記事
[ 総記事数:2310件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2006年5月31日(水曜日)
[ 03:59 ] [ 野菜もね ]
   
ラタトゥィユを久し振りに作りました。
グランドメニューにもかつては載っていたんですけど、冷蔵庫のスペースの問題で最近は滅多に作れなくなりました。

Manaでオルトラーナ(菜園風)と言えば、このラタトゥィユでパスタをあえたものがほとんどです。
   
前に「何か小笠原ラムでカクテルを作ってみてくださいね」とお話した事をちゃんと覚えていてくださったeddyさん。
閉店直後、誰も居なくなったのを見計らって、カウンターで作ってくれました。

色々と説明してくれながら、氷を入れたグラスにラムを注ぎ、続いてジュースを。

どのくらいの分量なのか記録しておきたくって、慌ててカメラを向けたけど、、、
うちのカメラ壊れちゃってて構図がずれるのです。

”勘”で撮っているもんでちょっと焦り気味。
そこへ”デーーーーン”と仁王立ちする邪魔者が。

『ちょっとそこのウィルキンソン君!邪魔なの。突っ立ってないでどいてくんない?』
『もっしもーーし!聞こえてますかーーー!』
と心の中で叫ぶけど時すでに遅し、、、


はい、完成。

eddyさんが分量を書いたメモを用意してくれていました。ほっ。
本当はダークラムで作る MONKEY’S PAW(モンキーズポウ)
シェーカーを使わずに簡単にManaでも作れる物を、と言うことでした。
メモをもらったくせに、まずは”勘”で一杯作ってみたフトドキ者な私。
ちょっとジュースが少ないね。
もっとしっかりとパイナップルの味がする方が美味しいみたい。
(だから最初から分量はそうなってますって!・・・反省)

翌日落ち着いて分量通り作ってみました。
うん、やっぱりこっちの方が美味しかったです。
どうもありがとうございました。

「もう一工夫あった方がいいと思います」とのこと。
ダークラムとホワイトラムの違いも関係してるのかな?
また何かひらめいたら教えてくださいね。
2006年5月29日(月曜日)
[ 02:31 ] [ ご予約メニュー ]
   
◆人数 : 6名様
◆予算 : お1人¥3,500
◆希望
・魚でなにか
・ハバネロのケチャップライス
・アスパラソバージュ

◆メニュー
*前菜盛り合わせ
・びっくりオリーブ
・イタリアンサラミ
・スカモルツァ アフミカータ
・ペスキオーレ
*金目とホタテのカルパッチョ
*アスパラソバージュのバターソテー
*甘海老のガーリック風味ソテー
*アスパラソバージュの春巻き
*コチのポワレ ラタトゥィユ添え
*イベリコ豚肩ロースの香草風味焼き
*アスパラソバージュとホッキ貝のパスタ(フェデリーニで)
*ハバネロのケチャップライス


***
写真は”コチのポワレ ラタトゥィユ添え”入荷がコチだったのでたまたまできたメニューです。
今回のお客様はeddyさんです。こちらの記事をごらんください。

[ 02:24 ] [ ご予約メニュー ]
   
◆人数 : 2名様
◆予算 : お1人¥4,000
◆希望
・シェフにおまかせ

◆メニュー
*前菜盛り合わせ
・びっくりオリーブ
・イタリアンサラミ
・スカモルツァ アfミカータ
・ペスキオーレ
*金目とホタテのカルパッチョ
*アスパラソバージュの春巻き
*甘海老のガーリック風味ソテー
*ブロッコリーの温かいマリネ
*イベリコ豚肩ロースの香草風味焼き
*アスパラソバージュとホッキ貝のパスタ


***
春巻きと、ホッキ貝とのパスタの写真はこちらの記事を参考になさってください。
どちらもご予約のコースのうちの一品としてお作りできます。
2006年5月28日(日曜日)
   
大島から小笠原まで、東京の島のPRイベントが竹芝で開催されます。

島酒カクテルバーでは、Manaで使っているラムをはじめ、色々な島のお酒が紹介されます。
もちろん、お酒以外の島の特産品、工芸品の販売、各種イベントと盛りだくさん。

是非行って楽しんでくださいね。
大きなふわふわ鯨(中で遊べる風船)も出現するようですよ。

日時
5/27(土)、28(日)の2日間 AM10:00〜PM5:30
イベントの詳細時間割も発表されています。
小笠原の南洋踊りは東京都指定無形民俗文化財(民俗芸能)に指定されています。
↑こちらは東京ドームでの日ハム戦で披露された事もあります。
小さいけれど、小笠原選手との記念写真も載ってます。(2003年だったと思います)
北海道日本ハムファイターズの小笠原道大選手は小笠原村の観光親善大使です。

島じまんのHPはこちらです。
小笠原村のブログはこちら、小笠原ラム・リキュールのブログはこちらです。

***
写真はManaでも使っている小笠原のお塩のラベルから。(大木さんのお塩です)

2006年5月27日(土曜日)
[ 05:00 ] [ 野菜もね ]
   
去年の今頃、海老好きのあの娘とタラコ好きのあの娘の為に、アスパラソバージュを使ってこんなパスタを作ったんでした。
最終入荷の時にはこんな風にもして食べてみたんでした。

今年も色々作りたいです。
今の所メニューに普通に載せているのは、ベーコンとのスパゲッティ、バターソテー、フリッタータの3品です。

ご予約が入れば色々と作れます。
   
今週はグリーンと白ですっきり爽やかに。
多肉系の少し厚めの葉っぱ、つるが面白いステファノ。
こういうのがたまに来ると嬉しいです。
グリーンで涼しげだし。
ステファノの先のほうにはカーネーションを纏めて。

窓辺にも這わせてみた。
これはニゲラの実。
いつも花びらが落ちた後も葉っぱだけで楽しんでたけど、本当はこんなに大きな実になるのね。
種も大きいのかな。
2006年5月25日(木曜日)
[ 03:19 ] [ B食倶楽部の日 ]
   
今月のB食倶楽部の日は初めての試み、第2部の開催でした。
『毎回月曜日の夜では、、、』と言う方の為に昼間のB食の日、結果4人の方がMana初来店でした。
嬉しいですね。どうもありがとうございました。
毎月の開催はまだお約束ができませんが、これからも第2部の開催を心がけたいと思います。



*** 参加してくださったメンバー ***
さんぶうさんaiaiさん蓮さんJIJIさんシェルさんケイトさんこなっぴさんfuruseさん(飛び込み参加)


*** 今回のメニュー<お料理&デザートで ¥4,000>
基本は第1部と同じに、でも初来店の方も多かったので内容は少し変更しました。

*前菜盛り合わせ
・アヴェック
・そら豆とブロッコリーのマリネ
(レモン風味のオイルとクルミのオイルで)
*アスパラソバージュとホタテのサラダ
*アスパラソバージュのバターソテー
*アスパラソバージュのフリッタータ
*アスパラソバージュとしらすの春巻き
*甘海老のガーリック風味ソテー
*大山鶏(だいせんどり)のとうがらし焼き サラダ仕立て
*アスパラソバージュとホッキ貝のパスタ(フェデリーニで)
*ハバネロのケチャップライス

*くみあげゆばのドルチェ
2006年5月23日(火曜日)
[ 04:44 ] [ B食倶楽部の日 ]
   
B食の日当日のお昼、第一便入荷で抑えておいた4箱のうちの3箱を業者さんが持って来てくれました。
これが水曜日までにはご予約で消えてなくなる予定です。
Mana的に前代未聞の消費量。

次回の入荷予定は木曜日の夜ですので、金曜日からは通常メニューとして載せられそうです。

今年のアスパラソバージュは、今まで感じたことのないアクの強さを感じましたので、長めにボイルすることにしました。
やっぱり味見は大切です。

残念なのは価格。
今使っているイベリコ豚の肩ロースよりも高くなってしまいました、、、
現地でもあまり市場に出回らず高価らしいので、遠く離れた日本では仕方がないですね。

今年もやって来てくれてありがとう!



*** 参加してくださったメンバー ***
kilazさんROSARYさんちゅんちゅんさんちょろぼぅ。さんfuruseさんくーさん
yossyさんぴーこさんmarikoさん


*** 今回のメニュー<お料理&デザートで ¥4,000>

*前菜盛り合わせ
・アヴェック
・そら豆とブロッコリーのマリネ
(レモン風味のオイルとクルミのオイルで)
*アスパラソバージュとホタテのサラダ
*アスパラソバージュのバターソテー
*アスパラソバージュとしらすの春巻き
*大山鶏(だいせんどり)のとうがらし焼き サラダ仕立て
*アスパラソバージュとホッキ貝のパスタ(フェデリーニで)

*くみあげゆばのドルチェ
[ 04:44 ] [ B食倶楽部の日 ]
   
まずはホタテとトマトを使ってサラダに。
本当はホタテでなくってカツオを使いたかったのですが、、、
海の大荒れのせいで断念をしました。

ソバージュがManaにやって来るようようになってからずっと作っているサラダ。
シェフが一番作りたいメニューです。

ソバージュとカツオとトマトの三拍子が揃わなければできません。
去年はカツオは大漁で安くて良かったのに、トマトが美味しくて安いものが入らずに少ししか作れませんでした。
一昨年はカツオが用意できませんでした。
今年もどうやら難しそうです、、、



『ソバージュ食べた!』という気になれるのがこのバターソテー。
口の中にいっぱいソバージュをほお張る時の幸せ感。
何て贅沢なんだろう。
一昔前には考えられない事ですよね。
春巻きはしらすと一緒に。
バターソテーの逆で、これはほんのちょっとのソバージュの量で作れるお得なメニュー。
ホッキ貝と一緒のパスタ。
貝の身が自然と崩れてソースのようになりパスタに染み込むようになります。
ホッキ貝の量をケチらずに贅沢に使うことがポイントかな?
例えばベーコンを使った物と比べると倍くらいの値段になってしまうけど、、、
私はこれがパスタの中では一番好きです。
[ 04:32 ] [ B食倶楽部の日 ]
   
まずは軽めの前菜。
ハムのムースとペッパーチーズを合わせたアヴェックと、そら豆とブロッコリーのマリネ。
アヴェックは半分に折って、ハムのムースとペッパーチーズを合わせて食べてくださいね。
ソバージュ中心のメニューですので、ボリュームはいつもより軽め。
少しお腹にたまるように、肉はジューシーでゼラチン質たっぷり、かつ大判の大山鶏(だいせんどり)にしました。
唐辛子を振ってやいてサラダの上に。
肉汁を自然とレタスと食べられていいかな?と思い作りました。

大山鶏は鳥取県の銘柄鶏です。
今回のドルチェは京都から生ゆばを取り寄せて作りました。
どうしてもこの素材を使いたかったのです。
ラメ金の下にはリンゴのトルタを少し入れ、生ゆば(くみあげゆば)で作ったソースを入れてココアパウダーを降ります。

ちょっとソースが甘かったなぁ。
今度はバランスをもう少し変えましょう。
2006年5月22日(月曜日)
[ 10:38 ] [ ご予約メニュー ]
   
◆人数 : 5名様
◆予算 : お1人¥3,000~4,000
◆希望
・シェフにおまかせ

◆メニュー
*前菜盛り合わせ
・びっくりオリーブ
・イタリアンサラミ
・モスタルダの生ハム巻き
・スカモルツァ アフミカータ
・ペスキオーレ
*ホタテと平目のカルパッチョ
*トリュフのフリッタータ
*甘海老のガーリック風味ソテー
*ムツのピッツァィオーラ
*生ソーセージのぐるぐる
*グリーンサラダ
*ブロッコリーのパスタ
*ベーコンとフレッシュトマトのパスタ
(両方ともフェデリーニで)


よくいらっしゃるお客様で、普段はアラカルトでその日のメニューからチョイスですが、今回はせっかくの”お任せ”でしたのでいつもは出せないメニューを出したかったです。
それが”モスタルダの生ハム巻き”や”ムツのピッツァィオーラ”や”生ソーセージのぐるぐる”でした。
[ 10:34 ] [ 素材 ]
   
お腹がほのかに梅色のお魚。
背中側には黄色いラインが入っています。
ころんとした体の可愛い魚。
タカベに似てますね。仲間かな?
2006年5月21日(日曜日)
[ 04:31 ] [ 野菜もね ]
   
アスパラソバージュは”アスパラ”の名前が付いている為に”アスパラガス”の一種と思われがちですが、ユリ科の花、オーニソガラムの仲間です。
(アスパラもユリ科ですが、属が違います)

写真左がオーニソガラム。
せっかくメニューにソバージュが載るのですから、お花屋さんに注文して配達してもらいました。

ソバージュも最終入荷の頃はこんなに育ってしまいます。

そして、薄いグリーンの可愛らしい花も咲きます。
ここまで来てしまったら食べることはもうおしまい。

アスパラソバージュはこの時期の3〜4週間しか楽しめない山菜です。
アスパラ・ソバージュ(野生のアスパラ)とか、アスペルジュ・デ・ボア(森のアスパラ)と呼ばれ、学名はオーニソガラム・ピレネーカムです。

刈り取った場所は4年寝かせるそうです。
大切に、心を込めて美味しく調理したいです。
2006年5月20日(土曜日)
[ 10:37 ] [ 野菜もね ]
   
ヒヤヒヤしたけど、第一便のアスパラソバージュがやってきました。
値段もだいぶ上がっちゃったし、今シーズンスムーズに入荷できるのか不安なのでとても大切な第一便ですが、「私が食べちゃうのはもったいないよ…」という気持ちを抑えて、味見をしないわけにはいきません。

まずはソテー。
生ハムと。
ホタテと。
春巻きにしたり。
最後はパスタで。










***
これらのメニューは全てがいつもあるわけではありませんが、ソテーとパスタは期間中できるだけメニューに載せたいと思っています。
もちろん、他のメニューもご予約のコースのうちの一品としてお作りすることができますので、ぜひご相談ください。
また、メニューに載るのは26日頃からの予定です。最終入荷は6月の上旬の見込みです。

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ