記事
[ 総記事数:2302件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2006年6月30日(金曜日)
[ 17:00 ] [ お知らせ ]
   
<6/24(土)>
・Lunch ・・・ 貸切です
・Dinner ・・・ 用意ができしだい開店しますが、今のところ19時頃の見込みです。

<6/30(金)>
・Dinner ・・・ 貸切です
[ 03:03 ] [ ご予約メニュー ]
   
◆人数 : 2名様
◆予算 : お1人¥6,000 (デザート込みで)
◆希望
・甘海老をたくさん
・ボリュームも多めに

◆メニュー
*前菜盛り合わせ
・イタリアンサラミ
・ハムのムース
・ペスキオーレ
*タコと帆立とハマグリのマリネ
*野菜のポタージュ
*トリュフのフリッタータ
*甘海老のガーリック風味ソテー
*大山鶏の唐辛子焼き
*イベリコ豚肩ロースの香草風味焼き
*ブロッコリーとそら豆の温かいマリネ
*ベーコンとフレッシュトマトのスパゲッティ

*チョコのトルタ ミルクのジェラート添え
*パッションフルーツのラム酒添え


***

写真は”タコと帆立とハマグリのマリネ”です。

2006年6月29日(木曜日)
[ 02:22 ] [ ふぁいとぉ ]
   
<シェフからまわってきたメモ>

・チキンの唐辛子焼き
・島唐辛子のペペロンチーノ
・ラムのManaスタイル
・胡瓜と帆立のアイヨリソース

<私が気になっているもの>

・南高梅
・うなぎ
・ピラフ
・アボカド
・ピクルス
・島レモン

<メニュー化するポイント>

”ご予約なしでもボードに載せられること”。これがいつも頭を悩ませてくれます。
   
枝豆とタラコだけの組み合わせのパスタは、去年はランチにしかお出ししなかった記憶があります。
夜はホタテや甘海老も一緒だったかな。

でも今年の夏は、ホタテや甘海老を入れずにスッキリと仕上げたい気分。
お値段もスッキリと。
完成はこんな感じで。


枝豆といえば、次回のジェラートは枝豆ミルクにしようかしら。
2006年6月28日(水曜日)
[ 10:19 ] [ お知らせ ]
   
6/19〜25まで放送されました、東京ケーブルテレビの”あらぶんちょ”
(”あらぶんちょ”は、荒川区、文京区、千代田区の頭文字です)
Manaの放送内容がHPにアップされました。
東京ケーブルテレビのHPはこちら、その中の6/19〜25放送分をクリックしてみてください。

その中にManaクイズもあります。(正解しても特にプレゼントはなしね)
B食の会員さんには簡単なクイズですね!




えーっと。
本人達の名誉のために書いておきますが、写真は横に1.5倍くらい拡大されています。
それとカメラマンさん。下からのアングルで撮らないでくださ〜い。
2006年6月27日(火曜日)
[ 02:43 ] [ 素材 ]
   
どうも、初めまして。カワカレイです。
体中つやつやで水玉模様が。
ヒレは縞々模様。
裏返しても縞々模様。
2006年6月26日(月曜日)
[ 03:26 ] [ ご予約メニュー ]
   
◆人数 : 2名様
◆予算 : お1人¥3,000
◆希望
・小笠原のラム酒を


◆メニュー
*クロスティーニ3種類
・ハムのムース
・チキンの粒マスタード和え
・ゆで卵
野菜のポタージュ
*ホタテとカワカレイのカルパッチョ
*野菜のフリッタータ
*チキンのパン粉焼き ケッカソース添え
*Manaのボスカイオーラ
*バジルのスプラウトでパスタ
(パスタは両方ともフェデリーニで)

*ラム酒は、ロックで、南高梅のラムソーダで、ラムのちびちびで。

***
今回のお客様はちょろぼぅ。さんと、ぴーこさん。
そしてふらりといらしたくーさんも同じメニューでしたね。

写真は”クロスティーニ3種”と”チキンのパン粉焼きケッカソース添え”です。
2006年6月23日(金曜日)
   
コラーゲン豊富な身近な食材の王様は鶏肉でしょうか。
手羽先はもちろんですが、今回はトリモモで。

野菜のポタージュ用に、チキンでブイヨンを作りました。

本当なら鶏がらを使うところだけど、モモ肉とロースハムやベーコンを使用。
野菜も身近な材料ばかりで、玉ねぎ、人参、セロリ。
野菜は煮溶けちゃわないようにコロコロに切って、トリモモは大きなままで使います。
香り付けににんにくとロリエ、タイム、パセリの茎とかも一緒にね。

沸騰したら、アクと余分な脂を取りながら、コトコト1時間半位ゆっくりと煮たらできあがり。

今回はポタージュを作るのが目的だったので、トリモモを取り出して残りはこしましたが、塩コショウで味付けすれば、そのまま具沢山&コラーゲンもいっぱいのスープになります。




そして取り出したトリモモはまかないに変身。

あさつきを散らして、お好みのポン酢をかけて、生姜や辛子で食べればご飯が何膳もいけちゃいます。
ブイヨンから取り出した時点では、トリモモには塩などはしていないので、少し小さめに切って、ポン酢なども多めの方がご飯のおかずに良いかもしれませんね。


もう一つ違うパターン。

トリモモは細かめに切って塩コショウを少々、玉ねぎのスライスを入れて粒マスタードとマヨネーズで合えたもの。
ほんの少〜し、ケチャップを足すのもいいですね。

このままお酒のつまみにもどうぞ。
あ、もちろんポン酢バージョンだってつまみになりますよね。

レタスなどの上に乗せちゃえば、ボリューム感のあるサラダに。




サンドイッチにすれば、お弁当にもぴったりです。








一度作れば幾通りにも楽しめるし、コラーゲンを残さずスープで摂取。
もちろん手羽先で作れば、もっとプルンプルンです。
2006年6月22日(木曜日)
   
小笠原のラム酒に、小笠原の島唐辛子をたくさん入れて作っている”辛いラム”
主にお魚の香草焼きの時に、一緒にお出ししています。

昨日のランチはボスカイオーラ。
ツナと木の子を使ったトマトソースのスパゲッティで、
Manaではピッツァィオーラソースで作っています。

これに辛いラムをふって食べてみた。
このラムは仔羊などにもとても合いますが、全般的にお魚とよく合う気がします。

ちょっとポワーンとしちゃうけどね。
   
梅ラムソーダは、南高梅のラムソーダになりました。
食べるとまだちょっとすっぱめね。

もちろん南高梅のジュースもできます。
2006年6月21日(水曜日)
[ 03:05 ] [ かんたんレシピ ]
   
ベランダで収穫したバジルのスプラウトを使ってまかないに。
「パスタにして食べたい!」とリクエストして作ってもらいました。


お皿に盛って、祇園のお土産で頂いた黒七味をかけて出来上がり!
黒七味は唐辛子の辛さと山椒のビリビリがミックスされてて、とっても好き♪

バジルの新芽の、優しい香りとやわらかい歯ごたえも楽しめつつ、黒七味が全体を引き締めてくれていて良かったです。

また摘むからまた作ってください。
[ 02:46 ] [ うれしいぃ! ]
   
バジルは何回も育てていたけど、新芽をこんなに摘んだの初めて。
シェフに何か美味しいもの作って貰っちゃおうっと。
でもその前に仔豚ちゃんに見せびらかして。
キミをバジルの精に任命します。


さ〜ってと。
食べてみましょう。




[ 02:38 ] [ 大好きすきすき ]
   
我が家のベランダで育てているバジルが、元気に育ってジャングルのよう。
間引いた小さな苗をカップに入れて、只今可愛がってくださる方を募集中♪
[ 02:30 ] [ 大好きすきすき ]
   
まかないに、ハムのムースが私を呼んでいたので、ハムのムースご飯。

白ご飯に乗っけて、からし醤油で食べるだけ。
よく熟れたアボカドがあればいいんだけど、今日はあさつきを。
そうだ、おしょうゆは頂き物の宮瀧しょうゆをね。

最初、「えーー、俺が作ったハムのムースにからし醤油かけるの?」としかめっ面をされたけど、今ではシェフも公認の立派なまかないです。
2006年6月19日(月曜日)
   
先週の水曜日に届けてもらったお花の中のイーゼル。
トゲトゲしていて面白いな〜と思っていたら、白い花を咲かせているのを発見。

うわぁ〜可愛い〜。
え?シェフはダメなわけ?こういう小さなブツブツからにょきっと何かがでてくるの。
まぁね、あなたは苺の種をまじまじと見ては、鳥肌のたった腕をさすっている人だものね。

だからそんなにまじまじと見るからダメなんですってば!

でもどうして真ん中から咲くの?
面白〜〜い。
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ