記事
[ 総記事数:2318件 ] [ RSS2.0 ]
2009年2月15日(日曜日)
[ 16:32 ] [ ふぁいとぉ ]
   
バレンタインディナー前日、甘海老のポタージュを仕込みます。
このポタージュ、幻のメニューになりつつあるのが最近の気がかり。

小さなバゲットのハートは24枚用意。
撮影している間にどんどん乾燥していくのが分かって、慌ててラップで包みます。

数年前までは、このチーズの中にモスタルダが入ってましたっけ。
今は輸入ができなくなってしまったのがとても残念。
チョコのトルタもハート形に。
だってバレンタインですもん。
2009年2月14日(土曜日)
[ 02:01 ] [ お知らせ ]
   
2/14(土)のディナーは、ご予約のお客様のみです。
また、ランチは早仕舞いの可能性もありますのでご了承ください。
2009年2月10日(火曜日)
[ 00:40 ] [ ご予約メニュー ]
   
◆人数 : 6名様
◆予算 : お1人¥3,500
◆希望
・お任せ
*前菜盛り合わせ
・イタリアンサラミ
・びっくりオリーブ
・アヴェック
・スカモルツァ アフミカータ
・ペスキオーレ
*ホタテのカルパッチョ
*里芋とソーセージのフリッタータ
*甘海老のガーリック風味ソテー
*イベリコ豚肩ロースの香草風味焼き 鷹峯辛味大根添え
*ブロッコリーの温かいマリネ レモンの風味
*ベーコンと葉たまねぎのパスタ(フェデリーニ)
*菜の花とたらこのパスタ(フェデリーニ)
[ 00:36 ] [ ご予約メニュー ]
   
春野菜もだいぶ充実してきましたので、今年も「イベリコ豚と春野菜のコース」をスタートさせました。
ご予約なしでもOKですが、事前ご予約も承ります。

≪メニュー お一人様¥3,200 2名様〜≫
*前菜盛合せ
・サラミ2種
・ハムのムース
*本日のカルパッチョ
*春野菜と白魚のフリッタータ
*下記3品の内から1品お選びください
・甘海老のガーリック風味ソテー
・タコの香味パン粉焼き
・カマンベールのオーブン焼き
*下記2品の内から1品お選びください
・イベリコ豚肩ロースの香草風味焼き
・イベリコ豚肩ロースのサラダ仕立て
*春のおまかせパスタ
2009年2月6日(金曜日)
[ 02:01 ] [ ご予約メニュー ]
   
「どうしても二人でモンドールを食べたい」と言うのは、シェフの同級生夫妻。
奥さんはモンドール初体験 キラキラ
さっそく蓋を外して、クリーミーでエピセアの香りが上品なモンドールを楽しみます。
そうこうしている間に、バゲットに絡めながら焼いた蓋の部分が登場。
「ワインがすすむ」と、のんべえご主人にこにこです。
じゃが芋につけたり、お皿のモンドールをバゲットでぬぐうようにしながら、あっと言う間に半分まで食べ進みました。
いったん厨房へ返して、今度は焼いて楽しみます。
[ 01:58 ] [ ご予約メニュー ]
   
畑菜や、辛味大根を添えたイベリコをつまみながら待つことしばし。
焼きあがりました キラキラ
またまたあっと言う間に食べ進み、周りをスプーンでこそげだすご主人。
「これでまたワイン1本空けられる」と、にまにま。
さすがにパスタまでは入りそうになかったので、残ったじゃが芋を使って九条葱とアンチョビでガーリックソテーに。
そして完食 キラキラ
こんなに綺麗に平らげていただければ本望です。

作っちゃいましたね、
二人でモンドールを食べてしまう前例。
[ 01:57 ] [ 大好きすきすき ]
   
残り物でまかない。
畑菜のしっぽと、モンドール用に茹でたじゃが芋の残りでササッと玉子とじ風な野菜炒めに。
同じく、ちょっぴり残った辛味大根を乗っけて。
美味しい。
2009年2月3日(火曜日)
[ 02:53 ] [ ご予約メニュー ]
   
海老芋の生ハムまき

今回の海老芋は小ぶりなもので、小海老芋とか孫芋とか呼ばれるものだそうです。
それを生ハムでくるりと巻いて。
辛いカルパッチョ

お魚はカルパッチョで。
ちょっとお腹が温まって活性するように、唐辛子で辛めに。

畑菜のパルメザン風味

今回の主役はこちらの畑菜!
旧暦のお正月の後の初午の時に、京都で食べる習慣のある畑菜は、東京の市場では見ることのできないお野菜です。
普通は油揚げと煮たり、辛し和えにするところを、パルメザン風味で。

海老芋とトリュフのフリッタータ

海老芋はもう一品。
フリッタータの中に入れるとまた美味しいのです。
イベリコ豚肩ロースの香草風味焼き 鷹峯辛味大根添え

すりおろしても水分が出ない大根。
関東の辛味大根とはまた違った、美味しい辛さです。
イベリコの脂身と合わせて召し上がってください。
[ 02:52 ] [ ご予約メニュー ]
   
九条葱とアンチョビのパスタ

最後は畑菜と同じくこの季節のお勧め、九条葱を使って。
この季節の九条葱は軽いぬめりがあって、それがまた美味しいですね。

≪メニュー お一人様¥4,000≫
*前菜盛り合わせ
・海老芋の生ハムまき
・スカモルツァ アフミカータ
*辛いカルパッチョ ホタテと生だこで
*畑菜のパルメザン風味
*海老芋とトリュフのフリッタータ
*イベリコ豚肩ロースの香草風味焼き 鷹峯辛味大根添え
*九条葱とアンチョビのパスタ(フェデリーニで)

[ 01:49 ] [ ご予約メニュー ]
   
◆人数 : 4名様
◆予算 : お1人¥4,800
◆希望
・モンドール
・京野菜
・辛いもの少し
*海老芋の生ハムまき
*辛いカルパッチョ
*畑菜のパルメザン風味
*イベリコ豚肩ロースの香草風味焼き 鷹峯辛味大根添え
*九条葱とアンチョビのパスタ(フェデリーニで)
*モンドール
・蓋の部分を焼いて
・そのまま常温で半分まで バゲット、じゃが芋と一緒に
・残りにトリュフを入れて焼いて