記事
[ 総記事数:2328件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2006年4月30日(日曜日)
[ 23:59 ] [ お知らせ ]
   
●Manaからお客様へ、写真撮影や持ちこみ、お子様連れなどについて”お願い”があります。
こちらの記事を参考にご覧ください。

●ブログ内のお料理は普段からメニューに載っているものとは限りません。
季節や人数、予算などに合わせてご用意出来る物もありますので、ご予約の際にご相談ください。
なお、ご予約はコース料理でおうかがいいたします。

●お問い合わせにこの記事のコメント欄をご利用くださっても結構です。
お返事には少しお時間がかかります。
[ 10:24 ] [ ご予約メニュー ]
   
おひとり様でもOK。
平日にお楽しみいただける”ほろよいパスタセット”。

暫くの間メニューに載る予定です。
ご予約なしでも大丈夫。




”ホタルイカとケッパーのリッチョリ”と”ニョッキサルディでそら豆入りスモークサーモンソース”の写真はこちらへどうぞ。
[ 03:23 ] [ ふぁいとぉ ]
   
GW初日の今日29日、お正月休みにも似たような静かな空気が流れていました。
昨日はあんなに渋滞していた道もガラガラ。

今日はポツリと一組のご予約が入りました。
イベリコ豚と春野菜のコースをご希望でしたが、生憎そのコースは終了したため、他のイベリコ豚コースになりました。
お電話では気が付きませんでしたが、お顔を見て思い出しました。
『前も同じコースだったはず、、、』

急遽シェフと相談の上、その場でご要望を聞いて別のメニューに作りかえました。
用意をしてしまった分は変えられませんが、まったく同じものを召し上がって頂くのは大変気がひけたのです。

私は記憶力がそう良い訳ではありませんけど、気がついたんですから出来ることはしたかった。
小さい店だから出来ること、大切にしたかったです。


私はニコニコと愛想が良い訳でもないし、気の効いたお喋りも得意でありません。
シェフとManaを出す前は、普通のお勤めでした。
サービスも料理もワインの勉強もしていません。

苦情の電話を受けた事もありますし、「ニコリともしない」と悪口をネットで書かれた事もあります。
そんな時はちょっぴり凹んでしまうけど、私とManaと銀杏の木、一緒に大きく成長していきたいです。

言わなければならないことは言うけれど、やれることは出来る限りやる。
車の運転や未成年の方にはお酒は出しませんし、小さなお子さんがベンチシートに立ち上がれば注意しますし、持っていらしたお菓子などを食べていらしたら「やめてください」とお話をします。
「こんなお料理を食べたい」とかご相談を受ければ、出来る限りやって少しでも喜んで頂きたいと思っています。
開店した時から変わらないその姿勢をこれからも続けて行きたいです。


時として私が良かれと思って取った態度が、お客様によっては不快だったりすることもあります。
今日のお客様は喜んでくれたかな、、、
「ごちそうさまです」と言った時の笑顔、多分喜んで頂けたのかな、、、

そんな事考えた今日の反省会でした。
[ 02:11 ] [ かんたんレシピ ]
   
まかないで朝に食べる、バゲットで作る爐覆鵑舛磴辰謄曠奪肇疋奪
シェフが大阪で調理師学校に通っていた頃の、懐かしい思い出の味です。

作り方はとても簡単。フライパン一つで出来ちゃいます。

フライパンで玉葱のスライスとソーセージを炒めます。
玉葱がしんなりとして、ソーセージにも火が入ったら、ほんの少しだけカレー粉を振り入れます。
味付けは塩、コショウを少し。
温めたバゲットに挟んで出来あがり♪



食べる時に、ケチャップやマスタード、マヨネーズなど好みでどうぞ。

少し酸味が欲しい時は、カレー粉を入れた後にワインを少し加えるといいですよ。
   
いつも白やグリーンや淡い色調で配達して貰っているManaのお花。
今週はこんなに鮮やかな青いベラドンナが入っていました。
窓辺はこんな感じで。
イーゼルの足元にはこれを。
marikoさんaiaiさんの記事で見てから、いつかManaにも配達されるといいなと思っていた貝母。
来てくれてありがとう。
2006年4月29日(土曜日)
[ 04:36 ] [ ご予約メニュー ]
   
◆人数 : 5名様
◆予算 : お1人¥3,000
◆希望
・シェフにお任せ

◆メニュー
*前菜盛り合わせ
・イタリアンサラミ
・ハムのムース
・スカモルツァ アフミカータ
・ペスキオーレ
*サゴチのタルタル
*白ミル貝と行者にんにくの和え物

*サゴチの皮と白ミル貝の肝のソテー
*じゃが芋のサフラン風味のスープ
*甘海老のガーリック風味ソテー
*イベリコ豚肩ロースの香草風味焼き
*ブロッコリーの温かいマリネ
*フレッシュトマトとベーコンのスパゲッティ
*そら豆入りスモークサーモンのクリームパスタ(ニョッキサルディ)

***
写真は”じゃがいものサフラン風味のスープ”以前に撮影したものです。
2006年4月28日(金曜日)
   
[関連したBlog]

Manaのジェラートでいつもお世話になっているダ・ルチアーノさんが、池袋のナンジャタウンで行われているイベント(6月まで)に参加しているというので、この前のお休みの日に行って来ました!

1月に八王子のショップに伺った時にお話を聞いて
「ぜったい、ぜったい、ぜーーったい行ってやるぅ!」と思っていたのです。
(期間限定でネッロは八王子のショップにも出されるようです。こちらへどうぞ)

この看板が目印☆



お目当てはこれ、ネッロとロッソです。

ネッロは黒米、黒豆、黒ゴマ、黒松の実、黒かりんを使った、名前の通り真っ黒なジェラート。
ロッソは唐辛子も使った赤いジェラート。(そんなに辛くはありません)

コーンも特注で黒くしたところが憎いですねぇ。
このコーンがこれまた美味しいの。
カップじゃなくって、是非コーンで食べてみてくださいね。

ネッロは期待どおり、口に入れては『うふふ』とつい笑ってしまうようなお味。
黒ゴマのペーストも使われているので、前面にゴマの風味を感じます。
食材で黒と言うとすぐにイカ墨を連想してしまいますが、そうでないところがまた憎いです。

ロッソは唐辛子入りといってもそう辛いわけでなく、さわやかなベリー系のお味でまとまっていました。
さっぱりジェラートです。



写真を撮るために近づけすぎてくっついちゃった。
スイカの種みたいだね。
最後に注意事項♪

食べることに夢中になっちゃった私は、溶けて垂れてくるジェラートに気がつかずに手が真っ黒に・・・。
そして大好きな2番Tシャツにもポタリ!ガーーーン。

お口が真っ黒になるのは楽しくっていいけど、お洋服にこぼさないように気をつけてくださいね。

B食店情報
・店名 : ダ・ルチアーノ(だ・るちあーの)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 東京都八王子市堀之内2ー16ー9
・TEL : 0426-70-1468
・URL : http://www.da-luciano.com/
・営業時間 : 月?木・日11:00?20:00/金・土・祝前日11:00?21:00/冬は大幅に変更。元記事を参照か、お電話でお問い合わせを。
・最寄り駅 : 京王堀之内
・キーワード : ジェラート/ペットも可のウッドデッキ/お取り寄せ/味見も可
B食店ページへ

2006年4月26日(水曜日)
[ 04:12 ] [ ご予約メニュー ]
   
◆人数 : 4名様
◆予算 : お1人¥3,000~¥4,000の間で
◆希望
・ハムのムース
・カルパッチョ
・甘海老のガーリック風味ソテー
・イベリコ豚

◆メニュー
*前菜盛り合わせ
・びっくりオリーブ
・イタリアンサラミ
・ハムのムース
・ペスキオーレ
*白ミル貝と行者にんにくの和え物
*シマアジのカルパッチョ
*ヒシコイワシのフリットと白ミル貝肝のソテー
*トリュフのフリッタータ
*甘海老のガーリック風味ソテー
*イベリコ豚肩ロースの香草風味焼き
*グリーンサラダ
*サゴチとケッパーのスパゲッティ



***
今回のお客様はBLOSSOMさんです。こちらの記事をご覧ください。
2006年4月23日(日曜日)
   
Manaと同期の銀杏の新芽も日に日に大きくなってきました。
葉っぱはまだとても小さいのに一人前の形。

今週は何でかとても暇でした・・・
そっか給料日前だし。そっかそれにGWも控えているし。
そういうことにしておきましょう♪

そんなある日、時間があったので夜のまかないにワインを一本あけました。
ハロコ・ザフラ・ティント
開店したときからManaで活躍をしてくれたスペインのワイン。
安くて美味しくってとっても好きなんだけど、そろそろ終売になってしまいます。

長い間ありがとうの気持ちを込めて飲みました。
同期の銀杏に負けないくらいManaも成長しますように。

葉っぱを頭に乗っけておまじない。
2006年4月22日(土曜日)
   
[関連するオーダーを見る]
オープンラウンジのオーダー「洋酒の効いたスイーツ」にお答えして。

「お酒が効いた」というより「ガツンとお酒」と言った方が合っているかもしれません。
こんなお答えでも大丈夫ですか?

写真は4月のB食倶楽部の日にお出しした”おとななかんじ”(写真右)
カシスのシャーベットに小笠原のラム酒をかけて少しソーダで割ったもの。
ラムの量はその方の飲める量に合わせてもちろん加減いたします。


ジェラートにラムをかけた”よっぱらい”シリーズも「最後までよっぱらいたい」とおっしゃる呑み助さん達にとても好評です。
こんなにお酒がたっぷりだと別腹みたい。

この”よっぱらい”にエスプレッソを更に足すと”おぼれたよっぱらい”になります。
ジェラートにエスプレッソをかけたもの=アフォガート
アフォガート=おぼれたの意味からのネーミングです。 

写真はマローネでよっぱらい、去年の秋のものです。



もっとお酒!という方はこちらの”ふわふわ”をどうぞ。

カルーアを混ぜたビールにジェラートを添えたもの。
大人味のコーヒーフロートです。

今でしたらジェラートは少しビターなチョコラータで。




***
これらのデザートは車の運転をする方、20歳未満の方にはお出ししていません。
   
今週は線の細〜い繊細なお花達。

ベラドンナのは花びらは薄くって、その質感は保育園で作った事のあるちり紙のお花みたい。
アフリカンブライト。
「これはきっと二ゲラの仲間だねぇ」とお花屋さん。
ガーベラは二ゲラの葉っぱと、まぁーるいふわふわな蕾でかくれんぼう。
バラも茎の細いバラでした。
名前は何て言うんだろう?聞くの忘れちゃった、、、
花びらの内側と外側で色が違うのね。
お花屋さんが何週間か前に置いていったバケツ。
今まではただの空き缶を使っていたの。うれしいぃ!
[ 03:23 ] [ よなよな試食隊 ]
   
パスタを何種類か試作してみました。
シェフと二人だけで試食だとせいぜい2種類までしかできませんが、強力な助っ人がいらしたので4種類!

小皿はこれだけ用意です。
まずはホタルイカ、パスタはリッチョリで。
大きさが同じくらいでピッタリ!
フォークでホタルイカとパスタを一緒に刺して口に運べるのが幸せな感じ。

これは”つまみ”に重点を置いてもう少しアレンジしたいね。
そうでない場合はフェデリーニで作りましょうか。
スモークサーモンのクリームソース(サルモーネ)はニョッキサルディで。
サルモーネは通年できるものなんですけど、このそら豆入りっていう所が大好きです。
色合いも可愛らしく、そら豆が味のバランスを取るのに一役かってます。
行者にんにくと、いつものベーコンをいつもと違うように使って2種類。
たまたまベーコンが脂身の多いものだったので思いつきました。
右側の玉子を使った物の方がまとまりがいいみたい。



早くメニューに載りますように♪
2006年4月20日(木曜日)
[ 23:15 ] [ ご予約メニュー ]
   
お一人様¥2,650のパーティーメニューです。
プランは二つ。
Plan1はイベリコ豚も入って3名様からでOK。
(菜の花の季節が終わってしまいましたので、他のものに替わります)

お昼には気軽なセットメニュー¥1,600もあります。
(平日はご予約制です)
春野菜とイベリコ豚のコースもお作りしました。
こちらはお二人様で¥6,400です。
***
上記のメニューにこだわらず、お好みご予算に合わせてコースをお作りいたします。
「ジャンル」の中の「ご予約メニュー」をクリックして、実際のご予約メニューを参考にご覧ください。
[ 03:20 ] [ 野菜もね ]
   
のんびりしていると季節はすぐに変わって行きます。

トマトに可愛い産毛がはえているのを発見♪
冷たいトマト。
去年の夏は甘えっ娘(あまえっこ)というトマトがManaで活躍をしてくれました。

今やってきたのは甘笑んぼ(あまえんぼ)。

トマトが美味しい夏でありますように。
2006年4月19日(水曜日)
[ 10:39 ] [ 大好きすきすき ]
   
早春から長い間楽しませてくれた菜の花とも別れを告げる頃です。


これからの春にはホタルイカに頑張ってもらいましょうね。

そうそう、そら豆もお忘れなく。

2006年4月18日(火曜日)
[ 02:36 ] [ 試作はたのしい ]
   
鰯。字のごとくとても弱くって日持ちしないのが玉にきず。
それに小さいから仕込みにやたら時間がかかるのも残念。

鮮度の良いピンピンした時も、ちょっと落ちてしまった時も美味しく食べられるように調理方法を考えたいです。
だってもったいないもの。


すっきりとドレッシングで軽く和えてみた。
シェフ、こんなのもいいと思います。
[ 02:33 ] [ 試作はたのしい ]
   
せっかくなんだからやっぱり生でも食べてみたい。

そしてパスタにもトライ。
今回はサゴチのパスタを採用です。
[ 02:26 ] [ 試作はたのしい ]
   
14日のB食倶楽部の日を前に試作をしました。

水管とワタとその周り、それぞれをソテーしてまずは味見。
バカうまな感じ。
玉子を付けてピカタにもしてみた。
ちょっと牡蠣のピカタを思い出して。
やってみたい事があったらどんどんやってみるのが試作の醍醐味。
原価なんて気にしないもんね。
もちろん生でも食べてみないとね。
こりこりとした食感がたまらない感じ。
そしてびっくりしたのが肝。
何年か前から作っているホッキ貝とアスパラソバージュのパスタを思い出して、菜の花と肝をパスタに。

美味しかったけどホッキ貝の方が感動的だったなぁ。
自然ととろけ出した肝がパスタに絡まって美味しかったです。

今年もやろうね、シェフ。

   
可愛いスイートピーもガーベラも。

早春の香りのラナンキュラスも。

   
つまりこれは4/12のお花たち。

柔らかな色合いのトルコキキョウとと一緒なのは、スプレーバラのサラ。
グリーンとピンクの穏やかなグラデーションのバラ。
この名前はデザート。

ワックスフラワーは玩具のような可愛らしさ。

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ