(どちらもお取り寄せ可)は、もちろん押し付けました アセアセ

ダイナミックな東福寺の紅葉の下にひっそりとした一画
束の間陽が射して、友禅模様になりました。
2005年11月28日(月曜日)
   
「京うどん 神宮道 京菜家」で風雅なおうどん。

神宮道は、知恩院と平安神宮を結んでいます。
画廊やギャラリーが多く、落ち着いた佇まい。
高台寺下河原の懐石料理店「馳走 高月」の
うどん店です。

季節の食材を料亭風にアレンジしたメニューに目移り…
(うどんか茶そばを選びます。)
スタンダードな<京生ゆば>や<にしん><きつね> ウマッ
でも、やっぱり普通のおうどん屋さんにはないのを食べてみたい ウマッ
<すっぽん> ハートこれは冬もあるそうなのでまたの機会に置いといて、
12月上旬までの秋のメニューでは<鴨つくね>か<牡丹鱧>、ちょっと迷って
牡丹鱧うどんに決定!

お丼にふたがのせてある〜 ドキドキ
小皿は、手削りのカツオ節とじゃこの炊いたの。

穴子を刻んで混ぜた寿司飯を、菜っ葉を芯に生ゆばで
巻いた<ゆば寿司>も注文してみようかと思っていたのに、
この後すっかり忘れてしまいました^^;
おだしが美味しい’`*:;。・☆料亭の椀物の味わい 王冠 キラキラ

蒸した鱧は葛をまとって、とろりんふんわり 虹
1個だけ梅肉をのせて、彩りのポイントにも ニコニコ
人参、白菜、手前左のおぼろ昆布は高品質 GOOD
そして、柔らかめに仕上げたごま豆腐にうっとり ハート

後から薬味のむき胡麻(炒ってはいないかと)をかけて
もっと早くに試したらよかったと。香りがきれい。
幸運・良縁を招くようにと、紅色の「平安結びうどん」が
お箸で結べるように乗せてあります♪

冬には、<あんかけ>や<かぶら蒸し>もメニューに加わります。
牡丹鱧1680円、京生ゆば1155円、すっぽん1785円、

ワガママ; これを稲庭うどんで食べてみたいなぁ〜。
おうどんがコシはあるけど、ちょっとポソッとしていたような・・・ごめんなさい アセアセ
神宮道は、疎水を渡って、こちらの「京都市美術館」と
「京都国立近代美術館」の間を通っています。
春は桜並木のとても美しいところです。
今年は、桜の葉が赤く色付いています。
ここを東に真っ直ぐ歩くと(15分)「南禅寺」です。
1週間前の南禅寺参道です。
(⇒こちらにもあります。)

もうだいぶ紅く染まってきているのでしょうか。
B食店情報
・店名 : 京菜家(きょうなや)
・ジャンル : 和食-うどん・そば・麺類
・住所 : 京都府京都市東山区三条通北裏白川筋東入堀池町374
・TEL : 075-751-9401
・URL : http://www.kyoto-kougetsu.co.jp/kyonaya/
・営業時間 : 11:00?20:00
・定休日 : 月曜日(祝日は翌日休)
・最寄り駅 : 地下鉄東山駅
・キーワード : 牡丹鱧(初夏・秋)/かぶら蒸し(冬)/すっぽん/季節替わりのメニュー/「馳走 高月」のうどん店/おだしが美味
・友人・同僚
B食店ページへ

2005年11月27日(日曜日)
[ 01:00 ] [ 京都・洋菓子 ]
   
姐さん が、9月に食べていた「デリス」のカヌレ

バリンした焦げ茶色の中に ふにゃんとした淡いたまご色
ふにゃんのほの甘たまご味に
バリンの苦みばしった香りと噛みしめ感
お・い・し・い ハート
お酒がきいていないから、よくわかる!!
大徳寺のバス停のすぐ前にあるデリス
フルーツたっぷりケーキが嬉しい地元のケーキ屋さん。

ケーキの箱を持ってバスを待っている人もちらほら。
ガイドブックを持ってバスを待っている人がわんさか!



大徳寺塔頭(たっちゅう)高桐院

表門から鍵の手に唐門をのぞむ参道
竹林の翳りの向こうにさんざめく光の清澄

足元の両側の苔の上には小さな紅模様
降りそそぐ木洩れ陽と黄葉の波間に
透きとおった声で呼び交わす小鳥の影が舞って
客殿の南のお庭に、唐門の背後の風景が取り込まれます。

お庭は、主客の席に座って最も美しく見えるように
造られています。
この部屋に立ってしまうと、上部の薄橙色に色付いている
部分が見えなくなってしまいます。
こちらだけではなく、どのお庭も、視界や目線を大切にして
組み立てられています。さりげなく。
B食店情報
・店名 : デリス(でりす)
・ジャンル : スイーツ-洋菓子
・住所 : 京都府京都市北区紫野雲林院町31-1
・TEL : 075-493-1032
・営業時間 : 10:00?20:00
・定休日 : 火曜(祝日の場合は、翌日)
・最寄り駅 : 大徳寺バス停前(東行き)
・キーワード : カヌレ必食
B食店ページへ

2005年11月26日(土曜日)
[ 23:57 ] [ 京都・美味 ]
   
ひとむさんのところで千枚漬けを見たら
食べたくなっちゃった 笑
実は、この間友人のお土産に買ったばかり
でも、ウチの分も差し上げてしまったから、今年初めて ウマッ

肉厚(2,3mm)、昆布のネロ〜がまとわりついています。
歯ごたえがあって、ちゃんと漬かっているのに生っぽい キラキラ
蕪(かぶら)の新鮮な甘味と昆布の旨味が絶妙にマッチ!
こ〜んなに厚い極上の昆布で漬けてあります。

これも刻んで、そのままでも何かと合わせても GOOD
壬生菜(みぶな)も入ってます。(ネロッとしていません。)
ちょっとほろ苦さがあって、これも大好き!

聖護院かぶらもみぶ菜も今が旬の京野菜。
京都ならではの季節のお漬けもの。

*〜 追記 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

◆「かね松」の上田さんから教えていただきました◆
本来、千枚漬けには壬生菜と昆布が入っているのです。
壬生菜は御所の松葉を表し、蕪と昆布は御所の玉砂利を表します。

千枚漬けの本家本元(千枚漬けを開発されたお店*「大藤」)から直接聞かれたお話だそうです。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

こちらは、開封しなければ冷蔵庫で1週間程もちます。
1袋1050円、高いーー!
お土産やお遣い物にはいいけれど、自宅で食べるには…
5枚しか入っていないの・・・・
直径10cm以上で厚めだから、重さはあるんけど。。。
大事〜に食べなくちゃ!!

今の時期、今年は蕪が大きいそうです。
小さい時は6枚のときもあります。
(こちらのお店は酢は入れていません。)

このあと、1/4に切っていただきました ウマッ
支店やデパート売りがない加藤順さん
二条通から小路を入った分りにくいところにあります。
観光タクシーのお客様が多いです。

千枚漬け」と「浅しば」は、こちらにしています。
人気の「ちりめん菜の花漬」他、たくさんの種類があります。
中には、ちょっと塩辛いものもあるかな。。
年によって違いますが、千枚漬けは3月中旬までの販売。
すぐきは12月に入ってからになるそうです。

※ネット・電話・FAXでお取り寄せできます。
B食店情報
・店名 : 加藤順漬物店(かとうじゅんつけものてん)
・ジャンル : テイクアウト・お取り寄せ
・住所 : 京都府京都市左京区二条大橋東三筋目北側
・TEL : 075-771-2302、075-761-5827、fax075-752-0290
・URL : http://www.katojun.co.jp/
・営業時間 : 8:30?19:30(日・祝は?19:00)
・定休日 : 無休(1/1?3のみ休)
・キーワード : 千枚漬け/浅しば/お取り寄せ可
B食店ページへ

2005年11月25日(金曜日)
[ 13:00 ] [ 季節の風景 ]
   
真紅の紅葉の真如堂、今が見頃です。
(「吉田山荘」まで徒歩2分)

今年は境内正面の参道の樹の色付きが悪く
ちょっと残念ですが、本堂のまわりは鮮やかな彩り。

昨夜テレ朝の中継がありました。
今夜は特別ライトアップを見られるね、なんていう会話も。
あ〜あ、これでまた人が押し寄せる〜 ハートブレイク
美しく染まった濁りのない真紅。
枝先の小さな一葉まで紅色に燃え上がって。

この彩りを見るのは3年ぶり ハート
一方で南側の樹々が弱ってきているのが気になって
います。散策自由の境内なので、根が傷んできている
のではないかと。
東福寺では今年から紅葉の谷を柵で囲いました。
一番お気に入りの場所だったのに・゚・(ノД`)・゚・。
そうならなければいいけれど…でも、樹が大事。
早くに色付く三重塔の周囲は散り紅葉。
うしろの銀杏の軽やかな金色が射し込んで
日陰に色付き始めた淡い色調の楓の坂道
柔らかな表情です。

本堂の裏(東側)の紅葉はこれから
変化する紅葉の風情を長く楽しめるのも
真如堂の魅力です。

真如堂に行く途中に前を通った今出川通の「ぐろっと
お値打ちの丁寧な創作料理で人気のお店
超お薦め GOOD B星赤 B星赤
早くご紹介したい〜!!
京都に訪れる予定のある方は、ぜひぜひURLをクッリク 笑
献立は、10品3,680円の月替わりコースのみ
ちなみに11月は(もう無理だと思いますが)

付 出 し : 甘鯛と蕪の吸物
前 菜 : 三種盛り
蒸 し 物 : 秋鮭のつみれ 味噌仕立
お 造 り : 鯛の二種盛変わり鉢 : するめ烏賊の肝炒め
おしのぎ : 燻し鯖寿司
強 肴 : 豚の角煮と根菜の煮込
酢 の 物 : 青菜の白酢和
ご 飯 物 : 牡蠣の天茶漬け
デザート : 栗のアイスクリーム
1月からは、時間や内容・料金が変更になります。
2005年11月24日(木曜日)
[ 06:54 ] [ 京都・和菓子 ]
   
紅葉を見に来ていた友人にお土産に。この間までは、

「近所の古いちっちゃなお菓子屋さんでね、
別に京風じゃないんだけど、皮の感じがありそうでなくて、
京都の人たちには気軽なお茶うけ菓子で、
じわ〜っと人気があるの。カジュアルな京都の定番かな。
3、4日持つし、ちょっと甘いけど食べやすいから」

なんて言って、オマケのお土産に邪魔にならない位の数を
袋入りで渡したりしていたのに、今や<あの阿闍梨餅> キラキラ
モチモチッとした皮にやや甘い粒あんがたっぷり ウマッ
ほっこりします ハート 
買い物の帰りに立ち寄って3個とか5個とかその日に
食べる分だけ買っていました。1個105円、手軽なお値段 B星黄

本店のある鞠小路通は、東大路のひと筋東、
本当に地味で、近所の人と京大生しか通らない場所です。
(今出川通を下がると、あの金平糖の「緑壽庵清水」も
あります。ここも立派にならはった。「満月」から徒歩5分)
ひっそりしたお店の向かい側に立派な「御菓子司」が
建ったのは確か3、4年前。
タクシーや観光バスが乗りつけています。
島屋や伊勢丹でもとてもよく売れているようですね。
皆に愛されてきたお菓子が有名になるのは嬉しいけど、
それにしても急激な大変貌でした〜。
最近は慣れてきましたが、当初は何だか入りにくくて(笑)

阿闍梨餅のほかには、曜日限定販売の「満月」、
「京納言」と「最中」があります。
「満月」は普通だったような^^; 棹物「京納言」は上品カジュアル用に時々買います。
圓光寺(えんこうじ)の紅葉の清々しい紅葉 キラキラ見頃です。

紅、朱、茜、橙、黄、浅緑、濃緑…
彩りが響き合うお庭。
陽射しや風を感じさせてくれます。

詩仙堂の近くの小さなお寺の端正な庭は、5,6年程前は、
観光タクシーさんの紅葉の穴場でした。その美しさが
口コミで広がり、あっという間に京の紅葉名所 王冠
ライトアップが始まってからは人出はさらに増して…。

混んでいても一度は見たい紅葉なので、比較的人の少なくなるような時期や時間をねらって
訪れています。また盛りを過ぎた頃にいきたいな〜
5月上旬の新緑の瑞々しさは、まだ静かに味わえます GOOD
池に、地に、紅葉のさざなみ キラキラ

きらめきの後ろ側にも、彩りが映ります。
B食店情報
・店名 : 満月(まんげつ)
・ジャンル : テイクアウト・お取り寄せ
・住所 : 京都府京都市左京区鞠小路通今出川上ル
・TEL : 075-791-4121 fax075-712-6885
・営業時間 : 9:00?17:30
・定休日 : 水曜日
・キーワード : 阿闍梨餅
B食店ページへ

2005年11月22日(火曜日)
[ 12:43 ] [ 京都・和洋喫茶 ]
   
紅葉の真如堂の真向かいにある宗忠神社のとなり
吉田山荘」は元東伏見宮別邸です。
こちらの表唐門は、昭和初期、宮大工棟梁の第一人者に
よって造られたそうです。

典雅でゆかしき趣 キラキラ キラキラ
このエントランスの蛇行した坂道を
上ってみたくなりませんか?
1932年に建てられた母屋
伝統とモダンが融和した端正な建物です。

玄関の横が、絵本作家ケイト・グリーナウェイの作品展示を
常設している泉ティーサロン。
先客があって、この日は2階へ案内されました。
(たぶん、空いていたので1組ずつという配慮かと)
花の間
東と南にテラスのある見晴らしのいいお部屋です。

フシミ(伏見)の文字をデザインしたというステンドグラス
さりげなく置かれたアンティークの調度、銀製の小物
とても居心地がよくて、ゆっくりくつろぎました ハート
(紅葉の少し前でした。)

昼膳の時間が終わる2時半すぎから5時が静かです。
cafeメニューは、
珈琲・紅茶・カフェオレ・抹茶・あずき茶・おぜんざいなど。

新メニューの木酢ホット(メープル付き)をいただきました。
「木酢」は、九州の酢みかんの一種だそうです。

飲み物に必ず添えられるのが、
女将手書きの万葉集や古今集などからの季節の歌。
(裏に歌と出典を書いた付箋が添えてあります。)

さりげない心遣い、ほどほどで堅苦しくない丁寧な応対。
一杯のお茶+空間・雰囲気は、間違いなく B星赤 B星赤 B星赤

リーズナブルな昼膳は、桜と紅葉の季節はお休みです。
以前「葉皿料理」をいただいたことがありますが、あくまでもお昼のみの献立
お料理+盛付け・雰囲気=A’食というところでしょうか。。
玄関のステンドグラス
「直孤文鏡(ちょっこもんきょう)の背面文様」

秋の山紅葉を幣(ぬさ)と手向(たむ)くれば
住む我さへぞ旅心地する 紀貫之

(秋の山は、さかんいちる紅葉の様子がちょうど旅人の
手向(たむ)ける幣のようだ。ここに住んでいる私までも
旅の途中の心地がする。)

今回はカフェのジャンルでB食店情報に登録しました。

※こちらから徒歩15分程の「茂庵」もお薦め。
但し、最近はとても混んでいてかなり待たなくてはいけないようです。
B食店情報
・店名 : 吉田山荘(よしださんそう)
・ジャンル : カフェ・喫茶
・住所 : 京都府京都市左京区吉田下大路町59ー1
・TEL : 075-771-6125
・URL : http://www.diana.dti.ne.jp/~yoshidas/
・営業時間 : 11:30?17:00(ティータイム)
・キーワード : 元東伏見宮別邸で優雅なティータイム/真如堂からすぐ/
・友人・同僚
B食店ページへ

2005年11月21日(月曜日)
[ 23:53 ] [ 自家製美味 ]
   
湯気ほわほわのうたかさんのカレーうどん
比べるともうひとつ美味しそうじゃないけど アセアセ

今日のお昼に作って、珍しく1枚 デジカメしてました。
牛スジのスープの残りに、ムキエビとイカ刺しの少量残り、
カレー粉+スパイス+調味料をテキトウにパパッといれて、
和風トロピカル??
仕上げに入れた水菜の茎とスダチが決め手。
(これも使い切りたかった残りモノ)

かなり変な味になるよね♪となかばヤケクソでしたが、
これがけっこうおいしかったりして…へぇ〜、意外 笑
パスタをカレー味にしたのは初めてでした♪
[ 13:08 ] [ おいしい食べ物 ]
   
その1その2

プーリッシュ・ドゥミ

クラストが塩おかきみたい!パリンとして香ばしい ドキドキ
そのなかに、とってもシトッムチッとした生地が GOOD
そのまま食べた時の食感がフレンドリーで感激しました〜♪
こういうリュスティック(?)は初めて☆
レトロドールの小麦粉味に塩がほのっと加わってます。
セレアル・ドゥミ

いろんなプチプチ穀物粒がたっぷり入って(σ゜▽゜)σ
生地がとってもしっとりしていてジューシー ハート
セレアルのパンはぽそっとした感じが多いので新鮮!

塩が穀物の味を引き出しています。
プチプチの口触りがよくて、プチンとすると香りがふわっと。
焼き戻さないでスライスして
ふわふわオムレツと葉っぱをはさんで食べました。
コンプレ・ドゥミ

こんなに繊細な全粒粉のパンがあるんだ〜♪
奥行きのある味わい’`*:;。・☆
クラストが薄めで生地もなめらか キラキラ
食べるほどに、もっと食べたくなってしまいました。

次の日は軽く焼き戻して、バターとハチミツを少しつけて。
これも美味しい ドキドキ
セーグル・フィグ・ドゥミ

小さめだけど、キュッとうまみを閉じ込めたドライフィグ
たくさん入ってないけど、パン全体のいちじく風味が濃い!
厚くて歯ごたえのあるクラストに、濃厚で甘めの生地、
単独ドライフルーツのパンは
こういうのが満足感があって好き 笑
友人から自家製の人参とブロッコリーが届いたので、
前夜に仕込んだ牛スジ(これが最後)と玉ねぎのスープで
簡単ポトフ、味付けは塩と胡椒だけ。
上品な澄んだ味、すご〜く美味しかった!自画自賛 アセアセ

ヴィロンのよくできたスタンダードなパン達にぴったりでした。

今度は、姐さんが食べていたサンドにも会いたいな ハート
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ